洞穴から神秘的な夏至の日の出

6月22日からは二十四節気の1つ、「夏至(げし)」となります。
一年で最も昼の時間が長く、夜が短くなる日です。ただ、この時季は梅雨に入っている地域が多く、日照時間は冬よりも短いことが多いようです。昨日(19日)の時点ではこちらの日の入りは午後7時頃、その後30分位は薄暮が続いていました。ほんとに日が長くなりました。というのも束の間、明後日からはどんどん日が短くなっていくんですね。なんか淋しいようなセンチな気持ちにもなりますが、季節はこれから夏の最盛期に向っていきます。

150620夏越の祓い

黴や雑菌が繁殖しやすいこの時期に健康を願い、各地の神社では夏越の祓が行われます。7月になれば夏の風物詩でもある夏祭りが目白押し。東北の夏は8月です。短い夏の夜空を鮮やかな色彩が跳ねます
夏至の夜8時からの2時間、皆で一斉に電気を消しましょう」、が合言葉になっている「100万人のキャンドルナイト」。最近全国に定着してきたようです。スローライフが時流にあったこともあり、瞬く間に広がったのでしょう。趣旨に賛同して参加をメールすると、事務局からメッセージ返信と共に住所地付近のボードに明かりが灯るんだそうです。参加意識が高まるところが好評なんでしょうかね。

北回帰線上から昇る夏至の太陽。夏至の前後1週間、早朝4時過ぎに奇岩の洞穴から、神秘的な日の出の天体ショーを繰り広げる地域があります。
朝の連続テレビドラマ、あまちゃんで全国に名を馳せた北三陸の久慈。市中心部から車で約15分の小袖海岸は断崖と岩礁続きの景勝地です。奇岩の連なる海岸線、狭く曲がりくねった道のトンネルを抜けると、目の前に洞穴から水平線が見渡せる小島が飛び込んできます。

150620つりがね洞
ここが洞穴から日が昇る奇岩の「つりがね洞」。かつては洞穴の天上から釣り鐘の形をした岩がぶら下がっていたそうです。夫婦であの世に行くときこの鐘を撞いてから極楽浄土に入ると言われていたことから「つりがね洞」と命名されたのだそうです。明治29年の津波でこの釣り鐘型の岩が破壊され、現在は大きな洞穴だけが残っております。先の東日本大震災もここ小袖海岸を襲い、その時床部分の岩が押し流され、さらに穴が大きくなったんだそうです。ゴツゴツとした地層の「つりがね洞」は北三陸久慈の代表的な景勝地として、観光客が絶えないようです。

私がここを訪れたのは6月7日の夕刻。洞穴の中の水平線を昇る太陽は、夏至の前後1週間位しか見ることができないとは知らず、小袖漁港の漁師さんに聞いて初めて知りました。知っていれば夏至の頃行って見たんですけどね。ということで写真は日の出もない「つりがね洞」夕刻の写真でした。
7月になると小袖海岸道路脇の岩壁には、オレンジ色のスカシユリが花開き、男性的な断崖や岩礁のたくましさを包容してくれるそうです。


二十四節気 夏至(げし)◇
二十四節気10番目の節気。6月22日および小暑(7月7日)の前日まで。
暦便覧は「陽熱至極し、また日の長きに至るなりを以ってなり」
梅雨が明けて、暑さが次第に厳しくなり、セミが鳴きはじめる。
◆夏至の七十二候は次の通り。
第二十八候(芒種末候)6/22~6/26 乃東枯(なつかれくさ、かるる)
草木いずれ繁茂する中で乃東(だいとう・夏枯草)のみが枯れていく時季。
冬至の頃に芽を出した「靫草(うつぼぐさ)」が枯れていく頃。色鮮やかな夏の花が開花するという時期に、枯れていく花に思いを寄せた、古人の優しさを感じる言葉です。


