• 2015
  • 12/25
  • Fri

暮れの風物詩 お飾り市で正月準備

12月27日からの七十二候冬至の次候で第六十五候「麋角解(さわしかのつのおつる)」に変わります。
大鹿が角を落とす頃。麋角(びかく)とは、「なれしか」の角をいい、大鹿のことで、トナカイの一種でもあります。トナカイはサンタクロースの橇(そり)を引く動物として親しまれておりますが、フィンランドの奥地では、あちらこちらにトナカイがたむろしているそうです。しかし、奈良公園の鹿のように馴れ馴れしくなく、人が近づくと逃げるそうです。多分、昔人によって危害が加えられたのでしょう。
逆に私の郷土辺りでは野生の鹿を見かけることもあり、山村では鹿の被害が絶えないようです。鹿に親しむということでは、何といっても奈良公園の鹿に尽きるでしょう。奈良公園の鹿は、この時期に角を落とされます。

20151225鹿

さてこの時季、年の暮れも押し迫り、ますます慌ただしい日々を送っていると思います。今年は後1週間も残っておりません。年末の大掃除も終わり、迎える正月準備に追われている方もおりますでしょう。私は今だに掃除も終わっていません。どうしましょう。
そういう私のルーズさとは裏腹に、街では27日から暮れの風物詩でもあります恒例のお飾り市が始まります。

20151225お飾り市
お飾りとは江戸時代から伝わる正月に欠かせない縁起物で、和紙に七福神や宝船、鯛あるいは打出の小づちなどを、金や赤の鮮やかな色で描いたもの。これを年末の大掃除をした後、神棚に飾って大漁や無病息災を願います。
うちでも毎年恒例になっており、暮れのお飾り市で買い、新しいお飾りと共に神社から入手した神札を飾って、新しい年を迎えます。

20151225お飾り
会場となる市場の駐車場には7~8件のテント小屋が軒を連ねます。90~180㎝のお飾りは大きさによって1枚500円から3000円程度で販売されます。
お飾りを作る方は各町会におり、1月から作り始めたお飾りは、この日のお飾り市で町会ごとに持ち寄り、店舗を構えます。仕事が休みの日に製作し、色を塗り重ねて手作りするため、1日5~6枚、年間で600枚程度が限度なんだそうです。

新しいお飾りを貼り変え、新鮮な神棚に歳神様を迎えて新年を迎えます。もうすぐです。新しい年が佳き年であることを願って今年の筆納めといたします。
今年1年間ご訪問いただきありがとうございました。ちょっと早いですけど、暮れのご挨拶でした。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。


二十四節気 冬至(とうじ)◇
二十四節気22番目の節気。12月22日および小寒(1月6日)の前日まで。
暦便覧は「日南の限りを行て、日の短きの至りなれば也」
最も夜が長く、昼が短い日。太陽の力が一番弱まり、翌日から再び強まるということから、運が向いてくるとされている。
冬至七十二候は次の通り。
第六十五候(冬至次候) 12/27~12/31 麋角解(さわしかのつのおつる)
ヘラジカの角が生え変わる頃。枝分かれした大きな角が抜け落ち、春にまた新しい角が生え始めます。
第六十六候(冬至末候) 1/1~1/5 雪下出麦(ゆきくだりてむぎのびる)
降り積もった雪の下で、麦が芽を出しはじめる頃。重い雪の下で、暖かい春をじっと待っています。


今日の独りごと

今日の独りごと1225昨日12月24日、JR釜石線のSL銀河クリスマストレインを見てきました。釜石から花巻までの路線、途中撮影スポットである遠野市宮守のめがね橋付近はライトアップされ、大勢の撮り鉄ファンで賑わっていました。
SLが通過する午後4時20分頃には薄暗くなり、ライトアップされた鮮やかな色彩と夕焼けの色に包まれるように、クリスマストレインは幻想的に走り抜けていきます。ゆっくりと煙を吐きながら。シュッシュポッポ、シュッシュポッポ、ポ~エ~。
昨年はカメラの電池切れで大失敗。今年こそはの意気込みの中、宮沢賢治の世界に浸ることができました。撮影場所の道の駅宮守にはイルミネーションが点灯。満員のクリスマストレインの歓迎ムード一色です。乗客の皆さんも楽しんだことでしょうね。


ご案内
都合によりしばらくの間、コメント欄を閉じさせていただきます。


参考サイト 暦生活びお三陸経済新聞



関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

日めくりカレンダー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top