• 2017
  • 02/15
  • Wed

日本の四季 雨水

17215雨水







二十四節気
上のバナーをクリックすると歳時記の概要をご覧いただけます。


雨水 うすい    2月18日~3月4日頃

降る雪が雨に変わり雪融けが始まる時季。
そして忍び寄る春の気配に植物も蘇ってくる雨水です。
木々の蕾もふくらみを増し、気温はさらに上昇します。
いま降雪、積雪のある地域も、寒さは峠を越え、水も温んでくるでしょう。
小川には雪融け水が、溢れんばかりにその流れを早めてきます。

この時節、桃の節句も近付き、雛人形を飾り、桃の花を供えると、
家の中に春らしさが広がってきます。
戸外ではうぐいすが鳴き始め、ひばりが囀りだします。
観梅も盛んになり、行楽に人が出始めるでしょう。

寒い日と温かい日が交互に繰り返す三寒四温を経て、徐々に温かくなってきます。
春一番が吹くのもこの時季で、農家では農耕の準備が始まります。
北日本ではまだ雪が深く、関東・東海地方にあっては、
この時期から雪が降り始めることもあり、春の名残り雪が風情を漂わせます。


※次の二十四節気は3月5日の「啓蟄」です。3月1日頃更新予定です。


七十二候IMG
上のバナーをクリックすると歳時記の概要をご覧いただけます。


第四候 土脉潤起 つちのしょううるおいおこる   2月18日~2月22日頃 

雨が降って土が湿り気を帯びてくる頃。積もっていた雪が融け、張っていた氷も水に戻り、大地を潤し眠っていた植物が芽吹き始めます。
この時季の雨は養花雨(ようかう)といわれ、新しい季節に向けて花や木に養分を与えるといわれています。
春の訪れを何によって感じるかは、個々に違いはありますが、身近で一番肌に感じるのは鮮やかに彩る植物たちの可憐な姿です。暖かい地方ではもうすでに咲き誇っている菜の花を始め、梅、ふきのとう、猫柳などを見かけたら、春はもうそこまで来ています。

第五候 霞始靆 かすみはじめてたなびく      2月23日~2月27日頃

七十二候の第五候は「霞始靆(かすみはじめてたなびく)」となります。
春は大気中に水滴や細かな塵が増え、山々に霞がかかりぼんやりと見えます。このような春の霧は古来より霞と呼ばれ、人々は自然現象からも季節の移ろいを敏感に感じ取っていました。やがて訪れる季節に備え、農耕の準備に取り掛かっていたのでしょう。
霞がかかるとは微細な水滴が空中に浮遊するため、空がぼんやりして、遠方がはっきりと見えない現象が表われます。類似した現象に靄(もや)があります。霞や霧は視界が1km未満の場合をいい、1km以上のときを「靄」として区別しています。

第六候 草木萠動 そうもくめばえいずる      2月28日~3月4日頃

草木萌動の「萌」、「萌(も)える」とも読み、好意、傾倒、執着、興奮等のある種の感情を表します。2004年流行語大賞にノミネートされた「萌え」。性的欲求に近い感情を表し、若者の間で流行しました。
また萌葱色(もえぎいろ)は、葱(ネギ)の芽が出た時の、薄青と緑の中間色を指します。とてもきれいな色で、まさに春の到来を告げる色です。
春の兆しが野山を淡い色に塗り替えて行く様子は、見るものに新たな生命の息吹を感じさせます。地面に小さな芽が生え、深い雪に閉ざされた北国でも、清らかな融水の流れる水辺にはふきのとうが見られるようになり、不思議と優しい気持ちがこみ上げてきます。




SL
下の<続きを読む>をクリックすると、雨水前後の「季節の彩り」をご覧いただけます。
ご興味のある方はごゆっくりご覧ください。


テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

日めくりカレンダー

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top