今日の独りごと

今日の独りごと0620 東北で唯一行われている闘牛大会。久慈市の平庭闘牛大会は野田塩を運んでいた短角牛「野田(赤)べこ」がその力を競い合う闘牛大会です。
6月7日に開催された闘牛大会つつじ場所には26頭の赤べこが参加。2~7歳までの短角牛は横綱クラスで1tを越す最重量級。千秋楽としての最後の一番は1t同士のぶつかり合いです。闘牛を駆り出す勢子の「さ~、さ~、行け~」の気合で、角を突き合わせる短角牛同士はガツン、ガツンという激しく重い音を響かせ、両者の押し合いが始まります。激しいぶつかり合いに思わず手に汗を握ってしまいました。
迫力ある闘牛大会。沖縄や新潟、鹿児島とは違い、こちらでは最後の決着は付けません。引き分けを原則とし、丈夫な短角牛を育て上げるのが使命なんだそうです。戦い終えた赤べこの傍に近寄ると激しい息遣いと闘志が伝わってきました。


参考サイト:暦生活彩時記100万人のキャンドルナイトきてきて久慈市




テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

岩魚も山女も勢いづく夏至

喉の渇きをうるおしてくれる夏の定番と言えば麦茶。ミネラルが豊富でゼロカロリー、ノンカフェインの麦茶は、幅広い年齢の方に愛飲されているようです。暑い時は路上の自動販売機で冷たい飲み物を買って飲むのもいいんですが、汗をかいたときなどは、冷えた麦茶が一番です。中には熱中症防止のために、お出かけの時は麦茶を入れた水筒を持ち歩く人もいるそうです。
とはいえ、冷たいものばかり口にしていると、胃腸の機能が低下してしまうこともあります。時には胃にやさしいホット麦茶にして、体を休ませてあげたいものですね。

釣り大会①

渓流釣り大会 優勝は3尾942gの釣果
(今回もちょっと長いです。最後までお付き合いください)
梅雨の真っ只中、6月15日。宮古と盛岡を結ぶ国道106号線、閉伊街道と並行して流れる閉伊川を中心にした「閉伊川つり大会」が開かれました。今年で第26回を数えるこの大会は年々知名度も浸透し、青森県八戸市や東京の新宿区からも大勢の太公望が駆けつけました。
午前5時10分、「道の駅やまびこ館」に集合した参加者は、受付を済ませ、はやる気持ちを抑えて、それぞれ競技エリアとなる閉伊川75.5㎞の本支流へ。岩魚(いわな)と山女(やまめ)の釣りポイントを目指して散っていきます。この日の参加者は親子連れなどを含む42名。競技方法はえさやルアー、フライによります。

釣り大会③ 釣り大会②
参加者の川釣りをカメラに収めようと後を追いかけましたが、広い競技エリアでは釣り師の姿を見つけることができません。支流や源流などで釣り具を積んだ車を見かけますが、当然中は空っぽ。川の流れに掻き消され声も聞こえません。どこから川に降りるんだろう。背の高い雑草や笹薮が生い茂る鬱蒼とした川べりには、獣道さえ見つかりません。華麗なフィッシングを収めようとしたのに空しい時間ばかりが過ぎていきます。

釣り大会⑬
と諦めかけていたところ、道の待避所で準備をしている渓流釣りの3人組ミ~ッケ。
やった~、釣り人発見。聞いてみると前日神奈川からきて、この日は渓流釣りを楽しむつもりだったそうです。大会に参加しているわけではないので、とやんわり取材拒否。あえなく撃沈。

釣り大会④ 釣り大会⑤
競技終了の12時までは時間がありません。もうタイムリミットです。大会本部のある会場まで引き返しました。
と、その付近で釣っている2人発見。大分下流まで下りてきているので、渓流釣りの醍醐味を見ることはできませんが、とりあえず撮影許可をいただきました。ということで釣りの写真は4枚しかありません。海釣りと違って渓流釣りの撮影の難しさを思い知らされました。次回は最初から密着取材しないとなりませんね(笑)。

釣り大会⑥ 釣り大会⑦ 釣り大会⑧
1時からの閉会式に先立ち、この日釣り上げた収穫を申告計量します。1人3尾まで。岩魚の部と山女の部があります。重さが同じ場合は長さで判定します。それぞれ自慢の魚は計量器に量られ、係員の発表に一喜一憂していました。

釣り大会⑨
釣り大会⑩ 釣り大会⑪ 釣り大会⑫
この日の結果は岩魚の部で3尾合計942g、最長で35.8㎝。山女の部では3尾合計が594g、最長33.5㎝。いずれも同じお父さんが1人占めの独壇場。表彰式では賞状、トロフィーの他に数多くの副賞を受賞。1人では持ちきれない様子。さすがお父さん、渓流釣りには慣れており、釣りポイントも熟知しているようでした。

