さやかに見えない酷暑の立秋

8月8日からは二十四節気の「立秋(りっしゅう)」に変わります。
禾に火と書いて「秋」。禾(のぎ)は本来主食だったアワをさし、火は色づく、熟すを意味していました。秋は飽きるほどの食べ物で満ちあふれる実りの季節です。
猛暑、酷暑がつづくこの時期、立秋と聞いてもなかなかピンときません。今が夏のピークでもあり、立秋を境にだんだんと秋へ向かっていきます。
「秋来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞ驚かれぬる」。
8月ももう少しすると吹き抜ける風に、涼しさが伴い、秋っぽさを感じるようになります。この頃山の頂に登るとトンボが群雄を成して飛び交っています。空にはブラシで描いたような雲が浮かんできます。立秋の初候は「涼風至(すずかぜいたる)」です。季節はゆっくり移ろいでおり、もうすぐ秋を実感するようになります。

150805コスモス

立秋とはいえ、日本の季節はまだまだ熱中症が心配される酷暑が続いております。各地では夏まつりが盛んに行われ、夜祭には露店が軒先を並べます。懐かしい金魚すくいやヨーヨー、綿あめなど子供たちに夢を与え、楽しい思い出を作ってくれます。
お店で買ったラムネ。渇いた喉を潤そうと思って瓶を高くしても、一気に飲み干せません。ガラス玉が飲み口を塞いでしまいます。何度繰り返しても出てこない炭酸水に業を煮やしたことはありませんか。

「瓶の口をビー玉で塞いだ炭酸飲料」がラムネです。同じ炭酸飲料でもビー玉の代わりに王冠で蓋をしたものがサイダーなんですね。ラムネ瓶の中央部にくびれが有り、ビー玉がビンの底まで落ちない様になっているのは、ビンを逆さまにしたときに出来るだけ早くビー玉を飲み口まで落として、その間にガスが逃げるのを防ぐためだったんですね。なるほど、そういう原理だったんですね。

150805ラムネ
あのラムネの飲み口を塞いでいるガラス玉、あれなんだと思いますか。おもしろい説を唱えている方もおりました。ラムネの蓋にするためにはキレイな真円でないと空気漏れや液漏れが発生します。ラムネに使える真円のガラス玉をA玉といい、不良品はB玉として子供向けに売られるようになったといいます。もっともらしいですけど、本当なのかな。

もともとビー玉のビーはポルトガル語でガラス玉を意味する「ビードロ」から来ているそうですね。あのビー玉を瓶から取ってビー玉遊びに使えないかな、なんて子供の頃は単純に考えていましたよ。
今のラムネはネジ式で出来ているので、回せば簡単に中のビー玉を取り出せるみたいですよ。取り出した瓶をメーカーでは回収していないそうです。そのため利用者が分別して捨てやすいように「ビン、フタ、ビー玉」と分けて作ってあるんですってね。


二十四節気 立秋(りっしゅう)◇
二十四節気13番目の節気。8月8日および処暑(8月23日)の前日まで。
暦便覧は「初めて秋の気立つがゆえなればなり」
暦の上では秋となるが、残暑はなお厳しい。高原からは秋のたより。
◆立秋の七十二候は次の通り。
第三十七候(立秋初候) 8/8~8/12 涼風至(すずかぜ、いたる)
夏の暑い風から、秋の涼しい風に替わりはじめる頃。まぶしく輝いている太陽も日射しを和らげ、夕方に鳴く虫たちの音色も涼しさを演出してくれます。


今日の独りごと

今日の独りごと0805宮古港開港400周年を記念し、帆船「日本丸」(航海訓練所所属)が寄港。同船の寄港は13年振り4度目で、東京海洋大の実習生1年生109名が乗船していました。
8月2日、一般公開した日本丸を見学。船内では若いはつらつとした1年生が案内役を務めていました。その1人に聞いてみました。帆船といっても東京を出港してここまでは帆を立てることもなく、エンジンで航行してきたそうです。帆船だから帆を立て帆走するのが実習の一部かと思ってたんですけど、何を実習してきたんですかね。
「僕は高校時代ヨット部に所属してましたけど、将来は船の仕事に就きたいと思って、この大学を受験しました」と嬉しそうに語るその実習生からは、20歳前の初々しさがこぼれていました。頑張ってほしいですね。


