夏の省エネにも有効 苔玉インテリア

7月12日頃から七十二候小暑の次候「始開(はすはじめてひらく)」に変わります。
の花が開き始める時季です。夜明けと共に優雅な花を咲かせ、4日目には散ってしまいます。の花の中には、何千年もの間、泥に眠り続けている種子があるといわれています。それがあるとき、水上に現れ、花を咲かせることもあるそうです。

150710お中元

7月15日は「中元」です。古く中国道教の思想では上元(1月15日)、下元(10月15日)と共に重要な祭日でした。この3つの元はそれぞれ3人の天神様の誕生日で、人々はお祝いにお供え物をしました。これが日本に伝わる仏教の「盂蘭盆会(うらぼんえ)」、つまり先祖供養の行事「お盆」と結びついたのです。
この日は日頃の感謝の気持ちや健康を気遣う気持ちなどを物に託し、7月初旬~中旬の間にお世話になった方々へ贈り物をする習慣があります(詳しくは過去記事2009年7月1日「お中元は夏の元気なご挨拶」を参照)。会社関係だと虚礼廃止の傾向にあるようですので、その企業の指示に従いましょう。

150710苔
この時季、日本各地では梅雨に入りジメジメした日が続いています。時折大型台風も近づき皆さんの暮らしを脅かしておりますが、そんな時季でも生き生きしている植物があります。山や川に行くと見られる美しい緑色の「」ですね。
国歌「君が代」に「コケのむすまで」とあるように、山や渓谷、古いお寺や神社にあるものと考えられています。実際、が自然な形で成長するには早くても十年以上もの歳月が必要です。都市部ではビル建設のラッシュ、高速道路や河川工事などで環境悪化が叫ばれ、の成長が懸念されています。
都市が緑化されることで、住民に潤いや安らぎを与えるとともに、気象緩和や建物の断熱効果などによるエネルギ-消費の抑制、CO2や大気汚染物質の吸収に有効であるといわれています。

は自分自身の約20倍もの水を保つことができるといわれています。地中から水分を吸収し、葉で蒸発させることで気温上昇の抑制効果をもっているのです。このような保水性と蒸散効果は、気象の緩和に有効的だということがわかってきました。
さらにを使用した屋上や壁面緑化によって、夏季の温度上昇の軽減、冬季の保温による省エネ効果が期待できるそうです。
普段あまり見向きもされない苔ですが、こうしてみると侮れない存在ですね。インテリアとしても楽しめる苔。今巷では苔緑化が静かなブームを起こしているようです。

150710吊りしのぶ
私もここ数年、苔を利用した「吊りしのぶ」を軒先に下げて楽しんでいます。吊りしのぶは竹などの芯材に山苔を巻きつけ、しのぶ草を束ねて作ったもので、夏の暑さをねぎらうことができます。
江戸の植木職人が手すさびに作り、出入りしていた屋敷に中元として贈ったのが始まりといわれております。下に風鈴を付ければ目に入る緑と風鈴の音で,夏の暑さを涼しく過ごせます。

手入れは簡単。バケツの水に漬け、引き上げるだけで私のような怠け者でも、涼しさを堪能できる吊りしのぶ。音色のいい南部風鈴を付けると、夏の風物詩として風情が出ますね。


二十四節気 小暑(しょうしょ)◇二十四節気11番目の節気。7月7日および大暑(7月23日)の前日まで。
暦便覧は「大暑来れる前なればなり」
梅雨が明けて、暑さが次第に厳しくなり、セミが鳴きはじめる。
小暑七十二候は次の通り。
第三十二候(小暑次候)7/12~7/16 始開(はすはじめてひらく)
の花が咲きはじめる時季。1951(昭和26)年、植物学者大賀一郎博士によって千葉市検見川で発見されたの実は、約2000年前のものと鑑定されました。開花した大賀ハスは「世界最古の花」とされ、国内外にも根分けされています。


今日の独りごと

今日の独りごと0710 いつも我が家から眺望できる標高500mの月山が霧に覆われ、今日は見ることができませんでした。気温も肌寒く、冷湿な風が吹いています。これはまさに「やませ」の現象です。
丁度今頃の時季、北海道、東北、関東などで吹く北東の風のことをやませといっています。この風は、冷たい親潮の上を吹いてくるので、冷たくて湿った風となり、冷害をもたらすことがあります。特に、田んぼで育てるイネにとっては、穂が出たり開花したりする大切な時期。やませによる気温の低い日が続くと、大きな被害となってしまいます。昔から「冷害風」とか「餓死風」と呼ばれ、農家にとっては怖れられている風なんですね。
やませの深い時は海面ギリギリまで覆い尽くされ、前方の見通しが利かないところから航行する船も慎重になります。天然のエアコンとも呼ばれるやませは、農家だけではなく漁船にとっても怖れられているんですね。


参考サイト:日本文化いろは辞典びおモス山形




関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

こんにちは
今日はマウスが壊れてしまい秋葉まで
熱くて、汗をかきました。
ほんと愈々夏がくる、、
釣しのぶ見てるだけでも涼しげです、
  • |2015.07.11(Sat)
  • |hippopon
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: hippoponさんへ☆彡

こんばんは。

今日は暑かったですね。こちらも久しぶりに水銀柱が22度を指してました。湿気がない分カラッとした暑さでしたけどね。
そちらは真夏日位の気温ですか。湿気がありますからね、気温以上に熱く感じるかもしれません。そんな時秋葉原までおでかけでしたか。熱中症にはお気を付けくださいね。
こちらはまだ蒸すような暑さじゃないんですけど、吊りしのぶがあると一層涼しさを感じますね。耐久年数5年位といわれてますけど、その期限も今年。今だに終末を感じさせない精力。元気にしのぶ草が葉を広げています。


