FC2ブログ

宮古の風物詩「お飾り市」

年の暮れも押し迫り、令和元年も後4日だけとなりましたね。
年末のこの時季になると宮古地方では年末恒例の「お飾り市」が12月27日から大晦日まで開催されています。正月の年神様をお迎えするために、各ご家庭では門松やしめ縄などの正月飾りを準備することでしょうが、ここ宮古では他の地域とちょっと変わっていて、和紙に七福神や鯛、打出の小槌、お供え餅などを描いたお飾りを神棚に飾る風習があります。
年末の大掃除をした後、今年1年間飾ったお飾りを新しいお飾りにかえ、気持ちも新たに新年を迎えます。

正月の縁起物「お飾り」は90~180㎝位の大きさで、種類は20種類位。1枚500円~3000円位で売られています。このお飾りは各町会の主婦たちが1枚1枚手作りで、お飾り市が始まる前までに揃えます。5月頃から始め、仕事の合間に色を塗り合わせて作るので1人600枚程度が限度だそうです。それでも印刷するよりは採算が合うんですかね。
お飾り①


魚菜市場の駐車場内に設置された屋台の仮設店舗は6軒。カラフルに描かれたお飾りは家内安全や商売繁盛などの願いが込められ、一年間神棚に飾られます。
我が家でも七福神や宝船など、金や黒の色で描いたお飾りを貼って新年を迎えます。
お飾り②


お飾り市では和紙に描かれたお飾り以外にも一般的な正月飾りを販売しております。昔は車のフロントグリルに正月飾りを取り付けていたものですが、ここ最近は見かけなくなりました。格子状のフロントグリルを持たない車や、取り付けるための紐をかける場所がない車もあります。お正月飾りを車に取り付けることで傷がつく弊害もあります。交通安全を祈願するためのお飾りながら、今の車は故障することも少なくなり、誰にでも簡単に扱えるようになったことで、特別感が薄れたのかもしれません。交通安全系の「お守り」が多くなったことも減少傾向の1つかもしれませんね。
自分も数年前までは正月飾りをつけていましたが、取り付けが不備だったせいか走行中にどこかに吹き飛んでしまいました。それ以来つけておりません(笑)。
お飾り③

関連記事

テーマ:岩手をつぶやく
ジャンル:地域情報

コメントの投稿

Secret

プロフィール

matsuyama

Author:matsuyama
自悠気儘なド田舎の北国生活に染まり、素朴な風情を探索しながら純真に融け込もうとしています。

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

最近の記事

リンク

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
360位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
東北地方
48位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード

CREDIT

top