日本の四季 大暑

大暑バナー






海の貴婦人「海王丸」の華麗な登しょう礼
海王丸登しょう礼
海の貴婦人と言われる帆船「海王丸」。昨年に引き続き、今年も7月21日地元港にその姿を見せてくれました。4日間の停泊中にはセイルドリルなどを見せてくれる予定でしたが、生憎の荒天で中止。残念でした。総帆展帆した帆船こそ海の貴婦人ですからね。総帆した昨年の海王丸はこちらからご覧いただけます。
帆船のもう一つの見どころは出航の25日、実習生による見送り客に対する最高礼とされる登しょう礼です。40数mあるメインマストに登り詰める113名の実習生。各ヤードのワイヤーに素足で立ちます。命綱などありません。波ばかりではなく、風も強く吹き抜け、大きく揺れると思います。きっと足がすくんでいるでしょうかね。
そこで帽子をとり、全員一斉に唱える「ごきげんよう」の3度の挨拶。ジーンときました。
練習の賜物とはいえ、素晴らしい若者たちです。感動的でした。
(平成29年7月30日:追記)



宮古の夏を彩るカッターレースに燃える地元若者たち
カッターレース
今年で第25回を迎える「海の日・宮古港カッターレース」。年々参加チームが増え、今年は東京、八戸、北海道からも男女29チームがエントリー。海の日を前にした7月15日、熱のこもったデッドヒートが海の町宮古港で繰り広げられました。
国内のカッターレースは500m折り返しの1000mで行われることが多いようですが、片道500mの距離を取れない宮古湾では、300m折り返し600mの距離で争われる市民レースです。
短距離ではオールを漕ぐ時のスピードと、折り返し地点でいかにロスをなくしてスムーズなターンができるか、船長1名、艇指揮者1名、漕手12名の仲間達との息の合わせ方がカギとなるようです。
今年は各チームとも力が均衡してきたのでしょうか、大差がつくレースはあまり見かけませんでした。それだけに応援の市民からも熱い声援が飛び交っていました。
(平成29年7月20日:記)



二十四節気バナー
二十四節気全体の概要はこちらからご覧いただけます。



第十二節気 大暑 たいしょ         7月23日~8月6日

暑さが最も厳しくなる大暑。暦の上では夏最後の節気です。1年で最も気温が高く、暑さが厳しくなる時季です。蝉たちがこの時とばかりに繁栄を謳歌するように鳴きしきります。各地で大小さまざまな花火大会が催されるようになり、浴衣に下駄を突っ掛けて花火大会に出かける姿が見受けられるようになります。猛暑の時季だからこそ、蚊帳や風鈴、打ち水など暑さをしのぐ工夫も生まれたのです。
日本の夏は暑さだけではなく、蒸し暑さも伴いますから体力の消耗が激しくなります。夏バテ防止だけではなく、最近は熱中症の心配もあります。気分が悪くなる前に水分をこまめに取り、気分が悪くなったら風通しのいい木陰で休みましょう。室内にいれば安心というのも安易。今では室内でも熱中症に罹るケースが増えています。扇風機で室温を少しでも下げるようにしてください。
7月19日に梅雨が明けたところもあります。今年も梅雨明け間際に豪雨による被害が多発しているようです。皆さんの地域にも被害がないことを祈っております。
一般的には小暑の15日間と大暑の15日間が暑中で、暑中見舞いはこの期間内に送るようにします。立秋を過ぎたら残暑見舞いとして8月末頃までに出します。



※次の二十四節気は8月7日の「立秋」です。8月5日頃更新を予定しております。





七十二候バナー
七十二候全体の概要はこちらからご覧いただけます。


第三十四候 桐始結花 きりはじめてはなひらく  7月23日~7月27日 

桐が花を咲かせる時季。盛夏を迎える頃には、卵形の実を結びます。桐は、伝統的に神聖な木とされ、豊臣秀吉などの天下人が好んだ花であり、現在も日本国政府の紋章として使用されています。
箪笥(たんす)など高級家具の木材として知られる桐が、円錐形の薄紫色の花をつける季節。日本の伝統楽器である琴の本体にも、桐が多く使われています。
国内でとれる木材としては最も軽く、湿気を通さず、割れや狂いが少ない特徴を持ち、高級木材として重宝されてきました。日本では箪笥、神楽面や下駄の材料に使われています。桐箪笥は、高級家具の代名詞です。
昔から桐は神聖な木とされ、その姿が紋章や意匠として用いられてきました。皇室の家紋は「五七の桐」が使われています。

第三十五候 土潤溽暑 つち、うるおうてむしあつし   7月28日~8月1日

土も湿り気を帯び、蒸し暑さが増してくる季節です。土中で何年も過ごしたセミも、夏空に鳴き声を響かせています。夏の到来を告げるニイニイゼミに続き、8月に入るとアブラゼミ、クマゼミ、ミンミンゼミなどが勢ぞろいします。松尾芭蕉は山形県の立石寺で「閑さや 岩にしみ入る 蝉の声」と詠んでおります。
溽暑(じょくしょ)とはなかなか読めませんが、その意味は湿度の高い蒸し暑さをいいます。身に纏わりつく暑さに、土潤がついて土中の水分が蒸発し陽炎が立ち上がるような蒸し暑さという意味でもあります。
この時季、昔人たちは行水や打ち水など、生活の知恵でこの暑さを乗り切ってきましたが、草木は緑をますます濃くし成長の勢いを増し、田畑では秋に向け確実に作物が実り始めてきます。

第三十六候 大雨時行 たいうときどきふる       8月2日~8月6日

時として大雨が降る頃。夏の暑い日の夕方、突然降るにわか雨を夕立といいます。春や秋にも、にわか雨がありますが、夕立とはいいません。「広辞苑」には「天から降ることをタツといい、雷神が斎場に降臨することとする」とあります。急な雷雨、激しい雷雨のことを「彌降り立つ(いやふりたつ)雨」といい、この語が省略され「やふたつ」から「ゆふだち」になったと言われています。
別名、「急雨」や「驟雨(しゅうう)」ともいいます。驟雨の「驟」の字は「馬+聚」、この「聚」は「引き締める、詰める」の意味があり、「歩幅を詰めて馬を走らせる」ことが字源です。ある場所では夕立が降っているのに、ごく近い場所では晴れているといった局地性を指して、「夕立は馬の背を分ける」という諺もあります。
真っ白な雲が高く盛り上がる入道雲。夏の日差しで暖められた空気の上昇気流によって生まれる雲の峰を関東で「坂東太郎」、関西で「丹波太郎」、九州で「比古太郎」など、太郎の名を冠して呼ばれています。



下の<続きを読む>をクリックすると、大暑前後の「季節の彩り」をご覧いただけます。ご関心のある方はごゆっくりご覧ください。

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

日めくりカレンダー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top