参考サイト 暦生活金麦スタイル倉敷鉱泉NEVARまとめ




関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

暑いのはもうたくさんだけど、秋と聞くとちょっぴり寂しくなります。新潟の秋は短くすぐ冬ですから。
  • |2015.08.06(Thu)
  • |和 八葉
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 和 八葉さんへ☆彡

毎日暑いですよね。涼しかった先月が嘘のようです。
こちら北国は暑いと言っても、南国と比べたらまだ過ごしやすいのかもしれません。
猛暑酷暑の中でも秋という言葉が出てくると、気分的にも涼しくなりますよね。
人間って勝手なもので、暑い時は涼しさを求め、寒い時は暖かさを求めます。
過ごしやすい春秋が短いのはストレスが溜まりやすいですよね。


  • |2015.08.06(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

暑い日が続いていますが、お変わりなくお過ごしでしょうか。
暦の上ではもうすぐ秋を迎えようとしていますが、近年の四季は
夏が長くて、秋の短さを感じています
小さい頃の飲み物と言えば、サイダーかラムネでした。特に甘味の強い
ラムネは好きで、祭りの出店で買ってもらっていました。
今でも見かけたら買ってますが、いつ飲んでも小さい頃の想い出が
蘇ります。
  • |2015.08.06(Thu)
  • |南の風
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 南の風さんへ☆彡

春と秋の一番過ごしやすい季節が短く感じますね。
今はこちらも夏真っ最中ですが、お盆を過ぎた頃より秋風が忍び寄ってきます。10月には紅葉、11月には雪の便りが届き始め、あっという間に冬ごもりです。1年とは早いものですね。

子供の頃のラムネはご馳走でしたね。お祭りに行くと必ず飲んでたのがラムネです。最近のコカコーラを凌ぐ人気でした。あの中ほどがくびれた瓶の中にあるガラス玉が、子供心にほしい気持ちを掻き立てるんですよね。当時と比べると大分販売量も減ってるようですけど、長く作り続けてほしいですものです。


  • |2015.08.06(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

私も8日には72候の涼風至を書きました。
熱風の中に涼しい風が通ると、立ち止まって風を受けてしまいます。
今夜も、冷え冷えのスイカで、体を冷やしました。

  • |2015.08.07(Fri)
  • |hippopon
  • |URL
  • EDIT

代替画像

小学生の頃、男児の間でビー玉が流行したことがあります
その前はおそらく、メンコだったと思います

育った愛媛県南部の田舎では
ビー玉をカッチン、
メンコをパンコ、パン打ちと称しておりました

誰彼かまわず試合を挑みます
勝てば相手のビー玉が手中で、これをホンコ
試合のみをナブリンと呼んでいました

道に埋もれているビー玉で始めたホンコで
いつのまにか大量の財産ができています
ラムネのビー玉を、真剣に取りたいと思いました
  • |2015.08.07(Fri)
  • |FREUDE
  • URL
  • EDIT

代替画像

matsuyamaさんへ!!

北海道の新暦のほうが季節かんっを正しくあらわしているように思いますが、いかがでしょうかねー。
お盆ころは残暑がありますが、その後は一気に秋風で夜は涼しさを越してきます。・笑)
自衛隊の工科学校は中学校卒で入校しますが、激しい訓練に明け暮れています。若し戦争になれば戦場に送り出されます。かわいそうに思います。安保法制は辞めてほしいのですね~~!
  • |2015.08.07(Fri)
  • |荒野鷹虎
  • URL
  • EDIT

