FC2ブログ

漁船クルーズで沸く魹ヶ崎灯台

世界三大漁場といわれる三陸沖で獲れる海産物。なかでも手軽に味わえるのが三大珍味ともいえる海鞘(ホヤ)、雲丹(ウニ)、鮑(アワビ)です。宮古でも屈指の漁港である重茂港では近くの三陸沖で獲れた三大珍味を目玉に、毎年8月の上旬「重茂味まつり」を開催しております。

今年も8月4日、重茂漁港においてこの日の限定価格で珍味を味わえる「味まつり」に大勢の方々が朝早くから集まりました。お目当ての販売コーナーには長蛇の列です。

重茂味まつり① 

左から三大珍味のアワビの踊り焼き、ムラサキウニ、今回ホヤの販売は終了してました。残念。中には発泡スチロールに詰め込んで買っていかれる方も見かけます。店頭で販売するんでしょうか、お店の食材メニューとして仕入れるのでしょうか。
重茂味まつり①-① 重茂味まつり①-② 重茂味まつり①ー③


さてさて今回もそうなんですが、この重茂味まつりの呼び物は海産物の販売の他に「漁船クルーズ」があります。客室があるわけでもなく、気の利いた甲板があるわけでもありません。でも人気があるんです。紺青の太平洋にどこまでも続く水平線が解放感を抱くのかもしれませんね。
重茂味まつり②


往復約30分、気持ちよく潮風に吹かれるクルーズです。時には潮水を浴びることもあります。岸壁と漁船の僅かな隙間を飛び乗る時のその瞬間が気持ちを引き締めてくれます。それもまた漁船クルーズの魅力なのです。
重茂味まつり③


観光の目的は前回記事で書いた魹ヶ崎(とどがさき)の灯台を海から眺望することなんです。1回のクルーズに3隻の漁船が連なり、魹ヶ崎灯台に向かいます。いつも海の安全を見守ってくれる灯台に感謝し、皆さんとご一緒にお礼のクルーズです。
重茂味まつり④


海から見てもきれいな灯台ですね。魹ヶ崎からは本州で真っ先に日の出を見ることができるんですよ。海から眺望すると30m程の断崖になってることが確認できます。船が接岸できそうなところは見当たりません。海から見ても秘境なんですね。
重茂味まつり⑤


ただ今の二十四節気は「立秋」です。詳しくは8月7日付の「日本の季節・立秋」をご覧ください。次の二十四節気は8月23日の「処暑」です。8月22日頃までにご案内いたします。

関連記事

テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報

コメントの投稿

Secret

プロフィール

matsuyama

Author:matsuyama
自悠気儘なド田舎の北国生活に染まり、素朴な風情を探索しながら純真に融け込もうとしています。

日めくりカレンダー

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近のコメント

最近の記事

リンク

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
251位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
東北地方
39位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード

CREDIT

top