FC2ブログ

日本の四季 立冬

二十四節気「立冬」





平成29年11月15日。追加記事アップしました。↓
お子様の成長と幸せを願い七五三参りのラッシュ
七五三参り
11月15日はご存知「七五三」。その前の12日の日曜日、各地の神社は晴れ着に着飾った男の子や女の子のお参りラッシュでした。
栄養不足や貧困、医学の未発達などにより乳幼児の生存率が低かったその昔。7歳までは「神の子」と呼ばれ、親が神様からその子を預かっているとされていました。七五三にはいろんな説がありますが、奇数が縁起のいい数字とされていた中国に倣い、3歳、5歳、7歳の節目に、子供の無病息災を祈ったのが始まりだったようです。
お人形さんみたいに可愛らしい晴れ着姿は微笑ましいですよね。最近でこそ女の子の晴れ着はドレス、男の子はスーツ姿も見られますが、日本人の欲目なのか羽織袴や正絹のお祝着がいいですね。
もっとも子供にとっては着慣れない窮屈な祝い着よりは、長寿を願う長い棒飴の千歳飴が嬉しいかもしれません。お参りに行く神社の境内や参道は玉砂利が敷かれているケースが多く、慣れない草履を履く子供たちはつまずいたり脱げてしまうようです。その度、親は履かせ直したり、おんぶしたりしているようですが、子どもは愚図ってしまいますよね。
多分記念写真は写真スタジオで済んでいることでしょうが、この後神社でのお参りには、御祈祷があります。長時間、機嫌よく最後までおつとめをこなしてくれるでしょうかね。若いご両親のご苦労も大変だと思いますが、我が子が元気に健康で育ってくれることを願い末永く見守ってくださいね。



平成29年11月10日。追加記事アップしました。↓
チンドン屋は動く街の広告マン
チンドン屋
「チンドン屋」、懐かしいですね。街の動く広告代理店です。
戦後がチンドン屋の大繁盛期だったそうで、小学校の頃はあのチンドン太鼓や大太鼓(ドラム)、クラリネットから鳴り響く心弾む音楽が子供心を惹きつけてくれましたね。たまに音程を外すところが愛嬌です。そんなチンドン屋さんのパレードの後を追いかけたりもしたものです。
チラシ配りのおじさんに「坊主、面白いか、どうだ道行く人にこのチラシを配ってみないか」なんて言われたりしてね。
お店の売出しを知らせるセールチラシ、新聞広告やTVCMと違って、お店の前から商店街通りを一周して再度お店に戻るだけのパレードですから、広告エリアは限定されますが、かわいいキャラクターのぬいぐるみと一緒にパフォーマンスを繰り広げれば、宣伝効果は高いですよね。現にこの日の11月3日は懐かしさに惹きつけられた、お孫さん連れのお爺ちゃんやお婆ちゃんたちが店の前で陣取ってました。
最近宣伝ツールとしてのチンドン屋はあまり見かけませんでしたが、まだまだいらっしゃるんですね。特に小売店舗の多い都会のほうが商売が成り立つんじゃないですかね。いつまでもこのチンドン屋業を続け、日本伝統の広告スタイルを引き継いでほしいですね。




平成29年11月7日。追加記事アップしました。↓
秋の防火運動標語「火の用心 ことばを形に 習慣に」
火災予防運動
11月9日から11月15日までは秋の全国火災予防運動です。
11月7日の立冬はわりと暖かい冬の始まりでしたけど、これから本格的な寒さを迎えるとともに、空気が乾燥し、火災が発生しやすい季節を迎えることになります。ひとり一人が火災予防に対する意識を持ち、悲惨な焼死事故や貴重な財産の損失を防ぎたいものです。
昨年平成28年の年間総出火件数は前年より2,280 件少ない 36,831 件でした。出火原因の1位は放火、2位はタバコだそうです。以下「こんろ」「放火の疑い」「たき火」の順でした(総務省調べ)。
私今年3月で禁煙しました。お酒を飲むとタバコを吸いたくなります。酔いが回ると眠くなります。寝タバコが多いんですよね。これでタバコが原因で火事を起こすことがなくなりました、良かった(笑)。
火事が発生すると各地域の消防分団員の皆さんが大変です。
先日飲みに行った近くの居酒屋のマスターが消防分団員でした。
いつ出動の連絡が入るか分からないから大変でしょう、と聞いたら「日中はいつでも出動できますが、夕方からの仕事中は他の団員さんと調整させていただいてますよ」。そうですよね。お店を放り出すわけにはいきませんからね。
上の写真にもあるように地元では全分団集合して、年1回の大演習が行われます。きびきびしていて、見ていてすがすがしいし、頼もしく感じます。ご自分の本業が終わった夜間や、休日などを利用して実施する練習の賜ですね。地域住民の防火・防災のために寸暇を惜しんで訓練に努めているんですね。分団員の皆さんありがとう。




