FC2ブログ

読書の秋と緑茶

だいぶ前から「本離れ」が進んでいるといいますが、暑くもなく寒くもない、そして夜の長いこの季節は、落ち着いた気持ちで本と向き合えます。新しい情報を得る手段としてはテレビやインターネットが勝っていますが、じっくり考えるには読書が一番かも知れませんね。
大きな声では言えないですが、そういう自分も「本離れ」してからだいぶ時が経ってしまいました。言い訳ではありませんが、年を取ってくると老眼だけではありません。文章の内容を理解するのに正直時間を要します。頭脳の回転も遅漏してきてるんですね、きっと。
読書茶


ところで、本を読んでいて眠くなってきたことってありませんか。自分は若い時からしょっちゅうありました。そんなときの息抜きに、マイカフェでお茶を一服してみてはいかがですか。ちょっとだけテレビを休め、横たわって好きな文庫本でも読みながら、緑茶や紅茶の時間をぜひ……。読書茶って言うんだそうです。

お茶を飲む風習は隋の文帝の時代に始まり、唐の時代になるとかなり流行したそうです。日本にお茶が伝えられた経緯には諸説があり、臨済宗の栄西禅師が宋から茶の種子を持ち帰って播いたともいわれてます。栄西は「喫茶養生記」を著して、二日酔いに苦しむ三代将軍源実朝に献上したそうです。

若い時はインスタントなんてコーヒーじゃないなどと粋がってサイフォンで入れたコーヒーを1日数杯飲んでました。ところが今は1日1杯が限度で、それ以上は体調を崩してしまいます。お茶には内臓の働きを調え、疲労を回復するなど、さまざまな効能があるんだそうですね。「お茶は健康と美容にいい」といいますが、やはり日本茶は最高です。緑茶の味や香りを楽しみながら、読書茶に親しむのもいいもんです。

10月27日から11月9日までは読書週間です。折しも10月29日は十三夜です。読書をしながら、灯火親しむ秋の夜をお楽しみください。


ただ今の二十四節気は「霜降」です。詳しくは10月23日付の「二十四節気・霜降」をご覧ください。次の二十四節気は11月7日の「立冬」です。前日頃までにご案内いたします。



人気ブログランキング

関連記事

テーマ:岩手をつぶやく
ジャンル:地域情報

コメントの投稿

Secret

代替画像

FC2ブログ更新お疲れ様です。

電車の座席を見ると本を読んでいる人はごく少数で、スマホとにらめっこしているかたがほとんどです。それだけ本離れが進んだということになりますが、まだまだ捨てたものではないと考えています。

自分はインターネットの他に紙媒体のものからも情報を得ています。その方向性はずっと変わらないものと察しております。朝カフェは一年のうち、約半分は行ってますが、本とコーヒーの相性は確かに最高です。(眠気冷ましには持って来いです)

なるほど、お茶という手もありますね。コーヒーのようなデメリットが少ないので、これは視野に入れたい気が致します。本日も有意義な話題を提起して頂きました。おはからいに感謝しております。ありがとうございます。
  • |2020.10.26(Mon)
  • |横町利郎
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 横町利郎さんへ☆彡

横町利郎さん、コメントありがとうございます。

そうですね。電車内での今の若者は男女問わずスマホに夢中ですよね。週刊誌や新聞を読んでおられるのは年配のおじさん達でしょうか。それも数的には減少してるでしょう。ここにも文字離れが進行してるんじゃないですか。

マイカフェなんて格好いいですけど、言わば自室で自分で淹れる飲み物ですよね。現職時代からもそうでしたが、リタイヤしてからももっぱら自分で淹れてます。その方が心置きなく読書に専念できます(笑)。読書茶っていうと最近では日本茶をイメージしてるんですよ。コーヒーはカフェインが身体を蝕むんですかね。
  • |2020.10.26(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

プロフィール

matsuyama

Author:matsuyama
北国岩手の四季と歳時記に取り組み、素朴な田舎生活を自由気ままに散策しております。

カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

人気ブログランキング参加中

最近のコメント

最近の記事

リンク

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

人気ブログランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
267位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
東北地方
42位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード

CREDIT

top