FC2ブログ
  • 2018
  • 12/22
  • Sat

二十四節気「冬至」

2018二十四節気「冬至」
本記事は昨年の「冬至」を編集し直した予約投稿です。ただ今ブログ活動は休止中です。
そのためタイムリーな記事もお休みしてます。折角お見えいただいても何のおかまいもできませんで、申し訳ありません。
足跡を残していただいた方には後日改めてご訪問させていただきます。




二十四節気
二十四節気全体の概要はこちらからご覧いただけます。



第二十二節気 冬至 とうじ       12月22日~1月5日

12月22日からは二十四節気の第二十二番目「冬至」に変わります。
北半球において太陽の位置が1年で最も低くなる日で、日照時間が最も短くなる頃。翌日から日が長くなるということであり、冬至を太陽が生まれ変わる日ととらえられていました。

この日の冬至には運盛りといって「ん」のつく人参、大根、蓮根、うどん、銀杏、金柑などの他に、お馴染みの南瓜(かぼちゃ)といったものを食べる習慣があります。これらは縁起かつぎで食べるだけではなく、栄養をつけて寒い冬を乗り切るための先人の知恵でした。
さらに「柚子湯」に入る習慣もあります。柚子湯は血行促進や冷え性緩和、風邪予防、美肌効果などがあり、元気に冬を越すための特効薬でもあります。

古くから世界各地では冬至の祝祭が盛大に行われており、古代ローマではこの日の太陽を神様として崇め、復活祭として祝っておりました。その頃の冬至は12月25日だったため、キリストの誕生祭がこの日に生まれ変わったともいわれております。
中国や日本では、太陽の力が一番弱まり、冬至を境に再び力が甦ってくることから、陰が極まり再び陽にかえる日という意味の一陽来復(いちようらいふく)が使われております。

午後4時過ぎには日没となり、4時半には薄暗くなってしまいます。冬至を過ぎると日1日と日が長くなりますが、寒さはこれからが本格的。正月が明けると寒の入りとなり、暫く寒さとの戦いになります。
運盛りのかぼちゃでも食べ、柚子湯に浸かって、どなた様もくれぐれもお身体にはご自愛くださいませ。



次の二十四節気は1月6日の「小寒」です。




七十二候
七十二候全体の概要はこちらからご覧いただけます。




第六十四候 乃東生 なつかれくさしょうず     12月22日~12月26日 

草木いずれも枯れている中で乃東(だいとう・かこそう)のみが緑の芽を出し始める時季。
乃東とは夏枯草(かこそう)のことで、別名、漢方薬に使われる「靫草(うつぼくさ)」のことです。冬至の頃に芽を出し、夏至の頃に枯れることからこの名前が付けられました。
うつぼ草はイチゴと同じように出走枝によって茎を地面に這わせ、芽や根を延ばして繁殖していきます。夏場に黒ずんだ花穂は生薬として使われ、利尿、腫物、浮腫、腎臓炎、膀胱炎など消炎作用に効果があります。


第六十五候 麋角解 おおしかのつのおつる      12月27日~12月31日

大麋(たいひ・おおしか・となかい)のたぐいもその角を落とす時季。
大鹿が角を落とす頃。麋角(びかく)とは、「なれしか」の角をいい、一般的に大鹿のことで、トナカイの一種でもあります。トナカイはサンタクロースの橇(そり)を引く動物として親しまれておりますが、フィンランドの奥地では、あちらこちらにトナカイがたむろしているそうです。奈良公園の鹿のように馴れ馴れしくなく、人が近づくと逃げるそうです。昔人によって危害が加えられたのかもしれません。
奈良公園の鹿は、この時期に角を落とされます。鹿の角が生え変わる頃で、枝分かれした大きな角が抜け落ち、春にまた新しい角が生え始めます。毎年生え変わる角の状態で年齢が分かるそうです。目安ですが、角に枝分かれのない状態が1歳、枝分かれが1つだと2歳、2つだと3歳です。3つに枝分かれして大人になり、4つ以上は滅多にないようです。


第六十六候 雪下出麦 ゆきわたりてむぎのびる    1月1日~1月5日   

一面、雪に覆われていても、その下では麦が芽を出しはじめる時季。
麦は冬場の裏作として多く育てられていました。秋に芽を出し冬を越す越年草の麦は稲の終わった10月から11月頃にかけて田畑に撒かれ、すぐに緑の針のような芽を出します。寒風に吹かれながらじっと成長の時を待つ麦は、年を越えると随分成長し、麦踏みなどを経て春には立派な穂をつけます。
寒さの厳しい地方ではすっかり雪景色が当たり前のこの時季、寒さにも強くすくすくと育ち、6月頃には収穫することができます。麦は環境適応力が高く、世界中で食料にされています。



下の<続きを読む>をクリックすると、冬至前後の「季節の彩り」をご覧いただけます。
ご関心のある方はごゆっくりご覧ください。




季節の彩り
四季の彩りを添えてまいります。


クリスマス                        12月25日

161220クリスマスツリー24日はお地蔵さんの縁日でもある「納めの地蔵」と聖夜でもある「クリスマスイブ」、25日はキリストの生誕祭でもある「クリスマス」です。
クリスマスは、太陽の復活を祝う祭としてキリストの生誕が結びついたもので、その年の冬至が12月25日だったところから、諸説あったキリストの降臨日が12月25日になったといわれています。
サンタクロースのモデルは、1600年ほど前に生まれた聖者ニコラスといわれています。大変裕福だったニコラスは、貧乏で娘達を嫁にだせなかった親娘の家に、窓から金貨を投げ入れたという話があります。この金貨が暖炉のそばに干してあった靴下に入ったことから、吊るした靴下にプレゼントを入れる風習になったという言い伝えがあります。やがて司祭となったニコラスは子供たちにプレゼントを与えてくれる聖人として有名になったのです。
詳しくは過去記事「年の瀬を代表する歳時記オンパレード」をご覧ください。


