FC2ブログ

日本の季節「芒種」

2019二十四節気芒種
二十四節気全体の概要はこちらからご覧いただけます。
二十四節気「芒種」は昨年の記事を再利用しました。ご了承ください。



第九節気 芒種 ぼうしゅ        6月6日~6月21日

二十四節気は6月6日より「芒種」に変わります。
芒種の芒は、のぎと呼ばれ、イネ科植物の花の外側、頴(えい)の先端にある針状の突起のことをいいます。
この時季、麦は刈り入れを始める目安とされる一方、昔は今頃から稲の植え付けに適した時期といわれ、田植えの最盛期を迎えていました。
現在の種まきはこれよりも早く、西日本では梅雨入りしているところもあります。この時季はちょうど梅雨に入る頃で、少し蒸し暑くなり、農家にとっては繁忙期であります。

最近は農家の人手不足を補う機械化によって大幅な省力化がすすめられていますが、農協などでは農業研究センターなどと高精度の衛星利用測位システム(GPS)を使った田植え機の共同開発を勧めているそうです。
農家の負担軽減と環境負荷の低減が期待されており、農業の技術革新は目まぐるしく変化しているようですね。

この時季、大きな祭りも少なく、婚礼も避けられてきました。現在ではジューンブライドとして人気の6月ですが、残念ながら発祥の地とは気候風土の違いで、ガーデニングウェデイングには不向きな季節でもあります。
父の日、夏越の祓いと続く水無月。今月も頑張って日々の行事を乗り越えてまいりましょう。



※次の二十四節気は6月22日の「夏至」です。6月21日頃までにご案内いたします。


七十二候バナー
七十二候全体の概要はこちらからご覧いただけます。


第二十五候 螳螂生 かまきりしょうず       6月6日~10日頃

秋のうちに草木に産みつけられた卵から、小さなカマキリが次々と現れ出る頃。獲物を待伏せる姿から「拝み虫」とも呼ばれます。
雪国では雪に埋もれない高さに卵を産みつけるので、その年の雪の高さを予知できるといわれています。このことを産卵の高さと最大積雪深の関係として、実証的に研究した方もいるそうです。
カマキリのメスは交尾時にオスを食い殺してしまうこともありますが、生まれたばかりは儚くかわいらしい姿をしております。小さいとはいえ、立派にカマキリの姿をした子どもたちは、ちりちりに巣立っていきます。

第二十六候 腐草為蛍 ふそうほたるとなる      6月11日~15日頃

蛍がサナギから成虫になる頃。じっとりと蒸し暑い夏の黄昏時、腐った草などの下には、蛹からふ化した蛍が夕闇を知り、幻想的な光を発し始めるようになります。群れをなして飛ぶ蛍の光は、オスからメスへのプロポーズのサインでもあります。昔、蛍は腐った竹の根や草が蒸れて化けたものだと考えられていました。
暗闇に舞う光は情緒的であり、風流という言葉がこれほど似合う虫もなかなかいません。チカチカと光る儚げな美しさは、暗い畔道を夢の世界へと誘ってくれるようです。
幼虫はカワニナという淡水の巻貝を餌としますが、カワニナは清流にしか生息しないため、蛍が都会で見られない原因はそこにあるといえます。

第二十七候 梅子黄 うめのみきばむ       6月16日~21日頃

梅の実が熟して、黄色みを帯びる頃。そもそも梅の実の熟すこの時期に降る雨を「梅雨」といいます。もともと日本では「五月雨(さみだれ)」が主流でしたが、江戸時代から「梅雨」がよく使われるようになったそうです。 「毎年五月になると、梅の実が黄色く色づいて落ち、ざくろの花が開き、栗の花が落ちる。かえるが街でも見られる頃、長雨が降り、これを梅雨という」と江戸時代の「和漢三才図会(わかんさんさいずえ)には記されています。
梅は古来から調味料、保存食、防腐剤としてお馴染みで、クエン酸や有機酸を多く含んで栄養も豊富。いい塩梅に漬かった梅干しは大変に美味しく長持ちします。



下の<続きを読む>をクリックすると、芒種前後の「季節の彩り」をご覧いただけます。ご関心がお有りの方はごゆっくりご覧ください。

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

日本の季節「小満」

2018二十四節気小満
二十四節気全体の概要はこちらからご覧いただけます。
二十四節気「小満」は昨年の記事を再利用しました。ご了承ください。



第八節気 小満 しょうまん       5月21日~6月5日

5月21日は二十四節気の小満です。本格的な梅雨入り前の5月中旬~下旬頃、1週間~10日ほど一時的に梅雨のようにぐずつく天気になることがあります。これを走り梅雨といいますが、この現象、年によってあったりなかったりします。
通常は走り梅雨の後、晴れの日が続き、その後本格的な梅雨入りとなるのが一般的です。

