梅雨と傘かしげ

二十四節気は6月6日より「芒種(ぼうしゅ)」に変わります。
あまり聞き慣れませんが「芒種」とは“のぎ”のある穀物の種のことであります。のぎ、すなわちイネ科の植物の先端にあるひげのような部分のことです。この時季、麦は刈り入れが行われる一方、昔は今頃から田植えの最盛期を迎えていました。
現在の種まきはこれよりも早く、西日本では梅雨入りしてるところもあります。この時季は農家にとって繁忙期であり、大きな祭りも少なく、婚礼も避けられてきました。現在ではジューンブライドとして人気の6月ですが、残念ながら発祥の地とは気候風土の違いで、ガーデニングウェデイングには不向きな季節でもあります。

150605江戸しぐさ①

さてさて西日本では梅雨に入ったところもあるようですが、これから先憂鬱な日が続きます。
梅雨時の電車内は湿気で鬱陶しい蒸し暑さと、濡れた傘から滴り落ちる雫で車内の床が濡れてしまい、さらに嫌な気分になってしまいます。
以前雨の日の列車に乗っていた時のこと。運よく座ることができホッとしていた時のことでした。後から乗車してきた乗客が空席を求め、小走りに私の目の前を通り過ぎて行きました。その時です。持っていた傘の端から雫が私の顔に飛び散ってきたのです。
思わずハッとしましたが、本人は気が付かず空席探しに必死でした。座りたい気持ちは分かるんですが、少しは濡れた傘のことも気遣ってほしいものだと、心の中では怒り心頭でした。

150605江戸しぐさ②

江戸時代には大人の心得として「江戸しぐさ」という言葉があったそうです。江戸しぐさは町商人がトラブルを未然に防ぐため、その心配りを示したというマナーの1つなんですね。(過去記事「傘かしげは江戸しぐさ」「思いやりがいっぱい詰まった江戸しぐさ」を一部引用)
電車内に限らず傘のトラブルは歩道上でもよく見受けられます。道ですれ違うとき、傘と傘がぶつかったり雫がかかったりしないよう、相手と反対側に傘を傾けることを「傘かしげ」といいます。傘を持っている人の心遣いですよね。気持ちいいじゃないですか。思わず「ありがとう」と言いたくなりますよね。何気ないしぐさですが、相手を思いやる気持ち、いわば小さな親切ですね。お互いが心得て傘をかしげれば、思わず笑顔で会釈してしまいそう。

これから本格的になる鬱陶しい梅雨。人は誰でも優しさと思いやりの心、すなわち仏の慈悲の心をもっているといわれます。「人はみな仏になれるがゆえに敬う」という法華経の教えが江戸しぐさのベースになっているんだそうです。他にも「時泥棒」、「こぶし腰浮かせ」、「喫煙しぐさ」など数多くあります。お互いに助け合い、労わり合うのが当然だと考え、江戸商人たちは思いやりの生活を送っていたのでしょうね。

「袖振り合うも多生の縁」です。自分のことばかり考えず、周囲に配慮しながらみんなが気持ちよく暮らせるように振舞う江戸しぐさ。公共マナーだけでなく、ビジネスの世界にも通じるところがありますね。


二十四節気 芒種(ぼうしゅ)◇
二十四節気9番目の節気。6月6日および夏至(6月22日)の前日まで。
暦便覧は「芒(のぎ)ある穀類、稼種する時なり」
梅雨入りの頃、梅の実が黄ばみ、田植えが盛んになる。
芒種七十二候は次の通り。
第二十五候(芒種初候)6/6~6/10 蟷螂生(かまきり、しょうず)
蟷螂(とうろう・かまきり)が生まれ出る時季。秋に生みつけられた卵から、かまきりが誕生する頃。かまきりは農作物には手をつけず、害虫を捕まえてくれる、私たちにとってありがたい存在です。


今日の独りごと

今日の独りごと0605 4月下旬に解禁となった沿岸地区のウニ漁が、6月下旬から7月にかけて最盛期を迎えます。4年前の震災の影響で水揚げ量が落ち込んでいましたが、消費者の需要は多く震災前の水準に戻りました。今年は豊漁が見込まれています。
日本三大珍味といわれるウニ。地元では「カゼ」とも呼ばれており、獲れるウニの多くはムラサキウニです。今年はウニの餌となる昆布が豊富で、実入りも味も良いそうです。週2回だけの漁日には、震災で減った漁船とはいえベテランの漁師さんが手間暇をかけて漁をしてくれます。
潮の香りと共にほのかな甘みが口の中にとろけるウニ。この食感はたまりませんね。生ウニもいいですが、好物の焼きウニも絶品です。最盛期を迎えるこれからの時季は最も手頃な値段で買えるかもしれません。お好きな方はぜひこの時季にお求めになっては!


