FC2ブログ

男心、女心と秋の空

季節も9月を迎え、天高く馬肥ゆる秋がやってきました。秋の空は移動性高気圧の乾いた空気のために澄み渡り、すがすがしい青空が広がってくるからなんですね。いつもより上空の雲までよく見えるようになると、秋の月が美しく見え、お月見にも最適な時季にもなります。10月のお月見が楽しみです。

ところが、お天気が変わりやすいのもこの時季で、これを変わりやすい人の心になぞらえ、「男心秋の空」「女心秋の空」と言われ、「秋の夜と男の心は一夜にして七度変わる」などとも抽象されてきました。江戸時代、もとは「男心秋の空」でした。当時は既婚女性の浮気は命を落とすほどの重罪だったのに対し、既婚男性の浮気には寛大だったんですね。
秋の空⑥


秋の空」の「秋」は「飽き」にも通じており、洒落好きな江戸文化にも受け入れられていたようです。
この「男心と秋の空」が「女心」へと変化していく動きは江戸時代には既に現れていましたが、「女心」の方へ大きく動いていったのは明治時代に入ってからのようです。
秋の空①


明治時代、尾崎紅葉の小説『三人妻』に女心と冬日和といえり、と記されており、イギリスの諺で「女心と冬の風」を例えたのではないかといわれております。強風やおだやかな風に変化しやすい冬の風を、女心にみたてたのでしょう。喜怒哀楽の感情の起伏が激しい女心は、物事に対して移り気なんだといっているようでもあり、大正デモクラシーや女性の地位向上に伴い、日本独自のことわざ「女心と秋の空」が定着したのかもしれません。
秋の空⑤


江戸時代の俳人小林一茶(こばやし いっさ)は、変りやすい自分の心を秋の空にたとえて、次のような句を詠んでいます。
「はづかしや おれが心と 秋の空」
これは明らかに「男心と秋の空」を踏まえた俳句となっており、そんな移り気な心が恥ずかしいと内省的な心情を吐露しているようでもあります。
秋の空③


「心なき 身にもあはれは 知られけり 鴫立つ沢の 秋の夕暮れ」
「出家して人の感情を捨てたにもかかわらず、鴫(しぎ)が飛び立つ沢をみていたら、なんとも言えない感動が心にわいてきたよ」と、俗世間を捨てたはずの西行法師は、物哀しい秋を詩っています。
秋の空②

昔も今も、食欲、スポーツ、読書、芸術と深秋はさらに続きます。
物想いに耽る秋、事を荒げず心静かに秋の空の移ろいと自然の景観をを楽しみたいものですね。


ただ今の二十四節気は「白露」です。詳しくは9月6日付の「二十四節気・白露」をご覧ください。次の二十四節気は9月22日の「秋分」です。前日頃までにご案内いたします。

関連記事

テーマ:岩手をつぶやく
ジャンル:地域情報

コメントの投稿

Secret

代替画像

FC2ブログ更新お疲れ様です。

安定した秋の気候とは異なり、目まぐるしい天気の移り変わりが気になる昨今の気候と存じます。

確かに男尊女卑の江戸時代以前は、既婚女性の浮気はご法度でしたが、女性の地位向上とともに倫理観が変わり「女心と秋の空」という諺が誕生したと考えています。

男尊女卑は死語になりつつありますが、昨今はセクシャルハラスメントの台頭で「男だから云々」や「女のくせに云々」という言葉も使えなくなってきました。

文人は目まぐるしく天気が変わるこの季節を時に愉しみ、時に悲哀を重ねるのに相応しい情景と捉えた気が致します。四季が存在することで題材に困らないわけですが、このことが我が国固有の情緒を育んだ気が致します。

□まとめと御礼□
今回も心の奥底に残る記事に触れさせて頂きました。掲載に感謝しております。
matsuyamaさん、今週もいい週となりますことを心からお祈りしています。ありがとうございます。

  • |2020.09.14(Mon)
  • |横町利郎
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 横町利郎さんへ☆彡

こんにちは。横町利郎さん。
最初知ったのは「女心と秋の空」でした。そうだよな、浮気心が強いのは女の方だよな、と自分を納得させていました。ところが社会的に浮気心を発揮しているのは男の方だったと知るのはつい最近のことだったのです。びっくり仰天、こんなにも男って浮気っぽいんだ、同性とはいえ許せないって思ったこともありました。
社会がそのような仕組み(?)になっているんだと納得。男と女の世界にはいろいろあるんですね。男と女の心理を考えれば浮気も1つの心理効果なんですね、と1人合点しました(笑)。
  • |2020.09.14(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

matsuyamaさんへ!!

政治の世界と秋の空は変わりやすく信頼が持てませんですねー。汗)あれだけ嫌がっていた安倍氏がいなくなってもそれ以上に嫌な人が頭に来たらメデイアが褒めちぎり何が何だか分からなくなりますねー。喝)朝日・毎日でさえ反自民の旗を降ろしてしまいました。(´;ω;`)
何も知らない庶民はうろうろして善悪の判断と選択肢がわからなくなり選挙で自民党に投票することになりそうですね。涙)
  • |2020.09.16(Wed)
  • |荒野鷹虎
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 荒野鷹虎さんへ

こんばんは、荒野鷹虎さん。
秋の空といわず、政界にとって四季の空は変わりやすいんじゃないんですか。
安倍総理も本性を表さない人でしたが、新総理も手強そうですね。ま、1年間の任期のようですから短い期間の間に国民からの支援が取れるかどうかですね。上手くいけば隣県も経済力が付くでしょうし、名を馳せるでしょうね。そのおこぼれがわが県にもあると嬉しいですね(笑)。
鈴木善幸の時も同じでしたが、同じ条件を克服できるかどうかですよね。嫌な雰囲気を持ち合わせているようですが、心情的には無派閥でたたき上げとともに隣県のよしみで頑張ってほしいです。
  • |2020.09.16(Wed)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

プロフィール

matsuyama

Author:matsuyama
北国岩手の四季と歳時記に取り組み、素朴な田舎生活を自由気ままに散策しております。

カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

人気ブログランキング参加中

最近のコメント

最近の記事

リンク

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

人気ブログランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
278位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
東北地方
41位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード

CREDIT

top