創建719年が燃えつきる

11月23日からは二十四節気の二十番目「小雪(しょうせつ)」に変わります。
雪が降り始める頃。まだ積もるほどではないところから「小雪」と呼ばれております。
気温も下がり、「冷えるが故に雨も雪に也てくだるが故也」地上に舞い降りる季節になりました。雪は地上の気温が3℃、上空1500m付近が-6℃程度になると降り始めるといわれております。寒暖の違いはありますが、年々初雪が見られるのはまちまちで、北海道では10月には観測されます。南下するほど初雪の時季は遅く、東京では年が明けてから初雪を迎えることが珍しくもありません。

20151120落ち葉

これから冬型の気象が強まってきますと、北よりの季節風が吹きはじめ、日本海側を中心に雪が降る気圧配置が続くようになります。日本海側に雪を降らせ、太平洋側では乾燥した冷たい風が吹き始めます。
空気が乾燥し、火災が発生しやすくなるこの時季には毎年「秋の火災予防運動」が行われます。今年は過ぎてしまいましたが、先日11月9日から15日まで行われました。
今年の標語は「無防備な 心に火災が かくれんぼ」。
過ぎたとはいえ、ひとり一人が、火災予防に対する意識を持つことで、火災による悲惨な焼死事故や貴重な財産の損失を防ぐことができます。引き続きそれぞれで防火意識は持ち続けたいものです。

20151120蕪島神社①
火災予防運動が始まる少し前、三陸ジオパークのジオサイトでもある青森県八戸市鮫島の蕪島(かぶしま)神社が去る11月5日未明、木造平屋の社殿や社務所など約280平方メートルを全焼しました。
出火原因は八戸署で調べているようですが、当時は人気もなかったところから、漏電による出火も考えられるようです。
蕪島の小高い丘の頂上にある神社は1296年に創建。建物は1780年に焼失しましたが、翌81年に再建され、来年は創建720年を迎える予定でした。観光のシンボルでもあり、弁財天を祀り、船の守り神として漁業関係者から大切にされてきた神社です。
今度の火災で719年の歴史が燃え尽きてしまいました。幸い負傷者はいなかったようですが、本当に火事は怖いです。空気が乾燥し、火災が起きやすいこれからは、特に歴史建造物等を扱う方々は十分気をつけてほしいですね。

20151120蕪島神社②
私も先日の10月4日、全焼する前の蕪島を見に行ったばかりでした。
ウミネコの一大繁殖地として天然記念物にも指定されている蕪島。その日はウミネコを見ることはできませんでしたが、繁殖期の春から夏の時季には数万羽のウミネコが飛び交い、黄色い蕪の花と織りなす光景が壮観なんだそうです。巣立った後なので、この時季の火災はウミネコには影響ないようですね。
もともと島だった蕪島は埋立て工事によって陸続きになり、そのまま棲み着いたウミネコの生態を間近で見られるのはここしかないそうです。

20151120蕪島神社③20151120蕪島神社④
階段を登り、丘の上に立つと神社の周りを巡る「運開きめぐり」の参拝コースがありました。島を3周回り神社にお参りすると心身が祓い清められ、運が向いてくるそうです。蕪島神社の運を私が引っ張ってきたのでしょうかね。
周囲からは太平洋の水平線や八戸港が一望に見渡せる蕪島、あまり知られてない観光名所ですが、市民の支援を受けながら再建に立ち向かっております。年内にはプレハブの仮社務所を建て、年末年始の初詣に対応するそうです。


二十四節気 小雪(しょうせつ)◇
二十四節気20番目の節気。11月23日および大雪(12月7日)の前日まで。
暦便覧は「冷えるが故に雨も雪に也てくだるが故也」
山には初雪が舞い始める頃。冬とは言えまだ雪はさほど多くなく、冬の入口にあたります。
小雪七十二候は次の通り。
第五十八候(小雪初候) 11/23~11/26 虹蔵不見(にじかくれてみえず)
曇り空が多くなる頃。陽射しが弱まり、虹を見ることが少なくなります。見ることができても、夏の空のようなくっきりとした虹ではなく、ぼんやりとすぐに消えてしまいます。


