南海トラフ巨大地震発生に備えての防災訓練

9月2日からは二十四節気処暑の末候で、七十二候・第四十二候「禾乃登(こくものすなわちみのる)」に変わります。
禾(のぎ)とは長い間主食であった粟(あわ)を指す言葉です。現在では穀物全体を意味しますが、疲弊していた昔の百姓は年貢米として耕作していた米を、自由に食べることもできませんでした。夢みたいな食べ物だった米も、黄金色に色づくこの頃に台風や雷で倒され、収穫できない年が続きました。台風は野分(のわけ)として怖れられながらも、雷は稲を実らせると喜ばれていたのです。金色に光る雷鳴を「稲光」、「稲妻」などと呼ぶのもそのためだったようです。

150830稲

「地震、雷、火事、親父」とはひと昔前の話で、怖いものを象徴した言葉でした。今でも怖いものの一番手が「地震」であることには変わりありません。
9月1日は「防災の日」です。1923(大正12)年のこの日、関東大震災の大惨事を繰り返してはならないと、1960(昭和35)年に 国土交通省が制定しました。
ここ田舎の町でも防災の日を前にした今日8月30日、市や自衛隊、医師会、民間企業、各地区自治会が一体となって総合防災訓練が行われました。
大雨洪水、土砂災害、津波を想定した訓練には825名の方々が参加。大震災を体験しているだけに、参加者のどなたも2時間の訓練は真剣に行われました。
150830防災訓練

一昨年有識者会議では、太平洋沖に延びる南海トラフでの巨大地震が発生すると、マグニチュード9.1が想定され、最悪で死者33万人、220兆3千億円の経済被害が出ると発表しました。東日本大震災の10倍の被害額になります。
これを受け、内閣府の調査部会では「確度の高い予測は難しい」とする否定的な報告書を公表しながらも、昨年政府では南海トラフ地震と首都直下地震の防災対策を進めるための基本計画を策定しました。それによると最悪約33万人に上ると想定される死者数を10年間で8割減らすとの数値目標が盛り込まれております(詳しくはこちらの新聞をご覧ください)。

防災の備えとして「水と食料」は大切ですが、これに加えて3.11にも見られたように、エネルギーの確保が重要になってくると思います。
緊急時に必要なのは照明、冷蔵庫、暖房機器、そしてテレビや携帯電話などの通信機器です。電気製品を動かすための電気エネルギーを蓄えるには、家庭用蓄電池がありますが、まだこちらは高価で普及してないのが現実です。
しかし、最近評価されだしてきたのがプラグインハイブリッド車や電気自動車。次世代自動車といわれるPHV車は大容量蓄電池を搭載しており、給電機能を備えてあれば最高9日間電気を使うことができるという話もあります。PHV車数台あれば、緊急時に避難所への逆供給も可能となるでしょうね。
これからは次世代自動車の普及が待たれます。備えあれば憂いなし。防災意識を高めていきたいものです。
150830PHV車150830給電設備



二十四節気 処暑(しょしょ)◇
二十四節気14番目の節気。8月23日および白露(9月8日)の前日まで。
暦便覧は「陽気とどまりて、初めて退きやまむとすれば也」
朝夕はいく分かしのぎやすくなり、昼間の短くなったことを感じる頃。
処暑七十二候は次の通り。
第四十二候(処暑末候)  9/2~9/7 禾乃登(こくもの、すなわちみのる)
日に日に稲穂の先が重くなってくる頃。稲穂はこぼれるように実り、色づき始めます。しかし、この時期は台風が襲来してくる時期であり、各地で農作を祈るお祭りが開催されます。



今日の独りごと

今日の独りごと0830最近見かけないと思っていたツバメ。先日コンビニの軒下で見ました。黄色い嘴をした雛3羽が、親鳥の運んでくる餌を、ピーピー鳴きながら待ち構える姿が微笑ましかったですね。
ツバメは古くから里山の自然の中で生きてきた、人と自然との共存を象徴する野鳥ですよね。近年、ツバメは減少しているといわれていますし、現にその姿をほとんど見かけませんでした。都市化が進み、餌の捕獲となる田や緑の減少、家屋の洋風化による軒下の減少などが叫ばれています。
それだけではありません。ツバメに必要なのは、子育てを見守る人の優しい心だと思います。幸いここコンビニを訪れる人たちは立ち止まって、子育て中のツバメの親子を優しい眼差しで見守っていました。
後は天敵でもあるカラスの襲撃を受けないで、南の国に帰って行ってほしいですね。


