日本の四季 大暑

大暑バナー






海の貴婦人「海王丸」の華麗な登しょう礼
海王丸登しょう礼
海の貴婦人と言われる帆船「海王丸」。昨年に引き続き、今年も7月21日地元港にその姿を見せてくれました。4日間の停泊中にはセイルドリルなどを見せてくれる予定でしたが、生憎の荒天で中止。残念でした。総帆展帆した帆船こそ海の貴婦人ですからね。総帆した昨年の海王丸はこちらからご覧いただけます。
帆船のもう一つの見どころは出航の25日、実習生による見送り客に対する最高礼とされる登しょう礼です。40数mあるメインマストに登り詰める113名の実習生。各ヤードのワイヤーに素足で立ちます。命綱などありません。波ばかりではなく、風も強く吹き抜け、大きく揺れると思います。きっと足がすくんでいるでしょうかね。
そこで帽子をとり、全員一斉に唱える「ごきげんよう」の3度の挨拶。ジーンときました。
練習の賜物とはいえ、素晴らしい若者たちです。感動的でした。
(平成29年7月30日:追記)



宮古の夏を彩るカッターレースに燃える地元若者たち
カッターレース
今年で第25回を迎える「海の日・宮古港カッターレース」。年々参加チームが増え、今年は東京、八戸、北海道からも男女29チームがエントリー。海の日を前にした7月15日、熱のこもったデッドヒートが海の町宮古港で繰り広げられました。
国内のカッターレースは500m折り返しの1000mで行われることが多いようですが、片道500mの距離を取れない宮古湾では、300m折り返し600mの距離で争われる市民レースです。
短距離ではオールを漕ぐ時のスピードと、折り返し地点でいかにロスをなくしてスムーズなターンができるか、船長1名、艇指揮者1名、漕手12名の仲間達との息の合わせ方がカギとなるようです。
今年は各チームとも力が均衡してきたのでしょうか、大差がつくレースはあまり見かけませんでした。それだけに応援の市民からも熱い声援が飛び交っていました。
(平成29年7月20日:記)



二十四節気バナー
二十四節気全体の概要はこちらからご覧いただけます。



第十二節気 大暑 たいしょ         7月23日~8月6日

暑さが最も厳しくなる大暑。暦の上では夏最後の節気です。1年で最も気温が高く、暑さが厳しくなる時季です。蝉たちがこの時とばかりに繁栄を謳歌するように鳴きしきります。各地で大小さまざまな花火大会が催されるようになり、浴衣に下駄を突っ掛けて花火大会に出かける姿が見受けられるようになります。猛暑の時季だからこそ、蚊帳や風鈴、打ち水など暑さをしのぐ工夫も生まれたのです。
日本の夏は暑さだけではなく、蒸し暑さも伴いますから体力の消耗が激しくなります。夏バテ防止だけではなく、最近は熱中症の心配もあります。気分が悪くなる前に水分をこまめに取り、気分が悪くなったら風通しのいい木陰で休みましょう。室内にいれば安心というのも安易。今では室内でも熱中症に罹るケースが増えています。扇風機で室温を少しでも下げるようにしてください。
7月19日に梅雨が明けたところもあります。今年も梅雨明け間際に豪雨による被害が多発しているようです。皆さんの地域にも被害がないことを祈っております。
一般的には小暑の15日間と大暑の15日間が暑中で、暑中見舞いはこの期間内に送るようにします。立秋を過ぎたら残暑見舞いとして8月末頃までに出します。



※次の二十四節気は8月7日の「立秋」です。8月5日頃更新を予定しております。





七十二候バナー
七十二候全体の概要はこちらからご覧いただけます。


第三十四候 桐始結花 きりはじめてはなひらく  7月23日~7月27日 

桐が花を咲かせる時季。盛夏を迎える頃には、卵形の実を結びます。桐は、伝統的に神聖な木とされ、豊臣秀吉などの天下人が好んだ花であり、現在も日本国政府の紋章として使用されています。
箪笥(たんす)など高級家具の木材として知られる桐が、円錐形の薄紫色の花をつける季節。日本の伝統楽器である琴の本体にも、桐が多く使われています。
国内でとれる木材としては最も軽く、湿気を通さず、割れや狂いが少ない特徴を持ち、高級木材として重宝されてきました。日本では箪笥、神楽面や下駄の材料に使われています。桐箪笥は、高級家具の代名詞です。
昔から桐は神聖な木とされ、その姿が紋章や意匠として用いられてきました。皇室の家紋は「五七の桐」が使われています。

