FC2ブログ

二十四節気の始まりです

氷も融け花も爛漫となる立春です。
こんにちは。2週間のご無沙汰でした。光陰矢の如しと言いますが、2週間なんて、あっという間に過ぎ去ってしまいますね。季節がらあまり見かけませんが、セミの抜け殻のように何もせず、ボーっとしていました。また今年も無駄に年を重ねたとはいえ、コロナとは仲良くしたくはありませんでした。巣籠の中に皆さんのご訪問は年寄りを活気づける有意義な日々でした。更新のないブログに毎日のご訪問有難うございました。深謝いたします。

さてさて例年より1日早い今年の立春は2月3日にやってきました。
「冬来たりなば春遠からじ」という言葉通り、循環する四季は大寒から立春へと巡ります。立春を迎えることで寒明けとなり、暖かい地方では梅が咲き、菜の花の黄色い花が春を呼び込みます。中国から二十四節気が伝わったころ、立春を1年の始まりとして暦がつくられました。その後明治時代になって暦が太陽暦に改められるまで、立春は正月とほぼ同じ時期にあったのですね。その名残りが今でも年賀状などに「新春」とか「早春」という新年の挨拶語として使われていますよね。
3日からは二十四節気にも春の文字が浮かんだ立春がやってきました。街には袈裟に身を包んだ托鉢の僧侶が、寒明けの読経を唱え練り歩きます。
立春


立春札立春の朝には檀信徒などでもこれから1年間の厄除けを願い、玄関などに「立春大吉」のお札を貼りだしていたのです。
薄い紙に縦書きすると左右対称になり、裏から見ても同じ「立春大吉」と読むことができます。つまりこの札を入口に貼っておくと、うちに上がり込んだ鬼が振り返った時、同じ札を見て「まだうちの中に入ってなかったか」と勘違いし、逆戻りし外に出て行くというわけです。ハハハッ、ちょっとユニークな鬼さんですね。
春の兆し、吉の兆しを感じる立春大吉。我が地方でも菩提寺である曹洞宗のご住職が、毎年寒が明ける立春の前日、檀家の門前で経を上げ、「立春大吉祥」のお札を置いていかれます。檀信徒が良い一年を迎えられるようにという、曹洞宗古来のありがたい習わしでもあるのです。ところが今年はまだ来てません。檀家さんの数が増えて回り切れないのでしょうか、それとも自分の信心が足りないからでしょうか。🧙‍♂️
※写真等は過去にも使われています。



二十四節気の立春を閲覧ご希望の方はこちらをクリックしてご覧ください。昨年同様の内容ですが、立春の季節感をご覧いただけます。日付等は当時のままですのでご注意ください。
これからも4~5日のサイクルで更新していくつもりです。どうぞよろしくお付き合いください。
関連記事

テーマ:岩手をつぶやく
ジャンル:地域情報

コメントの投稿

Secret

代替画像

FC2ブログ更新お疲れ様です。

おはようございます。二十四節気の始まりは立春なのですね。野球で言えば打者一巡と言ったところでしょうか?

昔人は旧暦で動いていたわえで、この時期に迎春という言葉を使っても全く違和感がなかったものと察しております。

立春大吉のお話(紙の裏からも同じように読める)、興味深く拝読させて頂きました。鬼というとオチのある話も多いので、鬼ならば錯覚しかねないような気が致します。

自分としても立春を特別な日と位置付けていますので、貴兄からのご教示の数々に目から鱗が落ちる思いで触れさせて頂きました。

お陰様で、本日も示唆に溢れた記事に触れさせて頂きました。掲載に感謝しております。ありがとうございます。



  • |2021.02.03(Wed)
  • |横町利郎
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 横町利郎さんへ☆彡

こんにちは。横町利郎さん。
二十四節気の始まりは立春だと、自分は教えられてきましたけどね。ある人は日がこれから長くなる冬至を二十四節気の始まりだという方もおられるようです。どちらも一理はあるんでしょうけどね。
やっぱり我々の年代から見ると立春が年の初めと感じますよね。特に年賀状などに使用される初春や早春などはその名残であり、意味が分かればしっくりします。若い時は大寒はまだ先なのに、なんで1月を早春というのかと疑問に思ってました。
今年はこの先も緊急事態が続きそうなので、外での取材ができそうにありません。文字通り身近で四季を散策して行こうかと思います。
本日もコメントありがとうございました。
  • |2021.02.03(Wed)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

No title

こんにちは♪
立春ですが、今日も寒いです。
寒いといいましても北国のような寒さではありませんが。
関西の春は奈良のお水取りが終わらないと、
来ないような気がします。
コロナ禍で二度目の緊急事態宣言がひと月延長になりました。
  • |2021.02.06(Sat)
  • |Ouna
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: Ounaさんへ☆彡

こんにちは、Ounaさん。コメントありがとうございます。

立春を迎えた北国では、1日も早く厳寒の冷え込みから解放されたいと思いますが、
そちらでは奈良のお水取りが春の目安なんですね。
お水取りをはじめ若草山焼きや京都の大文字焼きなど火に纏わる伝統の行事は
寒さ暑さも忘れさせてくれますね。
今年は緊急事態宣言の中での開催になりそうですが、開催に影響はないのでしょうか。
感染には十分お気を付けください。
  • |2021.02.07(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

プロフィール

matsuyama

Author:matsuyama
北国岩手の四季と歳時記に取り組み、素朴な田舎生活を自由気ままに散策しております。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

人気ブログランキング参加中

最近のコメント

最近の記事

リンク

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
281位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
東北地方
42位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード

CREDIT

top