冬が始まる立冬

寒くなりましたね。それもそのはず、もうすぐ暦の上では冬ですよ。
11月8日からは二十四節気の中の第十九番目「立冬(りっとう)」に変わります。
この日から立春の前日までが暦の上での冬。まだ紅葉の色彩に酔いしれている地域もありますが、日も短くなり、寒い地方ほど木立ちの冬枯れが目立ち始めます。


(音声が流れます。お気を付けください)

東京や近畿では10月25日に木枯らし1号が吹き荒れました。気象的にはもうすでに冬の始まりが告げられております。北海道の札幌や釧路では初雪が観測されました。
日本で最も早く初雪が観測される富士山の平年値は9月14日です。富士山測候所が無人化されてからも10余年、この平年値は動いてないそうです。

地元宮古にも明治16年に開設された測候所があります。全国12番目の測候所で、NHK第2放送から発信される気象通報はここからのデータでした。平成19年に無人化されましたが、今でも1日3回の気象通報が宮古測候所から流され続けています。

また初冠雪は富士山が9月30日ですが、北海道の旭岳ではそれを上回る9月25日に観測されているそうです。
ちなみに初雪と初冠雪。気象庁の定義では、前年8月から当年7月までの実候年を基準にしており、今年9月に初雪があった場合は、平成16年の実績として記録されるということなんですね。

20151105焚き火

ところで、こう寒くなってくると焚き火が恋しくなりますね。子供の頃、庭先で落ち葉をかき集め、焚き火をした記憶はありませんか。さつま芋を焚き火で焼いた味が忘れられませんね。

「かきねの かきねの まがりかど たきびだ たきびだ おちばたき」懐かしいですね。この時季になると口ずさむ童謡ですが、モデルになった家が東京中野区の住宅街に現存してあるそうです。
まだ拝見したことないですが、写真で見る限りでは立派な竹垣に囲まれており、武蔵野の農家の面影が残るお屋敷のようです。
防災上の問題やダイオキシンなどで今は焚き火をするのも規制されておりますが、ここのお屋敷では年1回近所の子供たちを集めて焚き火をするそうです。

その時唄われる童謡の「たきび」、その作詞家が何を隠そう、岩手県出身の児童文学者で詩人の巽聖歌(たつみせいか)なんですね。
聖歌は明治38年、紫波町の日詰生まれといいますから盛岡に近いんですかね。小学校卒業後は家業の鍛冶屋を手伝いながら、好きな児童文学に打ち込み、当時の児童雑誌「赤い鳥」に投稿していたそうです。
作品は編集者であった北原白秋の目にとまり、東京に呼ばれました。その後は童謡詩人、編集者として活躍し、「たきび」を発表するに至ったのです。

温かくて馴染みやすい詩ですよね。毎年2月、紫波町では「巽聖歌童謡まつり」を開催しているようです。来年はちょっと覗いてみようかな(笑)。


二十四節気 立冬(りっとう)◇
二十四節気19番目の節気。11月8日および小雪(11月23日)の前日まで。
暦便覧は「冬の気立ち始めて、いよいよ冷ゆれば也」
真冬の寒さに備え、冬の準備を始める「こたつ開き」の時季でもある。
立冬七十二候は次の通り。
第五十五候(立冬初候) 11/8~11/12 山茶始開(つばきはじめてひらく)
読みは「つばき」ですが、山茶花が咲き始める頃。冬枯れの景色の中で、濃いピンク色の山茶花の花はよりいっそう目立ちながら、綺麗に咲きほこります。


今日の独りごと

今日の独りごと1105先日堤防をウォーキングしながら河川敷をウォッチングしてきました。特に休日となると、趣味で畑を耕すご年配の方が多いんですね。
80歳を超えるというおじさんと話す機会がありました。この近くに娘夫婦と同居しているようで、「2時間だけよ」と、娘には畑仕事も時間規制されているそうです。父親の健康を気遣う娘としては心配なんでしょうね。
本人は「健康のためには身体を動かさないとね」と元気そうでしたし、野菜を売って生計を立てるプレッシャーもないですから、気楽そうでしたね。
確かに通院して薬漬けになるより、年齢的な健康を維持するためにも、趣味の野菜作りをしていた方がお年寄りにとっては最善策なんでしょうね。


