• 2017
  • 01/20
  • Fri

二十四節気の締めくくり「大寒」

170120出初式

1年で最も身を千切るような酷寒の季節。
豪雪を伴いながらも地域によっては乾燥した晴れの日がつづく大寒。
太平洋側では火災が発生しやすい気象条件が続きます。
火の元の注意は誰氏にも課された安全標語。
もしもの時の心強い火消し役は地元住民の消防隊です。
1月に行われた出初式は人々への警鐘でもあります。

1月20日は二十四節気の「大寒」です。
大寒を乗り切れば、季節は陽春へと向かいます。
2月4日からは寒も明け、新しい二十四節気の始まる立春。
いきなり春とはいきませんが、野山には緑が芽生え、
里の雪はゆっくりと融けはじめます。


二十四節気
上のバナーをクリックすると歳時記の概要をご覧いただけます。


第二十四節気 大寒 だいかん            1月20日~2月3日

1月20日からは四季も一巡し、二十四節気最後の大寒となります。
冷え込みも激しく、寒さが最も厳しい頃です。究極の冬を迎え、豪雪地帯では連日の除雪に体力を消耗しているかもしれません。雪の少ない地方でも、今冬一番の寒気団が張りつき、極寒の冷え込みを記録しています。大寒は「寒の内」の真ん中で、最低気温が観測されるのもこの頃です。

万物を凍らせる厳しい寒さを迎える中で、武道などは寒稽古を行ない、凍り豆腐、寒天、酒、味噌など寒気を利用した食物が仕込まれるのもこの時期です。
寒稽古などの荒療治で大寒を克服することもありますが、先達から古来承継されてきた日本伝統の食文化で風邪を予防したり、滋養を強壮しながら大寒を乗り切る方法もあります。

最も寒さが厳しい大寒は空気中の雑菌が少なく、水質も良いとされています。このことから様々な食べ物を仕込むこの時期を大寒仕込みといい、家庭の食卓を潤す味噌はこの頃に仕込まれます。発酵食品である味噌は生きている酵素や菌を頂くことで、自然と体調を整えることができます。
またこの時季仕込まれるのが酒の寒仕込みです。水は酒にとっての命。大寒の頃の水が一番安定して雑菌が少ないことからこの時期に酒造りが始まります。
寒の時期に仕込んだお酒は3月頃、新酒の利き酒として蔵出しされます。水、米、麹、酵母などの組み合わせで出来上がるお酒の味は、酒造りの技術に熟達した杜氏たちにより十人十色。その組み合わせの一つ一つが全国の蔵元の味となります。


下の<続きを読む>をクリックすると、七十二候の第七十候から第七十二候までと大寒前後の「季節の彩り」をご覧いただけます。
ご興味のある方はごゆっくりご覧ください。



人気ブログランキングへ


七十二候IMG
上のバナーをクリックすると歳時記の概要をご覧いただけます。


第七十候 款冬華 ふきのはなさく          1月20日~1月24日

凍てついた地面に蕗の花が咲き始める頃。地面には雪が積もり、強い寒さが襲ってくる時期ですが、草花は春に向けて着実に動き出しています。
款冬とはフキのことです。蕗の薹(ふきのとう)は春の使者ともいわれ、氷を破るようにして生えてきます。その蕾は、土手の上や籔陰などに、萌黄浅緑色の花穂を土中からもたげます。冷たい地面から顔を出している蕗の薹は春の象徴であり、気持ちもふっと明るくなってきます。香りがつよく、口に入れるとほろ苦さが舌に走りますが、苦みを取り除いて煮物、炒め物、おひたしなどに珍重されています。冬眠から目覚めた熊は最初に蕗の薹を食べる、などとも言われています。
まだ大寒でありながら、春の兆しを示す蕗の薹をこの季節に持ってきているところに、七十二候のおもしろさと、自然のもつ生命力を感じます。