今日の独りごと

今日の独りごと1120先日、子供たちに薪割りを体験してもらおうと市内の会場で薪割り大会が行われました。
今の住宅の暖房はエアコンか石油や電気のストーブ。薪ストーブはほとんど見かけません。燃料としての薪はなかなか手に入りませんし、販売されているとしても高いですよね。
我々の時代の暖房は囲炉裏か薪ストーブが主力で、燃料にするための薪づくりは子どもたちの役割でした。斧や鉞(まさかり)を使って薪を準備すること事態、本来重労働なんですよね。
昔の風情が薄れていく中で薪割り体験をする子供たちにとって、楽しいイベントだったかもしれません。自然と触れ合いながら、おじいちゃん、おばあちゃんの時代の生活様式を覚えてもらうことも、子供たちにとっては新発見につながるのかもしれないですね。


参考サイト 暦生活彩時記、デーリー東北青森県観光情報サイト



関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

早いですね またまた雪の季節
寒くなってきました
昔子供の頃 薪ストーブ 風呂も
薪でした 薪割りしてました させられて
ました~
  • |2015.11.20(Fri)
  • |こん☆
  • URL
  • EDIT

代替画像

穏やかなブログにこんなコメントを書きたくはないのですが
今韓国人による神社への放火が全国で200件(400件?)以上あるのだそうです。
賽銭泥棒は言うに及ばず。
直ちに韓国人と中国人のビザなし渡航を中止しないと大変なことになると思います。
日本人は彼らに対して甘く考え過ぎです。
はっきり書いてしまいますが彼らは異民族です。
表面甘い言葉を吐いても腹の中は違います。
  • |2015.11.21(Sat)
  • |まりりんご
  • |URL
  • EDIT

代替画像

おはようございます。
緑風荘も燃えて、、なにかやくばらいしたほうがいいみたいな
南部地方ですねぇ。
  • |2015.11.21(Sat)
  • |hippopon
  • |URL
  • EDIT

代替画像

子どもの頃、蒔割の手伝いをしたことがありました
非力な私には重労働だったことを思い出しました

神社仏閣の火災はほとんどが放火である、と聞いております
昔はそうだったのかも知れませんが
今は変質者でない限り、放火はできないでしょう

電気が発明されて生活は大きく変わりました
漏電による火災、従事者もやりきれないでしょうね
  • |2015.11.21(Sat)
  • |FREUDE
  • URL
  • EDIT

代替画像

季節らしからぬ暖かさに、特産であるスナップエンドウの生長が
早過ぎて実になってるみたいです。
田舎は空豆がブランド品になっているのですが、昨年のエンドウの
高値に、今年はそれに代えた農家も多くて豊作貧乏になったと嘆いています。

小さい頃は山へ行って、枯れ枝を取ってくるのは子供の仕事の一つになって
ましたが、当然のように大きい丸太を切らされて、蒔き割りをしていました。
  • |2015.11.21(Sat)
  • |南の風
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: こん☆さんへ☆彡

今年もまたまた辛い季節がやってきましたね。豪雪に見舞われなければいいのですが。

そうそう、風呂も薪でした。風呂掃除から、井戸水を汲んで水を張ったり、風呂を焚いたり。子供ながらに手伝いをしてましたね。
たまたま家業が製材業をしてたものですから、板切れやひっ屑の売れ残りを風呂釜の燃やし付けに使ってました。火が付くまで竹筒で吹いたりしてね。お蔭で薪ストーブの焚きつけはうまいもんですよ(笑)。


  • |2015.11.21(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: まりりんごさんへ☆彡

まっ、確かに彼らの犯罪の臭いは強いですけどね。これだけは八戸署の捜査の進展を見守るしかないですね。
過去の犯罪実績があるのでしたら、その方面からも捜査にメスを入れることも必要でしょうね。こちら方面でもあちらの方々のアパート入居など、長期滞在が目につきますからね。
性格的に模倣、難癖をつけたがる人種ですから、日本への恨み、嫉妬などが要因になってるところもあるでしょうね。アジアの大国では日本の土地やホテル株の買収など、日本をターゲットにしているようですしね。今の制度では外国人による土地の売買や株の買収などは規制できないのかもしれません。これらこそ法改正が必要かもしれません。
いつまで続くか分かりませんが、今は観光や爆買いによる資金の投下など、日本にメリットの面もあるかもしれませんね。

  • |2015.11.21(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: hippoponさんへ☆彡

