FC2ブログ

1月20日は正月納めの二十日正月です

1月20日は「二十日正月」で、正月の祝い納めの日でもあります。歳神様がお帰りになる日と考えられ、お正月の飾り物などを全て片付け終え、締めくくる日とされています。
昔はこの日に鏡開きをしていましたが、徳川三代将軍徳川家光が慶安4年4月20日に亡くなったため、月命日の20日を避けて11日になったといわれています。
地域によっては骨正月(ほねしょうがつ)と呼ぶところもあるようです。鰤を骨まで煮ることで、残さず食べ尽くすことから来ているのだそうです。食べきることで、実りへの感謝や今年の豊作への願いが込められているんですね。自分の所では玄関口に写真のような門松代わりの正月飾りがあります。豊作の願いが込められているといっても農業も漁業もしてません、しいて言えば家庭菜園で採れる少ない野菜のことですかね。豊作だったといえるのはインゲン位のもので、食べきれないほど連日収穫がありました🥒。
1月15日は小正月ですが、同時に正月行事の終焉を知らせる伝統行事「どんと焼き」が行われる地域もあります。この日は正月の松飾りや注連縄(しめなわ)、お札などを焚き上げます。正月に書いた書初めが高く舞い上がれば字が上手になる、あるいはこの火で焼いた餅や団子を食べると風邪をひかないなどともいわれております。今年は異様ですが、餅や団子を食べると新型コロナに感染しないという標語でもできるといいですね🍶。
正月飾り鰯 まゆ玉A


旧暦では正月15日の満月が新年の第1日として正月を祝ってたそうです。その後太陽暦が用いられるようになってから、元旦から松の内までを大正月(おおしょうがつ)15日を小正月(こしょうがつ)と呼ぶようになったんですね。この時「公的性格」の強い行事は元日に移し、豊作祈願などの家庭的な「私的性格」の多くは小正月に残ったものといわれております。
一般的に1月15日を小正月といいますが、地方によっては女正月と呼ばれています。女正月とは旧暦で年の始まりとされる1月15日の満月が、女性の年始回りだったところから言われたそうです。男正月に接客するための家事で忙しかった女性をねぎらい、家事から解放する日ともいわれています。また、男子禁制の酒宴を開いたり、この日前夜の夕食は男性がこしらえるしきたりになっているところもあったそうです。
小正月には餅を繭の形に作った赤や白の「まゆ玉」を神棚にお供えしたり、竹柳の枝先を稲の穂垂れにたとえて、門前や家の中に吊るしていたものでした。写真のまゆ玉は5色でカラフルですが、子供の頃のまゆ玉は白と赤だけでした。それでも幼心にまゆ玉がほしくてね。小正月が終わるのを待ちきれなくて餅網で焼いて食べてました🎍。

どんと焼き


三陸鉄道では小正月の前後に、こたつ列車でお酒を飲み正月気分に浸っていただこうというイベントがあります。掘りごたつになっている客席では海鮮料理などの正月料理に堪能している乗客に、突然出刃包丁を片手にケラミノ(蓑笠)を着、鬼の形相をした怪人が乱入。出刃包丁を振り回し「泣くワラス(子供)はいねぇがぁ」「きかねえ(暴れん坊)ワラス子は連れて帰るぞぉ」と大声で騒ぎたてる怪人たちに乗客は騒然。一瞬たじろぐ子供もいました
これは地元野田村に古くから伝わる「なもみ」といわれるローカルイベントです。秋田県男鹿地方に伝わる「ナマハゲ」に似ていますが、ここ野田村に伝わる「なもみ」は1月15日の小正月に行われる正月行事なんですね。地元では幼い子どものいる家々を回るんだそうです👹。
なまはげ

新暦での正月行事ももう間もなく終了ですね。なんか今年の正月休暇は緊急事態宣言で巣籠り正月でしたね。宣言開けたら思いきり羽を伸ばしましょう😀。


ただ今の二十四節気は「小寒」です。詳しくは1月5日付の「二十四節気・小寒」をご覧ください。次の二十四節気は1月20日の「大寒」です。前日頃までにご案内いたします。

関連記事

テーマ:岩手をつぶやく
ジャンル:地域情報

コメントの投稿

Secret

代替画像

FC2ブログ更新お疲れ様です。

どんと焼き(拙地方ではどんと祭)が終わると、いよいよ松の内も終わり、正月様とお別れですね。
ところで、女正月とは✋😮🤚です。男尊女卑の時代に女性を大事にする気風があったのですね~
世の女性の多くが正月早々台所に立つ時間が多くなるわけで、これに対する不満は方々で耳にします(笑)
それだけに欧米で言うレディーファースト的なしきたりがあってもいいと考えています。このようなしきたりは、今ではなくなったのでしょうね。
なもみは元野田村だけの行事なのでしょうか?
それにしてもこの面👹は迫力満点ですね~✋😮🤚

◎御礼◎
お陰様で、本日も示唆に溢れた記事に触れさせて頂きました。
matsuyamaさん、いい一日をお送りください。ありがとうございます。
  • |2021.01.16(Sat)
  • |横町利郎
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 横町利郎さんへ☆彡

こんにちは、横町利郎さん。

どんど焼きは我が地方だと16日から20日までの間に実施されますので、その年によって変わりますけど、焼いてる間に参加者へ焼餅が配られます。食べると1年間風邪をひかないなど無病息災に繋がります。時には醤油の味付けだったり、きな粉餅だったり、美味しいんですよね。
15日は女正月とは言いますけど、地元ではあまり男尊女卑の傾向は見られませんけどね。昔からの言い伝えで淡々と過ごしている感じですかね。というか食事の手間暇は今はお節でカバーしてますが、昔はお煮しめを三が日食べれるように大鍋でたっぷり作ってましたね。
「スネカやナモミ」地域によっては名前が変わりますが、県内ではあちこちにあります。大船渡では重要無形民俗文化財にもなっているようです👴。

本日もコメントありがとうございました。
  • |2021.01.16(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

matsuyamaさんへ!!

明日は大寒ですが今日はー5~-9度の寒さでしかも猛吹雪となり温泉行も取りやめました。
道央道と道東道が吹雪のため通行止めになています。また渋滞で立ち往生にならなければと心配です。コロナと同じく災害ですね~~苦笑)
  • |2021.01.19(Tue)
  • |荒野鷹虎
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 荒野鷹虎さんへ☆彡

こんにちは、荒野鷹虎さん。コメントありがとうございます。
今年は異常なほど寒いですね。新型コレラと争って、第3波ですかね。氷点下2桁の寒さって体験したことが無いですから寒さの度合いが分かりませんです。外で立小便したらそのまま半円を描いた状態で凍り付いちゃうんですかね(笑)。
高速道路は軒並み通行止めですかね。雪道より凍結状態が怖いですよ。一般道は一般道で積雪による立ち往生がありますからね。
こんな時は温泉も取りやめ巣篭もりで温まりましょう。
後2週間で春が来ます。北海道はもっと先かな。それまでは頑張って冬をKOしましょう。
  • |2021.01.19(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

プロフィール

matsuyama

Author:matsuyama
北国岩手の四季と歳時記に取り組み、素朴な田舎生活を自由気ままに散策しております。

カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

人気ブログランキング参加中

最近のコメント

最近の記事

リンク

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
266位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
東北地方
40位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード

CREDIT

top