短い夏の東北に祭りの嵐

明日からは8月となります。2日からは二十四節気大暑の末候ですが、七十二候では第三十六候「大雨時行(たいうときどきふる)」となります。
時として大雨が降る頃。夏の暑い日の夕方、突然降るにわか雨を夕立といいます。春にも秋にも、にわか雨がありますが、夕立とはいいません。夕方降るからという意味ではなく、「広辞苑」には「天から降ることをタツといい、雷神が斎場に降臨することとする」と書かれています。急な雷雨、激しい雷雨のことを「彌降り立つ(いやふりたつ)雨」といい、この語が省略され「やふたつ」から「ゆふだち」になったと言われています。
旧暦八月朔日(ついたち)のことを「八朔」(はっさく)といいます。古来、新穀を贈答して祝う習わしでした。稲(田の実)を祝い、頼みごとをしたので、「たのもの節句」とも呼ばれ、今日のお中元のはじまりとなったのだそうです。古く伊勢では五穀の中の、米や粟のお初穂を神前にお供えし豊穣を祈りました。「朔日参り」の中でも8月1日は特に「八朔参宮」と呼び、参拝者も多く、あわ餅を食べる習わしがあったようです。

150731入道雲

暦の上での8月は秋を迎えますが、季節的には夏本番。全国的に祭りが賑やかに開催されます。東北でも三大祭りを始め、数々の祭りがエネルギッシュに行われ、北国の短い夏を過ごします。
8月2日からの青森県「ねぶた祭」(6日間)、8月3日からの秋田県「竿燈祭り」(4日間)、8月6日からの宮城県「仙台七夕祭り」(3日間)は東北三大祭りとして親しまれております。さらに8月1日から4日間開かれる岩手県の「盛岡さんさしぐれ」、8月5日から3日間開催される山形県の「花笠おどり」を加えて東北五大祭りとし、8月の上旬1週間を「東北夏まつり巡り」ができるように開催されることになっております。
お祭りが好きで日程を合わせられるという方は、ぜひ東北夏祭りデーをお楽しみください。もう今からですと、ホテルは満室で泊まれないかもしれないですけどね(笑)。

150731さんさ踊り
どれも古来から継承された伝統の祭りですが、盛岡のさんさしぐれは比較的新しく昭和になってから活況を呈すようになってきました。
南部藩の時代より踊り受け継がれてきた「さんさ踊り」は盛岡城下に現れた鬼を、大きな岩が祀られている三ツ石神社の神様が退治。これを喜んだ里人たちが「さんささんさ」と踊ったのが始まりだそうです。
今年の4月、宮古港開港400周年記念のイベントには、盛岡の「さんさしぐれ」もお祝いに駆けつけてくれました。
ミスさんさを先頭にパレードを華やかに彩るさんさ太鼓連。「ミス太鼓」、「ミス横笛」、「うたっこ娘」などがそのダイナミックでリズミカルな太鼓と笛の音を、小さな街中に響かせてくれました。

150731ねぶた祭②150731ねぶた祭①
また一昨年の秋祭りには青森のねぶた祭りも登場。大きなねぶたと「ラッセ、ラッセ」とエネルギッシュに踊るハネトは本場のねぶた祭を再現してくれました。震災の復興に取り組んでいる被災者たちを勇気づけてくれます。

この8月は東北夏まつりの始まりです。今年も東北各地は祭りに燃えつくすでしょう。


二十四節気 大暑(たいしょ)◇
二十四節気12番目の節気。7月23日および立秋(8月8日)の前日まで。
暦便覧は「暑気いたりつまりたるゆえんなればなり」
連日三十度を越える。夏の土用の頃。最も暑く、子供たちは夏休み。
大暑七十二候は次の通り。
第三十六候(大暑末候) 8/2~8/7 大雨時行(たいうときどきふる)
夕立や台風などの夏の雨が激しく降る頃。きれいな青空に湧き上がる入道雲は、夕立を教えてくれます。雲の頭が坊主頭に見えることから、入道雲と呼ばれています。


