お酉さんおもしろ雑学

今年も後2ヶ月もすると年末恒例のNHK紅白歌合戦が始まります。最近視聴率が落ちたとはいえ、まだまだ国民的人気を得ている番組です。さぁ、今年は誰がとりをもつのかな。

このとりって皆さんご存知でしょうけど、大空を舞う鳥のことじゃないですよね。本当の語源は寄席で使われていた用語なんですよ。知ってました?昔、演目の最後に登場する真打は常に鳥の置物を持って登場してたんですね。それから最後に登場する人を「とり」と言うようになったんです。嘘、嘘ですよ。そんなことありえない話じゃないですか。でも寄席で使われていたのは本当です。上下の序列がはっきりしている落語の世界では、はじめに二つ目が、終わりに真打が登場します。この真打が最後を取るということで、取るという言葉の連用形が「とり」なったのだそうです。

熊手は値切って値切ってシャンシャンシャン
それはともかく、鳥といえば11月の大酉祭、お酉様ともいいますけど、酉の市を思い浮かべますね。
熊手片手に商いが成立し、商売、健康を祈ってシャンシャンと手締めをする。あの光景はいつ見ても気持ちいいものですよね。あの熊手ピンからキリまであって、何十万円とするものもあるそうです。大体2万~5万円位が売れ筋で、熊手屋さんとの駆け引きでどれだけ値切れるかは腕次第だとか。
もっとも値切った分だけ熊手屋さんにご祝儀として渡すそうなんですよ。これが江戸時代から続いている熊手の粋な買い方なそうです。商談成立で買った熊手には商売繁盛、家内安全、健康、開運などの願いが込められています。最近では若い人たち向けに恋愛成就なども叶えられるそうですよ。勿論神社に参拝し、熊手御守を授からないと熊手ばかりを買ってもご利益がありませんよ。うん!あなたは去年買った?商売繁盛のためですか。まさかアフィリエイトの繁盛のため?う~ん。

この辺でちょっと休憩。私の話はいつも長くなるからコーヒータイムにしましょうか。それよりもちょっと泡の出る飲物で咽喉を潤したいね。うん!駄目?そうか、そうだよね。

今年のお酉さんは5日、17日、29日
さあ、それではつづきを始めますよ。
ところで酉の市って何で11月なんでしょうね。酉の日って他にもいっぱいあるのに。
浅草の鷲(おおとり)神社の社伝によると、日本武尊(やまとたけるのみこと)が東夷征討の際、社に立ち寄り戦勝を祈願し、志を遂げての帰途、社前の松に武具の「熊手」をかけて勝ち戦を祝い、そのお礼参りをした日が11月の酉の日であったということです。今年の11月の酉の日は3回あります。5日、17日、29日で、それぞれ一の酉、二の酉、三の酉といわれ、どの酉の日にお参りに行ってもご利益は変わりません。

三の酉の火事で、夜遊びに走る若衆は足止めされた!
三の酉がある年は火事が多いと言われていますが、その由縁はよく分かってないようです。いくつかの説があって、火事が大敵であった当時の江戸は、空気の乾燥する寒い三の酉の時期を火への戒めを喚起したという説や、酉の市に乗じて吉原へ出かけようとする男達を足止めするために女房達が「三の酉の年には火事が多い、だから夜遊びはほどほどにしなよ」と広めた説もあるようです。また、宵に鳴かぬ鶏が鳴くと「火事が出る」と言われたことから出たという俗信もあるそうですね。
異常乾燥が続いた明暦3年の江戸時代には、10.7万人の焼死者が出た明暦の大火がありました。この年が三の酉のあった年で奇妙な一致が見られたわけなんですね。三の酉の頃には、寒さも増し火を使う機会も増えるところから火に対する戒め、慎みを持って「三の酉の年は火事が多い」と伝えられてきたようです。

酉の市が開かれる代表的な神社は下記の通りです。お近くの方は縁起物の熊手を値切って買ってみましょうか。あなたはどれだけ値切れるかな~。でも値切った分のご祝儀忘れずにね。
鷲宮神社(埼玉県北葛飾郡鷲宮町)
大鷲神社(東京都足立区花畑)
鷲大明神社(東京都台東区千束)
花園神社(東京都新宿区)
大國魂神社(東京都府中市)
大安寺(静岡県浜松市中区)
大鳥大社(大阪府堺市西区)

さあ~、今日のところは終わりじゃ。今日は途中休憩を挟んだから少し楽だったかな。
お~お~、またまた忘れとった。おみやげ、おみやげ。今日のおみやげは生協さんで用意してくれた安全で安心な食材だよ。おみやげとはいえ、有料だから、そのまま持って帰らないように。



FC2ブログランキング参加中!
 
こちらも忘れずポチッ、とね。

関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

No title酉・・・

酉にも色々な酉があうんですね(^^)
面白いなぁ~(^^)

代替画像

収穫祭の一部でもあったようです

地鶏、焼鳥、千鳥足…じゃなかった。
鳥は鶏でも酉なんですね。鶏大明神と呼ばれた鷲大明神近在農民による収穫祭が江戸酉の市の発端といわれるんですね。氏子は鶏肉を忌み嫌い、近郷農民は生きた鶏を奉納していたそうですよ。秋の収穫物を販売する中で、飾り熊手など市の縁起物として祭へと変遷してきたそうなんです。
  • |2008.11.04(Tue)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top