花々が咲き誇る清明

4月5日は草木が咲き始める清明です
4月5日は二十四節気清明(せいめい)ですね。春分後の15日目にあたる清明は旧暦3月辰の月の正節であり、新暦だと4月5日ごろとなります。太陽黄経が15度のときで、このころになると春気玲瓏として、草木の花が咲き初め、 万物がすがすがしく明るく美しくなるという意味だそうです。暦便覧には「万物発して清浄明潔なれば、此芽は何の草としれるなり」と記されており、さまざまな花が咲き乱れ、お花見シーズンになります。
いまは桜の花にスポットがあてられていますが、この季節桜だけではありません。山吹、ひなげし、蓮華草、チューリップ、芝桜、花梨…その可憐な姿を次から次と私たちに見せてくれます。

中国ではこの日に墓掃除をします
また中国から伝わった二十四節気清明節ですが、その中国では祖先の墓を参り、草むしりをして墓を掃除する日であり、「掃墓節」とも呼ばれています。春を迎えて郊外を散策する日でもあり「踏青節」とも呼ばれてるようです。日本では特に清明節に墓掃除をする習慣はないですよね。
日本が鎖国政策を放棄した江戸時代末期から明治にかけ、中国華僑は横浜や神戸などにも居住するようになり、その地の墓地で行なわれる清明節の儀式を言い伝えてきました。現在長崎に在住する華僑の人々は長崎唐四寺の一つである崇福寺で先祖を供養しており、清明節の墓掃除が終わると、持ち寄ったお供え物を皆で分け合うそうです。最近ではその場で食べたり、持ち帰る方もいるようですが、この墓掃除一つにしても、中国華僑の人々の清明節における過し方が窺えますね。

燕が南から、雁が北へ渡る時期です
清明から次の二十四節気穀雨の期間の七十二候には次のような言葉があります。
初候 玄鳥至(げんちょう いたる) : 燕が南からやって来る時期
次候 鴻雁北(こうがん きたす) : 雁が北へ渡って行く時期
末候 虹始見(にじ はじめて あらわる) : 雨の後に虹が出始める時期
まさに季節を言いあてた言葉でもありますね。
清明節前に摘んだ茶葉を「明前茶」、清明から穀雨までの茶葉を「雨前茶」、穀雨以後の茶葉を「雨後茶」というそうです。中国で緑茶は清明節に近い時期に摘むほど、香りと甘みがあり、高級とされているんだそうです。

さあ、満開に咲き誇ってるこの季節、みんなで繰り出し、美しい花を観賞してみましょう。

プレミアムの付いた幻の焼酎と言われる焼酎と日本酒。
花見のこの時期、絶対欠かせないお酒をお供にぜひどうぞ。


芋焼酎通販 幻の焼酎通販プレミアムマーケット

FC2ブログランキング(趣味・実用のその他)参加中!
 
↑気が向いたらでいいからね。ポチッと。

関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

日めくりカレンダー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top