今日の独りごと

先日の7月26日、シンガーソングライターだったあんべ光俊さんのライブを懐かしく拝見しました。「遠野物語」皆さん覚えていますか。1976年発表といいますから、実に40年近い前の曲なんですね。淡々と歌う中でも情感があふれていました。いま聞いても色褪せていません。
現在は仙台にお住まいだそうですが、元々は岩手県釜石市のご出身。希望王国いわて文化大使、民話のふるさと遠野大使などを精力的に務められておられるようです。
ご存知ない方のために当日撮った写真を載せようと思ったんですが、肖像権を侵害することになると思いますので敢えて掲載しません。YouTubeの動画がありましたので、下記をクリックしてお楽しみください。



参考サイト 暦生活びお赤福新お祭り入門




関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

昨日、古い映像を見てたところです。
盛岡のさんさ踊りは見たことが無いので、新鮮です。
  • |2015.08.01(Sat)
  • |hippopon
  • |URL
  • EDIT

代替画像

お姉さんの腰つきがいいね~・・・
どこ見てんだって、言われそう。
  • |2015.08.01(Sat)
  • |和 八葉
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: hippoponさんへ☆彡

日本を代表するようなお祭りはどこも同じだと思いますが、若手の踊り手さんが多いと華やかですね。伝統を継承していくにはいい傾向だと思います。
今春、地元に来てくれた盛岡さんさ踊りは常に笑顔でエネルギッシュな踊りを見せてくれました。公募で選ばれたミスさんさの動きも良かったですね。
8月の本番では各地区のさんさ踊り団体が、昔から踊り継がれてきた伝統的踊りを披露することになるんでしょうが、和太鼓の同時演奏記録世界一のスケールは壮大なものがあるようですよ。

  • |2015.08.01(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 和 八葉さんへ☆彡

着物の裾がめくれ上がっておみ足があらわになってた写真も残ってました。何ともいえないお色気でしたね(笑)。
公募で選ばれた南部美人です。もうひと方写ってないんですが、美人でしたよ。後ろの太鼓方にも美人が多かったし。ここまで若い女性が揃うと、踊りもさることながら美人探しも楽しいもんです(笑)。いい歳した親父はこんなことしか考えない。
  • |2015.08.01(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

私、ねぷたははねとしたの、鈴みんな飛んじゃった。
仙台に七夕もみたけどさんさはしなかった。
ななどやらは盆踊りで、おどったけど、うまくなかった。
でも今でもあの韻律を覚えてます。

東北人はわりに熱いのよね。
エネルギーと言うか持久力勝負で、笑顔ですし、
舌を巻きました。

  • |2015.08.02(Sun)
  • |hippopon
  • |URL
  • EDIT

代替画像

仙台藩伊達政宗の長男、伊達秀宗が初代藩主の宇和島藩の分藩である
伊予吉田藩領内で育ちました

歴史を紐解くにつれて宇和島藩の悪政を知ります
さらに酷かった盛岡藩南部氏や久保田藩佐竹氏のもとで
民たちは、必死に生き残る道を模索したのですね

今日に残る祭りはいつまでも残して欲しいものです
  • |2015.08.02(Sun)
  • |FREUDE
  • URL
  • EDIT

代替画像

遠野物語・・・これを拝見していて、こんな曲があったことを、
思いだしました。

遠野にいったら、ぴったりする曲ですね・・・

昔の郷愁を思い出すような・・・しみじみと、聞いてしまいました。
  • |2015.08.02(Sun)
  • |くろこ姫
  • URL
  • EDIT

代替画像

暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。
雨の多い時は太陽を恋しく思っていましたが、カンカン照りが続くと
一雨欲しくてたまりません。
鉢や花々への水やりが日課となり、一日でも水を断つとシンナリなったり
枯れてしまいます。
年を通して一番の厳しい季節になりましたので、お身体には
お気を付けてお過ごしください。



  • |2015.08.02(Sun)
  • |南の風
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: hippoponさんへ☆彡

ねぶたの跳人したんですか。あれは踊ったり跳ねたり、激しい踊りですから体力がないと踊れないですよね。鈴が飛んでしまうのも分かるような気がします。さんさ踊りは盆踊りのようにゆったりした動きかと思ってましたけど、見てると早い動きですよね。これもまたロングランで踊るとなるとスタミナが必要そうです。
ななどやらって、こちらでいうなにゃどやらのことですかね。青森県から岩手県北部に見られる踊りなんだそうですけど、宮古辺りではあまり見かけませんね。
東北の人たちは根がおっとりしていて口数が多くありませんから、こういう舞台に立った時、今まで閉ざされていた気持ちを思いっきり発散するんじゃないんですかね。酒の力を借りることもありますけど(笑)。
  • |2015.08.02(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

matsuyamaさんへ!!