お飾り市 おかざりいち

161220お飾り市街では27日から暮れの風物詩でもあります恒例のお飾り市が始まります。
お飾りとは江戸時代から伝わる正月に欠かせない縁起物で、和紙に七福神や宝船、鯛あるいは打出の小づちなどを、金や赤の鮮やかな色で描いたもの。これを年末の大掃除をした後、神棚に飾って大漁や無病息災を願います。
各地でも会場となる市場は駐車場や公園、歩道などにテント小屋が軒を連ねます。
90~180㎝のお飾りは大きさによって1枚500円から3000円程度で販売されます。
新しいお飾りを貼り変え、新鮮な神棚に歳神様を迎え、新しい年のご準備をして迎えください。
詳しくは過去記事「暮れの風物詩 お飾り市で正月準備」をご覧ください。


大晦日 おおみそか                    12月31日

161220大晦日1年の最後の日を「大晦日」または「大晦(おおつごもり)」とも呼びます。「晦日(みそか)」とは毎月の末日のことです。一方「晦(つごもり)」とは、"月が隠れる日"すなわち「月隠(つきごもり)」が訛ったもので、どちらも毎月の末日を指します。1年の最後の特別な末日を表すため、それぞれ「大」を付けて「大晦日」「大晦」と言います。
大晦日には1年の間に受けた罪や穢れ(けがれ)を祓うために、大祓い(おおはらい)が宮中や全国の神社で執り行われます。正月の行事の1つである大晦日は新しい年の穀物に実りをもたらし、私たちに命(年)を与えてくださる歳神様を祀る意味を強く感じます。
昔、1日は夜から始まり朝に続くと考えられており、大晦日は既に新しい年の始まりでした。そのため、この日に縁起物であるお頭(かしら)付の魚を用いた正式な食事やお雑煮などを家族揃って食べるなどします。これを「年越し」「年取り」といいます。年越しの夜は除夜ともいいます。かつて、除夜は歳神様を迎えるため一晩中起きている習わしがあり、この夜に早く寝ると白髪になる、シワが寄るなどの俗信がありました。
詳しくは過去記事「正月準備おもしろ雑学」をご覧ください。




南瓜 かぼちゃ

161220かぼちゃ冬至といえば思い出すのが、かぼちゃと柚子(ゆず)湯です。一般的には、風邪をひかないためといわれていますが、数ある野菜の中で、なぜかぼちゃなのでしょうか。特にかぼちゃはビタミンAやカロチンが豊富で、風邪や中風(脳血管疾患)予防に効果的といわれています。本来かぼちゃの旬は夏ですが、長期保存が効くことから、冬に栄養をとるための賢人の知恵でもあったようです。
冬至には「ん」のつくものを食べると「運」を呼びこめるといわれていました。にんじん、だいこん、れんこん、うどん、ぎんなん、きんかん……など「ん」のつくものを運盛りといって縁起をかついでいました。しかも、栄養をつけて寒い冬を乗りきるための知恵でもありました。かぼちゃは漢字で南瓜(なんきん)と書くところからその中の一つに加えられていたようです。
詳しくは過去記事「冬至おもしろ雑学」をご覧ください。


柚子湯 ゆずゆ

161220柚子厳寒や酷寒の寒い冬を乗り切る対処法といえば身も心も温まるお風呂です。冬至(湯治)といえば柚子(融通)湯です。もともとは運を呼びこむ前に厄払いするための禊(みそぎ)でした。
毎日入浴しなかった昔は一陽来復のために身を清めるためでもありました。現代では個別に家庭風呂が備わり、毎日入浴する習慣から禊の意義が薄らいできました。せめて冬至のこの日くらいは、現代風禊風呂を味わいたいものです。
柚子湯には血行促進による冷え性の緩和や、風邪の予防、果皮に含まれるクエン酸やビタミンCによる美肌効果もあります。さらに、香りによるリラックス効果もあります。現代医学により高い効果が証明された柚子湯は、元気に冬を過ごすためにも大いに役立ちます。
詳しくは過去記事「冬至にはかぼちゃと柚子湯で健康維持」及び「かぼちゃを食べ、柚子湯に入る冬至」をご覧ください。


正月 しょうがつ                    1月1日~3日

161220正月正月とは本来、その年の豊穣を司る歳神様をお迎えする行事であり、1月の別名です。現在は、1月1日から1月3日までを三が日、1月7日までを松の内、あるいは松七日と呼び、この期間を「正月」と言っています。地方によっては1月20日までを正月とする(二十日正月・骨正月)ところもあります。
正月は家に歳神様をお迎えし、祝う行事です。歳神とは1年の初めにやってきて、その年の作物が豊かに実るように、また、家族みんなが元気で暮らせる約束をしてくれる神様です。正月に門松やしめ飾り、鏡餅を飾ったりするのは、すべて歳神様を心から歓迎するための準備です。
私たちの祖先は「全てのモノには命がありなんらかの意味がある」と信仰されており、作物の生命(いなだま)と人間の生命(たま)は1つのものであると考えていました。そのため、人間が死ぬとその魂はこの世とは別の世界に行き、ある一定の期間が過ぎると個人の区別が無くなり「祖霊」という大きな集団、いわゆる「ご先祖様」になると信じられていました。この祖霊が春になると「田の神」に、秋が終わると山へ帰って「山の神」に、そして正月には「歳神」になって子孫の繁栄を見守ってくれているのだと言います。
詳しくは過去記事「正月おもしろ雑学 -1-」及び「正月おもしろ雑学 -2-」をご覧ください。 

関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

日めくりカレンダー

カレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top