師も走り回る? 歳末12月

12月2日からは七十二候の第六十候で、小雪末候の「橘始黄(たちばなはじめてきばむ)」に変わります。
橘の実が黄色く息づき始める頃。ミカン科ミカン属の柑橘類であり、緑の葉を絶やさない橘の木に黄色い実が成熟すると、鮮やかな色彩が映し出されます。
橘は不老不死の世界からもたらせられたものとして縁起がよく、正月の鏡餅などに飾られています。

20151130橘

さてさて明日から12月。師も忙しく走り回る師走です。もともと旧暦の12月を指す言葉で、具体的には12月下旬から2月上旬頃を指すといわれております。

ところで師とは誰のことかというと、教師、いわゆる学校の先生ではないんですね。師走と呼ばれていた奈良時代に、学校の先生などという職業はありません。
師とは大辞泉によると、人を教え導く人。先生。軍隊。僧・神父・牧師などを敬う語、と出ております。ここでいう師とはお寺のお坊さんのことなんですね。それではこのお坊さんがなんで12月は忙しく走り回っていたんでしょうかね。寒さに耐え切れない人々の死による葬式で忙しかったのかと考えていたら、本当のところは葬式で忙しかったわけじゃなかったんですね。

20151130僧侶
一説によれば、昔は各家で、その年内に犯し気づかなかった罪を悔い、年越し月の12月、その罪を消し去るため僧侶を招き仏名会(ぶつみょうえ)を行っていました。そのため12月は師が走りまわる師走(しはし)り月が師走(しわす)になったと言われていますね。平安末期の「奥義抄」には、「僧をむかへて経を読ませ、東西に馳(は)せ走るが故に、師走月といふ」とあります。

また別の説では、伊勢の神宮を始め、著名な神社やお寺の新しい暦や神札を配布し、新年の参詣の勧誘をして宿泊などの世話をする御師(おんし)のことを指しております。
12月は大晦日や初詣などがあり御師が一番忙しい時期なため、師(御師)が走りまわるという意味で師走という説もあるようです。

「日本書紀」には「十有二月(しはす)」、「万葉集」には「十二月(しわす)」とあり、古来から12月を「しわす」と呼んでいたようです。師走とは後世の当て字だったんですね。
※この項、過去記事「師走!! 年内犯した小さな罪を悔悟!」から一部引用しました。

とどのつまり「師走」には定説がないということですね。とはいえ現代では、師走は12月の象徴として定着しております。
師が先生と呼ばれる人であれ、お坊さんであれ、御師であれ、みなさん12月は忙しいんですよね。忙しくて、みんなが走り回る、それが12月なのでしょう。
かくゆう私も12月の声を聞いた途端忙しくなりました。お金と気持ちだけが多忙なんですけどね(笑)。


二十四節気 小雪(しょうせつ)◇
二十四節気20番目の節気。11月23日および大雪(12月7日)の前日まで。
暦便覧は「冷えるが故に雨も雪に也てくだるが故也」
山には初雪が舞い始める頃。冬とは言えまだ雪はさほど多くなく、冬の入口にあたります。
小雪七十二候は次の通り。
第六十候(小雪末候) 12/2~12/7 橘始黄(たちばなはじめてきばむ)
橘の実が黄色くなっていく頃。橘とは柑橘のことで、古くから日本に自生していました。常緑植物であることから「永遠」を意味するとされ、不老不死の実だといわれていたようです。


今日の独りごと

今日の独りごと1130 1992年バルセロナオリンピック柔道金メダリストの吉田秀彦さんをコーチとして迎えた「柔道教室」が、先日29日、地元の総合体育館で開かれ、市内の小中学生約200人を指導していただきました。
一時は総合格闘技に転向しましたが、現在の吉田さんは実業団「パーク24」の監督をしております。
約2時間の体験教室では参加者1人1人に直接アドバイス、自分も一緒になって柔道の基本である「受け身」を指導していました。さすが柔道着姿には風格が漂ってますね。
しかし、がっしりした体型ではあるんですが、当時のスリムな体格はどこへ行ったのでしょう。写真ではよく見えませんが、全盛期の姿を思い出すのにちょっと時間がかかりました。こればかりは仕方ないですね。時が人を変えてしまいますから(笑)。