代替画像

猛暑とラムネ

こんにちは♪
明日は立秋ですか(*^-^*)
記録的な猛暑もいよいよ退散でしょうか・・・
秋が待ち遠しいですね。

ラムネ、懐かしいです。
瓶の中のビー玉のこと、ずっと疑問に思っていましたが、よく分かりました。(^_-)-☆

子供の頃は瓶が重いし、飲むと鼻につんと来て痛くて苦手でした。
今なら大丈夫でしょう、この猛暑に負けないように、飲んでみます。
  • |2015.08.07(Fri)
  • |ouna
  • URL
  • EDIT

代替画像

5月に群馬の伊香保温泉にいったのですが、
伊香保の階段を利用して、そこを、観光地に
してしまったようです。
並んでいるお店は、どこも、ものすごく古いお店
ばかりなんです。昭和の臭いただようと、いうのでしょうか?
そこに、ラムネも、もちろん、冷えていました。
古臭いきかいとか、昔の射的とか、古い、もう、さびついたものを、もちだして、商売にしているんです。
いるお客様は、若い子ばかりです。並んで、順番まちしているんです。おもしろいですね・・・古いものが、逆に若者うけしているのですから・・・
  • |2015.08.07(Fri)
  • |くろこ姫
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: hippoponさんへ☆彡

そうですか。「涼風至」読んで字のごとく、涼しい風が吹き始める頃ですね。
猛暑が続く中、肌に優しい冷ややかな風が通り抜けると気持ちいいものです。今は秋への序章。本格的な秋はもうすぐです。
冷えたスイカは火照った熱を下げてくれる効果もあるそうです。キュウリやトマト、ナスにも解熱作用があり、日本の野菜は暑さを和らげてくれる優れた野菜なんですね。エアコンの無かった昔は打ち水や行水などで暑さを凌ぎ、窓を開け放して部屋の中を通る風で涼んでいたようです。風鈴や団扇、扇子は夏の風情を醸す代表的なアイテムです。
日本には暑さを凌ぐ生活の知恵が引き継がれてるんですね。現代の文化も暮らしやすいようにアレンジされてきてはいますが、伝統の文化も見直したいところですね。

  • |2015.08.07(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: FREUDEさんへ☆彡

ところ変われど子供の遊びは全国共通のようですね。
ビー玉を「玉コ」、メンコを「バッタ」といって、無我夢中で対戦してました。土に書いた四角い中にビー玉を入れ、数メートル先から四角の中のビー玉をはじき出す。直径2㎝位の大玉なら一網打尽です。小さい子から巻き上げたりして(笑)。
ビー玉を飛ばす方法って愛媛と違うかもしれません。小指を土に固定させ、ビー玉を親指と人差し指か中指に挟み、親指をつるんと滑らせるとビー玉が勢いよく飛んでいきます。小さい子供の指では大玉は挟めません。子供の世界は無常です。ハンディはなかったんですね。
小さい四角の板の上で行われるメンコ。上から振り下ろすメンコで相手方がひっくり返ると勝利です。これもメンコの大きさは大小様々。時には自分の着ている服の追い風でひっくり返ることもあります。
子供遊び談義。書いてるうちに思い出し熱くなりました。他愛ないお話失礼しました。


  • |2015.08.07(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 荒野鷹虎 さんへ☆彡

そうですね。暦とは1ヵ月位のズレがあります。
もともと二十四節気の作られた中国華北地方の緯度は、日本の東北地方と同じ位ですが、大陸の中国と島国の日本では気候も風土も違います。さらに旧暦から新暦に移行したとき、そのまま新暦に充当させたようですからね。
季節だけを見れば北海道が標準かもしれません。

自分の親戚にも何人か自衛隊に入隊し、結婚して子供もいる若者がおります。安保法案のことは聞いたこともありませんが、災害救助などの活躍には誇りを持っていると思います。戦地に行くことは考えてないでしょうね。
  • |2015.08.07(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: ounaさんへ☆彡

