甘茶で祝うお釈迦様の誕生日

4月8日はお釈迦(しゃか)様が誕生した日をお祝いする花祭りです。
いまから2,500年ほど前、北インド地方で誕生したお釈迦様は、世界3大宗教の1つである仏教の教えを説いたかたです。詳しくは昨年4月5日の記事をご覧ください。

花祭りお釈迦様の誕生日です
花祭りは各寺院で行われる仏教行事で、別名降誕会、潅仏会などとも呼ばれています。春爛漫の頃なので、一般には花祭りの名で親しまれています。お寺では境内に花御堂(はなみどう)と呼ばれる、桜などいろいろな花で飾った小さなお堂をつくり、その中央に甘茶(あまちゃ)をたたえた水盤を置き、その中にお釈迦様の誕生したときの姿をかたどった仏像を安置します。参拝者は小さなひしゃくで甘茶を汲み、お釈迦様の頭から三回注いで拝みます。そのあと甘茶を飲んだり、家に持ち帰ったりするそうです。
小さなお堂を花で飾るというのは、お釈迦様の母である摩耶夫人が、咲き誇る無憂樹(むゆうじゅ)の花の下でお釈迦様を出産されたという花園をかたどったものだそうです。
甘茶を注ぐというのは、お釈迦様がお生まれになったとき九頭の竜が天から香ばしい水を吐いて、お釈迦様に産湯を使わせたという言い伝えに基づいているそうなんです。昔は五香水とか五色水という香水を使っていましたが、江戸時代になって甘茶を甘露になぞらえて使うようになったといわれています。

甘茶は無病息災のご利益があります
甘茶は、ユキノシタ科の落葉低木ガクアジサイの変種であるアマチャです。また、その若い葉を蒸して揉み、乾燥させもの、およびそれを煎じて作った飲料のことです。五香水または五色水という五種類の香水が用いられ、無病息災のご利益があるともされています。黄褐色で甘みがあり、灌仏会(花祭り)の際に仏像に注ぎかけるものとして古くから用いられていました。
虫除けの効果もあり、昔は「千はやふる卯月八日は吉日よ神さけ虫を成敗ぞする」と書いて、トイレなど虫のわきやすい所の戸口に逆さまに貼り、虫よけのおまじないをしていたそうです。また、虫という字を書いて逆さまに貼り、子供のカンの虫封じになるともいわれているそうです。また、生薬としては、抗アレルギー作用、歯周病にも効果があるそうです。茶・麦茶などに砂糖を入れたものは本来の意味での甘茶ではないそうですよ。長野県佐久地方では甘茶を天神祭や道祖神祭等で御神酒の代用として使う風習があるそうです。

お釈迦様の誕生を祝う花祭りは約1400年の歴史があり、仏教界では毎年恒例の行事として行なわれています。桜の花見もいいですが、こういった昔から伝わる習慣に触れるのも日本の伝統を知る絶好の機会です。ぜひ花祭りにも目を注いで見ませんか。

新鮮な焙煎豆で酸味と苦味を調和した美味しいコーヒ-。
4月は無料100gプレゼント企画実施中。この機会にどうぞ。


あなたの為だけに珈琲豆を焙煎 焙煎珈房いまだけ100g無料進呈!!

FC2ブログランキング(趣味・実用のその他)参加中!
 
↑気が向いたらでいいからね。ポチッと。
関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

日めくりカレンダー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top