  • |2015.07.11(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こんばんは

『吊りしのぶ』
懐かしいです。
実家に、ちょうど写真のような形のものがありましたよ。
裏庭の水道の脇にあった柿の木の枝に吊るしてありました。
今、吊りしのぶを思い出して懐かしんでいます。
実家の前の道路の拡張の関係で立て直した時に、庭が全然なくなってしまい、今は思い出の中だけにある吊りしのぶです。
  • |2015.07.11(Sat)
  • |カミさん
  • |URL
  • EDIT

代替画像

このようなつりしのぶいいな~、欲しいです。
  • |2015.07.12(Sun)
  • |和 八葉
  • URL
  • EDIT

代替画像

「遠野物語」をやませの被害結果と考えています
数年前の冷夏、福岡県の稲作に大きな打撃を与えました
暑くて当然の夏に気温が上がらないと、稲はできないようですね

本仲人を務めてちょうど20年になります
愛媛県と青森県との仲人、結納を青森市で行いましたが
慣例の相違に戸惑った記憶があります

青森県では虚礼廃止の動きが強かったことを思い出しました
  • |2015.07.12(Sun)
  • |FREUDE
  • URL
  • EDIT

代替画像

台風の影響でしょうか、南の風が強くて今夜はエアコンなしで
過せられそうです。
でも11号が九州から西日本に向かって、この後心配ですが
何事もない事を願っています。
私も皐月の盆栽に苔を使ってますが、乾燥に弱いので水遣りは
欠かせません。
木市に行けば小盆栽や苔玉作りのコーナーに人が集まり、インテリアとしても
人気が高いと聞いています。
地方によって自然の営みの表現には、色々とあるのですね。
「やませ」とは初めて聞いた言葉です。
  • |2015.07.12(Sun)
  • |南の風
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: カミさんへ☆彡

ご両親も吊りしのぶを観賞されてたんですかね。道路拡張の関係で無くなったとは残念でしたね。
樹木の枝に吊るすのも風情があっていいです。うちは吊るすところがないので、軒先に吊るしてますけど、通るたびに毎日一目してます。
毎年春先には新聞包装で保存していた吊りしのぶを出して吊るすんですが、今年は芽をだしてくれるかなと毎日が楽しみでした。温かくなるとどんどん青い葉を出し、秋になると紅葉するんですよ。これもまた風情があるもんですね。

機会がありましたら吊るして観賞し、夏の涼しさを呼び込んでみませんか。

  • |2015.07.12(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 和 八葉さんへ☆彡

風情がありますよね。この下に風鈴を吊るすと涼しさが一層増しますよ。
最も最近では風鈴の音がうるさいと苦情を言ってくる隣人もいるそうですので、気をつけなければなりませんけどね。風情と受け止めてくれる人がいなくなったんでしょうかね。世知辛い世の中になりました。
  • |2015.07.12(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: FREUDEさんへ☆彡

ほう、遠野物語とやませの関係をそういう自説として結びつけますか。
確かにね、やませは沿岸から北上山地付近まで吹き流れることもあるそうですからね。地形的に遠野はやませの影響を受けてもおかしくない地域です。馬と河童と座敷童子にまつわる遠野物語のストーリーは数多くあるようですが、それがやませと結びつくのかどうかは自分には分かりませんね。
昔の農家はやませの影響で疲弊していたようですね。確かに沿岸に近いこの地域でも、やませに覆われると涼しいというより肌寒い位です。稲の生育期にこの冷夏では稲も育ちません。福岡も同じような気象条件だったのでしょうね。
知り合いに青森県の方がおりますが、こちらの冠婚葬祭の香典などは自治体で決められているそうです。単なり隣人でも親戚でも規定金額以上は出さないそうですね。合理的なんですね。

  • |2015.07.12(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 南の風さんへ☆彡

台風って南の風を運んでくるから暑苦しくなりそうですけどね。
こちらは日中でもエアコン知らずですし、夜は布団をはずせません。エアコン使用は年に数回ですので、埃をかぶってます。扇風機だけで何とか間に合いますよ。
台風11号の進路から外れることを願っております。これ以上台風直撃を受けたら被害甚大になりますものね。
苔って目立たないですけど、しっかり地に張りついてますよね。雨の後見ると生き生きと緑の色を発散してます。それだけ苔にとって水分は生きて行くに欠かせない栄養素なのでしょうね。地に這う苔は自然の恵みで水分を吸収できますが、盆栽や苔玉には水遣りに気を使いますよね。
やませは東北特有の自然現象で、黒潮の流れる南国ではあまり見られないでしょうね。


  • |2015.07.12(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こんばんは!

吊しのぶ。いいですね、私はおととし、風鈴と一緒になってるのをもらいました。
そろそろ出番です^^。

やませ…その昔小学校の時社会科で先生が「やませ」に「病ませ」の字を当てていました。
やはりそんな感じの厄介者の風なんでしょうか。

  • |2015.07.15(Wed)
  • |見張り員
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 見張り員さんへ☆彡

吊りしのぶ、風情がありますよね。風鈴が付いていたんですか。ガラスの風鈴であれ、南部風鈴であれ、音色がいいですよ。思わず暑さを忘れてしまいます。

「病ませ」とは言いえた当て字ですね。確かに農家の皆さんがやませに襲われたら、農作物が軒並み被害を受け、収穫になりませんから、頭を病んでしまうでしょうね。
ここ2,3日の30度越えもどこへ走り去ってしまったのか、今日は肌寒いです。やませとは違う気候だと思いますが、温度差10度以上もあると、体調が付いていけません。日本の天候も目まぐるしく変わりますね。


  • |2015.07.16(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top