この時季、晴れているのに小雨が降ることがあります。これを一般的には「お天気雨」とか「日照り雨」といい、お天気に騙されたような感じから「狐の嫁入り」あるいは「天泣(てんきゅう)」などとも呼ばれています。昔はお天気雨のことを怪奇現象ととらえ、何でも狐の仕業と考えていたようです。

お天気雨で出会える自然現象もあります。太陽を背にし、雨が降っている方向を見上げると、きれいな虹と出会えることがあります。極稀に体験できる不思議な現象ですが、出会えると感動的でロマンチックになります。




※次の二十四節気は6月6日の「芒種」です。6月5日頃までにご案内いたします。




七十二候バナー
七十二候全体の概要はこちらからご覧いただけます。


第二十二侯 蚕起食桑 かいこおきてくわをはむ       5月21日~5/25日

蚕が、エサとなる桑の葉をたくさん食べて成長する時季です。そのために桑の葉を摘む季節でもあります。このことから、旧暦の4月は「木の葉採月(このはとりづき)」とも呼ばれました。また、蚕は人々の暮らしを支えていたため「おかいこさま」と言う地方もあります
最近では養蚕している蚕を見かけませんが、体長7cm位の芋虫で、桑の葉を食べ繭(まゆ)を作ってさなぎになります。できた繭からは古来より珍重されてきた生糸がとれ、シルク織物となって織物文化が形成されました。
当時シルクは日本最大の輸出品で、最盛期には70%にも達したと言われています。ノンフィクション文学の「あゝ野麦峠」は諏訪、岡谷の製糸工場に働きに出た、飛騨の女性工員の姿を伝えたものです。工女の郷里である飛騨の白川郷も、越中五箇山の合掌造も、養蚕のための建物でした。


第二十三侯 紅花栄 べにばなさかう            5月26日~5月30日

紅花が咲き乱れる季節で、山形県の県花にもなっています。紅花は草丈1mほどで、初夏にはアザミに似た花を咲かせます。鮮やかな黄色から、やがて色づき赤くなります。葉のふちに鋭いトゲがあり、このため花摘みはトゲが朝露で柔らかくなっている朝方に行われます。(詳しくは下記の季節の彩り「紅花」を参照)。
「まゆはきを 俤(おもかげ)にして 紅粉(べに)の花」
芭蕉が山形県の立石寺への途中で、紅花畑を眺めながら詠んだとされています。
黄色い紅花の花を摘んで水にさらし、乾燥させると紅色になるところから紅花と言われるようになりました。


第二十四侯 麦秋至 ばくしゅういたる           5月31日~6月5日

麦が熟して実り、薫風が麦畑を吹き渡る頃、麦秋の季節となります。米の裏作として耕作されていた麦は5月末頃から6月初め頃実りの時期を迎えます。昔はまだ稚い緑の田圃の隣で、そよ風にさざめき黄金色に熟した麦畑のコントラストを眺めることができたものです。
日本の麦作は弥生時代初期から行われており、梅雨がやってくる前の一瞬の輝きと言われております。麦を脱穀した麦わらで、帽子やストローに使ったり、わら屋根を葺(ふ)いたりしていました。また、わらを主原料にしたブロック「ストローベイル」を使った家は、耐久性と断熱性に優れているだけでなく、木材の量を減らし、化学合成料を使わないことから、エコロジー・ハウスとして注目されているようです。
一時期黄金色にたわむ麦畑を見ることができませんでしたが、ここ何年か前から健康食品や家畜の飼料として見直されるようになってきました。



下の<続きを読む>をクリックすると、小満前後の「季節の彩り」をご覧いただけます。

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

  • 2018
  • 07/23
  • Mon

二十四節気「大暑」

大暑バナー
本記事は昨年の「大暑」を編集し直した予約投稿です。ただ今ブログ活動は休止中です。
そのためタイムリーな記事もお休みしてます。折角お見えいただいても何のおかまいもできませんで、申し訳ありません。






二十四節気バナー
二十四節気全体の概要はこちらからご覧いただけます。



第十二節気 大暑 たいしょ         7月23日~8月6日

暑さが最も厳しくなる大暑。暦の上では夏最後の節気です。1年で最も気温が高く、暑さが厳しくなる時季です。蝉たちがこの時とばかりに繁栄を謳歌するように鳴きしきります。各地で大小さまざまな花火大会が催されるようになり、浴衣に下駄を突っ掛けて花火大会に出かける姿が見受けられるようになります。猛暑の時季だからこそ、蚊帳や風鈴、打ち水など暑さをしのぐ工夫も生まれたのです。
日本の夏は暑さだけではなく、蒸し暑さも伴いますから体力の消耗が激しくなります。夏バテ防止だけではなく、最近は熱中症の心配もあります。気分が悪くなる前に水分をこまめに取り、気分が悪くなったら風通しのいい木陰で休みましょう。室内にいれば安心というのも安易。今では室内でも熱中症に罹るケースが増えています。扇風機で室温を少しでも下げるようにしてください。
一般的には小暑の15日間と大暑の15日間が暑中で、暑中見舞いはこの期間内に送るようにします。立秋を過ぎたら残暑見舞いとして8月末頃までに出します。