第三十五候 土潤溽暑 つち、うるおうてむしあつし   7月28日~8月1日

土も湿り気を帯び、蒸し暑さが増してくる季節です。土中で何年も過ごしたセミも、夏空に鳴き声を響かせています。夏の到来を告げるニイニイゼミに続き、8月に入るとアブラゼミ、クマゼミ、ミンミンゼミなどが勢ぞろいします。松尾芭蕉は山形県の立石寺で「閑さや 岩にしみ入る 蝉の声」と詠んでおります。
溽暑(じょくしょ)とはなかなか読めませんが、その意味は湿度の高い蒸し暑さをいいます。身に纏わりつく暑さに、土潤がついて土中の水分が蒸発し陽炎が立ち上がるような蒸し暑さという意味でもあります。
この時季、昔人たちは行水や打ち水など、生活の知恵でこの暑さを乗り切ってきましたが、草木は緑をますます濃くし成長の勢いを増し、田畑では秋に向け確実に作物が実り始めてきます。

第三十六候 大雨時行 たいうときどきふる       8月2日~8月6日

時として大雨が降る頃。夏の暑い日の夕方、突然降るにわか雨を夕立といいます。春や秋にも、にわか雨がありますが、夕立とはいいません。「広辞苑」には「天から降ることをタツといい、雷神が斎場に降臨することとする」とあります。急な雷雨、激しい雷雨のことを「彌降り立つ(いやふりたつ)雨」といい、この語が省略され「やふたつ」から「ゆふだち」になったと言われています。
別名、「急雨」や「驟雨(しゅうう)」ともいいます。驟雨の「驟」の字は「馬+聚」、この「聚」は「引き締める、詰める」の意味があり、「歩幅を詰めて馬を走らせる」ことが字源です。ある場所では夕立が降っているのに、ごく近い場所では晴れているといった局地性を指して、「夕立は馬の背を分ける」という諺もあります。
真っ白な雲が高く盛り上がる入道雲。夏の日差しで暖められた空気の上昇気流によって生まれる雲の峰を関東で「坂東太郎」、関西で「丹波太郎」、九州で「比古太郎」など、太郎の名を冠して呼ばれています。



下の<続きを読む>をクリックすると、大暑前後の「季節の彩り」をご覧いただけます。ご関心のある方はごゆっくりご覧ください。
季節の彩りバナー
四季の彩りを添えてまいります。


国民の祝日 海の日 うみのひ          7月17日

160720海の日1876年(明治9年)のこの日、明治天皇が東北巡幸の帰途、灯台視察船「明治丸」で函館を経て横浜に帰着されたことにちなみ、1941年(昭和16年)「海の記念日」として制定されました。
1996年(平成8年)からは「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う日」として、この日が国民の祝日「海の日」となりました。その後の祝日法の改正により2003年からは7月の第3月曜日となっています。
詳しくは過去記事「海の町が燃えたぎる 大暑!」をご参照ください。

八朔 はっさく                    8月1日

160720八朔旧暦八月朔日(ついたち)のことを「八朔」(はっさく)といいます。古来、新穀を贈答して祝う習わしでした。稲(田の実)を祝い、頼みごとをしたので、「たのもの節句」とも呼ばれ、今日のお中元のはじまりとなったのです。古く伊勢では五穀の中の、米や粟のお初穂を神前にお供えし豊穣を祈りました。「朔日参り」の中でも8月1日は特に「八朔参宮」と呼び、参拝者も多く、あわ餅を食べる習わしがあったようです。地方によっては五穀豊穣を願う祭りや奉納相撲が行われます。
果物の八朔は日本原産のみかんで、江戸時代末期に広島県で発見されました。皮が厚く剥かなければ食べられません。酸味が強い中にも上品な甘さと食感があります。名前の通り、当時は8月1日頃に食べていたようですが、今では酸味を抜くため収穫後完熟するまで貯蔵されます。美味しく食べられる旬は2月頃でしょうか。
詳しくは過去記事「短い夏の東北に祭りの嵐」をご覧ください。

残暑見舞い ざんしょみまい

160720残暑見舞い立秋以降の暑さを「残暑」といい、手紙や文書等の時候の挨拶などでは、残暑見舞いとして用いられます。
梅雨が明けたばかりの地方にとっては理不尽でもありますが、これからは日増しに暑い中にも吹いてくる風や雲の形に秋の気配をほのかに感じてくる季節となります。
暑中見舞いが残暑見舞いに変わり、蝉の鳴き声から秋の虫の鳴き声に変わります。秋の季語ともなっているお盆で先祖を供養する頃、夏の短い北国ではこの頃から涼やかな風が吹き始めてきます。
実際立秋を過ぎると1日の平均気温は少しずつですが確実に下ってきます。古今和歌集に詠われた歌人藤原敏行は「秋きぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる」と詠んでおり、朝夕にはふっと秋を感じる風に気づいたり、何となく秋の気配が近づいてくるのもこの頃です。
詳しくは過去記事「夏の風情を残しながら立秋」をご覧ください。

