• 2016
  • 10/20
  • Thu

清澄で爽快な霜降の秋空

161020秋の雲

「春雲は綿の如く、夏雲は岩の如く、秋雲は砂の如く、冬雲は鉛の如く、・・・」
と表現した俳人の正岡子規。
春は太陽の光で大地が熱せられ、空気も暖められて上昇し、綿雲ができます。
春以上に空気が暖まって綿雲が発達し、入道雲や雷雲のようにもくもくとした巨大な雲が発生する夏の雲。
秋にはうろこ雲やいわし雲などが見られ、その姿は小石を敷き詰めたようだったり、
砂丘の表面にできる風紋のようだったりもします。
そして冬の雲、特に日本海側で低い雲に覆われた空はまさに鉛色に染まってしまいます。

季節が移り変わる秋の空。
天高く馬肥ゆる秋の空は空気も澄み、爽やかに晴れ渡ります。
秋空に描かれた大自然のキャンパスは雄大で、見る人の気持ちを融合させてくれます。

10月23日は二十四節気の「霜降」です。


二十四節気
上のバナーをクリックすると歳時記の概要をご覧いただけます。



第十八節気 霜降 そうこう       10月23日~11月6日

朝晩の冷え込みがさらに深まり、北国や山里ではが降り始める頃です。露がに変わりだんだんと冬に近づいてきます。地面が放射冷却によって冷え,空気中の水蒸気が昇華して氷の結晶となる。野菜にうっすらと付着しているを見ると、一瞬ぶるぶるっと身震いし、秋の深まりを感じてしまいます。
農作物にとっては霜害にしばしば襲われる危険性をはらんでおります。春の霜害を「晩霜害」、秋の霜害は「初霜害」と言います。
園芸や家庭菜園を楽しんでいる方は、この頃から霜枯れの対策を、そしてご家庭内では暖房器具の準備も徐々に始めるころです。

実際に霜が降りるのは山間部や北国だけですが、紅葉する地域も少しずつ広がり、赤や黄色で色づき始めた山々には冬が目前に迫っています。
11月の声を聞くようになると、さすがに朝晩の冷え込みは顕著になり、最低気温も10度を切るようになります。日中はまだ過ごしやすい日が続いておりますが、夜は冷え込みも厳しく、ストーブやコタツなど暖房器具のお世話になっています。夏日が続く地域からは想像もつかないかもしれませんが、これが南北に長い日本列島の現実かもしれません。

早朝には霜が降りはじめ、裏山にも紅葉の色合いが漂ってきました。すっかり秋も深まり、もみじや楓で北国は徐々に、燃えるような赤色に染まりはじめております。紅葉は秋霜や時雨の冷たさに揉み出されるようにして色づくことから「揉み出づ」→「もみづ」→「もみじ」→「紅葉」と転訛したのだそうです。
紅葉狩りに行くとあらためて感じるのが日の短さです。秋の日は釣瓶落としといわれ、あっという間に日が暮れてしまいます。夏のつもりでいるといつの間にか懐中電灯が必要になってしまった、ということもありますから気をつけましょう。2カ月後の冬至までは、日に日に夜が長くなっていきます。



下の<続きを読む>をクリックすると、七十二候の第五十二候から第五十四候までと霜降前後の「季節の彩り」をご覧いただけます。
ご興味のある方はごゆっくりご覧ください。



人気ブログランキングへ


テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

秋が深まり霜が降りる霜降

10月24日頃からは二十四節気・第十八番目の「霜降(そうこう)」に変わります。
朝晩の冷え込みがさらに深まり、北国や山里ではが降り始める頃です。露がに変わりだんだんと冬に近づいてきます。
農家では稲刈りもほぼ終え、今は脱穀に追われています。本格的な冬の到来に備えているところでしょう。11月の声を聞くようになると、さすがに朝晩の冷え込みは顕著になり、最低気温も10度を切るようになります。過ごしやすい日中の気温との寒暖差が広がり、裏山にも紅葉の色合いが漂ってきます。

20151020脱穀

は、地面が放射冷却によって冷え,空気中の水蒸気が昇華して氷の結晶となります。この氷がで、霜降といいます。秋の早朝、野菜の表面にうっすらと氷の結晶が付着していることがあり、一瞬ぶるぶるっと身震いし、秋の深まりを感じます。
朝の散歩に、霜は美しく感じますが、霜の降りる日は寒いわけで、それは農作物にとって霜害にしばしば襲われる危険性をはらんでいるわけでもあります。
春の霜害は「晩霜害」、秋の霜害を「初霜害」と言います。農家では温床を作ったり、送風機で風を送ったりして気温の低下を防ぎ、農作物を霜から守る対策に余念がありません。

20151020縄文住居
古い時代から日本人の貴重な食料源となっていたどんぐり。湯で煮たり、アク抜きをしたり手がかかりましたが、縄文人にとっては栗やトチノミと並んで主食級の食べ物でした。美味しく食べるためにいろんな調理法が編み出され、今風でいう団子やクッキーとして食していたのです。

