どんと焼きおもしろ雑学

お正月はいかがお過ごしですか。
初日の出はご覧なられましたか。私のところでは拝むことができましたが、一部の地域ではご覧なれなかったみたいですね。アウトドア派のもう一つの楽しみ、初詣はやはり予想通りかなりの人出だったようですね。初詣は松の内期間でいいんですからこれからゆっくりとお参りしてください。といってもお仕事されてる方はなかなか行けませんよね。なんでしたら1月1日にアップした七福神を拝んでいただいても結構ですよ。ご利益は保証しませんけどね(笑)。

ところで正月はお節料理やお雑煮、お屠蘇、七草粥など(詳しくは昨年1月5日正月おもしろ雑学2の記事参照)食べたり飲んでばかりしてませんでしたか。ダイエットされてた方にとっては魔の正月だったかもしれませんね。
そんな正月も1月15日の小正月をもって終わりとなります。そしてその終焉となるものが、各地でも行われている左義長なんですね。子供の頃、各家から持ち寄った正月飾りを燃やした記憶はありませんか。最近では火災やダイオキシン、そして場所の問題などで取りやめるところが増えてますけど、伝統の行事が廃れていくのも淋しいもんですね。

ここでちょっと一休み。お茶でも飲みながら一押ししてくださいな。
FC2ブログランキング参加中!
 

女正月といわれる小正月
1月15日に小豆粥(あずきがゆ)を食べて無病息災を祈ったり、柳の木に紅白のお餅をつけた餅花(地方によってはまゆ玉ともいう)を飾って豊作を祈願したのです。旧暦の1月15日は立春後の満月にあたり、この日を正月としていた名残で、元日の大正月に対し、1月15日を小正月と呼んでいました。元服(現在の成人式)が行われたのもこの日なんですね。
大正月が年神様をお迎えする行事なのに対し、小正月は豊作祈願や家庭的な行事が多く、松の内に多忙だった女性をねぎらう意味で「女正月」とも呼ばれています。

年神様をお見送りする左義長
左義長とは、小正月(正月十五日)、平安時代、宮中の清涼殿東庭で青竹を束ねて立て毬杖三本を結び、その上に扇子や短冊などを添え、陰陽師が謡いはやしながらこれを焼き、その年の吉凶などを占ったとされるところから三毬杖(さぎちょう)と呼ばれていました。
これが民間に伝わり、1月14日夕または翌15日朝の小正月に青竹を3,4本組み、門松や注連飾り、書き初めなどを持ち寄って焼くようになったのです。その火で焼いた餅を食べると病から身を守るといわれたり、書き初めを焼いた時に炎が高く上がると字が上達するといわれています。門松や注連飾りを焼くことでその煙に乗って年神様が天上に帰って行く、という意味があるそうです。簡単にいえば、お盆には迎え火、送り火によって先祖様の送迎があるように、正月にも門松によって年神様をお迎えし、左義長によってお見送りするというわけなんですね。

一般的にはどんと焼きとして浸透している
燃やす際に青竹が爆ぜることからどんと焼きともいわれており、「繭(まゆ)玉」と呼ばれる米の粉で作った紅白の団子を柳の枝に刺して焼いたものを食べると、1年間無病息災に過ごせるそうです。どんと焼きの呼び名は地域によっていろいろあります。石川、福井、高知、福岡などでは「さぎっちょ」、広島県東広島市では「しんめいさん」、島根県松江市では「墨付けとんど」、新潟県十日町市では「墨塗り」などというところもあります。 また、宮城県仙台市の大崎八幡宮松焚祭は20万人以上が訪れるというもっとも盛大なもので、仙台市の無形民俗文化財に指定されています。地域によっては裸参りと称し、男衆がふんどし姿で練り歩き、最近ではさらしを巻いた女性の参加も増えているそうです。

このように年神様を見送って正月行事も無事終了となります。正月飾りは「松がとれる」という意味で松の内の7日にはずすところもあれば、小正月の15日にはずすところもありますよ。
凧揚げ、羽根つき、こま回し、かるた、福笑い、竹馬、双六…。日本を代表する伝統的な正月わらべ遊びですが、今どきこんな遊びをしている子供は見かけません。コンピューターゲームに熱中する姿は悪いとはいわないけど、一抹の寂しさを感じますよね。
なお、正月行事の一つでもあります、さまざまな慣わしを参考にとりあげてみました。興味のある方は<追記>をご覧ください。



追記
年始回りは松の内に
実家、本家、親類、仲人、日頃世話になっている人のほか、会社の上司、恩師、先輩などの自宅を直接訪問します。元旦は遠慮し、2日以降の午後、明るいうちに訪れるのがエチケットで、松の内(7日まで)にすませることです。
玄関先で年始の挨拶をし、そのまま帰えりますが、玄関先で引き上げても失礼にはなりません。本来は、ご主人を玄関先に呼び出すのは失礼とされていましたが、今では普通に思われています。近頃では正月を利用し、海外や温泉旅行をする家庭も増えていますので、事前に都合を聞いておきたいものですね。もっとも今の時代、1日から出勤される方もおられますし、年始回りの習慣すら薄れてきていますよね。
これは当然のことですが、暮れに喪中の挨拶がありましたら、年始回りは遠慮しましょう。

2日に初荷、初釜、書初め
一年の事始めは、元旦ではなく2日に始めます。昔は武家が弓始めをし、商家では初荷、初商、初買いなどを行なっていたそうです。農家の鍬初めは正月11日に祝われました。現在も2日に行なわれているのが、書初めです。茶道の初釜(立初め)、踊り初め、琴などの弾き初めなども、2日から始めると上達が早いといわれています。御用始は4日でスーパーなどの初売りは2日からが多いですよね。中にはコンビニなどのように暮れも正月も営業しているところがあります。時代は変わりましたね。

初夢は元旦の夜が定説
もともとは、除夜の夜に見る夢が初夢と考えられましたが、除夜には眠らない習慣から、江戸時代中期から元旦の夜に見る夢とするようになり、それが初夢というようになったといわれています。初夢で縁起が良いといわれることわざに「一富士(いちふじ)、二鷹(にたか)、三茄子(さんなすび)」があります。皆さんご存知ですよね。これには諸説ありまして、富士は日本一の山、鷹は賢くて強い鳥、なすは事を「成す」という起源からきているそうです。さらに、「四扇(しおうぎ、よんせん)、五煙草(ごたばこ)、六座頭(ろくざとう)」と続けることもあるそうですよ。さぁ、皆さんはことわざにちなんだ夢をご覧になりましたかな。

鏡開き
11日に、飾りつけた鏡餅を手でむしるか金づちで割り、汁粉や雑煮にして食べます。手や金づちで“割る”ことをめでたい言葉で“開く”と表現するように、縁起物なので庖丁などで、“切る”のはタブーとされています。昔は、将軍家に重臣や諸大名が参上すると、鏡餅の破片と酒がふるまわれ、主従の絆を深める意味もありました。今では、武道の道場開きとして鏡開きが行なわれ、みんなに汁粉や雑煮がふるまわれますよね。



ただいまクラシエ商品を詰め合わせた
「クラシエ特大福袋」が抽選で20名様に
当たるプレゼントキャンペーン実施中

詳しくは上の広告をクリックしてみてください。

FC2ブログランキング参加中!
 
↑こちらもついでにポチッとね。


関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

日めくりカレンダー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top