二度と戻りたくない「戦後70年」

8月15日は70回目の「終戦の日」です。日本武道館では全国戦没者追悼式が、天皇皇后両陛下や安倍首相をはじめ、遺族ら約7000人が参列し行われました。
天皇陛下は「さきの大戦に対する深い反省とともに、今後、戦争の惨禍が再び繰り返されぬことを切に願い」とお言葉を述べられ、安倍首相も「戦争の惨禍を決して繰り返さない。そして、今を生きる世代、明日を生きる世代のために国の未来を切り拓いていく。そのことをお誓いいたします」と、式辞を述べられました。
終戦から70年を迎え、参列する遺族の世代交代が進んでいて、戦没者の妻は14人と、これまでで最も少なくなった一方、戦後生まれは1109人と、初めて2割を超えました。

150815煙突

終戦の日を前に広島と長崎で、それぞれ原爆犠牲者の平和記念式典が行われましたが、原爆が投下された後、8月10日にはここ東北の小さな漁港にも空襲がありました。
市内最大の工場である精錬所の煙害防止のために作られた160mの巨大煙突やJR山田線宮古駅、日本最東端にある魹ヶ崎灯台などがグラマンの標的となり、500ポンド爆弾2発、ロケット弾2発が撃ち込まれました。

150815鉄橋150815弾痕跡
さらに20機程のグラマンはJR山田線の鉄橋を爆撃。機銃掃射を受け、50数発の弾痕跡のうち10数発が圧さ9㎜の鉄板を貫通しました。穴の直径は20㎜位あり、その威力の凄さが伝わってきます。この爆撃によって列車は運行を一時停止。鉄橋近くのトンネルに避難していたそうです。爆撃を受けたJR線の鉄橋は先の東日本大震災で流失しましたが、弾痕跡の残るその一部は保存されており、今でも見ることができます。
この日の空襲は港湾、鉄道、工場が目標だったようです。実際は学校なども狙われ、子ども、老人、主婦などが死亡しており、無差別攻撃だったようです。この日の犠牲者は13名、記録に残っていない死亡者も含めると、その数はもっと膨れ上がるようです。

150815展示品
150815飯盒150815国民服
働き盛りの男たちは兵隊に取られ、戦時中の市民の生活は貧しかったようです。残された主婦や老人たちが山間部にある小さな畑を耕し稗、そば、麦などの雑穀を作って食べていたそうです。
戦時中の衣類は国防色の上着とズボンを着、帽子を被っていました。女性は着物の上から「もんぺ」を履き、何かの集まりがあるときはその上に白い割烹着を着ていました。年配の男性や子どもは着物に股引きを履いていたようです。

8月15日の終戦は、ラジオがなかったので、玉音放送を聞くことも出きず、戦争が終わったことも知らないで過ごしていたそうです。その方は何で終戦を知ったかは記憶にないようですね。
また戦地で終戦を迎え、詔勅(しょうちょく)をラジオ放送で聞いた兵隊さんは大騒ぎだったようで、毎晩悔しがってぶどう酒を飲んでいたそうです。

今回は8月15日の終戦記念日ということで、歳時記の主旨ではないのですが、地元の戦時中の悲惨な生活を振り返ってみました。
いま安保法制の審議などで国会は紛糾していますが、このような悲劇は二度と繰り返してはいけません。戦争に巻き込まれないよう、国も我々もしっかりと冷静に判断していきたいものです。


二十四節気 立秋(りっしゅう)◇
二十四節気13番目の節気。8月8日および処暑(8月23日)の前日まで。
暦便覧は「初めて秋の気立つがゆえなればなり」
暦の上では秋となるが、残暑はなお厳しい。高原からは秋のたより。
◆立秋の七十二候は次の通り。
第三十八候(立秋末候) 8/18~8/22 蒙霧升降(ふかききりまとう)
森や水辺に白く深い霧がたちこめる頃。朝夕のひんやりとした心地よい空気の中、深い霧が幻想的な風景をつくりだします。


