3月3日は無病息災を願った桃の節句

写真素材 PIXTA

桃の葉風呂で無病息災を願った「桃の節句」
3月3日は「上巳(じょうし)」といわれる五節句の一つ”桃の節句”です。もともとは3月上旬の巳(み)の日に行われていたものが、現在では3月3日の「ひな祭」として行われるようになったのです。
古来より身にふりかかろうとする災厄や穢れ(けがれ)を、人間の身代わりとして作られた人形の形代(かたしろ)に移して川や海へ流すという習慣がありました。平安時代には貴族の女の子の間で始まったひいな遊びという人形遊びと結びついたのが、ひな祭りのルーツではないかといわれています。当時のひいな遊びはおままごとのようなもので、男の子も一緒に遊んでいたようです。やがて貴族から庶民へと浸透し、江戸時代には、経済力が著しく繁栄し、富豪な人々が競ってひな人形を飾るようになったんだそうです。
ひな祭りのことを桃の節句といいますが、これは旧暦の3月3日頃が桃の花の咲く時期でした。新暦ではまだ桃は咲いていませんが、当時は桃の花を愛でたり、桃の花が浮かんだ酒を飲んだり、桃の葉を入れたお風呂に入って無病息災を願っていたそうです。

関東の左男雛・右女雛は大正天皇の即位の礼を模倣
ところでひな段飾りは正式には七段飾りですが、何をどの段に飾るかご存知ですか。もうすでに飾られておられる方はご存知かと思いますが、詳しくは「段重ねのひな人形」をご覧ください。
飾る時期としては節分を過ぎた2月中旬頃の大安や友引などに、直射日光が当たらず湿気の少ない、振動の少ない部屋に飾ります。ペットが入る部屋やほこりがたちやすい場所は避けたいものですね。
ちなみに、ひな祭の菱餅には赤い餅にくちなしによる解毒作用が、白い餅には血圧降下作用、そして緑の餅にはよもぎの造血作用があって、健康食品だったそうです。

祭りの後は速やかに、手放す際は人形供養で
ひな祭りが終わったら、娘さんの結婚が遅れるからすぐに仕舞うようにと昔からいわれていますが、これは子供に「後片付けは早くするように」という習慣付けをさせるためでもあったようです。なお関西では1ヶ月後位に仕舞うようで、地方によって片付ける時期は異なるようです。いずれにしても空気中の湿気が多い荒天は避け、空気が乾燥した天気の良い日に片付けましょう。その際、少なめの防虫剤を箱の上部に入れ、寒暖の差の少ない風通しのよい天袋などに保存するようにします。
事情ですぐにしまうことができない時は、ひな祭が終わったら、人形を後ろ向きに飾っておくと、今おひな様はお眠りになっていることになるそうですよ。また、人形を手放す際は、全国各地で行われている人形供養を受け、納めてもらうようにしてください。

十二単は五つ衣に裳を履き、唐衣を羽織ます
おひな様の衣装は十二単を着ておりますが、そのルーツは9世紀の終わり頃、遣唐使が廃止されたのを機会に和風の文化が浸透し、藤原道長紫式部の時代に十二単の衣装を着るようになってからのようです。
実際の十二単は「五つ衣・唐衣・裳」と呼ばれ、このうち「五つ衣」(いつつぎぬ)は袿(うちき)を3~25枚重ねたもので、平均すると5枚くらいのため「五つ衣」といわれています。基本的には五つ衣に、スカートといわれる裳(も)を履き、最後に唐衣(からぎぬ)を羽織ります。足には指先のない足袋を履き、手には衵扇(あこめおうぎ-宮廷の女房が礼装のときに用いた檜扇(ひおうぎ)と懐紙をたたんだ帖子(じょうし-折り手本)を持ちます。だいたいこのセットで20kgくらいになるそうです。25枚も重ねたら30kgくらいにはなるでしょうから、女性にとっては重荷ですよね。妃殿下の結婚式は大変だったでしょうね。
参考サイト:All Abut、ffortune.net、こよみ博物館、楽天市場
(c) chima写真素材 PIXTA


FC2ブログランキング(趣味・実用のその他)参加中!
 
↑気が向いたらでいいからね。ポチッと。

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

七夕には織姫と彦星のランデブー

7月になって梅雨の真っ只中とはいえ、何となくもう夏って気になりませんか。あちこちで夏祭りの声が聞こえてきますし、遠い夜空に流れる天の川では、1年に1度しか会えないという織姫と彦星がランデブーを楽しんでいるようですよ。
写真素材 PIXTA
(c) PG1104NA写真素材 PIXTA


どうして七夕と書いてたなばたと読むの?
7月7日は七夕(しちせき)といわれ、日本の五節句の一つですが、一説にはお盆(旧暦の7月15日)頃は水不足が深刻で、水神信仰が盛んでした。祖霊を迎える禊(みそ)ぎの行事として、収穫した麦や雑穀をお供えして、ご先祖さまに感謝していたのです。その時水辺の小屋に籠もった棚機女(たなばたつめ)と呼ばれた女性が、祖霊に着てもらう衣服を機織で織り、つくりあげた布を笹につけて神に捧げたといわれています。それが七日の夕方だったところから、たなばたつめのことを七夕と書いて「たなばた」と読むようになったということです。

