• 2014
  • 01/01
  • Wed

今年こそ

飴餅








写真協力:写真素材-フォトライブラリー

人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ
↑あなたのお気持ちを有難く頂戴します。

焼き角餅の澄まし汁仕立てが関東風お雑煮

新しい年を迎えて今日で10日。早いものですね。関西ではえべっさんが始まり、西宮神社恒例の参拝一番乗りを目指して福男選びの神事が行われましたね。見事一番福を獲得したのは現役バリバリの高校生。副賞の一部がえべっさんの酒菰樽、えびす麦酒1年分だそうです。どうするんでしょう。本人が飲むんでしょうか(笑)。

鏡餅

さて、全国的には正月の伝統行事の1つに鏡開きがありますね。えべっさんの副賞酒菰樽を開けるのも鏡開きまたは鏡割りとも言いますけど、ここでは正月神棚に飾った鏡餅を雑煮や汁粉に入れて食べる時のことを言います。
お正月に餅を食べることは、平安時代に宮中で健康と長寿を祈願した正月行事「歯固めの儀」に由来すると言われています。もともと餅は、ハレの日に神さまに捧げる神聖な食べ物で、餅は長く延びて切れないことから、長寿を願う意味が含まれているんですね。年神様に供えた餅をいただくことで、一年の無病息災を祈る気持ちが込められています。

現在の鏡開きは一般的に1月11日に行われていますが、古くは20日(はつか)が、鎧などの具足に供えた具足餅を下げ、雑煮として食した「刃柄」に通じるところから1月20日に行われていました。あるいは女性が鏡台に供えた鏡餅を開く事を「初顔」を祝うというそうです。この武家社会の風習が一般化したものなんですね。ところが徳川家光が4月20日に亡くなり、20日は忌日となるため1月11日に行われるようになりました。当時商家で行われていた1月11日の蔵開きに合わせたとも言われています(詳しくは過去記事2010年1月10日「蔵開き、十日えびすで商売繁盛」を参照)。
1月15日が松の内の地方では15日あるいは1月20日(二十日正月)に行われていますが、これはその時の名残りなんでしょうね。京都などでは1月4日に行われますが、正確な理由は分ってないようです。

また鏡餅には神様が宿っており、刃物を使わず木づちなどで割り、雑煮や汁粉などにして食べます。刃物は切腹を連想させ、「切る」「割る」は避けて「開く」といいます。鏡は円満を、開くは末広がりを意味します。
結婚披露宴での酒樽の蓋を割ることを鏡開きというのも、こういった意味があるからなんですね。ですから鏡割りというのは、本来の意味からすると縁起が悪いことになりますね。

この日は鏡餅を神棚に飾ってあった会社でも鏡開きをするところもあります。昼から女子社員が準備し、3時の休憩時間にお汁粉を全社員に振舞いました。
ご家庭でのお餅の調理法には焼く、煮る、揚げる、炒める、和えるなど数多くありますね。
基本的には野菜や鶏肉、魚介などで煮込んで作りますが、故郷の香り漂うお雑煮は地方色豊かです。大別すると関東では角餅を焼いた澄まし汁仕立て、関西は丸餅をゆでて味噌仕立てが多く見受けられるようです。
焼いた角餅を醤油と魚介だしの澄まし仕立てにワラビ、ぜんまいなどの山菜を入れた秋田のお雑煮、広島のお雑煮は丸餅を煮て、醤油、干し魚だしの澄まし仕立てで、大根、人参、白菜などの野菜に、結び昆布、するめ、はまぐり、牡蠣などの具が入るそうです。すごい豪勢なお雑煮なんですね。四国の一部ではあんこの入った丸餅をお雑煮に入れたり、中に入る具もその土地でしか味わえない山の幸、海の幸が使われていたりするんですね。

お正月には、神様から新しい生命を与えられるという言い伝えがあります。その年神様の霊力はお供えした鏡餅に宿りますので、鏡餅を食べることで新しい生命をいただくことになります。つまり一年に一度新たに生まれ変わることになるんですね。今年こそ鏡餅を食べて新たな人間像を創り出しましょう(笑)。




福井県のお雑煮は生味噌仕立て。白餅を入れると美味しいお雑煮の出来上がり(写真左)。静岡産直の開運菰樽。お雑煮を肴に樽酒一杯で1升入りのミニ樽もアッという間に空樽になりそう(写真中)。女正月といわれる小正月。津軽の人々に親しまれていた粥の汁。郷土料理「けの汁」は主婦たちを手助けするものでもありました。15日の小正月にはぜひ召し上がっていただきたい野菜たっぷりの粥汁です(写真右)。



参考サイト:~伝えたい日本の心~鏡餅を供えるWikipedia

FC2ブログランキング・人気ブログランキング参加中!
 人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。↑

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

  • 2013
  • 01/01
  • Tue

明けましておめでとうございます。

初春の③

新年は1月5日よりスタートさせていただきます。
折角お訪ねいただきましたが、またのご訪問お待ちしております。

  平成25年元旦 
    
      華麗なる歳時記   matsuyama




誠に申し訳ございません。コメント欄は閉じさせていただいております。
ご訪問の証に右サイトの「置き手紙」を押してくだされば、後日お伺いさせていただきます。

FC2ブログランキング・人気ブログランキング参加中!
 人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。↑

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

日めくりカレンダー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top