茅の輪をくぐって 水無月食べて

7月2日頃からは二十四節気の末候で七十二候の第三十候、「半夏生(はんげしょうず)」です。季節の移り変わりの目安となる雑節でもあります。
今、九州地方では豪雨や雷を伴った雨が降り続いているようですが、外出時には川の氾濫、落石、落雷などには十分注意しましょう。農家では田植えなどをこの日までに終わらせる習慣がありました。半夏生の前に無事田植えを終えた農家では、この日の天候で稲作の豊凶を占ったり、田の神を祭ったりしていたようです。
半夏生の半夏は薬草の「烏柄勺(からすびしゃく)」のことであり、半夏に似た名前の「半夏生」という毒草もありますが、半夏とは全く別の種類の植物です。

150701半夏生①

ところで地方によっても異なりますが、6月晦日に「夏越しの祓(はらえ)」といわれる行事が行われます。人形に厄を移して水に流したり、神社の境内で「茅(ち)の輪くぐり」という、茅の輪をくぐって無病息災を祈願する、古来からの慣習があります。
京都ではこの時、「水無月」という和菓子を食べる習慣があります。水無月とは白の外郎(ういろう)の上に小豆をのせて、三角形に切った和菓子のことです。小豆は悪魔払いの意味があり、三角の形は暑気を払う氷を表しているといわれています。水無月を食べることで、残りの半年を健康に過ごせると伝えられてきました。

その水無月の生地になるのが外郎。外郎の発祥は、中国「元」の皇帝のもとで礼部院外郎(れいぶいんがいろう)だった陳宗敬が日本に亡命したところが福岡だったり、2代目宗奇が上洛し足利義満に外郎薬を献上した京都だったという説もあります。この時の外郎薬が「透頂香(とうちんこう)」として、救急薬あるいは武士の武運長久を祈る縁起物として常用されたのだそうです。他にも、外郎の元祖を標榜する外郎家の末裔が住んでいたことから小田原や名古屋という諸説もあります。

150701水無月
お菓子のういろうは京都の本家2代目宗奇が考案し、外郎薬とともに代々伝えられてきました。中でも日本一の販売量を誇る名古屋の青柳ういろうは砂糖、黒砂糖、抹茶、小豆、さくらのほか、さまざまな種類が楽しめるようです。
小田原のういろうは民間薬(去痰薬)を作りながら、そこで来客用の菓子として出されていたものが販売されるようになったようです。外郎には薬とお菓子の両方あるということですね。

また、歌舞伎十八番の一つに、薬の効能やその由来を弁舌にのせて説明する「外郎売り」という出し物があります。
“拙者親方と申すは、お立会の内にご存知のお方もござりましょうが、
お江戸を発って二十里上方、相州小田原一色町をお過ぎなされて、青物町を上りへ御出でなさるれば、
欄干橋虎屋藤右衛門、只今では剃髪致して圓斎と名乗りまする“
この口上は俳優やタレントなどの養成所、あるいはアナウンサーの研修などで発声練習や滑舌の練習に使われているようですね。

なんかガマの油売りを思い出してしまいました(笑)。


二十四節気 夏至(げし)◇
二十四節気10番目の節気。6月22日および小暑(7月7日)の前日まで。
暦便覧は「陽熱至極し、また日の長きに至るなりを以ってなり」
梅雨が明けて、暑さが次第に厳しくなり、セミが鳴きはじめる。
夏至七十二候は次の通り。
第三十候(夏至末候)7/2~7/6 半夏生(はんげ、しょうず)
半夏が生えはじめる時季。苗が生える季節で、かなり暑さを感じる頃でもあります。


今日の独りごと

今日の独りごと0701 昨年の暮れ、地元の市民文化会館が復興リニューアルしてから、文化交流が活発になってきました。さる6月6日には大阪交響楽団の演奏会が開かれ、いわてフィルハーモニー・オーケストラとの合同演奏や堺シティオペラによる歌劇「カルメン」が公演されました。屋内に響き渡るオーケストラの演奏も見事でしたが、ソプラノ歌手の歌い上げる声量に圧倒され、陶酔してしまいました。やはり会場で聴きながら見るオペラは迫力ありますね。
大阪といえば震災以降、地元市役所への地方自治体職員による復興復旧に、これまでずっと応援いただいてきました。尽力いただいた職員の中には長期間単身赴任された方もおられると思います。復興の目途が付いた3月、派遣職員も退任され、元の職場に戻られたようです。
この日は派遣協力いただいた堺市の副市長もお見えになり、舞台挨拶をされていました。今年も全国から64名の方に引き続き応援いただいておりますが、宮古の完全復興のためのご尽力、ありがたいですね。