参考サイト:暦生活彩時記福聚山本経寺




テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

初夏の風物詩「チャグチャグ馬コ」

一番紫外線が強く降り注ぐ今の季節。お肌の対策は万全を期していると思いますが、目についてはいかがでしょうか?目は外部に直接さらされ無防備なため、紫外線の影響を受けやすいそうです。紫外線量は世界でも少ないといわれる日本とはいえ、外出時はサングラスや日傘、帽子を持って出かけた方がいいかもしれません。
私なんかサングラスにはちょっと抵抗がありますけどね。戦後の混乱期、マッカーサー元帥のサングラスに嫌悪を感じていたからかもしれません。さらにサングラスをかけて粋がっていたやくざ屋さんにも抵抗があったからなんでしょうかね。
体裁面とは別に、食事面ではルテイン、アスタキサンチン、ビタミンなど、目に効果的な栄養を摂ると良いそうです。特に紫外線の量が多く、太陽に近い標高の高いところでは目の健康のために、体の外と中からのケアを心がけたほうがいいようですよ。

チャグチャグ馬コ①

チャグチャグ馬コの晴れ舞台
赤や黄の色鮮やかな装束をまとった農耕馬に数百個の鈴を付け、市街地を練り歩く岩手県滝沢市の初夏の風物詩「チャグチャグ馬コ」。今年も6月14日鬼越蒼前(おにこしそうぜん)神社を午前9時30分出発、盛岡市の八幡宮までの13㎞を約4時間かけて行進しました。
古くから良馬産出地として知られるここ滝沢市は、軍馬や農耕馬が人々の生活と密着していました。田植えが終わった頃の旧暦5月5日頃になると近郷の方々は愛馬に飾りつけをし、人馬の無病息災、家内安全、五穀豊穣などを祈願するため、鬼越蒼前神社にお参りしていたそうです。この伝統行事が、国の無形民俗文化財に指定され、観光行事として普及するようになったのです。
馬に飾りつけられた鈴の音が「チャグチャグ」と聞こえることから、その名が付いたとされており、乗り手には絣の着物に菅笠姿のあねこや子供を乗せて練り歩きます。この日85頭で約500mに及ぶ馬コたちの行列は、たくさんの見物客に見守られ、午後13時30分盛岡市の八幡宮に到着しました。

写真は全国から集まるカメラマンのために前日の6月13日に行われた撮影会の記録です。カメラマンの要望が強かった背景の岩手山と手前の田圃の畦道を行進するミニパレードの予定でしたが、あいにくこの日は雨の小雨混じり。岩手山は姿を隠したままでした。

チャグチャグ馬コ⑧
午前11時30分重さ1トンにもなるという華やかな装束に包まれた馬コたちは、チャグチャグと鈴を鳴らしながら鬼越蒼前神社を出発しました。

チャグチャグ馬コ③ チャグチャグ馬コ④ チャグチャグ馬コ⑤
小さい時から半纏を着せてもらう子供はチャグチャグ馬コに関心が高まるのでしょうね。子供たちはチャグチャグ馬コよりおもちゃの方が気になるようです。近所の園児も馬コの応援にきてました。

チャグチャグ馬コ⑥ チャグチャグ馬コ⑦
パレードから戻った母馬に甘え、仔馬は乳をねだります。パレードで疲れたお母さん馬も大変ですね。親子の愛情はどこの世界も同じようです。かといえばこちらの馬コ、出発前に機嫌を損ない、急遽パレード不参加。
「自分で身に付けていた衣装を脱いでしまったんですよ」飼い主のお父さんは娘さんと一緒に「ひろみちゃん」のご機嫌取りに必死でした。

チャグチャグ馬コ⑫
撮影会ということもあって馬上には絣の着物に菅笠を被った女の子やあねこが、カメラマンの要望に応えています。

チャグチャグ馬コ⑨ チャグチャグ馬コ⑩
パレードから帰った子供たちは昼食のお時間。カメラマンのレンズは食事中も容赦なく切られます。ゆっくり食べさせてよ、と言いながら自分もパチリ。衣装を着けたままの馬コたちも餌をむしゃむしゃ。午後からの第2回パレードのためにスタミナ作りです。