ボタニカルキャンドルが幻想的なストリートに
キャンドルストリート
地元商店街通りの車道と歩道を分ける縁石に手作りのキャンドルが灯り、夜の商店街が幻想的なキャンドルストリートとして浮かび上がっていました。
キャンドルは小さなガラス瓶で作られているボタニカルキャンドルで、日々お店の皆さんが学習しながら作った144個なんだそうです。果物やさまざまな植物を閉じ込めたボタニカルキャンドルは種類やカラーによって風合いが変わり、アート的なキャンドルに変貌します。11月2日から3日間だけのキャンドルストリートでしたが、商店街のショップはいつもより閉店時間を延長して営業していました。
東日本大震災や昨年の台風10号による被害で、商店街も店舗のクローズや停電など、来店者に迷惑をかけたり不安な日々を送らせてしまいました。ご利用者へのサービスとしてのキャンドルストリートは足元を灯すことにより、少しでも安心を持っていただくことになるという商店街の主旨が反映しているようです。さらに街は幻想的なイメージアップにつながりますよね。
(平成29年11月5日:記載)





二十四節気
二十四節気全体の概要はこちらからご覧いただけます。




第十九節気 立冬 りっとう              11月7日~21日

11月7日から立春の前日までが暦の上での冬。まだ紅葉の色彩に酔いしれている地域もありますが、日も短くなり、寒い地方ほど木立ちの冬枯れが目立ち始めました。
北海道では初雪があり、岩手山でも10月7日初冠雪が観測されています。平地はまだそれほど寒いわけでもなく、冬という実感がまだわかないかもしれません。
しかし、秋分の頃に比べると、日の出は約40分遅く、日の入りは1時間近く早くなっています。太陽の光が弱まり、昼が短くなったことを感じるようになってきました。登山される方はいつもより早め早めの下山を心掛けてください。

日本で最も早く初雪が観測される富士山の平年値は9月14日です。
1964年(昭和39年)9月に完成した富士山測候所のレーダードーム。今は無人化されましたが、当時は世界でも最高所に設置された気象レーダーで、最も遠くまでの気象を観測できる最新鋭の施設でした。以降、1999年(平成11年)に気象衛星にその役目を譲って歴史を終えるまで、35年間にわたって日本の気象観測の文字通り最前線であり続けたのです。
富士山頂にレーダー建設計画。それは壮大なプロ ジェクトだったようです。新田次郎さんの「富士山頂」が映画化され、1970年石原裕次郎さん主演で公開されました。
発想から5年の歳月と延べ9000人にも及ぶ人間を巻き込んで実行された映画「富士山頂」は台風観測のための巨大レーダーを建設する様子を描いたもので、その繊細なシナリオは見た人を感動させました。

地元宮古にも明治16年に開設された測候所があります。全国12番目の測候所で、NHK第2放送から発信される気象通報はここからのデータでした。平成19年に無人化されましたが、今でも1日3回の気象通報が宮古測候所から流され続けています。



※次の二十四節気は11月22日の「小雪」です。11月20日頃更新を予定しております。



七十二候
七十二候全体の概要はこちらからご覧いただけます。



第五十五候 山茶始開 つばきはじめてひらく   11月7日~11月11日

読みは「つばき」ですが、同じツバキ科の山茶花が咲き始める頃。冬枯れの景色の中で、濃いピンク色の山茶花の花はよりいっそう目立ちながら、綺麗に咲きほこります。
冬の始まりを意味する「冬立つ日」=「立冬」。11月は、春めいた陽気の小春日和や時雨(しぐれ)を繰り返しながら、本格的な冬へと向かっていく時期でもあります。初冬の殺風景な景色の中で、淡紅、紅、白など鮮やかな花をつけるのがツバキ科の山茶花(さざんか)。
日本での椿の開花は2月頃ですが、山茶花の開花は秋の別れと同時に冬の始まりを感じさせます。山茶花は一枚一枚バラバラに散るのに対し、椿は首からストーンと落ちます。それが斬首刑をイメージさせるのか、武士には嫌われていたようです。