第七十一候 水沢腹堅 みずさわあつくかたし    1月25日~1月29日

沢に流れる水さえも凍る厳冬の時季です。この頃が大寒の真ん中で、寒さのピークに達します。夏登山した山でチョロチョロ流れていた沢の水が、この時季雫を長く伸ばし氷柱となって力強く成長してきます。
1年で最も冷えを感じる厳しい時季ですが、僅かながらも少しずつ日照時間が長くなり、春の足音がかすかに近づいているのが分かります。豪雪による生活への支障が出る地方は別にして、氷や雪の美しい景色を楽しめるのもこの頃です。
この時季に、一年での最低気温の記録がでることが多く、氷点下に達する地域も多くみられます。


第七十二候 鶏始乳 にわとりはじめてとやにつく   1月30日~2月3日

鶏が春の気を感じ、たまごを産み始める頃。自然な状態の鶏は、日照時間が長くなるにつれ、産卵率が上がっていくため、春から夏にかけてたくさん卵を産みます。
動植物は人間が感じ取れない季節の機微を感じます。夜明けを知らせる鶏は長い冬の終わりを告げるにふさわしいものでした。
今では養鶏家庭も減り、卵ご飯も朝の食卓にはなかなかお目にかかれません。
2月3日までは七十二候の締めくくりで、凍てつく寒さもこの日まで。4日の立春からは次第に寒さも和らぎ、季節は春へと向かいます。



季節の彩り
四季の彩りを添えてまいります。



雑節 節分 せつぶん                 2月3日

170120節分中国では季節の変わり目に邪気(鬼)が生じると考えられており、それを追い払うための悪霊ばらいとして「鬼やらい」という豆まきを行っていました。これを追儺式(ついなしき)といい、季節の変わり目に起る災害や疫病などの厄を鬼に見立てて追い払っていたのです。
日本では室町時代、宮中で追儺(ついな・俗にいう鬼やらいや厄払い)という行事が行われ、そのひとつである豆打ちの名残りが、炒った豆で鬼を追い払い「鬼外福内」を唱える豆まきとして定着したのです。
もともとは立春、立夏、立秋、立冬の前日、年4回あった節分ですが、旧暦では立春を1年のはじまりと考えていました。立春が正月と考えるなら、立春の前日、2月3日の節分は大晦日の役割を持ち、1年間の厄払いとして豆まきをしてきたのです。
現在でも各家庭で豆まきの行事が行われ、各地の神社やお寺ではその年の年男、年女が豆を撒くようになりました。豆まきの豆は生のままだと拾い残した豆から芽が出て縁起が悪いところから炒った豆を使います。
詳しくは過去記事「魚が肥え、鶯が鳴きはじめる立春」をご覧ください。


寒仕込み かんじこみ

170120味噌最も寒さが厳しいことから、空気中の雑菌が少なく、水質も良いとされていた大寒に、様々な食べ物が仕込まれていました。これを大寒仕込みといいます。お酒もこの時季に仕込まれますが、家庭の食卓を潤す発酵食品の味噌もその一つです。
今の小家族では自分たちの手で作る「マイ味噌」がブームになっておりますが、昔は大家族で作る味噌は大量生産でした。子供の背丈ぐらいの大きな桶に柔らかく茹でた大豆を入れ、足で踏み潰します。この時糀と塩を混ぜていたのでしょう。
仕上がった味噌は立方体の味噌玉にし、軒下に吊るして数か月乾燥させると、後は自然に発酵した味噌の出来上がりということになります。
詳しくは過去記事「万物が凍る大寒 寒仕込みで適度な滋養強壮」をご覧ください。


初天神 はつてんじん

170120初天神1月2月は受験シーズンです。学校に近いホテルは受験生でいっぱいだとか。先日、センター試験も終り、私大や高校受験を控える受験生の皆さんは、これからが本番です。体調を整え万全の態勢で臨んでください。
1月25日は初天神です。その年の最初の天神(菅原道真)を祀る神社(天満宮・天神社)の縁日です。天神社にとっては、初詣についで重要な1月の祭事でもあります。菅原道真が優れた学者であったことから天神は、学問の神様ともいわれ、多くの受験生が合格祈願を詣でています。京都の北野天満宮や、九州の大宰府天満宮、東京の湯島天神などは、今年も多くの受験生が参拝することでしょう。
詳しくは過去記事「1月25日は初天神」をご覧ください。