参考サイト 彩時記朝日新聞マイナビニュース



関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

人間が自分たちに危害を加えないことを知っているツバメは
人間の住む家の軒下などに巣を作る、と聞きました
出入りが多い場所の方が天敵から身を守ることができるようです

転じてツバメの巣は繁栄を意味し、なおさらに喜ばれたようです
  • |2015.08.31(Mon)
  • |FREUDE
  • URL
  • EDIT

代替画像

電池少し買っておきますww
明日は防災の9月1日でした。
夏が行ってしまいますね。
  • |2015.08.31(Mon)
  • |hippopon
  • |URL
  • EDIT

代替画像

昔の南国は国の勧めもあって二毛作をしてましたが、米作をしても価格が合わずに、田んぼは荒れ放題になっています。
ついこの前、川内原子力発電所が再稼働をしましたが、近隣の住民からは避難訓練なしの稼働に疑問を抱き、当局に早急な訓練の嘆願書を出してるそうです。

小さい頃は軒下にツバメが巣を作ってましたが、今はツバメすら見る事は少なくなりました。
温暖化の影響ではないのでしょうが、雀もいなくなっています。
  • |2015.08.31(Mon)
  • |南の風
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: FREUDEさんへ☆彡

昔の瓦屋根の家にはツバメが巣を作っていたことがありました。
軒下の巣に飛び交うツバメの親子は日常の光景だったんですけどね。

最近ではスズメが巣を作り子育てをしてるんですが、飛び立つ前に雑食のカラスに襲われているようです。昔のカラスはこんなにガツガツしてなかったような気もしますが、今は周囲の都市化で餌不足になってるんですかね。
  • |2015.08.31(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: hippoponさんへ☆彡

普段何気に使ってる電気も停電になると、有難さが分かりますよね。
外部からの情報は一切入りませんし、情報発信もできません。大震災の時は携帯電話も使えませんでした。情報収集にはトランジスターラジオが重宝でしたね。ポータブルで利用できるカセットコンロや簡易トイレも便利です。
ライフラインが復旧するまでの1週間ほどが問題でしょうね。幸い大震災の時は被災中心地は別にして、電気が翌日、水道が3日位で復旧しました。固定電話は津波で電柱が流され、復旧に3週間位かかったように記憶してます。
万が一のトラブルも直面しないと深刻に考えないのが人間の心理。熱さも喉元を過ぎれば忘れてしまいます。日ごろの鍛錬が必要かもしれませんね。


  • |2015.08.31(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 南の風さんへ☆彡

そうでしたね。雪と氷で春先まで閉ざされる北国には考えられない二毛作です。土地が栄養不足に陥らないもんですかね。
原発稼働反対運動の強い中での再稼働は圧力もあったでしょうね。かといって現状では原発に代わるエネルギー源がありませんからね。第3のエネルギーが開発されるまでは、正しく活用していく必要があるでしょうね。福島原発のように嘘の上塗りをしてはいけません。現状のままで再稼働するには地元住民に安全面を認識してもらわなければなりません。説明会と共にケースごとのトラブルを想定し、避難訓練を進めるべきでしたね。もっとも反対派の避難訓練妨害も考えられますけどね。
ツバメを見かけなくなりました。日本野鳥の会では農耕地の減反で餌場の減少、建物の洋風化で巣が減少している原因ではないかと言ってるようです。増やすには緑化運動を強化し、餌を捕獲しやすいように環境を改善する必要もあるかもしれませんね。
  • |2015.08.31(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

今私が恐いのは安倍総理、国民の理解が深まらないまま安保法案を無理やり通そうとしている。
  • |2015.09.01(Tue)
  • |和 八葉
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 和 八葉さんへ☆彡

