就活にも大切なあいさつ

4月10日から14日までは七十二侯の第十四侯で清明の次侯にあたる「鴻雁北(がんきたへかえる)」です。
前年の寒露の初侯に雁はやってきて、清明の次侯に帰っていきます。またこの時季は初侯の玄鳥至(つばめきたる)でつばめがやってき、代わって雁が群れをなし北に飛び去っていきます。空の主役が交代することになる季節なんですね。

あいさつ(雁)

さてさて4月に入って新入社員が目につくようになりました。
平成27年度新入社員のタイプは「消せるボールペン型」といわれているようです。
書き直しができる機能を持ったボールペンに例え、「見かけはありきたりなボールペンだが、その機能は大きく異なっている。見かけだけで判断して、書き直しができる機能(変化に対応できる柔軟性)を活用しなければもったいない。ただ注意も必要。不用意に熱を入れる(熱血指導する)と、色(個性)が消えてしまったり、使い勝手の良さから酷使しすぎると、インクが切れてしまう(離職してしまう)」ということだそうです。

年々挨拶をしない若者が増えていると、企業の年配の方は嘆いているそうですが、これも消せるボールペン型新入社員が増えているからなんでしょうか。この傾向は新入社員に関わらず中堅社員にも言えますけどね。
その理由は、不審者や凶悪事件が増え、「知らない人に挨拶をしてはいけない」と子供の頃に教えられてきたのが原因の一つかもしれません。挨拶の大切さが昔より薄くなっているからなんでしょうね。

あいさつ(新入社員)
先日近くの過疎の田舎へ仕事で出かけたとき、中学生位の男の子と出会いました。その子は「こんにちは」と挨拶してきたんです。誰に挨拶したのかと周りを見渡したら誰もいません。ということは見知らぬ私に挨拶してるんですよね。突然面喰いましたが、思わず「こんにちは」と返しました。ちょっと戸惑いますが、気持ち良いですね。
また山登りをしていると登る方と下山する方がすれ違うとき「こんにちは」と声を掛け合うこともありますよね。

私の子供の頃、道で近隣の方と会ったり、親戚の家に訪問した時は「こんにちは」って挨拶しなさい、と躾けられました。「挨拶できるようになったのね、偉いわね」などと言われると、子どもはその気になって大きな声で挨拶を交わすようになります。
本来、挨拶をきっかけに会話が進み、人間関係が築かれていくものなんですけどね。

昔から日本では挨拶を「言葉かけ」と言い、道行く人々にたとえ見知らぬ人でも声をかけてきたそうです。鎌倉時代の武家家訓には「極楽寺殿御消息(ごくらくじどのごしょうそく)」の中で、誰であれ目にした人に対しては必ず礼儀として挨拶すべきと記されているようです。挨拶が出来ない者は恥とされ、一人前とはみなされなかったのでしょうね。今でもビジネスの世界では新入社員の研修で、挨拶の練習をするところもあります。大人になって改めて挨拶の実践をするというのも、ある意味淋しい話ですけどね。

あいさつ(お辞儀)ある日先輩上司が新入社員と話をしている時、「自分から挨拶しないと、やりにくくなるよ」とアドバイスをしたそうです。そうしたら意外な言葉が返ってきたとびっくりしていました。
「え、まだ紹介されていないのに、自分から勝手に挨拶したら失礼かと思って……」
なるほど、彼らは彼らなりの価値観の元で、挨拶の感覚を持っているんですね。
でも挨拶されたから返すのではなく、特に目上の方には自分から挨拶するべきですよね。

「おはよう」は「お早くから、ご苦労様でございます」などの略だと言われ、朝から働く人に向かって言うねぎらいの言葉でした。「こんにちは」は「今日は、ご機嫌いかがですか」などの略で、お昼に初めて出会った人への体調や心境を気遣っていたのです。「こんばんは」は「今晩は良い晩ですね」などの略で、「さようなら」は「左様ならば私はこれで失礼いたします」の略なんだそうですね。いつ頃からこのような挨拶語が定着したかはわかりませんが、江戸時代の書物には「おはよう(ございます)」の表記が見られるようです。

「三つ心、六つ躾、九つ言葉、十二文、十五理で末決まる」と江戸町民は子供を教育したそうです。この意味は3歳までに素直な心、6歳までにその振る舞いに節度をもたせ、9歳で常識ある言葉遣い、12歳では立派な文章が書け、15歳には物の道理がわかるように教育したといいます。この教えは現代にも通用しますよね。