合格祈願 ごうかくきがん

170120合格祈願1月末から2月下旬にかけては、中学生や高校生にとって大きな重圧となる入学試験の季節でもあります。
菅原道真公を「学問の神様」と慕われる天神様の神社には、合格祈願を願う多くの受験生たちで賑わいます。合格者の発表に受験生が一喜一憂する姿は、このシーズンの象徴でもあり、「15の春」とも言われております。
受験シーズンになるとコンビニやスーパーなどで受験応援コーナーが設けられたり、験を担いだお菓子等が並びます。さらには様々な縁起の良い名前の駅などで、受験生の合格を願って切符が発売されたり、様々な駅で「スベリ防止砂」が配布されています。さらには数年前から定着した「願掛けアイテム」。「きっと勝つ」という語呂をもじった「キットカット」、「きっちり通る」に通じるとした縁起物キシリトールガム、「五角=ごかく=合格」に通じる五角形の合格鉛筆など、各種の合格祈願グッズが販売されています。
いづれにしても大変な時期を乗り切って欲しいと各メーカーから元気の出る商品が発売されています。
詳しくは過去記事「受験競争に合格祈願の春」をご覧ください。


雪まつり ゆきまつり

170120冬まつり東北三大祭りが「ねぶた祭り」「竿灯まつり」「仙台七夕まつり」なら、青森県弘前市の「弘前城雪燈籠まつり」、青森県八戸市の「八戸えんぶり」、秋田県男鹿市の「なまはげ柴灯まつり」、秋田県横手市の「横手かまくら」、岩手県雫石町の「いわて雪まつり」が北東北の冬を代表する「みちのく五大雪まつり」です。
さっぽろ雪まつりにも負けないみちのくの五大雪まつり。2月中旬頃に集中して開催されます。みちのくを一周しながら雪のイベントを楽しむことができます。
寒さをものともせず、時間とお金に余裕のある方は雪まつりと温泉旅行で存分に楽しむことができます。深く積もった雪景色を見ながら露天風呂に浸かることで雪まつりを満喫できます。地域によっては水や氷をテーマにしたローカル色の強い冬祭りもご覧いただくことができます。
詳しくは過去記事「凍てつく厳寒に消防出初式の観閲式」をご覧ください。


観梅 かんばい

170120梅大寒の最中ですが梅の花だよりが聞かれる季節になりました。東京や千葉では1月中旬頃にウメが咲き始めたという情報もあります。天候によって多少違いますが、太平洋側の気候の暖かい地方では1月中旬頃から梅が咲き始め、4月下旬頃にかけ徐々に近畿・東海・関東などに北上してきます。
寒さが峠を越える1月下旬から2月の上旬は、季節が春へ折り返すことを知らせるサインともいえるでしょう。
春の遅い北国は足取りも遅く、関東から西では、ひと月くらいの間に、各地で梅が開花します。東北地方で2月半ばから4月の末、北海道では5月に入ってからとなります。ちなみに開花してから満開になるのは、西の地方で15日から20日くらい、東北地方ではおよそ10日で、北国の春は短期間で一斉に咲き綻びます。
梅の香りと可憐な花、自分の姿を誇示するような花の季節が楽しみでもあります。
詳しくは過去記事「大寒は寒さの集大成!」をご覧ください。


蕗の薹 ふきのとう

170120ふきのとう蕗の薹はキク科フキ属の多年草で雪解けの始めころに芽を出します。早春を感じさせる山菜で全国の山野に自生しています。水が豊富で風があまり吹かない土地を好んで繁殖します。蕗の薹はつぼみの部分にあたり、この花が咲いた後には地下茎から伸びる葉(ふき)が出てきます。
締まりがあり、つぼみがまだ硬く閉じていて、周りの葉で花芽が見え始める頃摘むと美味しく召し上がれます。 大きくなり過ぎると苦味が強すぎて美味しさが半減するようです。
独特の香りとほろ苦さがあり、山菜として日本料理には欠かせない食材です。カロテン、ビタミンB1、カリウムを含んでおり、天ぷらや煮物などにして食べます。天ぷらは低めの温度で揚げると苦みが取れます。




関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

日めくりカレンダー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top