参考サイト 暦生活彩時記、東京レトロ散歩エフエム岩手




テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

秋と冬のはざ間で三陸の大ケヤキを堪能

古代では「神の食べ物」として崇められていたチョコレート。当時は、すり潰したカカオ豆に水を加え、唐辛子やトウモロコシを混ぜ飲んでいたそうですね。
動脈硬化の予防や高血圧の改善にも役立つポリフェノール、神経を鎮静させてストレスを緩和するテオブロミン、脳の活性化や疲労回復に効果があるブドウ糖、悪玉コレステロールだけを減らす働きがあるオレイン酸などカカオ豆は栄養が豊富で、身体に良い影響をもたらす、さまざまな効果・効能があるようです。
特にカカオ分が70%以上の、ほろ苦いダークチョコレートが効果的だそうです。気をつけたいのは美容と健康のために、1日当たり20g、板状のチョコレートであれば1/3から半分程度を目安にすることです。疲れたときやスポーツをした後は効果的だそうですよ。
私はあまり食べる機会はないですが、女性の皆さんは大好きという方が多いと思います。食前に摂取すると血糖値が素早く上昇して食欲が抑えられるため、肥満予防にも役立つそうです。心身の健康維持のためにもチョコレートを食べてみてください。

十二神山ツアー

長い長~い冬の始まりです
さてさて食欲の秋とはいいながらダイエットには関係ない10月でした。もうすぐ暦の上では冬になります。11月7日からは二十四節気立冬(りっとう)。
冬の二十四節気の最初にあたり、これから約90日間が冬となります。北海道や標高の高い山ではすでに降雪が見られますが、平地はまだそれほど寒いわけではありませんので、冬という実感がまだわかないと思います。しかし、秋分の頃に比べると、日の出は約40分遅く、日の入りは1時間近く早くなっています。登山される方はいつもより早め早めの下山を心掛けてください。

巨木の森十二神山バスハイク
山の中央に鎮座する薬師如来を、山頂部でお守りする十二の神々が住んでいると言われている巨木の森「十二神山(じゅうにしんざん)」。本州最東端重茂(おもえ)半島の最高峰(海抜731m)の東側に広がっております。
先日そぼ降る雨の中、「自然観察ツアー」のバスハイクに参加し、ブナを主体とする林齢150年以上の天然広葉樹林が広がる「十二神自然観察教育林」を見てきました。紅葉が真最中のこの時季、赤や黄の葉が鬱蒼と生い茂る中、「森の巨人たち百選」にも選ばれている樹齢300年以上のケヤキやハリギリの巨木が混在しており、圧巻でした。

十二神山ツアー①
十二神山ツアー②
午前10時半、現地に到着した参加者18名の「自然観察ツアー」は自然観察教育林の看板を前にガイドさんの案内でスタート。

十二神山ツアー③
途中教育林に到着するまでの林道脇にある高さ45mの「高滝」を見学。渇水期には流れ落ちる水もなく、単なる岩場だそうですが、この日は運よく滝の様相を呈し、両脇の紅葉が雰囲気を醸し出しておりました。

十二神山ツアー④
落ち葉に埋まった巨木歩道を踏みしめていくと正面に大木が目に入ってきました。

十二神山ツアー⑤
大きい葉を桐に見立て枝に針があるところからハリギリ(針桐)と呼ばれる巨木です。幹周り4.35m、大人4名が手をつなぐ大きさです。

十二神山ツアー⑥
十二神山にはこの他にも巨木が林立しております。その一つが「森の巨人たち百選」に選ばれた「重茂の大ケヤキ」を見ることができました。「森の巨木たち百選」とは巨樹・巨木を「国民の森林」として林野庁が選定したもので、地面から1.2mの部分が直径1m以上あるものをいうそうです。

十二神山ツアー⑦十二神山ツアー➇十二神山ツアー⑨
重茂の大ケヤキ(写真左)は樹齢300年以上、高さ約28m、幹直径1.2m、幹周り3.8mありました。選ばれただけあって風格があります。写真中央はブナの巨木で、果実は野生動物の貴重な餌となっております。樹高は27~8m。写真右はアオダモ。ご存知、野球のバットやテニスのラケットに使用されております。高さは8m位でした。この木1本からバットが何本できるのでしょうかね。

十二神山ツアー⑩ 十二神山ツアー⑪
写真左はオオモミジ。この日は深紅の色をしていましたが、紅葉の時季にはやや黄色みがかることがあるそうです。高さ20m位ありました。写真右は同じカエデ科のハウチワカエデ。天狗が持っていたといわれる鳥の羽で作った団扇に例えているそうです。高さは5m位。

十二神山ツアー⑫道すがら、脇には朽果て苔が生えている昔の巨木も見られました。台風や地震で倒れたのかもしれません。自然との共存は厳しい面もあるんですね。

数多くの動物が生息するここ十二神山は三陸海岸域で最も貴重な自然林です。オオルリやオオワシ、オジロワシ等の鳥類も多く棲んでおり、渓谷、巨岩、巨木と調和しているようでもありました。次世代にもこの景観を残したいものですね。貴重な自然観察バスハイクでした。


