東北唯一の平庭闘牛大会

年3場所行われている岩手県久慈市の闘牛大会。
今年の闘牛の幕開けとなる「全国闘牛サミットin久慈大会」が、6月12日平庭高原の闘牛場において開かれました。
闘牛は新潟や沖縄、鹿児島、愛媛などでも行われていますが、東北で行われるのは唯一ここ平庭高原だけ。

①闘牛大会

昔、沿岸と内陸を結ぶ野田街道通称塩の道で塩と鉄などを物々交換しており、その時の交通手段が日本短角牛だったのです。
短角牛は赤べこともいわれ、丈夫な体に穏やかな性格が特徴です。群れをなす牛は強いものに従属する習癖があり、そのリーダーを決め、群れを統率するため角突きが行われていました。これが平庭闘牛の起源なんですね。
険しい山間地を乗り越え、物資を運んだ塩の道のコースに平庭高原があったところから、昭和35年ここ平庭高原で最初の闘牛大会を催すことになったんですね。

この日の闘牛大会には闘牛の本場でもある新潟県や沖縄県、鹿児島県からも参戦し、32頭が角を突き合わせました。横綱クラスの闘かいになると両者共1トンを越す体重でぶつかり合い、ガツン、ガツンと重い地響きにも似た迫力があります。

②闘牛大会頭と頭を合わせ、角をがっちり組み合わせています。力いっぱい押し合ってる感じですね。前頭クラスの両者ですが体重は700~800㎏、合わせて1.5トンもあります。
闘牛を駆り出す勢子(せこ)の「さ~、さ~、行け~」の気合で熱が籠ってきました。

③闘牛大会手前の牛から仕掛け始めました。
真正面から相手の角を左右に払いのけながら、額を攻めている感じです。
勢子の動きも素早くなってきました。油断をしていると1.5トンを超す闘牛に押し倒されてしまいます。


④闘牛大会押された牛も力を入れ直して押し返し、両者小康状態に入りました。
少し動きの止まった両者に、勢子から再度の気合い。「さあ~、行け~」。




⑤闘牛大会お互いの動きを牽制し、次の作戦を考えているのでしょうか。角合わせの状態が続いております。
この日3000人を越す観衆から「行け~、行け~」などと、多くの女性ファンからも声援が飛んでいます。



⑥闘牛大会次の瞬間、手前の牛が仕掛けました。
自分の角を相手の角にあてがい、力でねじっているようです。まさにねじりという技のようです。
力のこもった激しい動きに土煙が上がり、両者一歩も引けを取りません。

⑦闘牛大会この日の暑さのように観衆にも熱気が籠もり、やんやの拍手喝采が闘牛場内に響き渡ります。
勢子の動きも活発になり、場内を右に左に走り回ります。




➇闘牛大会時間にして僅か数分。攻防が続く中で、両者の息遣いが伝わってきます。
闘牛の寿命は15~6歳といわれておりますが、この一番は7,8歳同士、中堅どころです。最高のパフォーマンスを演じてくれました。


⑪闘牛大会
最後は両者土俵の中央に戻り、突き合わせの状態に。ここで、勢子から手が上がり、戦いを終了。両者引き分けです。
手に汗を握るようないい戦いでした。再び観衆からは拍手とねぎらいの声が飛び交いました。「よくやった」「頑張った」。
平庭闘牛の場合は勝負を付けず、引き分けが原則です。怪我をさせてはならないという飼育家への配慮でもあるようです。


※ブログによってはレイアウトが崩れて表示されることがあるかもしれません。ご了承ください。







下の<続きを読む>をクリックすると、二十四節気の夏至と七十二候の第二十八候から第三十候まで、夏至前後の「季節の彩り」をご覧いただけます。
ご興味のある方はごゆっくりご覧ください。



楽しめた記事にはお気持ちの1クリ~ックを。

テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報

太陽の生命力を満身に得る夏至

20160619夏至

一年で一番昼が長い日、夏至。
太陽の化身と位置づけされていた天照大神(あまてらすおおみかみ)。
太陽の生命力を得るために夏至の日を祝うお祭りにその信仰を垣間見ることが出来ます。
夏至の時期だけ夫婦岩の間から朝日が昇る二見ヶ浦。
この海中には興玉神石(沖の石)があり、昔から常世の国から神が寄りつく聖なるところ。
夫婦岩はその鳥居と見なされていました。
白装束に身を包んだ善男善女が、天照大神を迎えるために、
朝日が昇ろうとする夫婦岩に向けて祝詞を唱え、気合いを入れつつ海に入ります。
6月21日は二十四節気の夏至です。


二十四節気
上のバナーをクリックすると歳時記の概要をご覧いただけます。


第十節気 夏至 げし      6月21日~7月6日

一年の中で最も昼間が長く夜の短い日で、日の出(日出)・日の入り(日没)の方角が最も北寄りになる時季をいいます。北回帰線上の観測点から見ると、夏至の日の太陽は正午に天頂を通過します。
冬至(12月21日頃)に比べると、昼間の時間差は4時間50分もあります。暦の上では夏にあたりますが、実際には梅雨でうっとうしく、長い昼の実感を味わえません。この頃の早朝は4時前に明るみ出し、夕方7時過ぎでもまだ薄明るさが続きます。このため、夏至は別名、日永(ひなが)とも呼ばれています。
北海道へ行くにしたがって、昼の割合が大きくなり、太陽が1日沈まない北極圏では全域で白夜になります。逆に南極圏では全域で極夜になります。白夜を経験された方のお話では、朝はなくずっと明けたままで地表が温められ温度が上昇、暑苦しく、しかも蚊が大量に発生するそうです。
北欧ではこの日を特別な日として各国で盛大に夏至祭を行ないますが、日本で夏至祭を楽しむ風習はあまりありません。梅雨寒などで気温の上昇が抑えられながらも、恵みの雨によって草や木が緑を深くして行くのがこの時季です。







