天高く澄みはじめる処暑の空

20160820夕焼け

やがて西の空は茜色の夕暮れに染まりはじめます
人々を深い眠りに誘うように
虫の鳴き声が子守歌となり
星の輝きが夢へと誘うでしょう
 
こうしてまた秋は深まっていきます
佇むこともせず 夏をおきざりにして
もうすぐ彼岸の花も咲きはじめるでしょう

8月23日は二十四節気の処暑です



二十四節気
上のバナーをクリックすると歳時記の概要をご覧いただけます。



第十四節気 処暑 しょしょ       8月23日~9月6日

処暑とは暑さがまだ停っているという意味です。8月7日に立秋を迎え、これで暑さも峠を越えたかと思ってしまいますが、実際は一年の内で最高気温を出すのが処暑の間です。次の白露までもけっこう暑さの厳しい状況が続きます。とはいえ処暑の朝夕は涼しい風が吹きわたり、初秋の息遣いを感じます。これまでの暑さで体力も弱り、夏バテや食中毒にかかりやすい時期でもあります。

処暑は二百十日や二百二十日と並んで台風の多い時期。そろそろ秋の台風シーズンに入ってきます。今年は気象条件の関係なのでしょうか、シーズン前に訪れる台風は東日本、北日本を攻略しようとする姿が多く見られます。本格的な秋を実感できるのは、この台風が去った後になるのでしょうか。

お盆も終わり、朝晩が涼しくなった北国にとっては、季節も秋模様に転じはじめました。
蜻蛉が舞い、秋の虫が心地よく耳をかすめています。夏の終わりを告げるようにミンミン蝉の裏悲しい鳴き声は今年の鳴き納めでしょうか。夏と秋が混在しております。東北の空には雨の合間にうろこ雲が出現。この雲が見られると何だか天高く秋の季節が漂ってきたような感じがします。

どなたさまも残り少ない夏を、どうぞお健やかにお過ごしください。





下の<続きを読む>をクリックすると、七十二候の第四十候から第四十二候まで、処暑前後の「季節の彩り」をご覧いただけます。
ご興味のある方はごゆっくりご覧ください。





テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

秋の味覚が漂う処暑

8月23日からは二十四節気の「処暑」に変わります。
まだまだ残暑は続きますが、この暑さのなか果物は成熟しています。
9月と共に忍び寄る秋の味覚。あの「栗」の優しい甘さが、食欲の秋を加速させます
たわわに実った栗のイガは、熟すとともに足元に落ちてきます。
むいたイガから顔を出すふっくらとした茶色の栗の実。
持ち帰って沸騰したお湯に栗を入れ、「ゆで栗」にするもよし、
その場でアルミホイールに包み、焼き栗にして食べるもよし。
香ばしい匂いが食欲を駆り立てます。

150820栗

仲秋の名月十五夜に対し、後の名月として慕われた十三夜。
里芋を供えた十五夜、十三夜には栗を供えました。
そのため十五夜は「芋名月」、十三夜は「栗名月」として親しまれています。
名月を愛でながら観賞する日本の風情。
十三夜は10月(旧暦9月13日)ですが、栗の旬は9月から始まります。
150820栗の実



二十四節気 処暑(しょしょ)◇
二十四節気14番目の節気。8月23日および白露(9月8日)の前日まで。
暦便覧は「陽気とどまりて、初めて退きやまむとすれば也」
朝夕はいく分かしのぎやすくなり、昼間の短くなったことを感じる頃。
処暑七十二候は次の通り。
第四十候(処暑初候) 8/23~8/27 綿柎開(わたのはなしべ、ひらく)
綿を包む柎が開き始める頃。柎とは花の萼(がく)のことです。柎が開き始めるとふわふわとした綿毛が中からとび出してきます。この綿毛が木綿の糸や布になります。
第四十一候(処暑次候)  8/28~9/1 天地始粛(てんち、はじめてさむし)
ようやく暑さが静まる頃。天気図には秋雨前線が登場し、冷たい空気とともに秋を運んできます。とはいっても、日中はまだまだ暑く、夏の気候が続きます。
第四十二候(処暑末候)  9/2~9/7 禾乃登(こくもの、すなわちみのる)
日に日に稲穂の先が重くなってくる頃。稲穂はこぼれるように実り、色づき始めます。しかし、この時期は台風が襲来してくる時期であり、各地で農作を祈るお祭りが開催されます。



