七五三おもしろ雑学

このところ神社の近くを歩いていると、きらびやかに着飾った親子連れを見かけます。そうですね、11月15日は七五三なんですね。

「やだ、やだ。こんないつも着たことがない袴なんか着れるかい」そうですよね。子供の気持ちも考えず、ただ親の欲目だけで押し付けられた子供にとっては、迷惑千万かもしれません。だから子供はささやかな抵抗で、ぐずったり、泣いたりするんでしょうね。でも女の児は喜んで着物に袖を通します。これはお母さん、お祖母さんが普段着物を着て子供も見慣れているせいなのでしょうかね。

でも子供は何を着ても可愛い。着慣れないものを着ても似合いますよね。まるで動くお人形さんですよ。だから親御さんは着せたくなってしまうのかもしれません。

七五三は髪置き、袴着、帯解きの祝い事です
えへん、ここからはいつものように知ったかぶりの講釈をします。
三歳、五歳、七歳になったら近くの氏神様に参拝し、無事成長したことを感謝し、将来の幸福と長寿をお祈りするのが七五三の行事です。もともとは宮中や公家の行事だったのが江戸時代に入り、一般的に広く行われるようになったそうです。乳幼児の死亡率が高かった昔は七歳までの子供は神の子とされ、七歳になって初めて社会の一員として認められたんですね。
七五三の行事は三歳の男女ともに髪置き(髪をのばしはじめる)、五歳男児の初めて袴をつける袴着(はかまぎ)、七歳女子の帯解き(帯をつかいはじめる)のお祝いで、明治時代になってから七五三の風習が定着したそうです。かつて男児は数え年の3歳と5歳、女児は3歳と7歳で祝いましたが、いまでは満年齢でお祝いするようになったんですね。もともと七五三は関東で行われていたようですが、今では全国的に行われています。関西地方では同じような習俗として十三詣りがありますね。

11月15日には収穫と子供の成長を感謝したのです
どうして七五三かというと、中国で祝い事を奇数(陽の数)とした思想に基づき、一、三、五、七、九の中の三つを取ったものなんですね。そして、そして何で11月15日なんでしょう。かつて15日は二十八宿の鬼が出歩かない鬼宿日(きじゅくび)に当たり、何事をするにも吉であるとされたんですね。旧暦の11月は収獲を終えてその実りを神に感謝する月であったんです。満月である15日に、氏神への収穫の感謝をし、子供の成長を感謝したんですね。明治以降は新暦の11月15日に行われるようになったんです。現在では11月中のいずれかの土日・祝日に行なわれていますよね。寒冷地では1か月早めて10月15日に行なう場合もあるようです。

本来は住まいの近くの氏神様にお参りします
七五三は近くの氏神様にお参りするのが基本ですが、由緒ある神社でもかまいません。ただし子供のことを考えたら体力的にも無理がないエリアが無難でしょうね。お祓いを受け、祝詞をあげてもらう場合、社務所に申し出ます。 料金が決まっているならその規定料金で、決まっていない場合は、5000~10,000 円位を初穂料として蝶結びにした紅白ののし袋に入れます。このとき子供の名前と年齢を忘れないで書いておきましょうね。お参りのあとは祖父母や親しい方、お世話になっている方に、子供の年齢の数だけ入った千歳飴を持って挨拶に伺いましょう。お祝いをいただいている場合は、その額の半分~3分の1ほどを品物で、「内祝」とのしをつけ、子供の名前で贈ります。

千歳飴は江戸時代、浅草の飴売りが売り出したのが始まりです
ところでこの千歳飴、親が自分の子に長寿の願いを込めたもので、飴をひっぱると伸びることから寿命が延びるといわれた縁起物なんです。細く長くなっており、紅白それぞれの色で着色されています。鶴亀や松竹梅などで描かれた千歳飴袋に入れられ、江戸時代、浅草の飴売り・七兵衛が売り出したのが始まりだそうです。

カメラマンも一緒に笑顔で撮りましょう
さてこの日ばかりはお子さんが主役ですよね。想い出の記念撮影にお父さんはカメラ片手の大わらわです。ぐずついてる子や、疲れて眠ってしまった子の写真を撮るのに汗だくです。そんなお父さんに写真を撮るときの秘訣。それは、撮る時には、自分も笑顔になるということです。出来るだけお子さんのいい表情を引き出して撮るのが最大のポイントなんです。ひとは、笑顔に対しては、自然と笑顔で返します。ここは思いっきり笑顔でカメラを構えてみましょう。笑顔のお子さんこそ、いい想いでの写真になります。それにはまず、撮る人がリラックスすることです。
さあ、わかりましたか?お子さんの表情をよく撮るためにはお父さんもリラックスすることですよ。いうことを聞かない子は神社においていくぞ、などということは言っちゃだめ。

あらあら、皆さんのお子さんはもう七五三を済ませられたんですか。そうですか、じゃ、お祖父ちゃん、お祖母ちゃんになってから、お孫さんの七五三を楽しみましょうかね。

どうっだたかな、今日のお話は。そうですか、そうですか、じゃ良かったという人だけに千歳飴に変わる大人の味、冷凍ドリンクを差し上げましょう。下の広告を押していただくと、野菜の栄養を補うキューサイの青汁がありますよ。
青汁 通販

FC2ブログランキング参加中!
 
こちらもついでにポチッとね。

関連記事

テーマ:とくとく生活情報
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

No title

今日は良いお天気で、よろしいですね。
まつやまさんは、いつも、当たり前に思うような日本の慣習について深く研究なさり頭が下がります。

中国では確かに偶数を嫌うので、何かにつけ1.3.5...と奇数にしないといけないと、私も気をつけておりました。お国が違えばその慣習もまた違うのかとカルチャーショックを受けるときもありますよね。
  • |2008.11.12(Wed)
  • |竹嶋泰華
  • URL
  • EDIT

代替画像

中国文化の影響が大きいですね

竹嶋泰華さんコメントありがとうございます。

私もやはり日本人なんですかね。自分たちの暮らしの中の
慣習、しきたりが気になって調べてみると、
ほとんどの場合中国から伝わってきているケースが多いんですね。

最近農薬混入事件などでイメージを落としてますが、
昔は中国文化の影響を受けていたんですね。
  • |2008.11.12(Wed)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

ヾ(@⌒ー⌒@)ノこんにちはぁぁ♪
フムフムと・・・読んじゃいましたぁ
応援&ぽちぽち♪
  • |2008.11.15(Sat)
  • |はぴ
  • URL
  • EDIT

代替画像

またお越しください

はぴさん、コメントありがとうございます。
よくぞ長々しい記事を読んでいただきました。

最後まで読んでいただいたかどうかわかりませんが、
途中眠くなりませんでしたか。(笑)
  • |2008.11.16(Sun)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top