そういえば緑風荘も全焼しましたね。お詳しいですね。座敷わらしだけは助かったそうですけど。

来春には営業再開するようですけど、今回の蕪島神社の全焼など、歴史的建造物の火災などが相次ぎますね。
仰るように厄払いが必要かもしれません。



  • |2015.11.21(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: FREUDEさんへ☆彡

困窮で子だくさんだった昔は、子供とはいえ、その家の稼ぎ手でしたからね。
薪割りはもち論、井戸水からの水の汲みだしなどは子どもの役割でした。これが重労働だったんですよね。

自分の近くの神社は宮司さんが住んで居りますが、昨今の宮司さんはサラリーマン化して毎日通ってますからね。神社はお社だけというところが多く、防火防災はセキュリティ会社に依頼してるところが多いようです。
この火災で宮司さんはかなりショックが激しく、鎮痛の面持ちだったそうです。

  • |2015.11.21(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 南の風さんへ☆彡

そうなんですか。農家もイチかバチかの投機みたいなもんですね。
当たればいいですけど、豊作貧乏にでもなったら目も当てられないですね。

柴刈りなどもそうですが、薪割りや水汲みなども子供の役割でした。
大きい丸太の薪割りは楽しんでました。まさかりを振り落として見事に真っ二つに割れた時は気持ちが良かったんですよね。
小学校の時は学校のストーブ用に準備した薪を、全校生徒で校舎の脇に積んだ記憶があります。

  • |2015.11.21(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

寒くなりましたね(>_<)

いつもコメント頂いているのに、
コメント返しができなくてすみません。

「小雪」ですか。
だらか昨日は寒かったんですね!!
これからもっと寒くなるので、
matsuyamaさんも風邪には気を付けて下さい。
  • |2015.11.24(Tue)
  • |いねむり姫
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: いねむり姫さんへ☆彡

お忙しそうで何よりです。

積もらない程度だけど雪が降りだすという季節ですね。こちらの内陸部の盛岡では昨日23日に初雪があったようですけど、まさに小雪ですね。それでも去年より10日ほど遅いということです。
そちらではあまり見かけない光景でしょうが、こちらでは恒例のタイヤ交換ラッシュのようです。スタッドレスタイヤに交換しようと専門店には予約が殺到しているようです。
寒さを忘れる位忙しそうですが、健康で今冬を乗り切ってくださいね。


  • |2015.11.24(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

matsuyamaさんへ!!

おばんです!
小雪を通り越して大雪になりました。苦笑い)気温も氷点下となり初の冬日でもありました。
後はクリスマスを迎えるばかりですね~~!
  • |2015.11.24(Tue)
  • |荒野鷹虎
  • URL
  • EDIT

代替画像

又、薪割りストーブ、はやってきているそうですね!
那須にいくと、それ専門の、ストーブやさんあります。

でも、今、薪が、手にはいりませんよね・・・
勝手に、木をきるなんて、できないですものね・・・

地方ならではの、楽しみかもしれないですね・・・
暖炉の火は、あったかですし、ぜいたくです。
  • |2015.11.24(Tue)
  • |くろこ姫
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 荒野鷹虎さんへ☆彡

こんばんは。

大雪ですか。いよいよ冬本番ですね。股引き2枚履いて厳寒に耐えてくださいね(笑)。
こちらも今日は雨、明日はみぞれの予報です。招かれざる冬将軍の到来ですね。北から進軍してくる冬将軍、日本に上陸する前に、北海道の地点で粉砕してくださいね(笑)。
寒さに身体が慣れるまで大変ですけど、お酒は控えめにクリスマスまでにはサンタクロースさんと対等に渡り合える、寒さに負けない体つくりをしてください。ホワイトクリスマスになってほしいですね。

  • |2015.11.24(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: くろこ姫さんへ☆彡

そうですか。薪ストーブ、リバイバルなんですか。
あ~、那須あたりだったら暖炉で薪を焚いているとサマになりますよね。
自分も昨年、ちょっと気取ってみようとスト-ブやさんを物色してみました。ペチカみたいな高級暖炉は論外ですけど、ダルマ型の薪スト-ブなら5000円位から売ってました。今思えばあの時買っておけば良かったな~と悔やんでいます。
ただキャンプならいいんですけど、隣家が迫ってる住宅地では煤煙に苦情が出るのではと心配でした。
薪のことは家にいっぱい山積みになってますし、野山に行けば枯れ枝がいっぱい落ちてますから、心配ないんですけどね。

  • |2015.11.24(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top