二十四節気 立冬(りっとう)◇
二十四節気十九番目の節気。11月7日および小雪(11月22日)の前日まで。
暦便覧は「冬の気立ち始めて、いよいよ冷ゆれば也」
紅葉する木樹も多くなり、空気が乾いて、空が青く澄む。
立冬七十二候は次の通り。
第五十五候立冬初候)11/7~11/11 山茶始開(つばき、はじめてひらく)
冬の始まりを意味する「冬立つ日」=「立冬」。11月は、春めいた陽気の小春日和や時雨(しぐれ)を繰り返しながら、本格的な冬へと向かっていく時期でもある。初冬の殺風景な景色の中で、淡紅、紅、白など鮮やかな花をつけるのがツバキ科の山茶花(さざんか)。庭木や生垣などで目にすることが多い。
第五十六候立冬次候)11/12~11/16地始凍(ち、はじめてこおる)
陽気もなくなり、大地も凍りはじめる時季。
第五十七候(立冬末候)11/17~11/21 金盞香(きんせんか、さく)
冬の気配さらに強くなり、金盞(きんせん・水仙)の花も咲き出す時季。


今日の独りごと

今日の独りごと115久慈市のいわて平庭高原闘牛会は4日、豪雨災害に見舞われた広島市へ義援金を日本赤十字社県支部に寄付したそうです。義援金は10月の平庭闘牛大会もみじ場所で観客らから寄せられた善意。
1昨年10月に見てきた闘牛大会。東北で行われる大会は唯一ここ平庭高原だけだそうです。「赤べこ」の愛称で親しまれている短角牛同士の戦いです。出場は2歳から7歳までの闘牛で、1トンを越す最重量級の横綱対戦が見ものでした。
「さ~、さ~、行け~」という勢子の気合で、角を突き合わせる短角牛同士はガツン、ガツンという激しく重い音を響かせ、両者の激しいぶつかり合いが始まります。手に汗を握る大迫力ですよ。
白樺林に囲まれた平庭高原には山ぶどうのワイン工場や、短角牛ステーキを堪能できるレストランもありましたが、その日は混雑で食べられませんでした。春夏秋の年3場所あります。来年はぜひ闘牛大会を見た後、短角牛ステーキを食べてみたいですね。





参考サイト:水と生きるサントリー岩手日報Web News、テポーレトクトク便り Vol.418


人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ
↑あなたのお気持ちを有難く頂戴します。

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

冬来たりなば春遠からじ!?

最近、肌寒くなってきました。そのせいか、お風呂につかると気持ちいいですよね。極楽極楽。
皆さん、入浴剤使っていますか。全国の温泉の名前が入ったもの、発汗作用を促すもの、入浴剤が溶けるとおもちゃが出てくるものなど、色々な種類があるんですね。
この入浴剤、実は、日本では昔から天然の植物を使った、端午の節句の菖蒲湯や冬至の柚子湯といったものに使われていたんですね。江戸時代、これらの天然の植物と漢方薬を組み合わせたモノを「薬湯(やくとう)」と呼び、皮膚病などのさまざまな病気の症状にあわせて用いられていたんだそうです。
このような歴史ある入浴剤。その効果を味わうためにも、寒い冬いつもよりもう少しだけ長くお風呂につかってみませんか。

ベンチと落ち葉

名残り秋?に見られる立冬
さてさて暦の上では11月7日からいよいよ冬の始まり、二十四節気の一つ、立冬となります。肌感覚としては秋たけなわといった印象が強い時季ですが、日の光は一段と弱くなり、北国の山では初冠雪が見られ、冬の気配をうかがうことができます。
冬型の気圧配置で強く吹く冷たい北風が木枯らし。文字通り木の葉を飛ばし枯らしてしまうような風です。その年の冬、最初に吹く木枯らしが「木枯らし一号」で、身震いするような冷たい風にコートの襟を立てると、ついに冬がやってきたことを実感します。

冬の始まりを感じさせる「山茶始開」
そして立冬の初候は七十二候の第五十五候「山茶始開(つばきひらきはじむ)」となります。
ここでの椿とは同じツバキ科の山茶花(さざんか)のこと。日本での椿の開花は2月頃です。山茶花の開花は秋の別れと同時に冬の始まりを感じさせます。山茶花は一枚一枚バラバラに散るのに対し、椿は首からストーンと落ちます。それが斬首刑をイメージさせるのか、武士には嫌われていたそうです。
ポツリポツリと新緑の中に浮かぶように赤い花をつけ始める山茶花。大川栄策さんの「さざんかの宿」を思い出すのは私だけでしょうか。

山茶花が咲く道で落ち葉焚き
童謡に「たきび」という歌があり、2番の歌詞に、
♪さざんか さざんか さいたみち   たきびだ たきびだ おちばたき
「あたろうか」「あたろうよ」  しもやけ おててが もうかゆい
山茶花の花が咲く道で焚き火をしている模様が歌われています。昔は落ち葉をかき集めて焚き火をしていたものですが、今は事前に消防署に届けを出さなければなりません。垣根のある道の曲がり角や、山茶花が咲く道で焚き火をすることは叶わなくなりました。今の子どもたちには想像し難いでしょうね。