20151020縄文まつり
このメニューを再現したのが、昨秋開催された宮古市の「崎山貝塚縄文まつり」。地元の主婦の協力でアク抜きをしたどんぐりをすり潰し、団子状にして焼いてくれました。

20151020どんぐり団子20151020どんぐり
試食してみましたが、ぼさぼさした感じで決して美味しいと言えるものでもなく、調味料の揃ってなかった当時のことを考えれば、まずまずといったところでしょうかね。
古代人はこんなものを主食にしてたんですね。もち論、海の近くですから漁をしながら魚も食べてたんでしょうけどね。秋はやっぱりさんまだったのかな(笑)。

何年も霜を受けることを「幾霜」といいます。長い年月を重ねたことを言い表しますが、似たような言葉に「幾星霜」があります。「幾星霜の風雪に耐えて、その役目を終えた今……」などと、その人物の苦労や努力を重ねた結果としての長い年月を経た人生の重み、深みを感じさせます。
決して私のことを言ってるわけじゃないですよ(笑)。


二十四節気 霜降(そうこう)◇
二十四節気18番目の節気。10月24日および立冬(11月8日)の前日まで。
暦便覧は「露が陰気に結ばれて霜となりて降るゆゑ也」
北国や高地では霜がおりはじめ、田園地帯では稲の刈り入れなどがみられます。
霜降七十二候は次の通り。
第五十二候(霜降初候) 10/24~10/28霜始降(しもはじめてふる)
氷の結晶である、霜がはじめて降りる頃。昔は、朝に外を見たとき、庭や道沿いが霜で真っ白になっていることから、雨や雪のように空から降ってくると思われていました。そのため、霜は降るといいます。


今日の独りごと

今日の独りごと1020 先日のことです。市内で「街なか復興祭」がありました。大震災で被災した市民の皆さんに1日でも早く立ち直っていただこうと商店街が企画運営した祭りです。
定番の焼きそば、焼鳥、おでんなどや野外臨時ステージ、そしてテーブルなどで思い思いに試食を楽しんでいた中に、ひと際目を惹いたのがパトカーや消防車。決して防犯や防火を警戒しての出動ではありません。市民にもっと親しんでもらおうという展示試乗会でした。
希望者は帽子を被り、運転席に試乗してもらおうという趣旨。喜ぶ子供たちの列は後を絶ちません。普段街で見かけても乗ることはありませんからね。この日だけは試乗が許されます。
子供たちからは笑みがこぼれ、パトカーや消防車に親近感を持ったことでしょう。開かれた警察や消防署といったところですかね。私も乗りたかったですけど、私が乗れるのは犯罪を犯した時だけでしょうかね(笑)。


参考サイト 暦生活彩時記びお



テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

秋を締めくくる霜降 晩秋を彩る秋祭り

日本の伝統芸能でもある歌舞伎。最近歌舞伎座のリニューアルや、若手役者の活躍で、歌舞伎が盛り上がりを見せているそうです。
そもそも歌舞伎とは1600年に出雲の阿国の「かぶき踊り」がはじまりのようです。もともと女性による踊りだったのが、幕府の取り締まりですべての登場人物を男性が演じることになり、「立役」と「女形」が生まれたんですね。今では芝居と踊りが柱となった演劇となっています。
東京では銀座の「歌舞伎座」や国立劇場、新橋演舞場などで、大阪だと松竹座、京都では南座で見ることができますが、残念ながらうちの方の田舎では見られません。でも昨年の三陸鎮魂復興祭では名勝浄土ヶ浜を背景にした特設ステージで、中村勘九郎、中村七之助兄弟による歌舞伎舞踊「団子売」を見ることができました。
秋には全国の市民ホールなどで歌舞伎巡業が行われているようです。歌舞伎の人気演目「仮名手本忠臣蔵」や「勧進帳」など、日本の伝統芸能を継承する中村吉右衛門や尾上菊之助などの歌舞伎役者をご覧なって見てください。
ちなみに、歌舞伎の語源は「傾く(かぶく)」で「変わっている、派手な」という意味からきているそうですよ。

郷土芸能の秋①

日本列島は秋色満載
さてさて日本の伝統でもある二十四節気は10月23日から11月7日(立冬)の前日まで、第18番目の「霜降(そうこう)」となります。
早朝に霜が降りはじめる頃です。この頃になると、東北地方や本州中部では霜が降りるようになります。すっかり秋も深まり、もみじや楓が紅葉し、日本列島は北から徐々に、燃えるような赤色に染まります。
霜降を「しもふり」と読んでしまうと、おいしい牛肉のことを連想してしまいます。脂の白味があたかも大地に霜が降ったように見えるからでしょう。
実は先日泊まった温泉宿の夕食。岩手県内でも有数の前沢牛でした。鉄板で焼き上がった霜降りの牛肉は、それはそれは口の中で、もう1度ジュワーっととろけるような美味しさでした。
霜降り肉ならずともちょうど食欲の秋。美味しいものを美味しく食べられるこの時季。馬ならぬ人間も肥えてしまいそうな時期でもあります。

