二十四節気の穀雨は恵みの雨

桜の満開時期も北上しており、今は東北地方までやってきてるんでしょうかね。葉桜になってしまった地域の皆さんは名残惜しい日本の名花を充分ご堪能いただけましたか。これから満開の時期を迎える地域の方々は楽しみですね。

二十四節気穀雨は万物の成長に欠かせません
ところでこの時期は二十四節気の「穀雨」にあたりますね。今年は4月20日が穀雨であり、この日から立夏までの期間をいいます。太陽黄経が30度のときで、田畑の準備が整い、それに合わせて春の雨の降るころといわれています。
穀雨とは、穀物の成長を助ける雨のことであり「春雨降りて百穀を生化すればなり」という言葉からきております。穀物が生長するために必要な雨、すなわち私たちが生きるためにも必要な恵みの雨でもあるのです。この雨が5月の新緑を美しくするのかもしれませんね。
穀雨の終わりごろには「夏も近づく八十八夜」と唱歌にも歌われた八十八夜があります。これは立春から数えて88日目、今年は5月2日にあたります。
穀雨の期間の七十二候は次の季節感を言いあらわしています。
初候 葭始生(よし はじめて しょうず) : 葦が芽を吹き始める頃
次候 霜止出苗(しも やんで なえ いず) : 霜が終わり稲の苗が生長する頃
末候 牡丹華(ぼたん はな さく) : 牡丹の花が咲く頃

日本の暮らし二十四節気めぐり 言(こと)の葉草(はぐさ)
二十四節気にはいろいろな祭や花、歴史など様々な言葉が思い浮かんできます。穀雨は日本の四季の移ろいを肌で感じていただくことができる季節です。「日本の暮らし二十四節気めぐり 言(こと)の葉草(はぐさ)」をご覧いただくと、心の安らぎを感じていただくことができるでしょう。

この時季だけの味わい深い竹の子料理
またこの時季になっておいしく召し上がれるのが、春のさわやかな風とともに地表に顔を出す竹の子。春の味覚の素朴な風味は、格別です。掘りたてがいちばん美味しく、朝早く堀った竹の子は醤油だけでも食べられるそうですよ。いろんな種類がありますが、一般的にはモウソウチクの竹の子がよろこばれているようです。
竹の子にはたんぱく質が豊富に含まれ、ビタミンB1、B2、ミネラルなど食物繊維の豊富な食べ物です。頭の柔らかい部分はお吸い物やあえものに、真ん中は煮物に、根元の堅い部分は刻んで炒め物などの料理に使います。春の炊き込みご飯の代表的なのが竹の子ご飯ですね。あのサクサクとした素朴な味は竹の子ご飯ならでは味わいですよね。鳥肉や油揚げを入れますと、一段と美味しさが増してきます。

食欲の秋ばかりではありません。この時季、自然の恵みの中から収穫される野菜は、先人から伝えられた日本の料理の風味を引き立たせてくれます。季節の情緒と料理の味わい深い味覚を堪能したいものですね。

江戸時代、西洋医学の蘭方と区別するため生まれた「漢方」。
今その漢方が見直されてます。Kracieのなかには
暮らしのヒントが隠されてます。ぜひ一度ご覧ください。



FC2ブログランキング(趣味・実用のその他)参加中!
 
↑気が向いたらでいいからね。ポチッと。

関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

日めくりカレンダー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top