崎山貝塚「縄文まつり」でトムソーヤに成りきってきました
海抜120m、海岸から1.5kmの崎山貝塚(詳しくは過去記事2012年11月20日「古代の鉄づくりに挑戦」を参照)で、初めての発掘調査が行われたのは大正13年(1924)。全国的にも貴重な遺跡であることから、平成8年7月16日に国の史跡として指定されました。
11月3日、崎山貝塚で縄文まつりが開催されるのは今年で14回目。かつての縄文時代の人々がどんな生活をしていたのか、興味津々です。

縄文まつり(弓矢)
子供たちを中心にファミリーが集まった会場では、狩りに欠かすことができない弓矢の体験に人気が集中。
トムソーヤに成りきったかな、ボク。約20m先の的に命中。私も子供の頃お兄ちゃんたちに弓矢を作ってもらって遊んでましたよ。狙ったところに全然当たらなかった。意外と難しいんですよね。

縄文まつり(石斧)
石斧で小枝を切る体験コーナー。鉄製の鉞(まさかり)と違って簡単には切れません。10回斧を振り上げてやっと。切り落とした頃、様になってきましたよ。フーッ、疲れたってとこかな。

縄文まつり(火起こし)
次は火起こし体験に挑戦。ヨモギの葉を乾燥させ柔らかく揉みほぐした「もぐさ」を利用して火を起こします。でもなかなか火は起きません。5分、10分。次第に焦ります。疲れてきます。汗びっしょり。やがて煙が少しだけ上がってきました。火元にもぐさを持っていき、口で風を送ります。フーフー、点いた点いた、やったね。
ちなみに火起こし選手権大会として行われた過去の最短記録は、1分4秒でした。

縄文まつり(ペンダント①) 縄文まつり(ペンダント②)
ここでは石のペンダントづくりに挑戦。ペンダントの材料になる滑石(かっせき)は柔らかい石なので、キリで穴をあけてから、砥石(といし)で磨きます。磨けば磨くほど美しい光沢がでてきます。最後におじさんに紐を通してもらえば出来上がり。
「おじさん出来たよ、紐を付けてください」「お~、きれいに出来たね。待ってろよ、いま紐付けてあげるから。どうだ立派なペンダントの出来上がりだ」「うん、ありがとうございました」。と言ったかどうか。

縄文まつり(どんぐり①)
縄文まつり(どんぐり②) 縄文まつり(どんぐり③)
かつて、縄文時代の人々は、どんぐりを主食にしていました。そのまま食べるとかなり渋く、アク抜きが必要です。事前に崎山貝塚で拾ったコナラとミズナラのどんぐり。茹でて中の虫を殺し、天日で数日間乾燥させます。乾燥したどんぐりを石で割って中の実を取り出し、灰汁で茹でます。この後、新しい灰汁の中に一晩ひたします。その後真水で茹で、上がったら水を取り替えます。これをアクが抜けるまで何回もくり返します。
「食べるまでは結構大変なんですよ」とどんぐり団子を作ってくれたお母さん。味気ないどんぐりに甘みを付けて食べてみました。「う~ん、美味しいけど、ボサボサしてる」。昔はどんぐり拾って遊んでたけど、美味しくなかったから食べたことないですよね。

縄文まつり(散歩道
縄文まつり(竪穴住居) 縄文まつり(丸太舟)
広大な貝塚跡は市民の憩いの場所としても利用され、ブナの木が生い茂る中を散策できるコースもあります。
縄文時代の人たちは海の近くに竪穴住居を作り、丸太を繰り抜いた舟で漁をしたり、山に狩りに出て生計を立てていたんでしょうね。

非常に長くなってしまいました。最後までご覧いただきましてありがとうございました。

◇二十四節気 立冬(りっとう)のメモ◇
二十四節気19番目の節気。11月7日および小雪(11月22日)の前日まで。
◆小雪の七十二候は次の通り。
初候 第五十五候(11/7~11/11)山茶始開(つばき、はじめてひらく)
山茶(つばき・さざんかのこと)の花が咲き始める時季。
次候 第五十六候(11/12~11/16)地始凍(ち、はじめてこおる)
陽気もなくなり、大地も凍りはじめる時季。
末候 第五十七候(11/17~11/21)金盞香(きんせんか、さく)
冬の気配さらに強くなり、金盞(きんせん・水仙)の花も咲き出す時季。







参考サイト:ぴお、七十二侯がまるごとわかる本、TEPOREレターVol.545
写真協力:写真素材-フォトライブラリー

人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ
↑あなたのお気持ちを頂戴します。

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

日めくりカレンダー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top