参考サイト:彩時記びおWikipedia京果匠甘春堂OdawaraPR



関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

半夏生、見た記憶がありません。地方によって、ハゲともいうとか。

茅の輪、市内の神社で初めてくぐりました、くぐり方が「書いてありましたのでそれに従いました。
  • |2015.07.02(Thu)
  • |和 八葉
  • URL
  • EDIT

代替画像

青柳ういろうは美味しく感じ、私は好きです

震災前年、石巻の道の駅「津山」で雁月を知りました
以降、自宅で作ってみて
黒砂糖で作ったり、くるみを入れてみたりして
お伺いする高齢者に差し上げております

今年は桜の塩漬けを配したものも作り
とても喜んでいただきました
  • |2015.07.02(Thu)
  • |FREUDE
  • URL
  • EDIT

代替画像

塩瀬とにてるおはなし、
今日は寝てなくて、ちゃんと自分でも調べますね。
お菓子の事は覚えておかないとならないkら
すごく有り難いです。
勉強します。
  • |2015.07.02(Thu)
  • |hippopon
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 和 八葉さんへ☆彡

他にもハンデ、ハゲン、ハゲッショウなどと呼ぶ地方もあるようです。
以前トレッキングした時白い葉っぱの野草を見かけたことがありました。「おっ、ハンゲショウ」と思ってたんですが、帰ってから撮った写真を見たら、ただ単に笹の葉でした(笑)。
茅の輪くぐりしましたか。神社によっては最初宮司さんが神事を行い、茅の輪をくぐってくれます。その後に続いてくぐればいいんですが、神事後にフリーで行くと説明書きの通りくぐるようになりますね。受付で人形代(ひとかたしろ)という紙人形を貰いませんでしたか。この人形代に息を吹きかけ、体の調子の悪いところを撫でて穢れを遷した後、神社に納めると、罪や穢れを洗い清めることができるんだそうです。


  • |2015.07.02(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: FREUDEさんへ☆彡

ういろうにもいろいろ種類があるんですね。生ういろうや冷やしういろうなど、さすが日本一の販売量を誇る青柳ういろうですね。

石巻のお土産といえば雁月だそうです。雁月に似たお菓子が岩手県にもあるそうです。こちらは蒸しパンタイプのようですが、自分はまだ食べたことないです。
自分でお作りになるなんてすごいですね。魚をおろしたり、お菓子を作ったり、何でもなさるんですね。しかもご自分で食べるんじゃなく、ご高齢者に差し上げるんですか。ご年配の方々はこういうお菓子、好きそうですから喜ばれるでしょうね。


  • |2015.07.02(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: hippoponさんへ☆彡

塩瀬総本家というとお菓子業界では超有名ですよね。
お菓子の種類は数々あれど、塩瀬の饅頭というと右に出るものがないといわれるほどで、由緒ある歴史が代々継がれてきてるようですね。その発祥もういろうと似ているようです。始祖が同じ中国人というところも類似してますね。

自分の知識は浅学非才で申し訳ないのですが、ヒントになっていただければ幸いです。

  • |2015.07.02(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

若い頃にハンゲショウの草の葉が、名前の通り半分白くなって
化粧しているようになる時季と聞いた事があります。
半夏生の食べ物と言ったら鯖とか、うどんの雑節があるようですが
田舎では蛸を食べる習慣があります。
地方よって引き継がれる食文化も色々ですか、後世に残して貰いたいものです。
  • |2015.07.02(Thu)
  • |南の風
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 南の風さんへ☆彡

近畿地方の一部では蛸を食べる習慣があるそうですが、指宿でもやはり蛸をたべますか。
福井県大野地域では焼き鯖を食べるそうです。香川県の讃岐地方では7月2日の半夏生を「うどんの日」と制定し、この日はうどんを食べるんだそうですね。各地によって食文化はいろいろあるようですが、こちらではそのような食習慣はないようですね。

この頃に降る雨を「半夏雨」(はんげあめ)と言って、大雨になることが多いそうです。いま大雨に見舞われている九州地域は、まさに半夏雨と言えそうですね。被害に巻き込まれないよう、十分お気を付けください。
  • |2015.07.03(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top