下の<続きを読む>をクリックすると、七十二候の第二十八候から第三十候まで、夏至前後の「季節の彩り」をご覧いただけます。
ご興味のある方はごゆっくりご覧ください。





テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

洞穴から神秘的な夏至の日の出

6月22日からは二十四節気の1つ、「夏至(げし)」となります。
一年で最も昼の時間が長く、夜が短くなる日です。ただ、この時季は梅雨に入っている地域が多く、日照時間は冬よりも短いことが多いようです。昨日(19日)の時点ではこちらの日の入りは午後7時頃、その後30分位は薄暮が続いていました。ほんとに日が長くなりました。というのも束の間、明後日からはどんどん日が短くなっていくんですね。なんか淋しいようなセンチな気持ちにもなりますが、季節はこれから夏の最盛期に向っていきます。

150620夏越の祓い

黴や雑菌が繁殖しやすいこの時期に健康を願い、各地の神社では夏越の祓が行われます。7月になれば夏の風物詩でもある夏祭りが目白押し。東北の夏は8月です。短い夏の夜空を鮮やかな色彩が跳ねます
夏至の夜8時からの2時間、皆で一斉に電気を消しましょう」、が合言葉になっている「100万人のキャンドルナイト」。最近全国に定着してきたようです。スローライフが時流にあったこともあり、瞬く間に広がったのでしょう。趣旨に賛同して参加をメールすると、事務局からメッセージ返信と共に住所地付近のボードに明かりが灯るんだそうです。参加意識が高まるところが好評なんでしょうかね。

北回帰線上から昇る夏至の太陽。夏至の前後1週間、早朝4時過ぎに奇岩の洞穴から、神秘的な日の出の天体ショーを繰り広げる地域があります。
朝の連続テレビドラマ、あまちゃんで全国に名を馳せた北三陸の久慈。市中心部から車で約15分の小袖海岸は断崖と岩礁続きの景勝地です。奇岩の連なる海岸線、狭く曲がりくねった道のトンネルを抜けると、目の前に洞穴から水平線が見渡せる小島が飛び込んできます。

150620つりがね洞
ここが洞穴から日が昇る奇岩の「つりがね洞」。かつては洞穴の天上から釣り鐘の形をした岩がぶら下がっていたそうです。夫婦であの世に行くときこの鐘を撞いてから極楽浄土に入ると言われていたことから「つりがね洞」と命名されたのだそうです。明治29年の津波でこの釣り鐘型の岩が破壊され、現在は大きな洞穴だけが残っております。先の東日本大震災もここ小袖海岸を襲い、その時床部分の岩が押し流され、さらに穴が大きくなったんだそうです。ゴツゴツとした地層の「つりがね洞」は北三陸久慈の代表的な景勝地として、観光客が絶えないようです。

私がここを訪れたのは6月7日の夕刻。洞穴の中の水平線を昇る太陽は、夏至の前後1週間位しか見ることができないとは知らず、小袖漁港の漁師さんに聞いて初めて知りました。知っていれば夏至の頃行って見たんですけどね。ということで写真は日の出もない「つりがね洞」夕刻の写真でした。
7月になると小袖海岸道路脇の岩壁には、オレンジ色のスカシユリが花開き、男性的な断崖や岩礁のたくましさを包容してくれるそうです。


二十四節気 夏至(げし)◇
二十四節気10番目の節気。6月22日および小暑(7月7日)の前日まで。
暦便覧は「陽熱至極し、また日の長きに至るなりを以ってなり」
梅雨が明けて、暑さが次第に厳しくなり、セミが鳴きはじめる。
◆夏至の七十二候は次の通り。
第二十八候(芒種末候)6/22~6/26 乃東枯(なつかれくさ、かるる)
草木いずれ繁茂する中で乃東(だいとう・夏枯草)のみが枯れていく時季。
冬至の頃に芽を出した「靫草(うつぼぐさ)」が枯れていく頃。色鮮やかな夏の花が開花するという時期に、枯れていく花に思いを寄せた、古人の優しさを感じる言葉です。


今日の独りごと

今日の独りごと0620 東北で唯一行われている闘牛大会。久慈市の平庭闘牛大会は野田塩を運んでいた短角牛「野田(赤)べこ」がその力を競い合う闘牛大会です。
6月7日に開催された闘牛大会つつじ場所には26頭の赤べこが参加。2~7歳までの短角牛は横綱クラスで1tを越す最重量級。千秋楽としての最後の一番は1t同士のぶつかり合いです。闘牛を駆り出す勢子の「さ~、さ~、行け~」の気合で、角を突き合わせる短角牛同士はガツン、ガツンという激しく重い音を響かせ、両者の押し合いが始まります。激しいぶつかり合いに思わず手に汗を握ってしまいました。
迫力ある闘牛大会。沖縄や新潟、鹿児島とは違い、こちらでは最後の決着は付けません。引き分けを原則とし、丈夫な短角牛を育て上げるのが使命なんだそうです。戦い終えた赤べこの傍に近寄ると激しい息遣いと闘志が伝わってきました。


参考サイト:暦生活彩時記100万人のキャンドルナイトきてきて久慈市




テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

日めくりカレンダー

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top