この日の参加条件として釣り場から空き缶、空きビンなど5本以上のゴミを持ち帰る「閉伊川クリーンアップ作戦」に賛同いただくことでした。これで河原が少しはきれいになりましたでしょう。
来年は自ら参加し、渓流釣りの醍醐味を伝えなければなりません(笑)。


冬至の昼より4時間50分長い夏至
6月21日からは二十四節気夏至(げし)。一年の中で最も昼間が長く夜の短い日です。 冬至(12月22日頃)に比べると、昼間の時間差は4時間50分もあります。暦の上では夏にあたりますが、実際には梅雨でうっとうしく、長い昼の実感を味わえません。そのため北欧のように夏至祭を楽しむ風習がありません。梅雨寒などで気温の上昇が抑えられながらも、恵みの雨によって草や木が緑を深くして行くのがこの時季です。

靫草(うつぼくさ)枯れる夏至の初候
そして夏至の初候でもある七十二候は第二十八候「乃東枯(なつかれくさかるる)」に変わります。
夏になると黒く枯れていく「夏枯草(かこそう)。別名「靫草(うつぼくさ)」とも呼ばれ、枯れた花穂は漢方として用いられています。
この時期の言い伝えとして、ある地方には、「夏至はずらせ 半夏(はんげ)は待つな」という言葉があります。半夏とは、夏至から11日目のことで、田植えは夏至より少し遅く、半夏よりは前に終わらせようという習わしのようです。


二十四節気 夏至(げし)◇
二十四節気十番目の節気。6月21日および小暑(7月7日)の前日まで。
暦便覧は「「陽熱至極しまた、日の長きのいたりなるを以てなり」」
太陽が最も高く昇り、昼が一番長く、夜が一番短くなる。
◆夏至の七十二候は次の通り。
第二十八候(夏至初候)6/21~6/26乃東枯(なつかれくさかるる)
草木いずれ繁茂する中で乃東(だいとう・夏枯草)のみが枯れていく時季。
第二十九候(夏至次候)6/27~7/1 菖蒲華(あやめはなさく)
菖蒲(あやめ)の花が咲きはじめる時季。
第三十候(夏至末候)7/2~7/6   半夏生(はんげしょうず)
半夏が生えはじめる時季。苗が生える季節でかなり暑さを感じる。


今日の独りごと

今日の独りごと620いつも車を運転していて気になることがあります。ご覧の写真のように青いラインの路面標示。皆さんご覧になったことありますか。
このブルーラインは何を意味するのでしょうか。白線あるいは黄線だけだとセンターラインを示しますけど、加えて青い線が並ぶように敷かれています。しかも片側の路側帯には白線と並んでいます。
広島県のとびしま海道ではサイクリングロードとして車道と分離するため、ブルーラインを路面標示したそうですが、こちらの道路とは使用目的が違うようです。よく見ると10m間隔くらいで点線のラインになっています。
このような道路標示はこの地域特有なように思います。道路交通法では各地域の単独で設定できるんでしょうかね。





参考サイト:NPO法人PTPL暮らしのミニ知識水と生きるサントリー、トクトク便り Vol.396


人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ
↑あなたのお気持ちを有難く頂戴します。

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

いち番 昼の長い夏至

夜がない北極圏
6月21日は二十四節気の夏至です。
昼間が1年で最も長い日。日の出(日出)・日の入り(日没)の方角が最も北寄りになる時季をいいます。北回帰線上の観測点から見ると、夏至の日の太陽は正午に天頂を通過します。
「暦便覧」には「陽熱至極しまた、日の長きのいたりなるを以てなり」と記されています。このため、夏至は別名、日永(ひなが)とも呼ばれています。
本州では昼の時間と夜の時間の割合がほぼ2対1になり、北海道へ行くにしたがって、昼の割合が大きくなります。北極圏に近づくと、太陽は1日中沈みません。東京では約5時間も昼間が長くなります。ただ梅雨の真っ最中でもあり、実際の日照時間は冬至の時季より短いことが多く、日の長さを実感することは少ないかもしれません。
この日三重県の二見興玉神社では、夏至祭が行われます(詳しくは過去記事2009年06月21日「昼が長く夜が短い夏至」を参照)が、日本では北欧のように夏至のお祭りを楽しむ風習はあまりないようです。