チャグチャグ馬コ⑪
ねじり鉢巻きをきりりと巻いたお兄ちゃんは馬上でゲームかな。やはり現代っ子ですね。あまり夢中になって馬から落ちないでよ。

チャグチャグ馬コ②
この日2回目のパレードはもうすぐ。食事で落ちた口紅を塗り直し、可愛く化粧してさあ~出発です。

午後になっても雲は切れませんでした。リクエストの多かったカメラマン希望の撮影スポットは背景になる岩手山なしで行われたようです。雨時はしようがないですね。
※今回も長文となってしまいました。申し訳ありません。

の実が黄色くなる子黄
雨寒と長雨が続く6月16日頃から20日頃までは七十二候の第二十七候「子黄(うめのみきばむ)」に変わります。
梅の実が熟して、黄色みを帯びる頃。そもそも梅の実の熟すこの時期に降る雨を「梅雨」といいます。もともと日本では「五月雨(さみだれ)」が主流でしたが、江戸時代から「梅雨」がよく使われるようになったそうです。 「毎年五月になると、梅の実が黄色く色づいて落ち、ざくろの花が開き、栗の花が落ちる。かえるが街でも見られる頃、長雨が降り、これを梅雨という」と江戸時代の「和漢三才図会(わかんさんさいずえ)には記されているそうです。


二十四節気 芒種(ぼうしゅ)◇
二十四節気九番目の節気。6月6日および夏至(6月21日)の前日まで。
暦便覧は「芒(のぎ)ある穀類、稼種する時なり」
梅雨入りの頃、梅の実が黄ばみ、田植えが盛んになる。
芒種七十二候は次の通り。
第二十七候芒種末候)6/16~6/20 梅子黄(うめのみ、きばむ)
梅の実が黄ばんで熟す時季。


今日の独りごと
ごみ投棄最近道の駅に立ち寄ると、ゴミ箱の前に「家庭のごみを持ち込まないでください」というポスターが目につきます。中にはゴミ箱を一切置かない道の駅もあるとか。ゴミ箱のない道の駅で買った商品の包装紙などはどうするんですかね。これはドライバーにとっても道の駅にとっても由々しき問題です。
我が家の倉庫裏は市道との間に2m位の幅で空き地があります。先日ポイ捨てられたゴミをかき集めたら写真のように空き缶、空きビンをはじめ、タイヤのホイールまで捨てられていました。時々子供の紙おむつを発見することがあります。ドライバーのモラルの低下ですね。何とも思わず捨てるんでしょうか。
思い余ってダミーの監視カメラを取り付けたら、ポイ捨てが減った感じです。赤く点灯するカメラに脅威を感じるんでしょうか。ドライバーの良識に期待したいところです。





参考サイト:、NHK ONLINE盛岡放送局岩手日報WebNews滝沢市ホームページ水と生きるサントリー、TEPOREレター Vol.575


人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ
↑あなたのお気持ちを有難く頂戴します。

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

梅雨を吹き飛ばせ 蛍狩りに潮干狩り

子供の頃、運動会や遠足の前日に「てるてるぼうず~てるぼうず~♪」などと歌っていましたね。
子供心を歌った「てるてる坊主」ですが、残酷な歌詞があるってご存知ですか。3番に歌われている「それでも曇って泣いてたら そなたの首をチョンと切るぞ」。お仕置きに首チョンでは、てるてる坊主も命がけですね。
「掃晴娘(そうせいじょう)」と呼ばれるほうきを持った女の子の人形を吊るして、晴天を願う風習があった中国。それが日本に伝わったのだそうです。日本では雨乞いするのが僧侶とか男性だったため、その関連からてるてる坊主と呼ばれるようになったんでしょうね。
6月の運動会や遠足、あまり予定する学校もないでしょうが、梅雨真っ最中のてるてる坊主、命がいくつあっても足りないかもしれませんよ。

てるてる坊主

雑節の入梅より早かった今年の梅雨入り
6月6日からは二十四節気の芒種(ぼうしゅ)になりました。芒(のぎ)のある穀物、稲や麦など、穂の出る穀物の種をまく季節ということで芒種といわれております。梅の実も黄ばみ始め、梅雨入りとなる頃でもあります。
気象上での入梅は地域により、あるいは年によって相違しますが、大よその時期を知らせる必要があるところから、6月11日頃を雑節の入梅として暦上に設けられています。夏至のほぼ10日前頃に当たります。
古くは芒種の後の最初の壬(みずのえ)の日とされていました。壬の日が選ばれたのは陰陽五行説で、壬は水の気の強い性格とされたからなんだそうです。

