年賀欠礼とくとく雑学

11月も半ばとなると何となく気忙しくなりますね。来年のことを言うと鬼が笑うといいますけど、もうそろそろ年賀状の準備にかからなければならない時期ですよね。年賀状、買ってあります?
でも、今年ご不幸のあったご家庭では年賀状を出すのは控えた方がいいですよね。そうです、喪中のご家庭では年賀欠礼状を出しておくべきですよ。相手方が年賀状を準備する前、遅くとも12月の初めまでには届くようにしなければなりません。

年賀欠礼は近親者が弔意を表す意味です
ではなぜ年賀欠礼状を出さなければならないんでしょうか。
近親者が死亡したとき一定期間喪に服することを忌服(きふく)といい、昔は故人の近親者は死の穢れ(けがれ)に及んでいるため忌籠り(いみごもり)したそうです。特に死後間もないときは、忌籠りしていることを告知する必要から、入口に忌中紙を貼ったものです。これを忌中といいます。
これに対し、喪中は忌が明けた後も近親者が弔意を表すため、家に籠っている状態をいいます。
死別は悲しいことなので嬉しい事をしている場合ではないという心情的な理由の他に、死は穢れの一種であるため、それに関与するものを一時的に地域社会の慶事より外すことによって穢れを避ける意味合いもあったようです。現在では外部との接触を完全に絶つことはありませんが、「忌引」として仕事や学業を休む期間となっているんですね。

喪が明けるまで神社の参拝、年始廻りは避ける
ですから、喪中が明けるまでは慶事への出席、神社への参拝、年始廻り、正月行事、正月飾りなどは控えておくべきでしょう。明治7年の忌服令によると、忌中の期間は細かく決められていましたが、現在では四十九日まで、喪中は1年間とするのが一般的なようです。
その意味では年賀欠礼も死の穢れの一種であり、その範囲は実父母、配偶者の父母及び兄弟姉妹の2親等、もしくは故人と同居していた場合です。しかし、祖父母、配偶者の祖父母及び兄弟姉妹が亡くなった場合、故人と同居していなければ欠礼としないようです。また、配偶者側の喪であれば、仕事関係先へは例年通り年賀状を出すこともあるようです。

暮れにご不幸があったら年明けに寒中見舞いで
ところで12月に入ってからご親族にご不幸があった場合、年賀欠礼状はどうしたらいいのかという問題もありますよね。その場合年賀状は差し控え、ご不幸を知らずに年賀状を送られてきた方には、年が明けてから「寒中見舞い」として年賀状を頂いたことのお礼と共に、親族に不幸があったことを知らせたほうがいいんじゃないですかね。

年始回りが簡略化され年賀状に
余談になりますが、そもそも年賀状とは、どういう意味を含んでいるのでしょう。ある参考文献によると、かつては一族が氏神神社などで年籠りをし、新しい年を迎える年始という儀式を行っていたそうです。それが親族同士で家を訪ね正月を祝う習慣となり、さらに世話になった人なども訪ねる年始回りに発展したのです。今は多忙な世の中となり、簡略化されて最終的には年賀状へと繋がったそうなんです。

お歳暮は喪中でも贈ってかまわない
また、年賀欠礼とはちょっと掛け離れてしまいますが、お歳暮の問題もありますよね。お歳暮は日頃お世話になっている方へのお礼であって、お祝い事ではないので、ご自分が喪中でも、先方が喪中でも贈って差し支えないそうです。ただし、表書きは「お歳暮」とするそうですよ。ただ相手先によっては、死を「穢れ」と考え、喪中の人からの贈り物を気にすることもあるので、やはり四十九日を過ぎてから贈ったほうがいいでしょうね。「お年玉」も同様に控えるべきものですが、もし気になるようだったら、表書きを「お小遣い」としてあげたらどうでしょうかね。地方によってはしきたりや考え方が違う所もあるみたいなので、よく確かめてくださいね。

現状では喪中メールは控えましょう
最近の方たちは年賀メールとしてパソコンを利用されているようですが、喪中はがきもメールでいいじゃないかという方もおられますよね。いずれは喪中の挨拶もメールでということも考えられますが、受け取る方が親しい友人であまりマナーなどに厳しくなく、メールでの挨拶も理解してくれる方ならともかく、やはり現状ではきちんとはがきで出したほうが丁寧ではないかと考えますよ。おじさんは。

ふ~、ご不幸の話になると、気を使いますよね。緊張して肩が凝っちゃた。とはいえ避けて通れないことですからね。

FC2ブログランキング参加中!
 
こちらもついでにポチッとね。

関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

No title

なるほどですね。勉強になりましたよ。ありがとうございます。
  • |2008.11.24(Mon)
  • |karen
  • |URL
  • EDIT

代替画像

訪問ありがとう

ご訪問ありがとう。
暮らしのためになることを書いていきますので
よかったらまた来てください。
  • |2008.11.24(Mon)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top