胃腸薬に化けた清め塩

久し振りに雨降る東京の街角を歩いてきました。どこへ行ってもサラリーマンの姿で埋め尽くされた居酒屋の暖簾。満員の通勤電車、渋滞の続く高速道路。懐かしい光景を堪能できました。

ところで先日来話題を独占している第81回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した「おくりびと」。
遺体を棺に納める"納棺師"をテーマに制作された滝田洋二郎監督の作品です。本木雅弘扮する主人公が、さまざまな死に向き合うことで、そこに息づく愛の姿を見つめた映画だそうです。実は私、まだこの映画を見ておりません。見てもいないのに葬儀の体験談を書くんじゃない、といわれそうですが、聞いてください。葬儀の裏側にもこんな笑えないユニークな話があるんです。

千人超の葬儀は準備が大変です
葬儀っていうと縁起でもないから避けて通りたい話ですよね。でも避けられないのが現実です。
これはある葬儀社で起った本当の話です。毎日葬儀を執り行なってるプロでも想定外のトラブルが起ってしまうんですね。葬儀社では会葬者の予想人数で葬儀の規模を図っております。この日の葬儀は約千人と予測していました。規模からいったら大型葬儀です。
このくらいの規模になると、会場の設営から導師との打合せ、遺族との進行手順など通夜開始までの準備が大変です。普通なら開式時間までにはゆとりを持って準備されますが、今回は他社との見積り比較により葬儀社への依頼が伸び伸びとなり、時間ギリギリの決定になってしまったのです。後は開式前の時間との勝負。段取り良く手配、準備をしなければなりません。

刷り直した礼状の差し替えに汗だく
その手配するものの一つに会葬礼状があります。会葬者の予測人数に合わせて礼状を用意しなければなりませんが、故人名、喪主名に間違いがあってはなりません。何度もくどいように、喪主に確認を取ります。にもかかわらず開式間際に仕上がった礼状に、誤字が発覚。さあ、大変です。急遽千枚の礼状は刷り直し。間違ったカードを封筒から取り出し刷り直したカードと差し替えるため、会場の裏側ではスタッフ総出で必死の汗だく作業です。

清め塩に成り変って胃腸薬が混入
式の前半に食い込みながらも差し替え作業が終了。ホッとしたつかの間今度はなんということでしょう、礼状についている清め塩が分包の胃腸薬にすり替わっていたではありませんか。なんということを。宗派によっては清め塩をつけない会葬礼状もありますが、胃腸薬が混入されている礼状など、前代未聞の珍事件です。もちろん千個の胃腸薬をすり替えるなど不可能なことで、発見されたのは数個だけでした。
決して会葬者の健康を気遣ったわけではないでしょうが、いまだに誰が混入したのかは不明なそうです。ちなみに胃腸薬を受け取った会葬者は誰一人いなかったようで不幸中の幸いです。いつも冷静沈着に葬儀を進めるスタッフにも冷や汗をかくことがあるんですね。人には言えない葬儀の裏話です。

高齢化時代、もしもの機会はますます増えます。
その時慌てないためにも、事前のご相談を。

葬儀

FC2ブログランキング(趣味・実用のその他)参加中!
 
↑気が向いたらでいいからね。ポチッと。
関連記事

テーマ:とくとく生活情報
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

こんばんわ。

 雄琴神社雅楽会から来ました。以前訪問ありがとうございます。
 さすが人気ブログv-219拝見させていただきました。

 日めくりカレンダーいいですね。v-353v-289
  • |2009.03.11(Wed)
  • |ぷりんす。
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: こんばんわ。

コメントありがとうございます。
雄琴神社雅楽会さんのブログも大分リニューアルしましたよね。
内容も若者向けになってきたし…。
私もまたお伺いします。
  • |2009.03.13(Fri)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • |2009.03.28(Sat)
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top