夏まつり なつまつり

160720夏まつり8月2日からの青森県「ねぶた祭」(6日間)、8月3日からの秋田県「竿燈祭り」(4日間)、8月6日からの宮城県「仙台七夕祭り」(3日間)は東北三大祭りとして親しまれております。さらに8月1日から4日間開かれる岩手県の「盛岡さんさしぐれ」、8月5日から3日間開催される山形県の「花笠おどり」を加えて東北五大祭りとし、8月の上旬1週間を「東北夏まつり巡り」ができるように開催されることになっております。
どれも古来から継承された伝統の祭りですが、盛岡のさんさしぐれは比較的新しく昭和になってから活況を呈すようになってきました。
南部藩の時代より踊り受け継がれてきた「さんさ踊り」は盛岡城下に現れた鬼を、大きな岩が祀られている三ツ石神社の神様が退治。これを喜んだ里人たちが「さんささんさ」と踊ったのが始まりだそうです。
詳しくは過去記事「短い夏の東北に祭りの嵐」をご覧ください。

やませ

160720やませ梅雨の終わりごろから真夏にかけ、関東から東北の太平洋側沿岸では霧の発生する日が多くなってきます。いわゆる海霧と呼ばれる霧で、地元では山背(やませ)と呼んでおります。
この時季北東の風は、千島海流の冷たい親潮の上を渡って内陸部に達します。冷たく湿った風は霧を伴い、海難事故を引き起こしたり、時には何日も続くと日照不足や冷温により農作物に被害をもたらすことがあります。
三陸沿岸では、昔から「冷害風」とか「餓死風(がしふう)」と呼ばれて恐れられている風です。
気象庁の見解では、三陸沖で親潮が占める海域が東北地方の夏の低温をもたらす山背に関係があるのではないかと古くから考えられていたが、その因果関係は明瞭ではなく、現在では山背の原因を気象条件に求めるのが自然であるとしています。
詳しくは過去記事「ゲリラ豪雨と成り代わった夕立」をご覧ください。

熱中症 ねっちゅうしょう

160720熱中症大地に差し込む日差しは灼熱の暑さです。猛暑、酷暑が続くと、身体の中の水分や塩分がバランスを崩し、身体の調整機能が働かなくなってしまいます。特に体温調節機能が低下している高齢者や未発達の乳幼児はお気をつけください。下痢や二日酔いで脱水症状、疲労や風邪などで体調不良、汗をかく機能が低下している運動不足、皮下脂肪により放射熱を妨げる肥満の人なども要注意です。
熱中症は、熱失神、熱けいれん、熱疲労(ねつひはい)、熱射病などに分けられ、中でも重いのが熱射病です。そのままにしておくと死に至る場合もあるそうです。炎天下での運動はなるべく避け、朝晩の涼しい時間帯に行うことがベストのようです。休憩と水分補給は頻繁に行い、帽子や日傘は必需品です。また地面に近いほど気温が高いのでベビーカーの赤ちゃんはこまめに気をつけてあげましょう。
詳しくは過去記事「秋来ぬと目にはさやかに見えねども‥‥」をご覧ください。

打ち水 うちみず

160720すだれ日中の強い日差しを遮る日よけとして使われてきた簾(すだれ)と葦簾(よしず)。日本古来から伝わる、夏を涼しく過ごすためのノウハウです。「すだれ」や「よしず」の良いところは日光を遮っても、風通しは妨げないところです。平安時代以降公家の間で神殿造りや書院造の建築様式に取り入れられ、併せて日本の気候風土と生活に欠かせない調度品として用いられました。
最近では住宅事情によって使われなくなってきましたが、ベランダや縁側に置くことによって、室内に入ってくる風がぐんと涼しくなります。また、ベランダに木のすのこを置くと、太陽熱をやわらかく吸収してくれます。
日本の夏の風習として、おなじみだった打ち水。大切なお客様を迎える際の清め、もてなしの一環でもあった打ち水は、夏の暑さを和らげるため行われるようにもなりました。実際に打ち水した後の地表温度は急激に下がといわれております。
詳しくは過去記事「節電のためにもすだれ、よしず、打ち水を」をご覧ください。


関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

日めくりカレンダー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top