今日の独りごと

今日の独りごと08158月14日、宮古港開港400周年を記念して海上花火大会が開かれました。当日はスタート直前から降り出した生憎の雨で、折角の花火が台無しです。
宮古湾海上花火大会は毎年開催されているもので、今年が第48回。7月25、26日に行われた夏まつりの締めくくりとして行われました。海上から打ち上げられる花火が夏の夜空に舞い、祭りは最高潮に盛り上がるはずだったんですが、無情にも空から舞い落ちるのは冷たい雨。
お盆の帰省でゆっくり田舎を楽しもうと出かけた浴衣姿の見物客も、あまりの寒さに途中から退散。閑散とした花火大会になってしまいました。しようがないですね。こんな年もあります。来年は星空の下、華麗な大輪を見たいものです。


参考サイト 暦生活TBSnewsI、読売新聞岩手版




関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

ギャンブルが苦手な私を、たまに友人が誘います
総じてギャンブラーは勝った話しかしないようです

戦争に勝つことしか考えない軍人が無理から争いを起こし、
結果、大変な犠牲を払うはめになりました
仙台の青葉城跡にある護国神社には、膨大な参考品が展示されていました

世間知らず某衆議院議員が発言した戦争に行きたくない若者の非難、
私も行きたくありませんし、戦争はして欲しくもありません
勝っても負けても不毛な戦争に、人類はいい加減に気づくべきです
  • |2015.08.16(Sun)
  • |FREUDE
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: FREUDEさんへ☆彡

ギャンブルもそうだと思いますが、政治家に至っても自分の考えを押し通そうとするのは、エゴイストだと思うんですよね。
一つのことをやり抜くためにはそれ相応の考えもあるでしょうし、自分の目標というものもお持ちだと思います。それはそれでいいことだと思うんですが、その考えや目標の中にどれだけ第三者の、いわゆる民意を取りいれてるかどうかだと思います。
あまりにも民意を取りいれ過ぎていると個性が無くなるでしょうし、民意を無くするとエゴイストだと思われてしまいます。統率者として難しいところですね。
某議員の発言は政党よりの押しつけのように思いますね。実際に戦争になった場合、本人は戦地に行くのでしょうか。銃弾に立ち向かえるのでしょうか。戦争に行きたくないのは誰もの本音だと思います。若者を非難する前に自分個人の本音を示してほしいもんですね。


  • |2015.08.16(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

首相談話は心がこもっていない、官僚が書いた作文を読んだだけと感じました。・・・普段言っていることと違和感。
  • |2015.08.17(Mon)
  • |和 八葉
  • URL
  • EDIT

代替画像

宮古も空襲にあった。
本土決戦は無かったものの、空襲の被害はかなりですね。
今回調べててびっくりしました。
そして、無防備な老若男女が、低空より射殺されてる。
今まで、戦争は悪いばかりで、
本当の資料もなかなか明らかでなかったのが、
コンピュータは偉大でどんどん明らかになる。
木戸日記、買おうかとかいろいろ考えてます。

  • |2015.08.17(Mon)
  • |hippopon
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 和 八葉さんへ☆彡

ま、あんなもんでしょう。安保法制の審議が控えていることだし、
真意を述べれなかったんじゃないんですか。
それにしても談話を半数以上の方が評価してるんですね。
全文動画で見ましたが、原稿見てませんでしたね。


  • |2015.08.17(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: hippoponさんへ☆彡

2度の原爆投下の後、日本は戦意喪失だったのでしょうね。
長崎に被害が拡大した後も米軍は執拗に攻撃の手を休めなかったようです。
宮古の空襲は8月10日ということですから、この頃には破竹の勢いで全国の軍需工場が狙われていたのかもしれません。陸路の輸送を受け持つJRの駅もターゲットにされていたようで、死者が出るほど被害が大きかったようです。海路の至っては船舶航行の安全を示す魹ヶ崎灯台も機銃掃射を受けています。
アメリカも当時の記録を公開するようになって、調べれば詳細が明らかになるようですね。
木戸日記、ダイジェスト版で拝見しましたが、当時の首脳陣の動向が分かるようです。
  • |2015.08.17(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

これから戦争を体験した方々が年々少なくなっていく事は、仕方のない事でしょうが、戦時中を生き抜いた生の声が聞けなくなる事に危惧しています。
指宿は特攻兵士が飛び立った地でもありますから、終戦日には慰霊碑に手を合わせてきました。
日本人は熱くなるのは早いですし、逆に冷めるのも早いですから、安保法案が可決されたら当たり前の事としか思わなくなるのでしょうね。