今日たまたま近所の夏祭りです。
私の第二の故郷は東北なので、青森のねぶたや弘前のねぷたを良く見ましたね^^。
札幌のヨサコイも全国に有名になりましたが、やはり東北の祭りにはかないません。まもなく暦の上では立秋とか暑さは変わりませんですねー。笑い)
  • |2015.08.02(Sun)
  • |荒野鷹虎
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: FREUDEさんへ☆彡

日本の歴史にもお詳しいですね。南部藩領内に住んで居りながら、南部領主のことは詳しく知りませんでした。
今こちらは宮古港開港400周年記念でいろいろな行事が組まれております。その歴史を調べて行くと、南部藩の悪政が記録に残ってるんですね。
三閉伊一揆はその代表的なもので、農民、漁民がいかに重税に苦しんでいたかが分かります。一揆は1853年といいますから、幕末の頃ですよね。開港400年の歴史の中には南部藩の悪政について触れてません。むしろ当時の藩主南部利直公の宮古への熱意を持った配慮を崇めています。後継藩主が悪政を強いてきたのでしょうね。
その反抗が一揆として現れ、生きるため沿岸の住民の気持ちが一つになったのかもしれません。勉強させてもらいました。ありがとうございます。
  • |2015.08.02(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: くろこ姫さんへ☆彡

この歌は大ヒットまではいきませんでしたが、いわゆる地元ソングですから遠野を中心とした東北で人気があったようです。
去年は曲り家に行きました。笛吹峠にも登りました。今年は福泉寺の桜も見ました。意外と遠野には行ってるんですね。その度この「遠野物語」を口ずさんでいました。
詩のシチュエーションに入り込むと気持ちが高ぶってきます。年甲斐もなくこの曲がデビューした40年前と自分をだぶらせてしまいます(笑)。
ご存知ない方にはお気の毒だったと思いますが、独りごとですから(笑)。
  • |2015.08.02(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 南の風さんへ☆彡

全国で最後を絞めるように3,4日前に梅雨が明けて以来、連日真夏日を記録してます。
今年はこちらでは珍しい位、例年にない暑さです。
こんな炎天下に出かけるケースも多く、菜園の手入れを怠っています。
水遣りを手抜いた野菜たちは萎れかかっています。帰宅して急きょ水を遣ると元気を取り戻したようにみずみずしさが甦ってきます。周りは草ぼうぼう。野菜か雑草か見分けがつかない状態です。野菜作りの資格がないですよね。
そういえば最近キャベツにアオムシが多数発生。殺虫剤を散布したり、見つけ次第割り箸でつまみ駆除してますが、一向に衰えません。今では葉っぱが食い荒らされ、穴だらけになってます。

  • |2015.08.02(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 荒野鷹虎 さんへ☆彡

札幌のよさこい、全国区になりましたね。マスコミで報道されるたびに北海道にも初夏がきたんだなと感じます。
東北は今三大祭が真っ盛りです。あまり気持ちを表に出さない東北人が、この期間は燃え上がります。三大祭実施中は観光客も中央に取られ、こちらは閑散としてます。
宮古港開港400周年記念としてクルーズ船や帆船が続々寄港し、埋め合わせをしている感じですかね。蔭ながら自分も歓迎を込めてお出迎え、お見送りのおもてなしをしていますよ。市民の一員として市の行政を支援してます(笑)。
立秋はもうすぐ。北国の夏は短いです。お盆を過ぎれば秋風が吹き始めます。短い北海道の夏をお楽しみください。

  • |2015.08.02(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

遠野物語、若い頃在籍していたバレエスタジオの
演目の一つでした。
たしか何か賞をいただいたと思います。

なつかしいです。
  • |2015.08.03(Mon)
  • |まりりんご
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: まりりんごさんへ☆彡

