一汁三菜の和食に「ごちそうさま」

3月21日は二十四節気の第4節にあたる「春分」です。
昼と夜の時間がほぼ同じになる日と言われる春分。この日を中日に前後3日、計7日間が春の彼岸といわれます。春分以降は昼の時間が長くなるため、「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉通り、過ごしやすい日が多くなります。
仏教では、生死の海を渡って到達する悟りの世界を彼岸といい、その反対側の私たちがいる迷いや煩悩に満ちた世界を此岸(しがん)といいます。彼岸は西に、此岸は東にあるとされ、太陽が真東から昇って真西に沈む秋分と春分は、彼岸と此岸がもっとも通じやすくなるという考えから、お彼岸にお墓参りをして先祖を供養するようになったのだそうです。
お彼岸は他の仏教国にはない日本だけの行事なんですね。そのお彼岸は「日願」でもあり、太陽の神を信仰する神道と結びつきやすかったのかもしれません。春の種まきや秋の収穫とも結びつき、自然に対する感謝や祈りがご先祖様に感謝する大切な行事に結びついたのでしょう。

一汁三菜(トップ)

日本独自の行事であるお彼岸と共に、日本独特の習慣に「いただきます」「ごちそうさま」の挨拶があります。
外国には、日本語の「いただきます」や「ごちそうさま」にあたる言葉がないそうです。
危機に瀕している無形文化を保護する、ユネスコの無形文化遺産に認められた「和食の文化」。日常の中で営んでいる普遍的な食文化でもあります。

一汁三菜(ワカサギ天ぷら定食)一汁三菜(鮭定食)
何より客の目の前でカウンター越しに出す割烹料理は小気味いいですよね。和食は食材の自然を尊重し、かつ健康的で美しさが表現されています。さらに年中行事や地域、季節の特色が生かされております。
和食といえば「一汁三菜」。お膳で食事をしていた昔は、一つの膳にご飯、汁、漬物の他にお菜(おかず)は三つ以上乗らなかったんだそうです。ご飯と漬物は必須なので数えません。そこから「一汁三菜」という言葉が生まれたんですね。
一汁三菜の特徴は、汁も漬物も菜もすべてごはんを食べるためにあります。菜は中華風でも西欧風でも構いません。ようは箸を使って食べることなんだそうです。和食とは便利なもので、一口で食べられる大きさに切ってあったり、もしくは箸でちぎれるように柔らかく調理してあるんですね。ナイフとフォークを使う料理とは違いますね。

一汁三菜(いただきます)
日本は豊かな食材に恵まれております。山や海など森羅万象の神々に支えられた命あるものをいただくとき、私たちは「いただきます」の感謝の言葉をいいます。日本人の倫理感に相応しい言葉ですよね。
食べ終わったあとには「ごちそうさま」といいます。ごちそうは「御馳走」にあたり、駆けずり回って食べ物を調達するという意味があります。そんな心づくしの料理をありがたく思う気持ちの表れなんですね。
最近では日本の食事も家族全員そろって食べることがなくなってきました。中には食卓に置いてあるパンやコンビニで買った弁当などを、それぞれが勝手に食べる家庭も増えているようです。日本の食事も殺伐としてきましたね。

インスタント食品、冷凍食品、ファーストフード。食べたい時にさっと食べられますから、食の効率化につながるんでしょうけどね。ユネスコ無形文化遺産に認定された「和食」。もう一度原点に戻って、自分達の食を見直すべきでもあるような気がします。
そのためには家庭で料理を作ること。毎日、和食を作るのは無理でも、せめて週に2~3回はごはんと汁を軸にした献立にしてみるとか。家族全員で朝食を囲み、「いただきます」「ごちそうさま」と言える食卓にしたいものです。


二十四節気 春分(しゅんぶん)◇
二十四節気4番目の節気。3月21日および清明(4月5日)の前日まで。
暦便覧は「日天の中を行て昼夜等分の時なり」
春のなかば。昼と夜の長さが等しくなる。 寒さもすっかりやわらぐ。
春分七十二候は次の通り。
第十候(春分初候)3/21~3/25雀始巣(すずめ、はじめてすくう)
雀が巣を作り始める頃。俳句や民話、童謡にも用いられ、日本人にとって古くから身近な存在である雀ですが、最近では生息数が少なく、貴重な存在になっています。


今日の独りごと

今日の独りごと0320一段と春の陽気が押し寄せた去る3月14日、まだ結氷が続いている県内の岩洞湖のワカサギ釣りを見てきました。岩洞ダム建設による人造湖の岩洞湖は、本州一厳寒の地で真冬の気温はマイナス20℃を超すこともあるそうです。この日は氷の表面が融けだしていましたが、まだまだ厚さ40㎝もあり、ワカサギ釣りの楽しさは続きそうでした。
多い人は200尾釣る人もいるそうですが、この日最多のワカサギを釣った方は70尾。「や~、シーズンも終わりに近いからね。こんなもんだよ」と満更でもなさそう。「天ぷらも美味いけど、唐揚げも美味いんだよ。今日はこれから帰って酒のつまみだな。ビールが美味いぞ」。甘くて美味しい岩洞湖のワカサギは定評があるようです。
私も近くのレストランで岩洞湖の「ワカサギ天ぷら定食」を食べてみましたが「うまい」。揚げたてのカリカリしたワカサギは甘くて骨まで味が浸みこんでいるようでした。一皿15尾くらい盛り付けられた定食が800円。安い。お腹いっぱいになりました。


