かつては1ヵ月も続いた盆行事

160815お盆①お盆ですね。ご先祖様の供養はされましたか。
仏教用語では盂蘭盆会(うらぼんえ)といいますが、その意味はサンスクリット語のウランバナからきたもので、「逆さ吊りにされたような苦しみ」を指します。その逸話がお釈迦様の弟子のひとりである目蓮(もくれん)の「盂蘭盆経(うらぼんきょう)」という経典に記されています(詳しくは過去記事「迎え火に昔日の想いをはせる盂蘭盆会」を参照)。
お盆は仏教用語である一方、民俗学者の柳田国夫氏による「お盆の語源は祖霊を祭祀するときの祭具の名である」との説もあります。
語源はともかく、お盆は先祖と向き合う特別な行事でもあります。長い年月を経て地域や宗教の影響を受けながら少しずつ変化して今日まで脈々と伝わってきました。


160815お盆②お盆は、旧暦7月15日を中心に行われてきましたが、明治の新暦採用に合わせて7月に行われる地域、1月遅れの8月に行われる地域、また旧暦どおりに行われる地域など主に3つの時期に分かれています。
全国的に見れば月遅れの「八月盆」がほとんどで、人が集まりやすい時期であること、農作業が一段落することなどが関係しているようです。新暦の7月に行われるのは東京や横浜などの都市部が多く、旧暦盆に忠実に行われている地域は沖縄に見られるようです。
旧暦の1月15日(上元)、7月15日(中元)、10月15日(下元)のことを中国では三元説と呼んでおり、このお祝い行事が日本に伝わり、祖先の霊を祀る行事と重なって、7月15日が定着してきたようです。


160815お盆③かつてお盆といえば一カ月にもわたる一大イベントでもありました。 一般的に「迎え盆」が行われる13日頃から、16日の霊を送り出す「送り盆」までがお盆として知られておりますが、今でも昔ながらのお盆の慣習を受け継いでいる地域などでは、1日、7日を盆入りとし、月末までの1か月近くをお盆期間として過ごすところもあります。
私の地域でも盆月になると1日と8日に先祖を迎える準備として松を明かし、送り盆が済んだ後20日と月末の松明しで、お盆を締めくくる風習が残っているんですね。


160815お盆④盆月に入ったら「盆棚」「精霊棚」といわれる棚を準備し、盆提灯を組み立てて飾りますが、一般的には仏壇の前にまこも(イネ科の水草)で編んだ敷き物の上に仏具と位牌と季節の果物などを置きます。
ほかに盆提灯に見立てたほおずきや、ミソハギの花、ナスやキュウリをさいの目に刻んで生米を混ぜたものに清水を満たした「水の子」といった器など、お盆ならではのお供え物をする地域が多いようです。
私の地域の曹洞宗では迎え盆となる13日の午前中、仏壇とは別に、仏具と位牌の他その時季に収穫できた野菜や果物を盆棚に供えます。さらに両側には栗の木の枝に仏札を吊るし、花と共に活ける風習があります。


160815お盆⑤そして14日の早朝には各家庭共こそって墓参りに出かけます。墓前には線香を立て、花、水、お茶、煮しめ、生米、お菓子などを供えます。小さい子供や孫たちのいるご家族では墓前で松を焚き、花火を明します。
多いところでは10数人の親戚縁者が集まり、それぞれ親戚の墓参りも同時に行われる墓参りツアーの始まりです。紫煙たなびく墓地は墓参りラッシュ。最後はお寺の本堂に立ち寄り、先祖の位牌を供養して解散。
親戚の先祖も一緒に供養して、なかなか合理的な墓参りです。


お盆は地域によって時期も違えば、迎え方や過ごし方も違いますが、遠く離れて暮らす兄弟親戚が一堂に集まることができる行事でもあります。古来から続く日本の伝統を大切に守りたいものですね。