「戦争法案」「徴兵制復活」とも言われた安保法案ですが、産経新聞によると「必要」とする人が58%という結果がありますね。にもかかわらず「今国会での成立」は56%が反対しているようです。安保法案は必要としながらも今国会での成立に反対するということは、もう少し審議を続けるべきだということなのでしょうか。
確かに隣国の侵略行為には目に余るものがありますが、現法案ではこれを阻止できないのが現状です。安保法案の成立によってこれを防衛する必要はあると思います。ただその防衛策としての集団的自衛権や憲法第九条の問題などで国民が理解納得できないから揉めているんですよね。
もう少し審議を続け、識者以外の我々一般人にも理解できる法案を目指してほしいもんですね。

  • |2015.09.01(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こんにちは

南海トラフでの巨大地震が起こると言われている場所の右の端の方が、駿河湾なんですよね。
我が家もしっかり震源地となりそうな場所にあります。
以前は東海地震が来ると言われていましたが、さらに範囲が大きく広がって、不安でいっぱいですよ。
一応色々の準備はしてあります。
食料と水は1週間分、カセットコンロを使って土鍋でご飯もたけますけど、来ないのが一番ですもの。
供えあれば憂いなしとも思いながら、神社で願う事は『どうか地震が来ませんように…』なんです(*^_^*)
  • |2015.09.02(Wed)
  • |カミさん
  • |URL
  • EDIT

代替画像

|matsuyamaさんへ!!

おばんです!
今後大地震が着て想定外だったら、又「想定外」で逃れるつもりでいるのかといいたいですねー。渇)


国のいうことはこんな程度なのに保守支持者には分かってもらえないのですね~自殺)

安倍総理が居座る限りは日本には平和どころか再びアノ悲惨な戦争が来ることを知るべきでしょう・。!!
  • |2015.09.02(Wed)
  • |荒野鷹虎
  • URL
  • EDIT

代替画像

コンビニの従業員と経営者が優しい方でよかったです。

お店によっては糞害、
というかおそらく糞の掃除の手間を嫌って、
巣を壊してしまうところもありますから。

ツバメの巣ができる家は繁栄すると言われます。

巣を撤去した店はその逆の運命でしょうね。
  • |2015.09.03(Thu)
  • |まりりんご
  • |URL
  • EDIT

代替画像

おはようございます

もう大きな地震は勘弁ですがきっと来るでしょうね。南海トラフの地震も東京直下も。その時慌てないように今から備えをしておかねばと思います。東日本大震災のあの悲しい教訓を心に体に叩き込んでおかねば。

今年は天候不順ですが稲は順調でしょうか。そういえば昔田植えの頃ですから6月あたり、曇ってもいないのに空?がまるで稲光のように光る現象がよくありました。母や祖母は「この光があると稲がよく育つ」と言って当たり前のように見ていましたが不思議な光景でした。
そんなことを見たことがおありですか?
  • |2015.09.03(Thu)
  • |見張り員
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: カミさんへ☆彡

昔「日本沈没」という小説がありましたが、南海トラフの巨大地震が発生したら、それこそ日本は沈没してしまいます。南海トラフの発生地域は日本の心臓部で、人口が密集してますからね。最悪東日本大震災の10倍ほどの被害が発生すると思います。
ビルの崩壊、家屋の倒壊、火災の発生、さらには津波の襲来などあらゆるトラブルが想定されます。震源地だったらもう覚悟は決めておかなければならないでしょうね。
とはいえ、起こらないことを祈るだけです。地震予知の外れることを期待しながらも、準備だけはしておかなければなりません。ライフラインの復旧には1週間位かかるようですが、自宅が倒壊して避難所生活になると安定するまではそれ以上かかります。東日本大震災の被害を大きくしたのは地震以上に津波だったと思いますからね。
何はともあれ現在の平和な生活が長く続くよう願うだけです。

  • |2015.09.03(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 荒野鷹虎 さんへ☆彡

阪神淡路の大震災を経験しておきながら、東日本大震災ではその教訓を活かしきれませんでした。まだ記憶に新しい出来事ながら東日本大震災での政府の対応は後手後手に回ったような気もします。
想定外といえば想定外の津波の襲来や原発の事故などが重なりましたからね。

人間の記憶力というものは限界があるんですね。大震災後4~5年の今は記憶も確かでいいのですが、これが50年、100年後には伝承する人たちも減少し、その恐怖感も薄らいでくると思います。
戦後70年でさえ戦争の脅威を伝える方々が減少している中で、日本の最高指導者が国を守ると言いつつ、国民を戦争の脅威に陥れるようなことをしてはならないですね。