織姫と彦星の悲しい恋の七夕物語
『天の川の西岸に住む織姫は、機織りの名手。毎日機織りに勤しんで美しい布を織り上げ、父親である天帝を喜ばせておりました。そんな娘の結婚相手を探していた天帝は、東岸に住む働き者の牛使い彦星を引き合わせ、ふたりはめでたく夫婦になりました。
しかし、結婚してからというもの、あまりにも夫婦仲が良すぎて全く仕事をしようとしません。これに怒った天帝が、天の川を隔ててふたりを離れ離れにしてしまいました。
しかし、悲しみに明け暮れるふたりを不憫に思った天帝は、仕事に励むことを条件に七夕の夜に限ってふたりが再会することを許します。こうして、七夕になると天帝の命を受けたカササギの翼にのって天の川を渡り、ふたりは年に一度の逢瀬をするようになったのです。』(All aboutより抜粋)

悲恋から乞巧奠(きっこうでん)へ
七夕の由来には、織姫と彦星の物語だけでなく、手技(機織・手芸・習字など)の上達や豊作の願いが織り込まれています。古代中国では織姫にあやかり機織りが上手くなるよう、さらに手芸や手習いの上達を願い、巧みになるように乞う祭り(奠)という意味の「乞巧奠(きっこうでん)」が催されました。日本では先の祖霊祭とこの乞巧奠が融合し、現在のように定着したようです。

笹飾りは7日の夜取り外します
今でこそ、七夕には願いごとを書いた短冊を笹に吊るすのが一般的ですが、本来は、裁縫の上達を祈願する日でもあり、江戸時代には「習字の上達を祈願」する風習もあったそうです。
七夕の笹飾りは前日6日の夕方飾り、翌日7日の夜には取り外します。取り外した笹飾りは、その夜に川や海に流していました。しかし、環境問題が騒がれている今は、しっかりと分別してごみに出すようにしてください。

7月7日は二十四節気の小暑です
小暑(しょうしょ)は二十四節気の1つで、この日から大暑(7月23日の前日)までの期間をいいます。太陽黄経が105度のときで、梅雨明けが近づき、暑さが本格的になるころといわれております。「大暑来れる前なればなり」といわれ、蝉が鳴き始めるころです。立秋までの間が暑中で、暑中見舞いはこの期間内に送るようにしましょう。
小暑の期間の七十二候は次の通りです。
初候 温風至(おんぷう いたる) 暖い風が吹いて来る
次候 蓮始開(はす はじめて はなさく) 蓮の花が開き始める
末候 鷹乃学習(たか すなわち がくしゅうす) 鷹の幼鳥が飛ぶことを覚える

日本の暮らし二十四節気めぐり 言の葉草
二十四節気にはいろいろな祭や花、歴史など様々な言葉が思い浮かんできます。小暑は日本の四季の移ろいを肌で感じていただくことができる季節です。「日本の暮らし二十四節気めぐり 言(こと)の葉草(はぐさ)」(←クリックして見てください)をご覧いただくと、より一層心の安らぎを感じていただくことができます。

ジュエリー・アクセサリーや結婚指輪・エンゲージリングなどの
ブライダルジュエリーをお探しなら、日本全国送料無料のツツミ。
安心と信頼の日本最大ジュエリーメーカーです。


ジュエリーならツツミに決まり!当店なら送料無料

FC2ブログランキング(趣味・実用のその他)参加中!
 
↑気が向いたらでいいからね。ポチッと。

テーマ:とくとく生活情報
ジャンル:趣味・実用

桃の節句のひな人形

明日は5節句(1月7日人日「七草」、3月3日上巳「桃の節句」、5月5日端午「菖蒲の節句」、7月7日七夕、9月9日重陽「菊の節句」)のうちの「桃の節句」にあたります。女の子が誕生して初めて迎える桃の節句には、祖父母や親戚、仲人がひな人形を贈ってお祝いするのが慣わしだそうです。
※この項は昨年2月24日にアップした「初節句おもしろ雑学」より一部引用しました。

内裏雛をはしりに年とともに買い揃えましょう
3月3日のひな祭りにはお母さんの実家から、男女一対の内裏雛を贈るのが昔からのしきたりといわれています。市販の雛壇は5段、7段など豪華で、また高価でもあります。例え生活にゆとりのあるお祖父ちゃん、お祖母ちゃんでもなかなか手が出ませんよね。いいんです。初めから無理をして全部揃える必要はありません。年ごとに増えていくのが良いとされているので、初節句は内裏雛、2年目は3人官女というように、何年かで買い揃えてもかまわないんです。もっとも現代の住宅事情では、雛壇を飾るスペースがない家庭も多くあるでしょう。
中には代々伝わる雛人形を、女の子の誕生祝に飾ってあげるおばあちゃんもおられるようですよ。

2週間前から飾り、終わったらすぐに仕舞いましょう
ひな人形は1~2週間前に飾り、節句が終わったらすぐに片付けます。俗説ですが、いつまでも飾っておくと娘が縁遠くなるといわれてますよ。とはいえ、娘が嫁にいった後でもお部屋に飾るうちもあるようです。やはり女性にとってひな人形は愛着があるんですかね。
天皇を表す内裏雛の飾り方は、男雛を向かって左に、女雛は右と言われてますが、地方によって違いがあり、決まりごとはないようです。その前の階段に3人官女、5人囃子を飾ります。ひな壇には桃の花、菱餅、草餅、白酒、雛あられなどを供えます。ちなみに菱餅の3色は桃の花、白酒、草餅の色の象徴なそうです。白酒や草餅は、病気や邪気を払うといわれています。

「おめでとう、新米パパさん。頑張んなさいよ」などと声を掛けてあげたいものですね。初孫だったら嬉しそうにお祖父ちゃん、お祖母ちゃんとしての自慢話に花が咲くかもしれませんね。

FC2ブログランキング(趣味・実用のその他)参加中!
 
↑気が向いたらでいいからね。ポチッと。

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

日めくりカレンダー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top