正月準備おもしろ雑学

クリスマスが終わるともうすぐやってきます。♪もういくつ寝ると お正月…♪
いやいや、子供心に楽しみでしたよね。いつもは食べたことのないお餅に、お年玉…。餅つきも楽しみだったなぁ、何より普段着たことのない洋服を着せてもらい、鼻高々になっていた自分を思い出すんですよ。今考えたら他愛もないことですけどね。
ところで皆さんの家では正月の準備は整いましたか。大人になってからは楽しみよりは苦しみの正月ではないですか。まずは苦手な大掃除。そして年が明けると年始参りに、お年玉。折角冬のボーナスで膨らんでいた懐も、あっという間にはじけてしまいますよね。とはいえ、正月は否応なくやってきます。せめて気分的にも気持ちのいい正月を迎えましょうか。

江戸時代には、12月13日に神仏の「すす払い」をした
まずは大掃除です。普段よく使っている居間、台所、リビング、寝室、トイレなどは大掃除計画の中に含まれているでしょうが、ついつい忘れがちなのが仏壇・神棚の大掃除。家は仏壇も神棚もないからいいよ、という方もちょっと耳を貸してください。
本来の大掃除の意味は神仏の「すす払い」から始まった習慣なのです。
その歴史を遡ってみますと、江戸時代、江戸城では12月13日が大掃除にあたる「すす払い」の日として決められていたようなんですね。「すす払い」とは、神棚や仏壇の汚れを落とし、仏様に感謝をしたり、年神様をお迎えする準備をした行事なんですね。このように信仰の一種として始まった大掃除でしたが、現在では「新年を気持ちよく迎える」という意味での風習が残っているようなんです。

慎重にしたい仏壇のお掃除
仏壇仏具のお掃除はその材質によって乾拭きや水拭きしていいものがありますが、なるべく手袋をするよう配慮したいものですね。特に金箔の仏壇仏具の場合、金粉の部分がはがれやすいので注意してください。また、色のついた仏具も磨き粉を使用しません。あまり汚れがないようなら乾拭き程度、汚れが目立つようなら水を固く絞った柔らかい布で拭くか、液体中性洗剤(台所洗剤)を薄めて拭くと汚れが落ちるようです。磨いていい仏具は真鍮製。古布などに金属磨き剤や仏具専用磨き剤を付け、仏具の表面をこすって磨きます。複雑な形をした部分は歯ブラシを使いましょう。材質がよくわからない場合は、勝手に判断せず近くの仏具店で聞いたほうが無難ですよ。
避けたい「一夜飾り
白木の神棚は数年経つと汚れが目立ってきます。取替えは5年~10年が目安と言われています。神棚は日ごろ掃除が行き届かずホコリが溜まってしまいがちですから、ホコリを払い固く絞った布で水拭きします。汚れがひどい場合は、薄めた中性洗剤で丁寧に拭き、最後に乾拭きします。神棚は仏壇と違って先祖代々受け継ぐものではありませんから、汚れが目立ってきたら取り替えたほうが良いでしょう。
最後に注連縄(しめなわ)・紙垂(しで)・神幕・御簾(みす)を新しいものに交換し、まゆ玉を飾ります。神札(おふだ)は、年内に神社からお受けし、大掃除後に神棚へ納めます。昔から「一夜飾り」は、年神様をお迎えする飾りを一夜で準備するのは誠意に欠けるといわれています。大晦日にあわてて正月準備をするのは避けたいものですね。

正月準備はまだまだ続くよ。お急ぎの方はまた来て続きを読んでね。

さぁ、掃除が終わったら正月準備です。
『門松』
年神様が迷わずやってくるための目印として、玄関前に雄松と雌松を左右一対に並べます。古くから松は神の宿る木とされ、さらに縁起物の竹や梅が添えられるようになったそうです。門松は年神様がおられる「松の内」(一般的には1月7日)まで飾ります。
『注連縄・注連飾り』
年神様をお迎えする神聖な場所として、注連縄を張ったり、注連飾りを飾ります。いまでは神棚はもちろんですが、玄関前や車のフロントにもミニチュアの注連飾りを飾るようになりました。
『鏡餅』
年神様へのお供えものであり、元旦に固い餅を食べる「歯固め」という儀式に由来してます。鏡餅は神様が宿るところとして、神事に使われる円形の鏡からきており、魂をあらわす心臓のかたちを模したものだそうです。大小2段は太陽と月、陽と陰を表し、円満に年を重ねるという意も込められているのですね。
『年越し蕎麦』
細く長く長寿であるようにと願い、大晦日に食べる年越し蕎麦。金銀細工師が蕎麦粉を練った団子で散らかった金粉を集め、その団子を焼いて金粉を取り出したことから、蕎麦は金を集める縁起物となり、年を越す前に食べきらないと金運に恵まれないという言い伝えがあります。薬味のネギは、疲れをねぎらう意の「労ぐ(ねぐ)」、祈るという意の「祈ぐ(ねぐ)」、お祓いしたり清めたりする神職の「祢宜(ねぎ)」という言葉にかけ、1年間の頑張りをねぎらい、新年の幸せを祈願する意味があるそうですよ。
除夜の鐘
大晦日は、年神様を寝ずに待つ日とされており、その前にお祓いをするために、寺院では深夜零時をまたいで108回鐘を打ちます。人間の持っている108の煩悩を祓うんですね。108には十二か月と二十四節気と七十二候を合わせた数という説もあります。神社では罪や穢れを清める「大祓(おおはらえ)」を行いますよ。

さぁ、今年も残り僅かとなりました。年越し蕎麦を食べながら、お寺の除夜の鐘に耳を澄ます。これで今年も終わりかと、思うと何か感慨深くないですか。
よくぞここまで飽きずにお付合いいただきました。お付合いついでですから引きつづき初詣について書いてみましょう。…うん!もういい?そうですか、そうですか、そうですね。それじゃ初詣については次回にしましょう。今日のところはお疲れさまでした。

旨さへのこだわり・天然マグロの魚有
お正月はなんといっても低温熟成の天然マグロで、
美味しいおせち料理に色を添えてください。


FC2ブログランキング参加中!
 
↑こちらもついでにポチッとね。
関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

日めくりカレンダー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top