八十八夜は立春から88日目

5月2日は八十八夜ですね。文部省唱歌にも歌われている「茶摘み」。

夏も近づく八十八夜
 野にも山にも若葉が茂る
 あれに見えるは茶摘みぢやないか
 あかねだすきに菅(すげ)の笠
日和(ひより)つづきの今日このごろを
 心のどかに摘みつつ歌ふ
 摘めよ摘め摘め摘まねばならぬ
 摘まにゃ日本(にほん)の茶にならぬ

茶摘みは初夏を彷彿とさせます
お馴染みですよね。茶摘みは初夏に見られる光景を歌った歌です。
最後の一節にある茜(あかね)は止血剤として知られておりますが、茶摘みは素手の作業で指先に怪我をしやすいところから、襷(たすき)の茜成分を擦り込みながら作業したと言い伝えられています。絣に襷がけの衣装は初夏の風物詩でもありますね。京都の宇治田原町がモデルともいわれているようです。八十八夜に摘んだ茶は上等なもので、この日に摘んだお茶を飲むと長生きするそうですよ。とはいえ、実際の茶摘みの時期は産地によって違いますし、品種改良が進んで早期化傾向にあるようです。

八十八夜は立春から数えて88日目
昔は立春が暦の基準になっていました。そのため立春を基準にさまざまな決まり事や節目があったのです。八十八夜は立春から数えて88日目ですが、3日後には立夏を迎えることになります。このため「八十八夜の別れ霜」「八十八夜の泣き霜」などと言われるように、遅霜が発生する時期でもありました。八十八を組み合わせると米という字になるところから、農家に対して注意を喚起し、農作業の目安とするために雑節として作られたのだそうです。

八十八は末広がりの縁起のいい数字とされ、夏支度を始めるための吉日として親しまれております。八十八夜の当日に何かひとつでも夏の準備をすることで、運気が上昇するかもしれませんよ。


FC2ブログランキング(趣味・実用のその他)参加中!
 
↑気が向いたらでいいからね。ポチッと。


関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

No title

おはようございます。
八十八夜。日本の昔からの農業に関する先人のスキルが今も脈々と受け継がれていることに感動しますね。
子供のころ住んでいたところは「狭山茶」の生産地でした。お茶の葉の緑や、お茶の実を懐かしく思い出しています。
  • |2009.05.04(Mon)
  • |見張員
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: No title

八十八夜って言葉の響が、日本の季節を表現しているようでいいですよね。
以前、静岡茶の茶摘み体験をしたことがありましたけど、
地味な仕事で大変なんですよね。その後味わったお茶は美味しく
忘れられない味となりました。

  • |2009.05.05(Tue)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top