夏越の祓
写真は昨年行われた地元青猿神社夏越の祓の神事

夏至の初候は「乃東枯」
6月21日から25日頃までは七十二候の第二十八候で夏至の初候「乃東枯(なつかれくさかるる)」です。
乃東(だいとう)とは漢方薬に用いられる夏枯草(かごそう)の古い名前で、ウツボグサ(靫草)のことを指します。紫色の花で、田んぼの畦や草地でよく見かける草です。この草は、冬至の頃に芽を出し夏至の頃には、枯れたように見えます。他の草木が繁茂する時季に、この草だけが枯れたように見えることから乃東枯と呼ばれるようになりました。

今年後半の無病息災を祈願する
6月最後の日には各地の神社で夏越の祓(なごしのはらえ)が行われます。半年に1度の大祓(おおはらえ)の日です。半年間のケガレを祓い、残りの半年間を無事に過ごせるようお祈りするのです。
茅(かや)で作った茅の輪をくぐり、ケガレを祓います。輪をくぐって左に回り、次は右回り。最後にもう1度左に回って境内に入ります。茅の輪の茅を1本引き抜き、輪を作って持ち帰ると、夏の災厄を避けられるそうです。

梅雨の合間を抜って奇岩だらけの兜明神岳に登頂チャレンジ
兜明神岳
区界高原を拠点に1000m級の兜明神岳に登りました。
兜明神岳展望 兜明神岳山頂
山頂から見るかぶと山裾野の集落。遠く左に早池峰山、右側には岩手山を眺望できるはずなのに…(左)。山頂からは小学生が軽々と下山。見てるだけで足が震える(右)。

東北地方もさる18日、平年より4日遅れて梅雨入りしました。
朝方の雨も上がった梅雨入り当日、標高1005mの地元兜明神岳(かぶとみょうじんだけ)を登山して来ました。いやいや半分ハイキングでした。標高744mに位置する道の駅「区界高原」までは車で、残り約260mの草原を自分の足で山登り。前日からトレッキングシューズにリュックサックを用意して準備万端。

45分の草原コースとはいえ、勾配のついた山道は辛いものです。熊除け用の鈴を鳴らしながら、途中野鳥の囀りや白樺、笹藪を眺めての散策気分も、兜明神岳の頂上付近は最大の難所、奇岩だらけの岩場。
昔、安倍貞任が隠れたという頂上に向かって、四つん這いになり恐る恐る登る私の横を、先行していた小学生の子供たちはまるで兎が飛び跳ねているようにひょいひょい降りてきます。運動神経の鈍っているおじさんは、その身軽さに感心、感嘆、絶叫。

強い風が吹き抜ける頂上は狭い。それでも360度大パノラマが展望できる山頂に立つのは一つの山を征服した感じになります。三浦雄一郎さんになったみたい(笑)。
生憎の曇りではっきりとは見渡せませんが、晴れていれば右に2038mの岩手山、左に1917mの早池峰山の霊峰が見渡せるはず。その裾野には村々の集落が眺望できます。

疲労と初体験から足元がふらつき、下りの岩場で濡れた岩に足を滑らせ、思い切り膝と額を奇岩にゴッツン。目から火が出るとはこのことか。思わず痛さをこらえ、周りに目配り。良かった、醜態を見た人はいなかった(笑)。


◇二十四節気 夏至(げし)のメモ◇
二十四節気10番目の節気。6月21日および小暑(7月7日)の前日まで。
◆夏至の七十二候は次の通り。
初候 第二十八候(6/21~6/25)乃東枯(なつかれくさ、かるる)
草木いずれ繁茂する中で乃東(だいとう・夏枯草)のみが枯れていく時季。
次候 第二十九候(6/26~7/1) 菖蒲華(あやめ、はなさく)
菖蒲(あやめ)の花が咲きはじめる時季。
末候 第三十候(7/2~7/6)   半夏生(はんげ、しょうず)
半夏が生えはじめる時季。苗が生える季節でかなり暑さを感じる。





参考サイト:ぴお、七十二侯がまるごとわかる本

人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

日めくりカレンダー

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top