FC2ブログ

晩秋の宮古路にサーモンハーフマラソン‼

晩秋の候。第33回宮古サーモンハーフマラソンが開催されました。先日の台風19号による影響で被災した、三陸鉄道の線路の補修工事などでハーフの距離が19.5kmに短縮。公認コースを外れましたが、港町の宮古路を2881名の選手たちは快調に走り抜けました。

スタート直前の気温は5.5度。風はほとんどなくランナーにとっては絶好のコンディションだったようです。8時55分、5㎞のコースを皮切りに順次ハーフ、10㎞、ペアコースがスタート。参加選手たちは笑顔で元気よくコースを走り出しました。
マラソン①


自分のエントリーコースのスタートまで入念に準備体操をする参加者。10㎞のコースには昨年まで箱根駅伝4連覇の青山学院大学より中山 大樹選手(右上)と能島 翼選手(左下)の両名をゲストランナーとして今年も特別参加いただきました。さらにはペアコースでは仮装参加も承認されており、今年釜石で開催されたラグビーW杯にちなみ、ラグビージャージにラグビーボールをもった親子(下中央)やいろんな被り物で個性を出した参加者が目立ちました。
マラソン② マラソン③ マラソン④
マラソン⑤ マラソン⑥ マラソン⑦


完走した後のご褒美にスポーツドリンク、今年不漁ではありましたがサンマの塩焼き、鮭ご飯、鮭汁が振舞われました。汗を流した後の地元食はおいしかったことでしょう。他に入賞者には新巻鮭が丸々1本プレゼントされていたようです。
マラソン⑧ マラソン⑨


表彰式ではナミビア共和国のモーベン・マスソ・ルスウェニョ駐日大使がプレゼンターとして入賞者に表彰状とメダルを授与していました。宮古は先日釜石・鵜住居(うのすまい)会場で開催されたラグビーW杯、ナミビア共和国の公認キャンプ地であり、2020年東京五輪・パラリンピックの同国のホストタウンでもあります。
マラソン⑩
なお、今回写真に写った方々へのマスキングはしておりません。激戦を戦い抜いた選手の皆さんの素敵な笑顔をボカシたくありませんでした。ご覧になった皆様に選手の誇らしげな笑顔が伝わってくだされば幸甚です。ご了承ください。



ただ今の二十四節気は「立冬」です。詳しくは11月7日付の「日本の季節・立冬」をご覧ください。次の二十四節気は11月22日の「小雪」です。11月21日頃までにご案内いたします。

関連記事

テーマ:岩手をつぶやく
ジャンル:地域情報

コメントの投稿

Secret

プロフィール

matsuyama

Author:matsuyama
自悠気儘なド田舎の北国生活に染まり、素朴な風情を探索しながら純真に融け込もうとしています。

日めくりカレンダー

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

最近の記事

リンク

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
260位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
東北地方
40位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード

CREDIT

top