参考サイト 暦生活彩時記、LIFE Trends



関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

言葉の由来は決定的なものが見つかりにくく
断定が難しいですね

NHKのテロップが「すいません」表記する時代です
言葉は少しずつ変わっていくのでしょう
若い世代の「大丈夫」がまだ理解しづらい私です
  • |2015.12.01(Tue)
  • |FREUDE
  • URL
  • EDIT

代替画像

歳を取ると一年が早いと言いますが、そう感じるのは私だけでしょうか。
橘の実を南国で見る事はありませんが、温州ミカンの外見をして
酸味が強いと聞いています。

奄美大島では特産のタンカンやポンカンに害虫が発生して
島外への移動が禁止されました。
多分、温暖化の影響だと思ってますが、師走らしい天候になって 
くれると有難いです。
  • |2015.12.01(Tue)
  • |南の風
  • |URL
  • EDIT

代替画像

matsuyamaさんへ!!

今月の7日までが小雪なのですねー。7火が大雪となるわけで本道は又豪雪に埋まるのでしょうかね~~
柔道は昔から背負い投げや内股での一本!が面白かったですが吉田さんは豪快で楽しみですねーこのような指導者の下で本来の日本柔道の投げ技を鍛えてほしいですねー!
  • |2015.12.01(Tue)
  • |荒野鷹虎
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: FREUDEさんへ☆彡

歴然としたものがあればいいんですが、人から人へ言い伝えられたものって、決定的なものがなくて憶測でしか判断できないですよね。憶測の範囲も人によってはまちまちですし、多方面にわたっていい伝わりますよね。

歴史学上の問題でもありますが、源義経の逃避行が宮古の海岸付近の北ルートを通って逃げ延びたなどという説も、まことしやかに語られてるんですよね。それが本当だったら当時の歴史を塗り替えなくちゃならないです。
最近の話し言葉にはギャル語とか「キモイ」とか「ウザッタイ」などといった表現が頻繁に使われますよね。日本語が乱れ飛んでいる昨今、年配者には意味が通じない時がありますよ。

  • |2015.12.01(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こんばんは
ちょっと眠くて頭が回りません。
後30日でお正月がくるんですね、
今年は何もできない様なとしだったようです。
でも漫々と暮らしてやすまった年かもしれません。
  • |2015.12.01(Tue)
  • |hippopon
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 南の風さんへ☆彡

新幹線並みの超スピードアップで過ぎ去って行きますよ。とにかく「待った」が掛けられない時間との戦いはどんどんデキレースが展開していくようです。

橘って蜜柑の別名だと思っていたら、同じミカン属ながら別品種なんですね。橘の酸っぱさは定評がありますね。そのままでは食べる人もいなく、もっぱら調味料代わりに絞って使うケースが多いようですね。
ポンカンはたまに聞くことはありますが、タンカンというのは馴染みがないですね。どちらも柑橘類なんでしょうかね。島外禁止となったら農家では困りますね。
繊細な気温の変化が影響するんですかね。

  • |2015.12.01(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 荒野鷹虎さんへ☆彡

厳密にいえば12月6日までが小雪ですね。7日から大雪に変わります。小雪というドアを閉めて、翌日大雪というドアを開くわけではないですから、同じ道の大雪という標識を通過するだけで寒さが極端に変わるわけではないですからね。
ただ徐々に大雪という深淵にはまっていくことになります。大雪(おおゆき)という言葉通り、豪雪に埋もれてしまう可能性はありますね。なるべくペチカという暖房器具で暖め、常時積もった雪を溶かしてください(笑)。

柔道は小さい者が大きい人を投げるという醍醐味がありますよね。見ていて小気味いいです。この日も小学校低学年の柔道未経験者が参加していましたが、体験の最後にはこの子たちが大きなコーチたちを背負い投げで投げ飛ばしていました。大人を投げ飛ばす夢のような体験に柔道への憧れが深まっていくのでしょうね。
  • |2015.12.01(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