花や野菜が喜ぶ恵みの雨
気象庁の発表によれば5月に梅雨入りした沖縄、奄美地方を除き、6月2日から6日までの間に日本各地で足早に梅雨入りしたそうです。各地とも梅雨入りは平年を上回っているようで、暦上の入梅を迎えた時点ではもうすでに全国的に梅雨入りしているようですね。
こちらも6月8日に梅雨入りし、以来雨が降り続いております。それまではパンパンに固まっていた庭の土も、梅雨の水気を含み柔らかくなってきました。ガーデニングや家庭菜園には恵みの雨となっています。同時に野草たちも天からのエネルギーをもらい、生き生きとしてきました。

今年もやってきた狩り
露草さらに6月11日から15日頃までは七十二候の第二十六候「腐草為(ふそうほたるとなる)」に変わります。
がサナギから成虫になる頃です。夜の闇に僅かながら灯る幻想的なの光。オスからメスへのプロポーズのサインでもあります。
清流などの近くに生息するゲンジボタル。これからが狩りのシーズンに入ります。今では都会でも見れるようになりました。また、が出没しそうな下闇(したやみ)に咲く露草は別名「蛍草(ほたるぐさ)」と呼ばれ、蛍の群舞を彩ってくれます。

半ズボンに下駄ばき姿の少年時代、団扇と籠をもって近くのせせらぎまで蛍狩りに行った思い出があります。今はもう遠い昔。周囲は宅地造成され、清冽な小川もなくなりました。長閑だった昔が懐かしいですね。

景気は復興できたか商店街復興市
梅雨入りしたばかりの6月7、8日、市内商店街で復興市が開かれました。復興市とはいっても、いわば商店街の売出しみたいなものですけどね。とはいえ実行委員の皆さんは大変なご苦労だったと思います。

復興市②
朝から降ったり止んだりのはっきりしない天候の中で始まった復興市。当日車両を通行止めにした商店街通りの駐車場には露店や屋台に混じり、潮干狩りをイメージしてアサリ獲り。子供たちは急造砂浜に撒かれたアサリを掘ります。砂浜の少ない陸中海岸、潮干狩りは滅多にないチャンス。子供たちは喜んでバケツ片手に熊手でアサリを掘り出していました。

復興市① 復興市③
梅雨時の路上ライブはちょっと辛いものがありますね。たまたまこの時は雨が上がっていましたが、降られたらびしょ濡れ、挙句に楽器は台無し、通行人もなかなか立ち止まってくれません。
青空テーブルでは若者の定番、焼きそば。お店に入るお客さんはあまり見かけませんでしたが、この日の売上はどうだったんでしょう。復興の一助になりましたでしょうか。老婆心ながらちょっと心配になってきました。


二十四節気 芒種(ぼうしゅ)◇
二十四節気九番目の節気。6月6日および夏至(6月21日)の前日まで。
暦便覧は「芒(のぎ)ある穀類、稼種する時なり」
梅雨入りの頃、梅の実が黄ばみ、田植えが盛んになる。
◆芒種の七十二候は次の通り。
第二十六候(芒種次候)6/11~6/15 腐草為螢(くされたるくさ、ほたるとなる)
腐った草がむれ、蛍となる時季。
第二十七候(芒種末候)6/16~6/20 梅子黄(うめのみ、きばむ)
梅の実が黄ばんで熟す時季。


今日の独りごと
イソヒヨドリ雛鳥イソヒヨドリの巣、2年振りに復活。1昨年駐車場の屋根裏に巣を作り孵化しましたが、よちよち歩きだした成長途中の雛鳥はカラスの強襲に合い、あえなくその短い生涯を閉じてしまいました。
以来、2年振り。今年も親鳥が違う場所に巣作りを始め、今月の上旬には雛鳥の存在を確認できました。ピー、ピーと鳴く方向を探し当てると、そこにはまだ飛べない雛鳥が怖いもの知らずに走り回っています。私が写真を撮ろうと近づくと、思った以上に素早い動きで逃げます。親鳥が遠くからギーギーと威嚇していました。
「ゴメン、捕まえるわけじゃないからね」と思いつつ、写真数枚パチリ。
それからも暫く餌を運ぶ親鳥の姿を見かけておりましたが、最近は親鳥も雛鳥も見かけません。巣立ったのでしょうか、それとも2年前と同じようにカラスに襲われたのでしょうか。気になる今日この頃です。





参考サイト:NPO PAPL水と生きるサントリー、@niftyお楽しみマガジン編集部
写真協力:写真素材-フォトライブラリー

人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ
↑あなたのお気持ちを有難く頂戴します。

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

日めくりカレンダー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top