商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。



下の<続きを読む>をクリックすると、二十四節気の立秋と七十二候の第三十七候から第三十九候まで、立秋前後の「季節の彩り」をご覧いただけます。
ご興味のある方はごゆっくりご覧ください。






二十四節気
上のバナーをクリックすると歳時記の概要をご覧いただけます。


第十三節気 立秋 りっしゅう           8月7日~8月22日

禾に火と書いて「秋」。禾(のぎ)は本来主食だったアワをさし、火は色づく、熟すを意味していました。秋は飽きるほどの食べ物で満ちあふれる実りの季節。立春からちょうど半年経過して、暦上の秋が始まります。
「秋が立つ」といっても、まだまだ真夏のまっ盛りで、どこにも秋の気配は感じられません。真夏日や熱帯夜はこれからもずっと続きます。

この日を迎えるとマスコミは「暦の上では秋ですが・・・」というアナウンサーの紹介で、北海道や高原から「秋の訪れ」を報道してくれます。言葉の上だけでなく、目や耳に涼しさを訴えてくれます。だからこそ、涼しい秋の訪れというのは喜しいものです。

太平洋高気圧の勢力も衰え始めると海にはクラゲが大量発生します。山の頂に登るとトンボが群雄を成して飛び交い、空にはブラシで描いたような雲が浮かんできます。8月ももう少しすると吹き抜ける風に、涼しさが伴い、秋っぽさを感じるようになります。涼しい秋を頭に思い描き、猛暑の夏を乗り切りましょう。

夏至と秋分の中間で、昼夜の長短を基準に季節を区分すると、この日から立冬の前日までが秋となり、日本の歳時記では翌日からの暑さを「残暑」といい、暑中見舞いから残暑見舞いに切り替わります。



七十二候IMG
上のバナーをクリックすると歳時記の概要をご覧いただけます。


第三十七候 涼風至 すずかぜいたる      8月7日~8月11日頃

秋の涼しい風が吹き始めるという意味ですが、実際にはまだまだ暑さが残っています。日が落ちると虫たちの涼しげな鳴き声が聞こえ始め、季節の移ろいを感じる頃でもあります。
夏の暑い風から、秋の涼しい風に替わりはじめ、もうすぐ秋を実感するようになります。湿気が少々収まり、カラリと晴れて風にも湿気がないことを感じる日が増えていきます。強い風の時は初嵐(はつあらし)、弱めに吹く風は初秋風(はつあきかぜ)と呼びます。
まぶしく輝いていた太陽も日射しを和らげ、夕方には鳴く虫たちの音色が涼しさを演出してくれるでしょう。


第三十八候 寒蝉鳴 ひぐらしなく        8月12日~8月17日頃

夏の終わりを告げるかのように、寒蝉(ひぐらし)が鳴いている頃。寒蝉は秋の季語ですが夏の虫です。その鳴き声から、カナカナ蝉と呼ぶ人がいます。体は緑色の地に、黒色や赤褐色の斑紋をもっていて、翅は透明でわずかに緑色を帯びています。
夜明けや日暮れに聴こえる鳴き声。昼間の騒々しいほどの蝉時雨(せみしぐれ)とは違って、夕暮れ時に響く寒蝉の音色は、何ともいえない涼感や物悲しさを感じさせてくれます。
無常や儚さをヒグラシに重ね、「秋もはや 其の蜩(ヒグラシ)の 命かな」と詠んだ晩年の与謝蕪村。松尾芭蕉は「閑かさや岩にしみ入る蝉の声」と詠いました。山に登って聞く蝉の鳴き声には、夏を惜しむような気持ちを感じてしまいます。


