冬至おもしろ雑学

二十四節気にあたる12月21日は冬至(2月4日記・節気おもしろ雑学参照)です。皆さんご存知のように、冬至とは北半球において太陽の位置が1年で最も低くなる日で、日照時間が最も短くなります。太陽の位置が1年で最も高くなる夏至と日照時間を比べると、北海道の根室でなんと約6時間半、東京で約4時間40分もの差があるそうです。同じ日本でもこんなに違うんですね。
つまり1年で最も日が短いということは、翌日から日が長くなっていくというわけですよね。そこで、冬至を太陽が生まれ変わる日と考えられ、古くから世界各地で冬至の祝祭が盛大に行われていたそうなんです。
中国や日本では、冬至は太陽の力が一番弱まった日であり、この日を境に再び力が甦ってくるという考えから、陰が極まり再び陽にかえる日という意の一陽来復(いちようらいふく)といって、冬至を境に運が向いてくるとしていたんですね。みんなが上昇運に転じる日が冬至だったんです。

かぼちゃは栄養豊富な保存食でした
そして冬至といえば思い出すのが、かぼちゃと柚子(ゆず)湯です。一般的には、風邪をひかないためといわれていますが、数ある野菜の中で、なぜかぼちゃなのでしょうか。特にかぼちゃはビタミンAやカロチンが豊富で、風邪や中風(脳血管疾患)予防に効果的といわれてるんです。本来かぼちゃの旬は夏ですが、長期保存が効くことから、冬に栄養をとるための賢人の知恵でもあったんですね。
冬至には「ん」のつくものを食べると「運」を呼びこめるといわれていました。にんじん、だいこん、れんこん、うどん、ぎんなん、きんかん……など「ん」のつくものを運盛りといって縁起をかついでいたんですね。しかも、栄養をつけて寒い冬を乗りきるための知恵でもあったんです。かぼちゃは漢字で南瓜(なんきん)と書きますよね。だからその中の一つに加えられていたんですね。また、「いろはにほへと」が「ん」で終わるところから、「ん」には一陽来復の願いが込められていたそうなんです。

冬至粥、いとこ煮、こんにゃくも冬至食でした
冬至に味わう食べ物は、その他にも小豆(あずき)を使った冬至粥があります。昔から小豆の赤は邪気を祓うと言われていたところから、冬至粥で邪気を祓い、翌日からの運気を呼び込もうというわけなんですね。地方によっては小豆とかぼちゃを煮た「いとこ煮」を食べるところもあります。本来、いとこ煮とは硬いものをおいおい(甥)入れて、めいめい(姪)炊き込んでいくことから いとこ煮 と名付けられた料理なんだそうですよ。(これは載ってた資料に書いてありました。著者も好きなんですね、親父ギャグ)また、冬至にこんにゃくを食べる地方もあるそうです。これを「砂おろし」といい、こんにゃくを食べて体内からたまった砂を出すそうなんですね。昔の人は、こんにゃくを「胃のほうき」「腸の砂おろし」と呼び、大晦日や節分、大掃除のあとなどに食べていたそうですよ。現代では「○○の蒟蒻畑」♪なら砂おろし効果があるんでしょうかね。

柚子湯は厄払いのための禊湯でした
柚子は「融通」がきく、冬至を「湯治」といった語呂合せから柚子湯に入るものと思ってましたが、もともとは運を呼びこむ前に厄払いするための禊(みそぎ)だったということなんです。昔は今のように毎日入浴しなかったから、身を清めるため特に新年や大切な儀式のとき入浴する風習があったそうです。冬が旬の柚子は香りも強く、強い香りのもとには邪気もおこらないという考えから柚子湯に入ったんでしょうね。
もちろん、柚子湯には血行を促進し冷え性を緩和したり、体を温めて風邪を予防したり、皮に含まれるクエン酸やビタミンCによる美肌効果もあるそうです。さらに、芳香によるリラックス効果もあり、健康のためにもきっと大いに役立つはずです。
柚子湯は①丸ごとお風呂に入れる、②輪切りや半分にカットして入れる、③輪切りや半分にして袋に入れるなどいろいろな方法があります。さて、あなたの家のお風呂はどんな柚子湯ですか。
柚子湯に入った後は、運盛りを食べて来年の運をつかみとってはいかがでしょうか。
おやおや今日は親父ギャグの連発でまとめてしまいましたね。それじゃ、お後がよろしいようで…。

富士甚の代表醤油
醤油、味噌、ドレッシング、焼肉のタレ、白だし、
麺つゆ、酢、ぽん酢等豊富に取り扱ってる『富
士屋甚兵衛』さんのオリジナル調味料で、冬至
食の運盛りを美味しく召し上がってはどうかな。

FC2ブログランキング参加中!
 
↑こちらもついでにポチッとね。

関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

No title

柚子湯入りました~~
スーパー銭湯のですが
ほんのり柚子のいい香りで
芯から温まりました♪
  • |2008.12.21(Sun)
  • |E
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: No title

スーパー銭湯の柚子湯といったら
柚子の数も多いんでしょうね。
良かったですね。楽しんでいただいて。
香りも楽しめ、身体も温まって、これぞ柚子湯ですね。
  • |2008.12.21(Sun)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top