今日の独りごと

今日の独りごと0820①本州最東端の魹ヶ崎(とどがさき)灯台を要する重茂(おもえ)半島。見渡す太平洋を眼前に活気づく重茂漁港は4年前の東日本大震災で壊滅的な被害を受けました。
先日開催された新鮮なウニやホヤを大放出する「重茂味まつり」。県内外から大勢の来場者で埋め尽されました。中でも本州最東端の灯台までいく漁船クルーズが大人気。普段乗ることができない漁船3隻をフル稼働。
今日の独りごと0820②救命具を付け私も参加。出港すると漁船クルーズは広大な太平洋の荒波を突き進んでいきます。もち論客室などなく、参加者全員、波しぶきの舞い上がる甲板での乗船です。片道約15分。水平線が弧を描き地球が丸いことを実感。荒波に揺られながら海の広さを感じます。
やがて右手に白い灯台が見えてきます。地上からしか見ることができない灯台。断崖の上に建つ高さ33.72mの魹ヶ崎灯台には本州で一番早く朝日が昇ります。今は無人灯台ですが、昭和41年までは職員家族が生活していました。船舶の安全な航行を見守る灯台守夫人の書いた手記。映画化された「喜びも悲しみも幾年月」(昭和32年)は夫人の手記を参考に脚色されたのです。
地元景観のシンボルでもある魹ヶ崎灯台。感動的な「本州最東端の漁船クルーズ」でした。


参考サイト 暦生活たいら栗園



テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

夏の名残りをひく処暑を前にしたボート天国

瓶の途中がくびれその中にビー玉が入ったラムネ。見た目の清涼感とすっきり爽快な味わいはどこか懐かしく、日本の夏の風物詩ともいえますよね。
子供の頃お祭りの夜店で買って飲んだことがありました。瓶の口元にあるビー玉を棒で押し込んで飲むんですが、これがなかなかうまく飲めません。飲もうと思って瓶を傾けるとビー玉が落ちてきて出口を塞ぐんです。「もう…」なんて子供心にイライラしてました。
こんなラムネ、日本独自の瓶かと思っていたら、1872年(明治5年)にイギリスで製造されたもので、コッドネックボトルと呼ばれていたんだそうです。意外でしたね

ボート天国①

朝夕涼しくも残暑が続きます
さてさて8月23日からは二十四節気の「処暑(しょしょ)」になります。
処暑とは暑さがまだ停っているという意味です。8月7日に立秋を迎えたときは、これで暑さも峠を越えたかと思ってしまいますが、実際は一年の内で最高気温を出すのは立秋から処暑までが最も多く、処暑から次の白露までもけっこう暑さの厳しい状況が続きます。とはいえ今年の東北は先日涼しい日が続き、夏を忘れ去られたのかとさえ思ってしまいました。
処暑には朝夕涼しい風が吹き渡わたり、初秋の息遣いを感じる頃です。これまでの暑さに体力が弱っていて、夏バテや食中毒にかかりやすい時期でもあるんですね。これからは夏休みもそろそろ終わり、秋の台風シーズンに入っていきます。
9月1日は雑節の二百十日。台風襲来の特異日とされます。立春を起点にして210日目をいいます。かつての台風と違って、最近の台風来襲は二百十日を無視している、といわれるほど、季節外れの時期にやってくることがあります。今年は既に8月中に2本の大きな台風が日本を襲いました。8月はまだ10日程残されています。3本目が来襲しないことを願うだけです。また、最近は台風と呼ばれない集中豪雨も各地に被害をもたらせています。突発性、意外性、局地的、小規模、激甚性、群発性などの豪雨は地球温暖化の影響なんでしょうかね。どなたさまも十分お気を付けください。

