FC2ブログ

後光のない釈迦像はオシャカ

折角懸命に作っていたものが粉々に壊れてしまったり、打ち込んでいた仕事が完全に失敗して駄目になったとか、車を運転していて事故を起こし、修理が不可能と言われるほど大破した時などに「オシャカになる」などと言いませんか。

「オシャカ」とは、「お釈迦様」のことですが、同じお釈迦様でも、この言葉には様々な語源説があるようです。
一般的に鋳造業界からきた言葉で、阿弥陀仏を作るとき、背中に「光背」(後光)が作れずに胴体だけの「シャカ像」になってしまうことがあるそうです。阿弥陀仏の出来損ないで釈迦像ができたことから、不良品ができたことを「オシャカになる」と言い始めたそうなんです。
また別の説によりますと、東京下町の鋳物工場が舞台の話のようです。焼き物をつくる際、火が強すぎて不良品を出したとき、江戸訛りで「シがつよかった」と発音し、その「シがつよか」を四月八日に当て、この日が釈迦の誕生日(花祭りの日)なので、「お釈迦になる」が不良品を出すの意味になったんだそうです。
いわば語呂合わせの記念日ですね。あまり好きではないんですが、「シ(ヒ、火)がつよかった」から 4月8日、 4月8日の花祭り、花祭は釈迦の誕生日という連想が楽しいですね。
自動車衝突事故

お釈迦様の像は、生まれてすぐに四方に七歩あゆみ、右手で天を指差し、左手で地を指し、「天井天下唯我独尊」と宣言した姿を現しております。人間性の尊厳を表現し、すべての人々の命は尊いものと説いているんだそうですね。


ただ今の二十四節気は「小雪」です。詳しくは11月22日付の「二十四節気・小雪」をご覧ください。次の二十四節気は12月7日の「大雪」です。前日頃までにご案内いたします。



人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しております。
関連記事

テーマ:岩手をつぶやく
ジャンル:地域情報

コメントの投稿

Secret

代替画像

FC2ブログ更新お疲れ様です。

なるほど、これまで何気なく使ってきた「お釈迦になる」にはそのような意味があったのですね。語呂合わせの造語はいろいろありますね。

例えば光学機器のキャノンの語源は「観音」から来たとされます。キャノンは外人の名前にもあるので、ルーツが観音とはとても思えません。

他にも探せばいろいろあるようですが、なかなか奥深いものがありますね。お陰様で、本日も勉強させて頂きました。ありがとうございます。
  • |2020.11.30(Mon)
  • |横町利郎
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 横町利郎さんへ☆彡

こんばんは、横町利郎さん。コメントありがとうございます。
日本語のルーツって思いがけないところから発生するようですね。

ざっと見渡してみれば「水商売」、「札付き」「冷やかす」「跳ねる」「ブス」など数多くありますが、いずれも古来からの知恵と文化が詰まっているようですね。機会があったらそのルーツを調べてみたいと思います。

本日もありがとうございました。
  • |2020.12.01(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

プロフィール

matsuyama

Author:matsuyama
北国岩手の四季と歳時記に取り組み、素朴な田舎生活を自由気ままに散策しております。

カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

人気ブログランキング参加中

最近のコメント

最近の記事

リンク

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
266位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
東北地方
40位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード

CREDIT

top