節電のためにもすだれ、よしず、打ち水を

毎日蒸し暑い日が続きますね。高温多湿のため過ごしにくい日本の夏。暑いからといってエアコンばかり使うのは身体にもよくありません。節電のためにも地球温暖化のためにもできるだけクーラーを使わず過ごしたいものですね。
これからの残暑、少し趣を変えてジャパニーズスタイルを取り入れてみませんか。昔の人は快適な夏を過ごすため、日本の風土にふさわしいいろいろなアイデアで蒸し暑い夏を乗り切ってきました。そんな先人の知恵をちょっとお借りして日本の夏文化に浸ってみましょう。

すだれ

まずはご自分のお部屋を見渡してみてください。ごちゃごちゃした細かいものが目に入りませんか。
目から入る情報が多いと暑苦しく感じますよね。余計なもの、当面不要なものは小物入れに収納し、部屋をスッキリさせるだけで清涼感がえられます。
その上で窓を開け放し、風を取りこむことで涼しさが得られます。最近の住宅は気密性が高くできておりますからね。窓を対角上に開け、風通しを良くすることで、一挙に室温が下がるんですよ。

防犯上、窓を開けるのはちょっと…という方は、エアコンを入れる前に、うちわや扇風機をかけてみませんか。
うちわや扇風機の風は、冷房と違って身体を冷やしすぎません。扇風機の風は近くに置くより、2m位離した方が効果的なんだそうです。さらに、風のない日や蒸し暑い夜は、少しでも冷えた外気を室内に送りこむため、ベランダや窓の外に扇風機を置いてみてください。涼しさがぐっと違いますよ。同時に虫も入ってきますので網戸を閉めることは忘れずに(笑)。


サンシェード・オーニングもいいですがやっぱり簾!
涼感あふれる爽やかな空間は日本ならではの風物詩ですね。


さらにさらに、日中の強い日差しを遮る日よけとして使われてきた簾(すだれ)と葦簾(よしず)。日本古来から伝わる、夏を涼しく過ごすためのノウハウですね。「すだれ」や「よしず」の良いところは日光を遮っても、風通しは妨げないところです。最近では住宅事情によって使われなくなってきましたが、ベランダや縁側に置くことによって、室内に入ってくる風がぐんと涼しくなります。カーテンは日光を遮りますが風通しが悪くなりますからね。また、ベランダに木のすのこを置くと、太陽熱をやわらかく吸収してくれますよ。

日本の夏の風習として、おなじみだった打ち水。大切なお客様を迎える際の清め、もてなしの一環でもあった打ち水は、夏の暑さを和らげるため行われるようにもなったんですね。実際に打ち水した後の地表温度は急激に下がり、夕暮れ時の打ち水は、夜の涼しさが違います。マンションのベランダなどで頻繁に行うとコンクリートの劣化などトラブルも発生しますのでご注意を。打ち水するときは、お風呂の残り湯や雨水を溜めたものなどを使い、資源の無駄使いを避けましょうね。
どこかの企業でも会社の前で打ち水をしているニュースが流れていましたね。


蚊帳は夏場の安眠を妨げる蚊から小さなお子さんの睡眠を守ってくれますよ。風通しも良く、扇風機の風も爽やかで熱帯夜にはいいかも。

まだエアコンの普及してなかった頃、寝室に蚊帳(かや)を張って寝たことはありませんか。蚊帳がないとプーンと音を立てて飛んできた蚊に悩まされて眠れなかったもんですよね。
エアコンの普及によって一時期すっかり影を潜めてしまっていた蚊帳ですが、ここ最近見直されてきているそうですね。最近は蚊を防ぐというアイテムよりインテリアとしても使えるオシャレなデザインの蚊帳が登場しているようです。材質によっては吸湿効果が高いものや、アウトドアでも使えるものなどその用途は多種多様に渡っているようです。

昔の人は夏の食生活に、暑さによる邪気を抑える食物をうまく取り入れていたんですね。
例えば体内で熱を抑える食材としてキュウリ、スイカ、冬瓜、ナス、ビワ、トマト、セロリなどが、暑さに抵抗力をつけるために昆布、豆腐、貝類、苦瓜、レモン、メロン、そばなどが食べられていたようです。また、湿気を取り、利尿作用をうながす食材としてトウモロコシ、スイカ、しそ、トマト、そら豆、枝豆、あずきなどが使われていました。先人の知恵ですね。私たちもこれらの食材を上手に活用して、暑い夏を健康的に送りたいものです。