昨今では不審者対策で見知らぬ人に対して挨拶をしなくなったということもあるかもしれませんが、挨拶の仕方とか挨拶をして返ってくる言葉に嬉しさを感じ取れるようになったら、次第に出来るようになると思うのは私だけのうがった考えなんでしょうかね。


二十四節気 清明(せいめい)◇
二十四節気5番目の節気。4月5日および穀雨(4月20日)の前日まで。
暦便覧は「万物発して清浄明潔なれば、此芽は何の草としれるなり」
万物が若返ってすがすがしく、さまざまな花が咲き乱れます。
◆春分の七十二候は次の通り。
第十四候(清明次候)4/10~4/14鴻雁北(がんきたへかえる)
ツバメとは反対に、冬の間を日本で過ごした雁が北のシベリアへと帰っていく頃。雁は「かり」とも読み、「鴈」と書くこともあります。「カリカリ」という鳴き声が名前の由来とも言われています。


今日の独りごと

今日の独りごと0410初めて走る道路はいろいろ気を使って疲労感が倍増します。そんな時道路脇にある目的地までの距離を示す案内標識。目的地まであと○○キロという数字を見ると「もうすぐだ」「まだまだ遠いな」などと一喜一憂します。
案内標識はドライバーにとって大事なアイテムです。目的地名が出てくるとホッとしますが、その距離はどこを基準にしているのか調べてみました。
一般道路の場合、案内標識設置位置から表示地区の市役所・町村役場までを基準にしているそうです。但しその役所が町の中心地から外れている場合は、駅や繁華街を基準にします。距離は直線ではなく、道路に沿った距離で、端数は四捨五入。ちなみに東京の場合は道路元標がある日本橋で、大阪の場合は大阪城が基準になっているそうです。また、道路名を示すマークはおむすび型(三角形)が国道、六角形が県道なんですね。
案内標識のルールが分かると安心してドライブできますね。


参考サイト:暦生活NEVERまとめYAHOO!JAPANニュース日本文化いろは辞典日本生産性本部国土交通省



関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

こんばんは

私なども親から挨拶に関してうるさくしつけられたので最近の人のあいさつのなさにはほとほと参ります。
ただ昨今は事件が多いせいか子供にうっかる声をかけられないということはありますね。
でも子供のほうから声をかけてくれるとうれしいですね。

新入社員。道を切り開くためにはまず自分から挨拶、そしてそれが人間関係の潤滑油だと気付いてほしいです。
  • |2015.04.10(Fri)
  • |見張り員
  • |URL
  • EDIT

代替画像

不逞な輩というか、、
人が来たらちゃんとやりますからとか言って。
挨拶もしない。人が来たら、、やはりできない。
まず、こんにちは、よろしくお願いいたしますができない。
お茶を習うって,でなおしてこいていいたい、、
我慢して、(#^.^#)。
靴の脱ぎ方も出来ず、直させて平気。
すいませんとか、お手を煩わせてしまって
申しわけありませんもなし。
いい歳して、一般常識が無いので、失格です、
そういう人多いいですよ、びっくりします。
  • |2015.04.11(Sat)
  • |hippopon
  • |URL
  • EDIT

代替画像

就活は、大変ですよね。
ワシは、終活中ですよ。
  • |2015.04.11(Sat)
  • |和 八葉
  • |URL
  • EDIT

代替画像

地理が好きなため、標識の位置を模索しておりました
十和田湖と田沢湖が同一線上?
八幡平アスピーチラインかな?、と思っております

市町村合併が進み案内標識の地名が書き換えられて
どちらも同じ地名の標識を見るようになり残念です

旅先でよく小中学生に挨拶を受けます
気持ちよくお返しできる自分に嬉しくなりますね
  • |2015.04.11(Sat)
  • |FREUDE
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 見張り員さんへ☆彡

近所の小一の女の子が時々訪ねて来ることがあるんです。玄関口で「こんにちは。いつもお世話になってます」と大きな声で挨拶するんです。若いお母さんの躾なんでしょうね。思わず「元気いいね、お菓子食べる?」ってあげたくなっちゃいます。
挨拶ってお互いに嬉しくなっちゃいますよね。なのにそんな純真な子供の気持ちをもてあそぶように、誘拐や殺人など凶悪な犯罪が増えています。世の中おかしいですよ、狂ってます。どうしてこんな環境になってしまったんでしょうね。人を見たら泥棒と思え、と躾けるのが悲しいです。日本の社会も堕落してしまいましたね。
新入社員が先輩社員に挨拶できないというのも、その辺が根底にあるんでしょうね。