東北を代表する二大祭りが小さな漁港を席巻
二十四節気も霜降は秋の締めくくりです。秋の収穫も一段落した全国の農村地帯では、五穀豊穣に感謝し秋祭りが行われます。
震災の被災地でもあるここ岩手県・宮古でも10月12・13日の両日、いわて三陸海と大地の復興フェスタ「宮古街なかUltra復興祭」がおこなわれました。この秋に収穫された海の幸、山の幸を一堂に集めた旬の市場。花を添えるように東北を代表する「盛岡さんさ踊り」と「仙台すずめ踊り」のパレードが、小さな漁港を盛り立ててくれました。

郷土芸能の秋②
その昔、南部盛岡城下で悪さをしてあばれていた鬼を三ツ石神社の神様が、この悪鬼を境内の大きな三ツ石に閉じ込め二度と悪さをしない誓いの手形を押させました。これが岩手の名前の由来でもあります。里人たちは喜んで三ツ石のまわりをさんささんさと踊り回ったのが「さんさ踊り」の始まりだそうです。
この日は盛岡より約80名の踊り子さんたちが笛や太鼓を従え、商店街をパレード。復興に湧く市民たちに元気を与えてくれました。

郷土芸能の秋③
慶長8年(1603)、仙台城新築移転の宴席で、泉州・堺から来ていた石工たちが、即興で披露した踊りが始まりだったといわれています。伊達家の家紋が「竹に雀」であったことや跳ね踊る姿が餌をついばむ雀の姿に似ていたことから「すずめ踊り」と名付けられました。途絶えかけた伝統を守るため、昭和62年より「仙台すずめ踊り」として復元したものだそうです。
老若男女だれにでも楽しめるよう練り直された「仙台すずめ踊り」。「仙台、宮古、仙台、ソーレソーレ」の掛け声と共に激しい踊りを、商店街パレードと路上ライブで楽しませていただきました。

郷土芸能の秋④
郷土芸能も路上ライブで賑わいました。三陸沿岸山田町の虎舞は「虎は一日にして千里行って、千里帰る」ということわざから漁師が無事に帰ることを念じた踊りです。男と女が1つの太鼓を交互に打ち鳴らすその変わり身も見もの。大漁祈願と豊年万作が念じられています。


◇二十四節気 霜降(そうこう)◇
二十四節気十八番目の節気。10月23日および立冬(11月7日)の前日まで。
暦便覧は「露が陰気に結ばれて霜となりて降るゆゑ也」
北国や高地では霜がおりはじめる。刈り入れの光景がみられる。
◆霜降の七十二候は次の通り。
第五十二候(霜降初候)10/23~10/27 霜始降花(しもはじめてふる)
朝晩の冷え込みで、明け方に霜が降り始める頃。この時期には東北や北陸、甲信越地方などでも紅葉が見ごろを迎える。日本では万葉の時代から春には桜の花見、秋には紅葉狩りを楽しんできた。
紅葉(もみじ)という植物は学術的には存在せず、ヤマモミジやイロハモミジなどはカエデ科である。また、カエデの由来はカエルの手に似ていることから、「カエルデ」から「カエデ」になったともいわれている。
第五十三候(霜降次候)10/28~11/1霎時施(こさめときどきふる)
秋も終わりとなる頃で、霎(そう・こさめ)がしとしとと降って、わびしい時季。
第五十四候(霜降末候)11/2~11/6 楓蔦黄(もみじつたきばむ)
紅葉や蔦が黄葉する時季。


今日の独りごと

今日の独りごと1020先日本州最東端の灯台を見学に行った時のこと。50mはあろうかという断崖絶壁で磯釣りを楽しんでいる方がおりました。太平洋の荒波が押し寄せる釣場から下を見たら吸い込まれそうです。
それまでのんびりしていたおじさんに動きがでました。引いたのかな、慎重にリールを巻き上げていました。徐々にその姿が見えてきました。「なんだアイナメかよ」と落胆したようなおじさん。周りからは「刺身は美味しいよ」という掛け声に「俺の狙っているのはヒラメなんだよ、こんな小さいの返してやるわ」と、30㎝ほどのアイナメを太平洋のもとにドボン。
あ~もったいない。要らないならどうぞ私に恵んでください、思わず言いたくなってしまいました。確かにアイナメとヒラメでは味の違いはありますけどね。釣り人には釣り人の拘りがあるんでしょうね。





参考サイト:水と生きるサントリーTrace盛岡さんさ踊り仙台すずめ踊り


人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ
↑あなたのお気持ちを有難く頂戴します。

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

日めくりカレンダー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top