第五十六候 地始凍 ちはじめてこおる      11月12日~11月16日

冬の冷気のなかで大地が凍り始める頃。夜の冷え込みも厳しくなり始め、空気が張りつめるように冷たくなります。朝は起きるのが辛くなりますが、いざ外に出てみると空気が清らかに感じられます。近年は温暖傾向のため、地が凍るのは少し先となりますが、確実に冬の訪れが感じられます。
朝は霜が降り、場所によっては霜柱がみられるところもあります。舗装道路ばかりの都会ではなかなかお目にかかれませんが、庭先で盛り上がった地面の霜柱を、サクサクと踏みしめて歩くのが楽しみな時期になってきました。「凍上(とうじょう)」や「凍(し)み上り」と呼ばれるこの現象は、時には鉄道のレールや建物を持ち上げてしまうほどの力持ちでもあります。



第五十七候 金盞香 きんせんかさく        11月17日~11月21日

水仙の花が咲く頃です。漢字からは、金盞花を連想してしまいますが、七十二候では水仙の花のことを表しています。寒い冬のさなかから咲き始め、凛として他の花とはひと味違った気品を感じさせます。上品な香りと、育てやすさから人気のある花です。
「金盞」は金の盃のことで、水仙の黄色い冠を見立てています。その花の形を例えて「金盞銀台」、つまり黄金の杯と呼ばれた水仙の花のことをいいます。縁起のいい名前であり、冬の寒さの中、背筋を真っ直ぐに伸ばして楚々として咲く凛々しい姿は正月の花としても喜ばれました。冷たい風が吹く野原などで、静かに花を揺らす姿はどこか高貴でもあります。
ヨーロッパでは、女神の嫉妬で花に変えられてしまった好青年という言い伝えもあります。



下の<続きを読む>をクリックすると、立冬前後の「季節の彩り」をご覧いただけます。
ご関心のある方はごゆっくりご覧ください。

季節の彩り
四季の彩りを添えてまいります。




国民の祝日 勤労感謝の日 きんろうかんしゃのひ  11月23日     

161105勤労感謝の日11月23日は勤労感謝の日です。昭和23年に国民の祝日に制定されるまでは、天皇が新しく収穫された新殻を食べる儀式、新嘗祭(にいなめさい)でした。今は「勤労をたっとび、生産を祝い、国民が互いに感謝しあう」ということで、一部の職業を除いて全国的にお休みです。
勤労感謝の日の原点でもある新嘗祭は、古くから天皇がその年に収穫された新穀や新酒を天照大神(あまてらすおおみかみ)をはじめとする天地の神に供え農作物の恵みに感謝し、自らも食す儀式でした。明治以降、新嘗祭は11月23日に定められ国民の祝日となり、そして昭和23年より勤労感謝の日と名を変えたのです。
一般の方は改まって何をするというわけではありません。むしろその年の勤労に感謝し、この日1日ゆっくり身体を労わりましょう。
詳しくは過去記事「気象衛星も小雪の初雪を撮らえられたかな」をご覧ください。


七五三 しちごさん                    11月15日

161105七五三室町時代に始まった「帯解きの儀(おびときのぎ)」が起源。医療が未発達だった昔は子どもの死亡率が高かったため、「7歳までは神の子」といわれ、7歳になって初めて社会の一員として認められたのです。
江戸時代から女子は7歳の帯をつかいはじめる「帯解き」、男子は5歳で初めて袴をつける「袴着」を祝いました。その後3歳の男女も加え、髪をのばしはじめる「髪置き」で成長を祝い、氏神様にお参りしていました。現在の一般家庭ではほとんど省略されています。
もともとは関東地方を中心とした行事でしたが、現在では全国的な年中行事として定着しております。
関西地方では男女とも数え年13歳のお祝いに、子供の多福、開運を祈って「十三参り」が行われます。七五三よりこちらの方が盛んな地域も多く、特に京都嵯峨では4月13日の虚空蔵菩薩へのお参りが有名です
詳しくは過去記事「子供の成長を祈願した七五三」をご覧ください。


雪虫 ゆきむし

161105雪虫北国には冬を告げる使者、北海道の「雪虫」と東北、山形の「雪迎え」がおります。
北海道では10月頃、まるで雪が降っているかのようにたくさんの白い小さな虫を見かけることがあります。これが雪虫で、正式にはトドノネオオワタムシというアブラムシの一種です。この雪虫を見かけてから1週間から2週間後に初雪が降るといわれています。
山形で見られる「雪迎え」という現象。これは糸を引いて空を飛ぶクモのことで、晩秋の今ごろ見られます。暖かく穏やかな小春日和の日に飛んだ後に決まって雪が降るので、雪迎えと呼ばれているそうです。
このように北国には雪が降る時期を知らせてくれる虫の使者がおり、この使者を見ると人々は冬支度を始めるそうです。
詳しくは過去記事「空気が乾燥し始める立冬」をご覧ください。 