  • |2015.04.11(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: hippoponさんへ☆彡

普段の習性ができてないと、なかなかその場面に遭遇してもできないもんです。
子供の躾もそうです。何度も同じことを繰り返して始めて身に付くものです。身に付いてないものはその場で言われてもできません。人が来たらやりますというのは、その場からの逃げ口上でしょう。
靴の脱ぎ方、掃除の仕方、整理整頓。みんなその人の性格が出てしまいます。会社のデスクが乱雑だった自分は上司から毎週金曜日は整理整頓の日を言い渡されたことがあります。自分では何気ないことでも、第三者から見ると、不潔感を強く感じるんでしょうね。
人には誰も弱点があると思います。人に指摘された弱点を素直に受け入れ、改善していく度量が必要だと思うんですが、いい年代になってくると素直さに欠けてしまいます。それが一般常識からかけ離れてしまうことに繋がるんでしょうね。
自分も素直になって自分の姿を見直さなくちゃいけませんね。ありがとうございました。
  • |2015.04.11(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 和 八葉さんへ☆彡

何度か経験した就活はだいたい軌道に乗れば結果が出るんですが、終活は終わりの見えない人生の軌道です。終わりが見えるということは人生の末路ですからね。これほど難しい活動はないですよね。
  • |2015.04.11(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: FREUDEさんへ☆彡

正解です。昨年5月アスピーテラインの雪の回廊を見に行った時の写真です。
さすがに旅慣れてる方は目の付け所が違いますね。5月の連休明けの頃でしたから雪も大分融けだしていましたが、それでもまだ人の身の丈ほどはあって回廊を楽しむことができました。
市町村合併というのは名前が変わるだけではなく、このような標識類の交換も必要になってくるんですね。合併することのメリットもあるんでしょうが、標識交換などの経費も莫大なものになりますよね。
各地の旅先で子供たちの挨拶を受けることもあるんですか。自分が体験した子供たちの歓迎挨拶は特有のものではなかったんですね。このような底辺から挨拶が浸透していくことで、全国に挨拶運動が広まることを期待したいです。


  • |2015.04.11(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

田舎の小中学生は挨拶を良くしてくれますが、高校生になると
殆どそのような傾向はありません。
小さい頃は、親から挨拶について口うるさく言われたものですが
事件の多い時代になりましたので、無理からぬ事だとも思ってます。

まずは挨拶だと思ってますが、皆で助け合う日本人本来の気質も
薄れつつあり、人口減少に伴ってこれから先の日本丸は、どっちに
舵をとるのでしょうか。
  • |2015.04.11(Sat)
  • |南の風
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 南の風さんへ☆彡

そうですね。高校生になると部活の先輩等特定の人には、大きな声で「オ~ス」などと挨拶はしてますけどね。考え方も大人の領域に入ってるんですかね。
昔は人から物をもらうと、親から「お礼言ったの?」「挨拶したの?」などと言われてました。今の若い親はそこまで口を酸っぱくする位言いますかね。都会では子供が公園デビューする時など、先客親子に挨拶してないような親子もいるような気もします。コミュニケーションを取る手段の第1条件だと思いますけどね。
自分の家もそうなんですが、子供が結婚して新家庭を持つと親と離れて暮らすケースが増えますからね。特に共働きをしていると、挨拶や躾が疎かになってくるかもしれませんね。

  • |2015.04.11(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

若いころは 長距離トラックしてて
そのころは 道路地図と標識が頼りでした
今は初めての所も ナビ頼りになっちゃいました
  • |2015.04.12(Sun)
  • |こん☆
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: こん☆さんへ☆彡

トラックの長距離運転してたんですか。初めての道もお手のものだったでしょう。
いまはカーナビって便利なものがありますよね。

便利なのはいいんですけど、当然でしょうけど新しい道ができると画面上は道なき道を走ってるんですよね。音声もプッツリ切れたように案内してくれないし。データの更新をすればいいんですけど、カーナビによってはえらい高いものになるんですよ。純正のメーカーによっては自分で更新できないものもあるそうなんです。手軽に更新できるようにしてほしいですね。


  • |2015.04.13(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top