• 2016
  • 03/12
  • Sat

あの日の思いに手を合わせ

20160312黙祷②

2011年3月11日午後2時46分。東日本大震災。あの忌わしい悲劇の始まり。
あれから5年。未曾有の大惨事は今もって尾を引いております。
どす黒い恐怖の津波は小さな町を襲い、人々の命を奪い去りました。

20160312黙祷①
過去2度の苦難を乗り越え、復興した田老町。
高さ10m、全長およそ2.4㎞あった国内最大級の防潮堤を軽々乗り越えた津波は、町をひと飲みにしました。
恐怖の3.11は再び田老を奈落の果てに突き放したのです。
あの日水門を閉じに行ってそのまま不帰の人となった消防団員。無念の思いが募ります。
今もその傷跡が残る巨大防潮堤で、地元中学校の校歌に歌われる「防浪堤を仰ぎみよ試練の津波幾たびぞ乗りこえたてしわが郷土」と、卒業生は海の主に届けとばかりに声を高らかに合唱。
地震が発生した午後2時46分、地元のご遺族をはじめ参列者全員が手をつなぎ、何事もなかったような海に向って黙祷。181人の犠牲者の冥福を祈りました。

20160312夢灯り①
追悼イベントは夜も続きました。
日没後の閉伊川河川敷。4000本のキャンドルや灯篭にメッセージを託し火が灯りました。
  鎮魂の祈り夢灯り
  H23.3.11
  あれから5年…あなたを忘れない
地元寺院の住職により営まれた法要では、参列者があの日の思いに手を合わせました。
20160312夢灯り②



大惨事から指折り5年。田老町は様変わりしました。住宅街は近くの高台に移り、復興住宅が立ち並んできました。まだまだ復興途中ですが、元の中心部には野球場、道の駅などの建設が計画され、徐々に活気が戻ってきております。
20160312田老復興





下の<続きを読む>をクリックすると、二十四節気「啓蟄」、七十二候「第七~九候」及び「啓蟄」前後の「季節の彩り」がご覧いただけます。
二十四節気
上のバナーをクリックすると歳時記の概要をご覧いただけます。



啓蟄 けいちつ     3月5日~3月19日頃

「蟄」とは冬眠している様子を言い、「啓」とは動作や行動をするということで、文字通り地中で冬ごもりしていた虫が春の到来を感じ、草木が芽吹くと同時に地上へ這い出してきます。
吹雪の怖しい自然界もやがて終焉を迎え、陽春がみなぎり、融けた雪の後には緑の草木が生えそろうでしょう。重いコートを脱ぎ捨て、爽やかな空気を思いきり吸える春です。
この時期、桃の花も蕾を開き始め、北国では福寿草が咲き始めます。芽を出したばかりの毒性が強い福寿草、ふきのとうと間違わないようお気を付けください。関東では紋白蝶が見られるようになり、野山では鳥の鳴く声があちこちで聞かれ始めます。
暦便覧には「陽気地中にうごき、ちぢまる虫、穴をひらき出ればなり」と記されています。
中国では啓蟄のことを驚蟄といいます。その後、唐時代の一時期、啓蟄が使われていましたが、その頃日本でも啓蟄として使うようになったのです。二十四節気の名称のうち、日本と中国との間で違うのはこの啓蟄だけです。



七十二候IMG
上のバナーをクリックすると歳時記の概要をご覧いただけます。



第七候  蟄虫啓戸 すごもりのむし とをひらく    3月5日~3月9日頃 

土の中に穴を掘って隠れていた虫たちが、土の扉を開き出てくる時季です。
土から出てくる様子を、戸を開くと表したのは、戸を開けて新しい風に吹かれたい気持からなのでしょうか。気温も上がり、虫たちも陽光に誘われて姿を見せ始め、自然界がいきいきと輝いてくる頃でもあります。
「蟄居閉門」ということばがあります。江戸時代、武士または公家に対して科せられた刑罰のひとつで、家に閉じこもり門を閉じ、来客や家人の出入りを止める謹慎処分ですが、元々は家の中に籠もっているということです。渡辺崋山は高位の武士としては蟄居という最高刑といえる、今でいう無期懲役に処せられました。

第八候  桃始笑 もも はじめて わらう      3月10日~3月14日頃

桜や梅の華やかさの陰に隠れながらも桃の蕾が咲きかける時季です。昔は花が咲くことを笑うといいました。競うように桃の花がほころび始め、漂う香りが人々に改めて春の訪れを実感させてくれます。
この時季五弁の花を咲かせた桃の花は、夏に水分が多くて甘い果実を実らせます。「もも」は、多くの実をつけることから「百(もも)」とする説があり、邪気を祓う力があるというところから3月3日の桃の節句にはひな壇に桃の花が飾られておりました。しかし、おもてなしを想定させる日本女性のようにその存在は奥ゆかしく、梅や桜に比べると目立たない存在でした。
桃は遺跡の出土などから、縄文時代前期には日本にあったようですが、万葉集には7首しか詠われていません。一方の梅は118首が詠まれており、春の花といえば梅の花だったようです。

第九候  菜虫化蝶 なむし ちょうと なる     3月15日~3月19日頃 

成長した菜虫(青虫)が羽化し、紋白蝶になる時季でもあります。
菜虫とは大根やかぶの葉につく昆虫の総称で、特に紋白蝶の幼虫でもある青虫を指します。害虫と呼ばれ、嫌われていた幼虫がさなぎになり、ジッと寒さに耐え越冬した後華麗に蝶へと姿を変えるのです。ひらひらと舞う美しい蝶は、まさしく春の象徴ともいえます。
ところが紋白蝶の雌の習性として、交尾した後は自分が育ったキャベツ畑を去り、若芽をつけた別の畑に行って産卵します。何故かというと、紋白蝶の幼虫は緑色の保護色とはなりますが、天敵であるアシナガバチの攻撃から身を守るためなのです。紋白蝶の雌は、産卵場所を替えることで、この災難を逃れるのです。
まさに、食うか食われるか。自然界の掟も厳しいものがあります。

関連記事

テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報

日めくりカレンダー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top