バレーの演目の一つだったんですか。ノスタルジーでありながら、リズムカルなメロディですものね。軽やかにステップが踏めたでしょうね。
バレーとして何かを受賞したんですか。あんべさんもバレーに貢献できて光栄だと思います。今は素敵なおじさんになってましたが、若手の歌い手さんの育成にもあたっているようで、同県出身の女の子の高校生歌手と一緒に遠野物語をデュエットしてますね。同じ曲でも新鮮味があります。
最近の若手グループの曲は理解しがたいところがあるんですが、同年代のベテラン歌手の歌を聞いていると懐かしさと共に元気をもらえますね。


  • |2015.08.03(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

お久し振りです☆

今年は東北三大祭りのひとつである、
『ねぶた祭り』に行きたかったのですが、
夏のコミケに当選してしまい行く事ができませんでした。
ねぶたは観た人全員が『一度は観た方が良い』と言っていたので、
来年は絶対に観に行きたいと思います!!
すごい迫力らしいですね☆
秋田の竿燈祭りもセットで観たいですね♪♪♪
  • |2015.08.04(Tue)
  • |いねむり姫
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: いねむり姫さんへ☆彡

ご無沙汰しています。

ねぶた祭り、残念でしたね。来年の楽しみにとっておいてください。
自分も本場の祭りはまだ見たことないのですが、こちらの小さな町に出前してくれたねぶた祭りは拝見しました。規模は1/10位でしたが、その熱気は本場さながら。エネルギッシュな跳人の額からは汗がにじむほどでした。
本場では跳人の衣装も貸してくれるそうです。一緒になって踊って見てはいかがですか。きっといい汗を流せると思います。
東北三大祭りはそれぞれ開催日がずれています。竿灯祭りも含めて東北夏まつり巡りを楽しんでみてください。

  • |2015.08.04(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こんにちは

東北の夏は、祭りですよね!
どちらのお祭りも、きっとすごい人出になるのでしょうね。
と言いながら、一度も東北には行った事がないんです。
行ってみたい場所が沢山ありますけど、いまだに行く機会はないですね。
TVで見て、行った気分になっていますよ。
東北三大祭りを、はしごしてみたいですね。
  • |2015.08.04(Tue)
  • |カミさん
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: カミさんへ☆彡

東北って遠いってイメージあるんですよね。でも新幹線で東京→仙台が1時間半、盛岡までだと2時間20分なんですよ。静岡からだと+?時間ですけどね。機会がありましたら日本の田舎を見に来てください。静岡にも負けない温泉も揃ってますよ。

こういう東北を代表する祭りはTVや動画で身近に見れますからね。便利になりました。
自分ものんびりした田舎生活が身に付いてきたもので、人混みの中が苦手になりましてね。なかなか本場にまで足を運ぶ機会が減りました。多分もう少し若かったら三大祭をはしごしてたかもしれません(笑)。


  • |2015.08.04(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

青森のねぷた祭りだけは行ってないんです。社会人になって3年間は仙台・古川 山形にいたので他の二つは見ることができたんですけどね~。ちょっと残念。いつかどこかで・・・と思ってましたが、しっかり計画立てないとチャンスってこないですよね
  • |2015.08.05(Wed)
  • |自遊自足
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 自遊自足さんへ☆彡

東北でお仕事の経験がお有りなんですか。それじゃ東北の主なところはご存知でしょうね。
地元の人はいつでも行けるという気持ちがありますから、逆に遠くからお見えになった方々が詳しくご存知のこともあります。いつかチャンスがあればと思ってると、なかなかそのチャンスが巡ってこないんですよね。チャンスは待つより作らなければいけないんですね。家宝は寝て待てと言いますけど、待っていたらこんな年になってしまいました。
東北は何年前におられたのか存じ上げませんけど、今の東北は新幹線の普及でスピード化されました。新幹線で東京青森間が3時間、飛行機で1時間20分です。東京からそちらまで何時間かかるか分かりませんが、早いもんですね。来年はぜひ東北の熱狂祭をご覧なってください。

  • |2015.08.05(Wed)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top