こんばんは。

明日からは待ち遠しかった秋ですね。猛暑の夏もあと少しの辛抱です。とはいえ、残暑はもう暫く続くと思いますので、熱中症には十分お気を付けください。
瓶の中のビー玉、不思議でしたよね。振っても出てこないのに入れる時はどうしたんだろうって。ビー玉を先に入れて後からネジ式のキャップを取りつけてたんですね。種が明かされればなんでもないことなんですよね。
あの炭酸、ガスが抜ける時、口から抜ければいいんですが、鼻に抜けるとツーンとして目から涙が出ちゃいますよね。コーラなんかもそうですが、慣れるまでは大変です。炭酸に慣れて猛暑を乗り切ってください。
  • |2015.08.07(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: くろこ姫さんへ☆彡

一度行ったかな、伊香保温泉。伝統のある温泉地って毎日が祭りのようですよね。
それが楽しかったんですよ。温泉に入り、美味しい料理を食べて、後はゆっくり温泉街を散策する。羽を伸ばせるなら古くてもいい、粗雑でもいい、子供心の郷愁を味わえればそれで良かったんですよね。
子どもは無邪気に遊べる射的とかパチンコとか金魚すくいなどに新鮮味を感じるんじゃないんですか。レトロな遊びが若者にとって受けるのかもしれません。お祭りの会場でもそうですが、そういう遊びの屋台の前には若者たちが集まってきます。子供は遊びの天才ですよね。我々ならどうってこともない遊び道具に盛り上がります。子供の夢は大人へたどる大きな道です。

  • |2015.08.07(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

すごいな~、もうコスモスこんなに咲いているなんて、秋ですね。
  • |2015.08.08(Sat)
  • |和 八葉
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 和 八葉さんへ☆彡

この写真は昨年9月頃撮った写真です。
今年は先月7月末頃狂い咲きしてましたよ。
このまま夏を通り抜けて、秋になるのかなと思っていたんですけどね。
やはり自然は自粛してくれたんでしょうか。

  • |2015.08.08(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

残暑お見舞い申し上げます

梅雨明けから、ずっとすさまじい暑さが続いている静岡です。
雨が全然降らないので、植物も人もバテ気味ですね。
立秋が来て、これで涼しい風が吹いてくれる日があれば嬉しいですが、さてさてどうなるでしょう?
咲き乱れるコスモスに、ちょっとだけ秋の風が吹いて来たような気がしました。
ありがとうございます。
  • |2015.08.08(Sat)
  • |カミさん
  • |URL
  • EDIT

代替画像

青空に映えるコスモスも露が涼しげなラムネのビンも。そして暦は立秋を過ぎたというのに暑い日々ですね。
九州も東北も変わらないどころか、この夏は南北が真逆になってしまったような東北地方の激しい暑さ。
どうかくれぐれもご自愛下さい。
  • |2015.08.09(Sun)
  • |まろゆーろ
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: カミさんへ☆彡

残暑お見舞い申し上げます。
異常なほど多かった九州の梅雨や台風とは違って、東日本や北日本の雨量の少ないこと。何だか水不足が心配ですね。今は昔と違って、水瓶は調整されてるのかな。
今の時点で立秋とは名ばかりなんですが、秋という言葉を聞くと何気に涼しさを感じます。間もなく猛暑も酷暑も影を潜めていくと思えば、この先の残暑も耐えられると思います。
こちらの梅雨明け前には季節を間違えたのでしょうか、コスモスもポツンポツンと咲いていました。異常現象は自然界をも席巻しているようです。

  • |2015.08.09(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: まろゆーろさんへ☆彡

梅雨明け後の10日位は東北も真夏を迎え、ところによっては37~8度の最高の気温を記録しているところもあります。これまでの過去にはない暑さに見舞われております。九州地方では梅雨の期間に過去最高の降雨量を記録するなど、農家によっては畑が水に覆われ、野菜が駄目になったというところもあるようです。農家泣かせであり、気象予報士泣かせでもあるようですね。

地球がどんどん変わっていくのを見るのは忍びないです。この異常気象はいつまで続くのか、風情を尊ぶ日本の四季を憂いております。どうか異常な季節に耐え忍び、お健やかにお過ごしください。

  • |2015.08.09(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top