ボジョレー・ヌーボー      毎年11月第3木曜日解禁

161105ボジョレー11月になるとボジョレー・ヌーボーが解禁になります。時差の関係で日本ではいち早く店頭に並びます。ワイン好きの方には待ち遠しい解禁日。毎年11月第3木曜日で、今年は11月16日となります。
ボジョレー・ヌーボーはフランスのボジョレー地方で生産される「ボジョレー・ヴィラージュ」という赤ワインのヌーボー(試飲新酒)です。したがって、ボジョレーの通常の赤ワインとは異なります。
このヌーボーはそもそも当地の農民が収穫を祝ったのが始まりとされています。ヌーボーがよく売れるということで解禁日が設けられ、世界各国に出回るようになったのです。
決して高価なワインというわけでもなく、ワインの味とともに季節感を味わうお祭り的な要素もあるようです。口当たりのいい軽めの赤ワインということで、仲間同士で解禁パーティを開いてる方もおられるようです。
詳しくは過去記事「冬枯れの景色が目立つ立冬」をご覧ください。l


酉の市 とりのいち            11月6日、18日、30日

161105大熊手浅草の鷲(おおとり)神社の社伝によると、日本武尊(やまとたけるのみこと)が東夷征討の際、社に立ち寄り戦勝を祈願し、志を遂げての帰途、社前の松に武具の「熊手」をかけて勝ち戦を祝い、そのお礼参りをした日が11月の酉の日であったというのが酉の市の原点です。
平成29年の酉は、一の酉が11月6日(月)、二の酉が18日(土)です。今年は30日が三の酉となります。「三の酉」まである年は火事が多いという俗説があります。三の酉は、およそ一年おきにあります。
福をかき込むと言われる熊手。商売繁盛、家内安全などのご利益があり、縁起物です。今年もお近くの酉の市で熊手をゲットしてみましょう。
西日本では酉の市より1月10日の十日えびすが馴染み深いようです。
詳しくは過去記事「お酉さんおもしろ雑学」をご覧ください。


インフルエンザ

161105インフルエンザこれからは空気が乾燥してくる季節。そこで勢力を増してくるのがインフルエンザなどの流行性感冒です。
ウイルスは抵抗力の弱い子供や高齢者に感染するケースが多く、その経路には、①菌を含む食品を飲食することで感染する接触感染(経口感染含む) ②飛沫が咳やくしゃみ、会話などで菌が飛散し、それが鼻や口の粘膜などに接触して感染する飛沫感染 ③空気中に浮遊した菌を吸い込むことで感染する空気感染の3つのルートがあります。
なかでも感染経路は①と②が多く、3月頃まで流行が続きます。予防には流行前のワクチンの接種と共に、帰宅したら流水、石けんによる手洗いや消毒液で手指の消毒をすることも有効です。特に高齢者や妊婦さんは外出時にはマスクの着用を。空気の乾燥しやすい室内では加湿器などを使うことも感冒予防に効果的です。
詳しくは過去記事「冬の入り口にはインフルも進入」をご覧ください。


いい夫婦の日                     11月22日

161105いい夫婦の日11月22日は「いい夫婦の日」。夫婦でお互いを見つめ合い、絆をさらに深める日です。
その昔、ヨーロッパでは男性が結婚を申し込む時、感謝、誠実、幸福、信頼、希望、愛情、情熱、真実、尊敬、栄光、努力、永遠の花ことばを持つ12本の薔薇を愛の言葉とともに愛する女性に贈ったそうです。女性は愛を受け入れた証として、その中の1輪を男性の胸に挿して応えました。これが「ダズンローズ」というロマンチックな風習だったようです。
日本では、ダズンローズにちなんで11月22日を「いい夫婦の日」に制定しました。
この日は理想の有名人夫婦を選ぶ「パートナー・オブ・ザ・イヤー」や「いい夫婦・川柳コンテスト」などが開かれ、いい夫婦の日を盛り上げてくれます。
詳しくは過去記事「師走を前に気忙しい11月」をご覧ください。
関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

日めくりカレンダー

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top