今年の東北北部地方では7月20日に梅雨が明けました。昨年は梅雨明けが見送られたほど冷夏でした。梅雨明け宣言は真夏を迎えるという嫌悪感よりも、ホッとする安心感があります。とはいえ今年も梅雨明け時季に豪雨による被害が多発してしまいましたね。皆さんの地域には被害はありませんでしたか。
不幸にも被災された方々には心から哀悼の意を表します。一日も早い復旧と、被災された方々が日常生活に戻れるよう、お祈り致しております。




※次の二十四節気は8月7日の「立秋」です。




七十二候バナー
七十二候全体の概要はこちらからご覧いただけます。


第三十四候 桐始結花 きりはじめてはなひらく  7月23日~7月27日 

桐が花を咲かせる時季。盛夏を迎える頃には、卵形の実を結びます。桐は、伝統的に神聖な木とされ、豊臣秀吉などの天下人が好んだ花であり、現在も日本国政府の紋章として使用されています。
箪笥(たんす)など高級家具の木材として知られる桐が、円錐形の薄紫色の花をつける季節。日本の伝統楽器である琴の本体にも、桐が多く使われています。
国内でとれる木材としては最も軽く、湿気を通さず、割れや狂いが少ない特徴を持ち、高級木材として重宝されてきました。日本では箪笥、神楽面や下駄の材料に使われています。桐箪笥は、高級家具の代名詞です。
昔から桐は神聖な木とされ、その姿が紋章や意匠として用いられてきました。皇室の家紋は「五七の桐」が使われています。


第三十五候 土潤溽暑 つち、うるおうてむしあつし   7月28日~8月1日

土も湿り気を帯び、蒸し暑さが増してくる季節です。土中で何年も過ごしたセミも、夏空に鳴き声を響かせています。夏の到来を告げるニイニイゼミに続き、8月に入るとアブラゼミ、クマゼミ、ミンミンゼミなどが勢ぞろいします。松尾芭蕉は山形県の立石寺で「閑さや 岩にしみ入る 蝉の声」と詠んでおります。
溽暑(じょくしょ)とはなかなか読めませんが、その意味は湿度の高い蒸し暑さをいいます。身に纏わりつく暑さに、土潤がついて土中の水分が蒸発し陽炎が立ち上がるような蒸し暑さという意味でもあります。
この時季、昔人たちは行水や打ち水など、生活の知恵でこの暑さを乗り切ってきましたが、草木は緑をますます濃くし成長の勢いを増し、田畑では秋に向け確実に作物が実り始めてきます。


第三十六候 大雨時行 たいうときどきふる       8月2日~8月6日

時として大雨が降る頃。夏の暑い日の夕方、突然降るにわか雨を夕立といいます。春や秋にも、にわか雨がありますが、夕立とはいいません。「広辞苑」には「天から降ることをタツといい、雷神が斎場に降臨することとする」とあります。急な雷雨、激しい雷雨のことを「彌降り立つ(いやふりたつ)雨」といい、この語が省略され「やふたつ」から「ゆふだち」になったと言われています。
別名、「急雨」や「驟雨(しゅうう)」ともいいます。驟雨の「驟」の字は「馬+聚」、この「聚」は「引き締める、詰める」の意味があり、「歩幅を詰めて馬を走らせる」ことが字源です。ある場所では夕立が降っているのに、ごく近い場所では晴れているといった局地性を指して、「夕立は馬の背を分ける」という諺もあります。
真っ白な雲が高く盛り上がる入道雲。夏の日差しで暖められた空気の上昇気流によって生まれる雲の峰を関東で「坂東太郎」、関西で「丹波太郎」、九州で「比古太郎」など、太郎の名を冠して呼ばれています。



下の<続きを読む>をクリックすると、大暑前後の「季節の彩り」をご覧いただけます。ご関心のある方はごゆっくりご覧ください。

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

プロフィール

matsuyama

Author:matsuyama
自悠気儘なド田舎の北国生活に染まり、素朴な風情を探索しながら純真に融け込もうとしています。

日めくりカレンダー

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント

最近の記事

リンク

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
328位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
東北地方
45位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード

CREDIT

top