風鈴、金魚鉢、い草のゴザ、扇子、浴衣など夏を涼しく過ごすアイテムは数多くあります。エアコンばかりに頼らないで、残暑と仲良くお付き合いしていくためにも、古来から伝わるアイテムをうまく利用していきたいものですね。


参考サイト:暮らしのAll About、全日本不動産協会gooヘルスケア
画像提供:写真素材足成

FC2ブログランキング・人気ブログランキング参加中!
 人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。↑

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

暑い夏に涼を運ぶ吊りしのぶ

7月も後半になり、今年も各地で花火大会が開かれていますね。夏の夜空を彩る大輪の花は、日本の夏を象徴する風物詩のひとつ。私たちは、どこから見ても丸く広がる花火を当然のように楽しんでいますが、その技術は、日本独自のもの。その精巧さは、世界でも称賛の的なんだそうです。歴代の花火師たちが切磋琢磨してきた技術のたまものなんですね。一瞬で消えてしまう、はかなくも美しい花火に込められた花火師たちの知恵と技、その努力に想いをはせながら、今年の花火を心ゆくまで堪能したいものです。

吊りしのぶ

日本の古典園芸として、江戸時代より楽しまれてきたと言われる「吊りしのぶ」。(詳しくは過去記事2009年5月16日「夏の風物詩 釣りしのぶ」を参照)
その吊りしのぶは野生のシダ植物の忍(しのぶ)を団子状に植えつけ、コケ玉のようにして軒に吊るし、楽しみます。
元々寒さに強いしのぶは、春先の気温の上昇とともに少しずつ新しい芽を吹き、次第に葉が伸びてきます。夏場になると四方に伸びたしのぶの葉の瑞々しさが、涼しげな風情を感じさせてくれます。

素朴で何ともいえないレトロな雰囲気が漂いますが、最近の吊りしのぶはインテリア性が増し、独特の姿と風鈴の音色が暑い夏に涼を運んできてくれるようです。なかには涼しげな金魚鉢を取り付けたり、夏の風物詩的な楽しみ方も増えてきているようです。

一昨年、知人からもらった吊りしのぶ。毎年春先になると窓際に吊るし、緑のシダの葉が成長して行くのを見守るとともに、涼しげな夏のアイテムを楽しんでおります。吊り玉から横に伸びる無数のしのぶの葉は、さながら空中に浮遊する小さなオアシスのようでもあります。今は軒下に吊るして楽しんでおりますが、その下に風鈴を下げると涼しさが倍増しそうですね。できることなら「残したい日本の音百選」に選ばれた南部鉄の風鈴を吊るし、その音色の響きを堪能したいところです。



手入れのポイントは直射日光を避け、乾いたら毎日バケツにどっぷり浸けることだそうですが、1日置きでも十分ですね。水の入ったバケツから取り出し軒下に吊るすと、滴り落ちる豪快な水遣りに痺れます(笑)。
また、秋になって葉が枯れてしまったら、2~3日陰干ししてから新聞紙に包み、ビニール袋に密封保存しておくことだそうです。マニュアル通り保存はしたんですが、これでしのぶも絶命か、と一抹の不安を持っていました。ところが翌年の春になって水を与えると、なんと新芽が出てきたんですよ。しのぶの生命力の強さははかり知れないものがありますね。

手入れを怠らなければ3年は楽しめるそうです。今年はその3年目ですけど、果たして来年も新芽を出してくれるのでしょうか。



軒下や玄関先などに吊るした吊りしのぶに、そよ風があたると風鈴が
とても涼しげな音色を響かせてくれるものもありますよ。猛暑を乗り
越えるための1つのアイテムですね。



参考サイト:暮らしの歳時記、赤塚植物園

FC2ブログランキング・人気ブログランキング参加中!
 人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。↑

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

夏だ!花火だ!山開き 川開き 海開き!