何故か安倍さんの言葉を聞いていても胸を打つものはないし、日本人がそう思うくらいですから、隣国はそれ以上だと思っています。
  • |2015.08.17(Mon)
  • |南の風
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 南の風さんへ☆彡

知覧町はすぐお近くなんですね。特攻隊が飛び立つ日々を見つめて心が痛んだでしょうね。というか当時はその勇ましさに心が踊っていたんでしょうか。
思えば日本人のため、ご両親のため、身を投じたのですものね。彼らの特攻があって今の我々が平和に暮らしてるんですよね。終戦のこの日は忘れてはならないことだと思います。この悲劇は後世にまで引継ぎ、悲惨な戦争を繰り返してはならないです。

いま安保法制は国会で審議の的になってますが、可決したらどうなるのか。隣国の侵略的軍事行為の応戦だけではなく、友好国への参戦も網羅されることになると、戦争の復活ですよね。首相談話も安保法制の審議に気を使いながらの談話だったんじゃないんですかね。あくまでも対話優先で終結してほしいもんです。

  • |2015.08.17(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

花火大会 雨、ざんねんですね
それまで晴れてて、その日にかぎってみたいな
こちらも一月近く雨が降らず 畑とかカラカラに
待ってたあめがやっときた~
花火大会の日にね、、、 それもゲリラ豪雨
  • |2015.08.18(Tue)
  • |こん☆
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: こん☆さんへ☆彡

それまでは何とか持ちこたえていたんですが、打ち上げ寸前になって降り出し、そのまま雨降り花火ですよ。折角めかし込んできたカップルたちも途中で退散。まだ途中だったにもかかわらず、帰り道は車の大渋滞でした。

こちらも数日前までは好天続きだったんですが、お盆に入る前から天気は崩れ気味。結局お盆期間は雨が降ったり止んだりでした。要所要所で晴れてくれるんだったらいいんですが、要所要所で降られたんじゃ楽しみも半減しますね。
農家にとって雨は貴重でも度を過ぎると恨めしく思いますね。


  • |2015.08.19(Wed)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

戦争は絶対してはいけません!!

matsuyamaさん。おはようございます。

「二度と戻りたくない」←平安のない生活。
マリコも「絶対戦争はしてはならない」と思っています。
戦争はすべてを破壊しつくします。
人の心も免れません。

「戦争は人の心から生まれる!」
今まさに誕生しようとしている戦争を何としてでも止めなければ、
悔いを残します。

>今回は8月15日の終戦記念日ということで、歳時記の主旨ではないのですが、地元の戦時中の悲惨な生活を振り返ってみました。

8月15日が何の日か分からないとこたえたひと50%とも言われてますが、
70年目、戦争と平和についてを改めて多くの人が考えたのではないでしょうか。

秋田市土崎(日石石油)は、昭和20年8月14日、既に日本がポッタム宣言を受け入れ、無条件降伏をしていたにもかかわらず、14日夜から15日未明けまで激しい爆撃を受けたのです。
なんというアメリカの不条理でしょう。

玉音放送は1日遅れの15日になったのですが。

戦争は不条理に尽きるんですよね。
『野の花日記』のマリコでした。ではまた(^^)/。
  • |2015.08.20(Thu)
  • |マリコ
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: マリコさんへ☆彡

戦争反対のメッセージは誰にも共通する願いでもありますね。
自分も戦後派ですので、直接の戦争体験はありません。戦後の復興期をかすかながら記憶している程度です。空襲時の恐怖や悲惨な貧困生活は親兄弟から聞いてきましたし、自分でも遭遇してきました。当時はこんな困窮生活が当たり前だと思っていましたので、苦痛を感じませんでしたが、生活を改善したい思いで学卒と共に都会生活に憧れ上京しました。
都会は夢のような暮らしでしたね。もう2度と田舎生活には戻れないと思いました。今は定年退職して平和な田舎暮らしに戻っています。戦争や悲惨な戦後の生活を知らない若者が増えているのは当然で、世代の交代時期でもあるんでしょうね。
バーチャルゲームで人の殺戮を平然と遊ぶ若者には、人の命の大切さをどれだけ認識してるのか分かりませんが、戦争が引き起こす現実の悲劇だけはしっかりと学び、戦争反対のシュプレヒコールを上げてほしいと思います。
  • |2015.08.21(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top