第三十九候 蒙霧升降 ふかききりまとう       8月18日~8月22日頃

朝夕に霧が立ちはじめ、秋の入り口を感じる時節を迎える頃。残暑が厳しい時季ですが、朝夕の空気はひんやりとし、朝霧や夕霧などが発生しやすくなります。
白く立ち込める幻想的な霧は早朝の森や水辺など、空気中で水分をたたえたところで見ることができます。同じ現象ながら春にも起きることがありますが、こちらの場合「霞」と呼ばれております。
この時季、江戸庶民にとっては夏に蓮の花を愛でる「蓮見」が大切な行楽でした。夏から秋へと巡るこの季節、上野の忍不池(しのばずのいけ)は、当時から江戸第一の蓮見場所として人気があり、蓮の若葉を刻んで米と炊いた「蓮飯(はすめし)」などを出す料理茶屋も多くあったようです。


季節の彩り
四季の彩りを添えてまいります。


月遅れお盆 つきおくれおぼん       8月13日~8月16日

160805お墓参り日本の盂蘭盆会(以下この項ではお盆と表記)は、仏教の盂蘭盆(ウランバナ)の行事と、今の自分があるのは、ご先祖さまのお陰であると感謝する先祖崇拝の心が合体したものです。古くからの農耕儀礼や祖霊祭祀などが融合して伝えられてきました。その習わしも、地域や宗教・宗派、あるいは時代によって さまざまに形を変えながら伝えられております。ですから、お盆という行事はこれが絶対に正しいという決まりはありません。しかし、親族が一堂に会し、先祖や故人を偲ぶというお盆の根幹をなす理念は昔から変わっていません。
月遅れのお盆は8月13日より16日までの4日間で、13日の夕方に迎え火を焚き、先祖の霊を迎えます。そして16日の夕方、送り火を焚き、ご先祖さまにお帰りいただくというのが一般的です。お墓参りなどで先祖の霊を供養した後、撤去した盆棚を精霊流しや灯篭流しで送る地方もあります。
詳しくは過去記事「お盆には先祖や故人を偲び感謝します」をご覧ください。



国民の祝日山の日 やまのひ            8月11日

160805早池峰山2016年1月1日に施行され、同年8月11日から国民の祝日となった山の日は、「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」ことを趣旨としています。
日本山岳会などでは多くの山開きが行われる6月1日を、「山の日にしよう!」と提案していましたが、「山の日制定議員連盟」の総会では、盆休みと連続させやすい利点があるとして8月12日を予定しました。しかし、この日は「日本航空123便墜落事故」と同日のため見直され、前日を「山の日」と決定しました。
最近では御嶽山の件もあり、山に対してはネガティブなイメージを抱きがちですが、逆に富士山をはじめとして山を誇れる国でもあります。とはいえ日本の国民的行事でもあるお盆が8月13日。飛び石で休みとなる会社員にとって11日の山の日が良かったかどうかという問題もあるようです。さらに6月に祝日がないのも、会社員にとっては納得いかないのかもしれません。


終戦の日 しゅうせんのひ               8月15日

160805飯盒2015年8月15日の「終戦の日」、日本武道館では全国戦没者追悼式が、天皇皇后両陛下や安倍首相をはじめ、遺族ら約7000人が参列し行われました。
天皇陛下は「さきの大戦に対する深い反省とともに、今後、戦争の惨禍が再び繰り返されぬことを切に願い」とお言葉を述べられ、安倍首相も「戦争の惨禍を決して繰り返さない。そして、今を生きる世代、明日を生きる世代のために国の未来を切り拓いていく。そのことをお誓いいたします」と、式辞を述べられました。
日本では8月15日は終戦の日として全国戦没者追悼式が毎年行われておりますが、これはあくまでも1945年8月15日に天皇陛下が戦争後の日本の在り方を定めたポツダム宣言を受諾し、日本国民と大日本帝国軍人に「玉音放送」という形で直接語り掛けた日であります。
しかし、交戦した各国の対日戦勝記念日は、降伏文書調印が行われた9月というところが多いようです。果たして日本のこの日は「終戦の日」なのか、「敗戦の日」なのか、定義が決まっていないようです。
詳しくは過去記事「二度と戻りたくない戦後70年」をご覧ください。