毎日ぐずついた天気で気持ちも晴れ晴れしないですね。梅雨だからといってしまえばそれまでなんですが、ストレスが溜まっちゃいます。ストレスを溜めることで血圧が上がり、活性酸素を発生させます。活性酸素は、血液中の悪玉コレステロールを酸化させ、動脈硬化をひき起こす原因をつくるんだそうです。ストレスを早めに解消するには、映画を見たり、好きな音楽を聞いたり心身をリラックスさせること、ぬるま湯のお風呂に入ったり、十分な睡眠をとることも大切だそうです。あなたのストレス度大丈夫ですか。不安に思われる方、こちらをチェックしてみてください。

シンフォレストDVD 花火サラウンド 映像遺産・ジャパントリビュート

さてさて梅雨も真っ只中、そろそろ陽射しも夏に近くなってきました。6月から7月にかけては全国各地で「山開き」「海開き」「川開き」が行われますね。
もともとは山開きが最初で、かつて名のある山は信仰の対象で普段は登拝が禁じられていました。限られた期間のみ登拝が許可され、その解禁日を山開きと呼んでいたんですね。霊峰富士といわれる位、富士山は信仰の対象であると同時に、容易に行けない聖地でした。ただし、夏の一定期間だけ信仰行事として解禁されました。これが「山開き」の起源だったんですね。

富士山では毎年7月1日浅間神社で、木曽の御岳では7月10日、岩手山は6月15日に、名山を祀る神社で「山開祭」「開山祭」などの行事をとり行ないます。富士山ではお山開きにおいて、夏山シーズン幕開けと登山者の安全を祈願します。外国人として初めて富士山を登山したのが英国公使オークコック卿であったことから、本宮浅間大社では入山式や日英親善交流会を開催しているようですね。

昔の人々は山登りの時「六根清浄(ろっこんしょうじょう)」を口々に唱えたそうです。六根とは、眼・耳・鼻・舌・身・意の働きのことで、眼は不浄を見ない、耳は不浄を聞かない、鼻は不浄を嗅がない、舌は不浄を味あわない、身は不浄に触れない、意(心)は不浄を思わない、つまり身も心も無垢清浄になろうという祈りの言葉でした。「六根清浄」が「六根浄」となり、「どっこいしょ」となったという言い伝えもあります。

夏山といえども登山に軽装は厳禁です。山の天候は変わりやすいですからね。毎年のことながら今年も遭難事故が相次ぎ、犠牲者が後を絶ちません。山を甘く見るなよってことですよね。私も登山ではないですが、千メートルクラスの高地をドライブしたことがあります。車内は暖房で温められていますが、外へ出るとひんやりと冷たい風が身にしみます。走行中濃霧が発生、対向車が見えにくいこともしばしば。夏山に行かれる方は十分ご注意くださいね。

山開きに倣ったのが海開きや川開き。海開きは海水浴の解禁日で、その年、初めての海水浴を許可するとともに、海の神様に遊泳者の安全を祈願します。地方によって異なりますが一般的には7月1日あたりが多いようです。
川開きは納涼や川遊びの解禁日で、同時に水難防止の祈願が行われます。多くの場合は花火を上げて祈願しますが、もともと花火は精霊流しと同様、遠くにいる先祖様に向けたものでした。特に江戸時代から行われている「両国川開き」は有名です。両国橋を中心とした隅田川下流一帯の茶店や食べ物屋、見せ物小屋などは夕方までの営業を川開き以降納涼期間中は夜半までの営業が許可されたようです。
当時の花火は両国の「鍵屋」と分家の「玉屋」で人気を二分、花火の競演が始まると「かぎやー」「たまやー」の掛け声で賑やかだったそうです。(詳しくは過去記事→2009年6月21日「花火師たちが競う夏の風物詩」を参照)
現在は、隅田川花火大会として復活していますね。今年は7月28日に行われます。詳細は→こちらから
また、全国花火大会開催情報は→こちらから

うちの田舎でも昨年、東北大震災被災者追悼海上花火大会がありました。今年も8月14日実施される予定です。
夏の楽しみが1つ増えましたね。


登山に命の軽量シューズ。さらに強くなった渓流竿、これいいかも。
フィットネス水着はビーチで目立つかも。


参考サイト:暮らしのミニ知識法話図書館
画像提供:ブログ画像ゲッター

FC2ブログランキング・人気ブログランキング参加中!
 人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。↑

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

日めくりカレンダー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top