  • |2015.09.03(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: まりりんごさんへ☆彡

巣を作られたコンビニは海岸近くにあり、4年前の東日本大震災の津波で被害を受けたお店です。
当時、ツバメの巣があったかどうか分かりませんが、4年後の今は復旧し、周辺にあるコンビニよりは隆盛を誇っているように見受けます。ツバメの巣ができる家は繁栄する、を地で行ってるのでしょうかね。

うちの倉庫の屋根裏にはイソヒヨドリが巣を作って子育てをしていますが、ちっとも繁栄しません(笑)。
やっぱりツバメでないと駄目なんですかね。もっともイソヒヨドリも子育ての途中でカラスに襲われ、成長しないまま終わってしまってるのが繁栄しない原因なのかもしれませんけどね(笑)。
  • |2015.09.03(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 見張り員さんへ☆彡

日本近海の地震ではないのですが、チリ地震など遥か彼方の地震の影響で三陸沿岸は過去数回津波の襲来を受けてるんですよね。
明治や昭和初期には今回のような被害を受けてます。その頃の恐怖を知っている方は今はほとんど住んでいません。
地震は忘れた頃やってくるといいますから、南海トラフ巨大地震も東日本大震災を忘れた遠い先になるかもしれません。願わくば地震予知が外れてくれればいいんですがね。
ここ1週間ほど青空の見えなかった日が続き、稲の生育には影響したと思います。新聞では「やや良」という発表もありましたが、夏に戻ったような昨日今日の天気に何とか回復しそうです。
昔の人は二百十日頃の稲妻は豊作もたらすと言って喜んでいたようですが、逆に台風で刈り入れ寸前の稲がなぎ倒され、がっかりしていたのも記憶に残ってますね。


  • |2015.09.03(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

地震怖いですよね(>_<)

南海トラフ地震も首都直下型地震も
そろそろくると言われているので、
気がゆるめないですよね。
東日本大震災の時は、東京都では最大震度5強を
観測したそうですが、震度5で街はパニックだったので、
震度7がきたらどうなる事やら、と心配です。
こういう訓練をしておくともしもの時のために
役に立つので大切ですよね。
学校の避難訓練も適当だったので、
時間を掛けてきちんとした方がいいと思います。
  • |2015.09.04(Fri)
  • |いねむり姫
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: いねむり姫さんへ☆彡

当時の最大震度7は宮城県で発生してましたけど、こちらは震度5強でした。それでもあの揺れはかつて経験しなかった揺れでしたね。
地震によって全壊した民家はそれほど多くはなかったと思いますけど、被害を大きくしたのはその直後の津波だったと思います。地震で地盤が緩んでいたところに津波で根こそぎ流されましたからね。
震度7は当然大きく揺れると思います。こちらの田舎では大きなビルがないですから、倒壊による被害は少ないでしょうけど、高層ビルの多い都会では被害が拡大するでしょうね。さらに海岸付近は市街地になってますから、津波が怖いですよね。
パニクると冷静な判断ができなくなります。訓練による避難体験をしておくだけでも対処方法を身体で覚えられ、万一の時慌てずに済むと思いますよ。


  • |2015.09.04(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

つばめ、みないですか?
私の行っている、ガソリンスタンドに、
毎年、やってきます。
巣をつくるところも、一緒だし・・・
そのガソリンスタンドでは、
子供がおちても大丈夫なように、、巣の下に
子供をうけられるように、工夫して、
かごみたいなのを、作ってあげているんですよ・・・
つばめがくるのが、毎年、楽しみです。
  • |2015.09.04(Fri)
  • |くろこ姫
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: くろこ姫さんへ☆彡

そのガソリンスタンドには毎年来るんですか。居心地いいんでしょうね。
全国的に見ると減ってるんだそうです。うちの方でもここ5~6年、見てませんでしたよ。

雛の落下を防止するための籠を準備しているなんてGS所長の強い理解があればこそですね。そのGS繁盛してませんか。
人の出入りが激しいところは燕も敬遠するのかと思ったら、むしろ出入りの激しいところの方が適所なのかもしれませんね。人の動きが害鳥を寄せ付けず、子育てに専念できるからなんでしょうか。
餌を待つ間の黄色い嘴、何とも言えないほほえましい光景ですもんね。
  • |2015.09.05(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top