FC2ブログ

自分で選んだmy紅葉ベスト5

二十四節気で言えば10月23日より「霜降」です。七十二候では11月2~6日まで第五十四候の「楓蔦黄(もみじつたきばむ)」です。もみじや蔦の葉が色鮮やかに装いを変える頃です。北国や山々はすでに紅葉に染まっている頃であり、平地でも美しい秋の景色が楽しめるのもこの頃からです。
ここ数年にわたって撮り続けた県内の紅葉スポットの中で、マイベスト5を取り上げてみました。自己評価(=自己満足)ですけど、matsuyamaが選ぶ紅葉ベスト5ご覧ください。      

第1位はJR山田線大峠砂防ダム付近の列車と紅葉です。美しい瀑布が見る人の気持ちを癒してくれます。ダムの周囲は遊歩道もあり、物静かに散策できますが、JRの列車を入れた紅葉写真はこれがベストでしょう。手前の国道106号線側道から撮りました。まさに自然の宝庫です。(2015年10月23日撮影)
my紅葉①


第2位は内陸雫石町にある葛根田渓谷の紅葉です。上流から飛沫を上げて流れ落ちる落差30mの鳥越の滝。近くの人に聞いたら滝壺には降りられないと聞き、諦めてこの位置からの撮影でした。上から眺める滝もいいものです。周囲に立ち込める白い湯気と紅葉の色が素敵でした。(2018年10月17日撮影)
my紅葉⑦


遠野市の重湍渓(じゅうたんけい)を3位に推します。重湍渓は猿ヶ石川上流にある渓谷で、巨大な花崗岩が階段状に浸食され畳を敷いたようで、紅葉の名所として知られています。訪れた日がちょっと早かったせいか鮮やかな紅葉は今一でした。訪れる人も少なくゆっくりと撮影タイムを楽しめました。(2017年10月17日撮影)
my紅葉③


自宅から車で30分。一番近いロケーションです。JR山田線箱石駅近くの鉄橋付近で見られる彩りのある黄葉をベスト4に推します。撮影可能時間帯に走る列車は1日2~3本しかありません。この時間は山深い中で光線具合がちょうどよく、日陰にならない黄葉がうまく撮れたと思います。実はこの日近くの中学校からスタートした山岳マラソン大会の撮影途中でした。レースはゴールで待ち構えていた小学生の娘と手を取り合い親子で感動のゴールをした印象深い日でした。(2015年10月25日撮影)
my紅葉④


遠野ふるさと村の古民家を借景する紅葉は第5位でした。村内は、江戸中期から明治中期にかけて造られた茅葺屋根の曲り家をそのままの形で移築しており、小川が流れ、水車がまわり、田畑あり、炭焼き小屋ありと、遠野の昔ながらの集落を再現しています。紅葉の楓が鮮やかでした。(2013年10月10日撮影)
my紅葉⑤


最後の番外編は我が家で育てる吊りしのぶです。日本の情緒漂う吊りしのぶは風情あふれるインテリアです。秋になると褐葉し冬には落葉します。春夏の緑葉と秋の褐葉には人の目を癒してくれます。自分で手入れした紅葉に拍手~🖐(2020年10月19日撮影)
my紅葉⑥

いかがでした。自分好みで選んだmy紅葉ベスト5。お気に召しましたでしょうか。
「えっ、評価できない?」、ごもっともです🧝‍♀️。


ただ今の二十四節気は「霜降」です。詳しくは10月23日付の「二十四節気・霜降」をご覧ください。次の二十四節気は11月7日の「立冬」です。前日頃までにご案内いたします。



人気ブログランキング
関連記事

テーマ:岩手をつぶやく
ジャンル:地域情報

コメントの投稿

Secret

代替画像

FC2ブログ更新お疲れ様です。

どれも素晴らしい紅葉🍂🍁です。番外編を拝し、他力本願でないところも素晴らしいですが、一日に数本しかない列車を撮影するとなると、下調べや準備もあったのではないでしょうか?
貴兄は撮り鉄🚃🚋もされるのでしょうか?
それと5年前ですが、小学生の娘さんがおられるということは初耳👂でした。

撮影された日と場所を記録されておいでのようでまめですね~。年月日を明示したフォルダに画像を保管されていないととてもできる業でないと察しております。

貴兄はブログに真摯に向き合っておいでです。自分も見倣わねばならない部分が多いと思いました。お陰様で、本日も己の見聞を広めることができました。ありがとうございます。

  • |2020.10.31(Sat)
  • |横町利郎
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 横町利郎さんへ☆彡

横町利郎さん、こんにちは。
こんな写真をご称賛賜りありがとうございます。お言葉のようにローカルともなると日中の列車もほとんど見かけることも叶わず、たまに来た列車にも数人位しか乗車しておりません。撮影ロケーション付近を通過する時間帯を時刻表で調べ、現場に行ってました。データは古いですが、2016年の1日当たり輸送密度は平均通過人員186/日のようです。ローカルの特色でいつ乗ってもガラガラです。
自分は撮り鉄ではありませんが、一時はまったこともあり遠野を走るSLに釘付けになったこともあります。表現不足でしたが自分には娘はおりません。ごめんなさい。あの時はマラソン大会に参加の親子でした。本来なら競技者以外の人との触れ合いは禁止されてるんでしょうが、やはりローカルのルールは甘いですね。親子で手をつなぎゴールした姿は感動的でした。
その時の記憶は鮮明に残っているんですけど、撮影日などはフィルムに記録されてますからね。USBに保存してますが、10本以上にもなるとどこに何が保存されてるか忘れてしまいました(笑)。
  • |2020.10.31(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

プロフィール

matsuyama

Author:matsuyama
北国岩手の四季と歳時記に取り組み、素朴な田舎生活を自由気ままに散策しております。

カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

人気ブログランキング参加中

最近のコメント

最近の記事

リンク

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

人気ブログランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
267位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
東北地方
42位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード

CREDIT

top