希望郷いわて国体のセーリング会場で
前週通り過ぎた台風の記憶も消え去らない8月17日、マリンハーバー宮古において「第23回宮古港ボート天国&ハーバーまつり」が開かれました。
2011年の東日本大震災で被害を受けた同ハーバーはこの7月に復旧。パラつく雨にも関わらず、真新しくなったマリンハーバーに来場した家族連れは、シーカヤックや水上バイク、プレジャーボートなどの体験乗船を楽しんでいました。

ボート天国②
ボート天国③
ボート天国④
ボート天国(キャラ)2016年に開かれる第71回国民体育大会は岩手が開催地です。「希望郷いわて国体」のセーリング会場として宮古が決定。
帆に風を受けることで発生する揚力で、水上を滑走する技術を競うセーリングはウィンドサーフィン1種目を含め、ヨット4種目の計5競技がここマリンハーバー宮古で開催されます。


ボート天国⑤
見ているとゆったり見えるヨットですが、海面を吹き抜ける風や潮の変化で帆を巧みに操縦しなければなりません。

ボート天国⑥
親子で楽しむシーカヤック。毎年10月には「三陸シーカヤックマラソンレースin宮古」が開催されおり、今年も10月12日に同ハーバーで開催が予定されております。

ボート天国⑧
冒頭写真の水上バイクと同様にこのラバーボートも波をきって海上を疾走します。見てる方も爽快ですけど、乗ってる方はもっと気持ちいいでしょうね。

ボート天国⑦
4~5人位のグループならこのプレジャーボートが一番。安全性があり、釣りによく利用されてますよね。でも沖に出たら船酔いにはご注意です。波があると激しく揺れますよ。

ボート天国⑨
ボート天国⑩ヨットの模擬レースも行われました。この日の模擬レースには、今年神奈川県藤沢市で行われたインターハイのセーリング競技で、女子FJ級ソロで優勝、デュエットで男女とも準優勝した宮古高校ヨット部員が出場、その素晴しい技を解説と共に披露してくれました。宮古はセーリング競技、強いんですね。




二十四節気 処暑(しょしょ)◇
二十四節気十四番目の節気。8月23日および白露(9月8日)の前日まで。
暦便覧は「陰気やうやく重りて、露にごりて白色となれば也」
朝、草花に白露の宿っているのを見る。台風のシーズンとなる。
◆処暑の七十二候は次の通り。
第四十候(処暑初候)8/23~8/27綿柎開(わたのはなしべ、ひらく)
8月下旬に白い花をつけて結実すると、徐々に膨らんだ実が弾け、真っ白い綿が飛び出す綿花。戦国時代から近畿地方や瀬戸内を中心に綿作は発展し、江戸時代にはお米の次に重要な換金作物だったといわれている。
第四十一候(処暑次候)8/28~9/1 天地始粛(てんち、はじめてさむし)
暑さが鎮まる時季。
第四十二候(処暑末候)9/2~9/7 禾乃登(こくもの、すなわちみのる)
禾(稲)が実る時季。


今日の独りごと

今日の独りごと820三陸ジオパークの一番の見どころ、高さ200mの断崖がそそり立つ北山崎へ行ってきました。豊かな自然が広がり見どころの多い北山崎ですが、何といっても断崖の高さを物語る波打ち際まで下りてみるのが観光ポイント。それには718段の階段を下りなければなりません。
老体にむち打ち、意を決して挑戦してみました。行きはよいよい帰りは怖い、まさに地獄に「登る」ような思いです。急勾配はほとんど45度、見上げれば真上に昇る感じです。途中2か所の休憩所を挟み、718段の階段を、汗を流しながら踏破しました。膝が笑ってます。四国の金比羅山よりきついですね。
でも降りた甲斐があって断崖絶壁の波打ち際を堪能することができましたよ。翌日は足の筋肉がパンパンで。考えようによっては翌日に筋肉痛が出たということは、私も若い部類に入るようです(笑)。





参考サイト:水と生きるサントリー、びおNPO PTPL希望郷いわて国体、テポーレトクトク便りVol.406


人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ
↑あなたのお気持ちを有難く頂戴します。

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

日めくりカレンダー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top