FC2ブログ

夏の風流な「吊りしのぶ」

吊りしのぶってご存じですか?江戸の古典文化とされた吊りしのぶ。いまや観葉植物と同様夏のインテリアとしてもその存在がひと際目を惹いてます。暑い日の涼をとるアイテムとしてすだれ、風鈴などとともに涼を呼ぶ風情溢れる夏の風物詩です。

吊りしのぶを育ててからもう10年くらいになりますが、今でもこの時季になるとシダの葉の深緑が勢いよく芽を出し、見る人の目を安ませてくれています。昔、知り合いの方からいただき、育てたのがきっかけでした。当時は育て方のイロハも知らず、ただ軒下に吊るし、2~3日に1度水を入れたバケツにしのぶごと入れるだけでした。素朴で何ともいえないレトロな雰囲気が漂いますが、最近はインテリア性が増し、風鈴を取り付けるとその音色が暑い夏に涼を運んでくれそうです。
吊りしのぶ①


吊りしのぶは竹やシュロの皮などを芯としたものにシダ科の植物しのぶを這わせたしのぶ玉を、軒先などに吊るしたものです。日本の古典園芸のひとつとされ、江戸時代の庭師がお中元として得意先のお屋敷に配ったのが始まりなんですね。
今でこそしのぶに隙間が空きだし、長年育ててきたら管理者同様何とも寂しそうな薄毛しのぶ玉になってしまいました。でも無精者には手間いらずで重宝してます。
吊りしのぶ②


夏の涼を過ぎるとしのぶは写真のように秋に紅葉し、冬には落葉します。葉のないしのぶを新聞紙でくるみ、ビニール袋に入れ、段ボールで保存越冬します。春になったら水にたっぷり浸けてやると絶命したかと思われるしのぶも、新芽を吹き出し再生してくれるんです。生命力の強さははかり知れないものを感じますね。
水がなくても「耐え忍ぶ」ことからしのぶと言われ、それを吊るすことから「吊りしのぶ」、「釣りしのぶ」と言われるようになったそうです。
吊りしのぶ③


ただ今の二十四節気は「小暑」です。詳しくは7月6日付の「二十四節気・小暑」をご覧ください。次の二十四節気は7月22日の「大暑」です。前日までにご案内いたします。

関連記事

テーマ:岩手をつぶやく
ジャンル:地域情報

コメントの投稿

Secret

代替画像

No title

吊しのぶ 涼しい気げで夏の風情を感じさせてくれます
吊りしのぶを見て居るだけで癒れますね
(耐え忍ぶ)ですか ᠁᠁᠁ 良い言葉です
  • |2020.07.14(Tue)
  • |あやめ
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: あやめさんへ☆彡

あやめさん、コメントありがとうございます。
シダの葉に覆われたしのぶ玉だと暑さからも逃れられ、気分も癒されますね。
風鈴を吊り下げその音色も同時に聞いて見ると日本の風流を感じます。

※あやめさん、gooブログは足跡が残りませんのでリンクさせてください。
メッセージの書込み欄が見つかりませんでした。
  • |2020.07.14(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

プロフィール

matsuyama

Author:matsuyama
北国岩手の四季と歳時記に取り組み、素朴な田舎生活を自由気ままに散策しております。

カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

人気ブログランキング参加中

最近のコメント

最近の記事

リンク

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

人気ブログランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
267位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
東北地方
42位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード

CREDIT

top