大文字焼き だいもんじやき                8月16日 

160805大文字焼き各地ではご先祖をお見送りする行事が盛大に行われます。中でも8月16日夜、夏の夜空にくっきりと浮かび上がる、「五山の送り火」は、京都の夏を彩る風物詩でもあります。他にも箱根や奈良、秋田、佐野など各地方でも大文字焼が行われています。
一般的に送り火そのものは、盆の翌日に行われる仏教的行事であり、再び冥府(冥府・死後の世界)に帰る精霊を送るという意味をもつものです。この行事が一般に広く行われるようになったのは、仏教が庶民の間に深く浸透した中世-室町時代以降であるといわれています。
その起源にはさまざま俗説があり、確かな記録も残されていないようです。「いつ、だれが、何のために」始めたのか謎のままながら、現在も「送り火」として地元の人々によって、数百年という長い歴史を受け継いでいる行事です。
詳しくは過去記事「夜空を焦がす大文字焼は夏の風物詩」をご覧ください。


藪入り やぶいり

160805藪入り江戸の昔、丁稚や徒弟制度など,奉公人が住み込みで働いていた頃の風習で、正月の1月と盆の7月16日に休みをもらい家に帰ることが許されていました。今は死語となってしまいましたが、これを藪入り(やぶいり)、あるいは宿入り(やどいり)といいます。この名残で今でも地方出身者は盆と暮れに帰省しているのです。
今でこそ薮入りってあまり聞きませんが、当時は奉公に出した我が子の立派に成長した姿を見るのが親として楽しみでもありました。「藪入りに旅立ちほどのいとまごい」といって、子供も親との久し振りの再会に喜び勇んで帰っておりました。
またこの時期は、嫁いだ女性が実家に戻ることの出来る時期でもありました。
詳しくは過去記事「やぶ入りおもしろ雑学」をご覧ください。


白樺 しらかば

160805白樺日本の高原を代表する木の1つ「白樺」。福井県を西端、静岡県を南端として北海道まで分布しています。
明るい場所を好み、生長が速く、ブナなどの暗い場所を好む樹木にとって代わられ、通常は一代限りで消えていきます。高さは20〜30m、幹は30cm〜1m程でまっすぐに伸びます。外皮は薄く、黄色みを帯びた白色で光沢があり、紙状に剥がれます。花期は春で、秋には黄色く紅葉します。
水原秋櫻子(みずはらしゅうおうじ)が詠んだ「白樺を 幽(かす)かに霧を ゆく音か」
どこからともなく霧が漂ってきて、ゆっくりと白樺林の中を流れ、霧が白樺に触れると、聞こえるはずのない音がわずかに聞こえてくるような気がする、と幽玄の世界を表現しております。
自然の主観的写生によってそこに感情が込められているようです。上高地の朝方の情景を水原秋櫻子はこの句に託したのかもしれません。


三大珍味 さんだいちんみ

160805ムラサキウニ三陸海岸は世界でも珍しいリアス式海岸。その独特の地形は深い入り江が多く天然の良港となっており、沖合いは「三陸沖」と呼ばれる世界三大漁場の一つに数えられています。
新鮮な鮑(アワビ)、雲丹(うに)、海鞘(ホヤ)、8月は三陸沿岸の海産物が旬です。
三陸以北でしかとれないエゾアワビはとても美味。岸壁に激しく打ち砕く高波にも頑として剥がれない強靭な強さが足の高い肉厚なアワビとなるからでしょう。
三陸のホヤは甘みがあって肉厚なのが特徴。そのままでも、わさび醤油でも、酢でも美味しくいただけます。
三陸の夏の味覚の代表格「ムラサキウニ」。殻をかち割って剥いた生ウニをスプーンですくって食べたり、焼いて食べたり。三陸の新鮮な三大珍味はこの時季にしか賞味できません。
詳しくは過去記事『海の味覚が旬「鮑、雲丹、海鞘」』をご覧ください。



関連記事

テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報

コメントの投稿

Secret

日めくりカレンダー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top