先生なんて、先に生まれりゃみんな先生だからね。
  • |2015.12.02(Wed)
  • |和 八葉
  • URL
  • EDIT

代替画像

師走の話、おもしろかったです。
いろおいろな諸説があるのですね・・・

とどのつまり、皆が走り回る12月なのですね(笑)

なんで、皆、忙しくなるのかな(笑)
  • |2015.12.02(Wed)
  • |くろこ姫
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: hippoponさんへ☆彡

こんばんは。

2015年も残すところ後1月となりました。平々凡々と過ごしてきましたが、紆余曲折の1年でもあったような気がします。人間って多忙にしている時が充実感があるような気がしますね。忙しい時は暇を見つけようと一生懸命になりますが、考える時間ができると、良からぬ方向に走ってしまいがちです。
今年は何か時世に流されてその日を漫然と過ごしていたような気がします。もう少しメリハリのある生活設計を組み立てたいですね。とはいえ、残る人生あまり長くはないので、悔いのないものにしたいとは思いますけどね。

hippoponさんも、いつもの日々の睡眠と休養を十分とり、来る1年を聡明な頭脳と体力でお過ごしください。
  • |2015.12.02(Wed)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 和 八葉さんへ☆彡

先に生まれても先生といわれる素質のない人も大勢いますからね。特に代議士は先生呼ばわりされますけど、先生の資格がない人が大勢いるじゃないですか。周りから先生、先生と呼ばれて鼻高々になるんでしょうね。
  • |2015.12.02(Wed)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: くろこ姫さんへ☆彡

昔、兄貴が商売をしていた時、支払いは月末というお客さんが大勢いました。ですから毎月月末には集金に駆けずり回ってました。普通の月は翌月にまたがってもしようがないかという感覚でしたが、12月の晦日だけは翌年に繰り越したくないと、必死に集金してました。
兄貴は師ではないですが、12月になると必死に走り回ってたんですよ。お蔭でお年玉を貰ったことがあるんですけどね(笑)。
まっ、とどのつまり師でもないただの一般人でも良き正月を迎えるために走り回るってことですよ(笑)。
銀行振込みやカード払いの普及している現代では考えられない、昔のツケ商売の弊害ですよね。

  • |2015.12.02(Wed)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

もう12月早いですね~
なんか師ではないですが私も走り回ってます
休んでた分 頑張らないとね
  • |2015.12.02(Wed)
  • |こん☆
  • URL
  • EDIT

代替画像

こんにちは

師走の言葉一つでも、これだけたくさんのいわれがあるのですね。
びっくりです。
私は学校の先生だと、この年まで思っていましたが…
でも、いろいろな人たちがあわただしくしている12月にこれほどふさわしい言葉もありません。
とても楽しく読ませていただきました。
ありがとうございます。
  • |2015.12.03(Thu)
  • |カミさん
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: こん☆さんへ☆彡

1年は早いですね。
どうですか、お身体の方は。完治しましたか。
今年は厄年だったんですか。今度の正月は初詣で厄を落としてください。
遅れてたからといって頑張り過ぎないように。ゆっくりと自分のペースを守っていきましょう。

  • |2015.12.03(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: カミさんへ☆彡

有力な手掛かりのないいわれには尾ひれがついたり、それらしきものをあてがったりしますからね。突き詰めていくと僧侶の話だって、まことしやかに言い伝えられては来てますけど、どこまで信頼できる証言か分かりませんけどね。
でも師走って言葉は日本の中では浸透してきてますよね。12月=師走です。

12月の暦をめくると、「こと納め」とか「納めの観音」、「終い天神」など今年の終焉となる行事が建て続けに予定されています。やっぱり師でもある観音様や天神様が忙しく駈け巡る月でもあるんですね。
年の明けた1月は睦月といいます。睦月は親類一同が顔を合わせ、共に仲睦まじく過ごす月なんだそうです。駆けずり回った後には皆で仲睦まじく正月を祝いましょうっていうことなんですかね。
  • |2015.12.03(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • |2015.12.05(Sat)
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top