参考サイト:暦生活CLUB MITSUBISHI ELECTRIC





※人気ブログランキングは4月の年度変わりに卒業しました。
今までの応援ありがとうございました。

関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

こんばんは

いよいよ春分を迎え春が本物になってきますね^^。このところ東京も暖かく春ちかしを感じます。でも来週はまた寒くなるとかで油断は禁物ですね(-_-;)。

「いただきます」「ごちそうさま」
いい言葉ですね、でも最近学校給食の際これを言わすのはおかしい!とクレームをつける親がいると聞きびっくりしています。何か勘違いしているとしか思えません。きっとそういう親は「感謝」の心がないのですね。よく考えればかわいそうな人だなと思います。

そろそろタケノコが出てきます、たけのこご飯やてんぷらが早く食べたいです♡
  • |2015.03.20(Fri)
  • |見張り員
  • URL
  • EDIT

代替画像

ごちそうさま、いただきますも美しき日本の心だったのですね。(^O^)
  • |2015.03.21(Sat)
  • |カノッチ
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 見張り員さんへ☆彡

暑さ寒さも彼岸までを地で行くような季節となりましたね。彼岸を迎えて日中は10度を超え、過ごしやすい日々が続いております。寒の戻りもありますから、油断大敵ですけどね。

「いただきます」「ごちそうさま」。日本語には感謝を表す端的な言葉がありますよね。どういう考えでクレームをつけるのか分かりませんが、この言葉の意味をよく理解していない方が多いのではないかと思います。
料理を作ってくれた方への感謝だけじゃなく、生あるものに食料への供出を感謝することでもあるんですね。深い理解を示していただくとクレームは発生しないのではないかと思いますけどね。


  • |2015.03.21(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

昔から夏野菜の植え付けをする基準は、春分の日以降と
言われてきましたが、桜の開花宣言もされて春の到来を
実感しています。
今日も20度くらいまで上がり、地中いる小動物の動きも
活発になっています。

ワカサギの天麩羅は美味しそうですね、まったく種類は
違うものの、南国では小さいキビナゴ漁が盛んで、塩焼きに
したり天麩羅にして戴いています。
地方によって食材も違いますが、ワカサギ漁を体験してみたいと
思いました。
  • |2015.03.21(Sat)
  • |南の風
  • |URL
  • EDIT

代替画像

外人に、御馳走様は?ときくと
先ず怪訝、、そして、フィニッシュに近い言葉をいいますね。
何か違う、、
イスラムには聞いたことがありません。
東大で、布被ってる女子大生に聞けばいいかもしれませんね
随分多いいから、
御馳走様、ありがとう。
お一人様が多い都会の食堂では言えないのかもしれませんね。
家族が減ってる。考えさせられました。
  • |2015.03.21(Sat)
  • |hippopon
  • |URL
  • EDIT

代替画像

フェリーの船内で迎えた昨日の朝、
レストランで食事をしていて、高校生くらいの女性が
肘を突いて食べているのを母親らしき女性は指摘をしません

おそらくは「いただきます」も言わない家庭なのでしょう
寿司店でランチをいただく前に「いただきます」と合掌したところ、
嬉しかった、と店主から一品のサービスがあったことがありました

膝を組んで食べている人などを見ると、
日本は美しくない国になっていくような気がしております
  • |2015.03.22(Sun)
  • |FREUDE
  • URL
  • EDIT

代替画像

ご無沙汰でした。春がやって来ましたね。
4年が過ぎお住まいの街や地域にも年を重ねるごとに……、薄紙を重ねるように……、春を悦んでいらっしゃる皆さんのお姿を見るにつけ有難く感じています。

「いただきます、「ごちそうさま」。感謝の気持ちを表す最低限の言葉ですね。「ありがとう」の言葉とともに徐々に日常から消えつつある昨今。やはり家庭教育が何もかもの根本でしょうね。
  • |2015.03.22(Sun)
  • |まろゆーろ
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: カノッチさんへ☆彡

「いただきます」「ごちそうさま」もそうですが、美しい日本語の一位は「ありがとう」だそうです。
何気に言ってますが、人に好感を与えるすばらしい言葉の一つですね。
特に「ありがとう」は法句経のお経に説かれているそうです。「ありがとう」の言葉をかけ合うことで、自分の心もなごやかになり、相手の心もさわやかにしてくれますよね。
心の通った美しい日本語、心の交流を図る潤滑油の役目を果たす言葉として使っていきたいですね。
  • |2015.03.22(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 南の風さんへ☆彡

夏野菜の植え付けは春分の日を基準にしてるんですか。こちらでも親戚の人に聞いたら、そろそろじゃがいもの植え付けの時季だな、なんて言ってました。これからは夏野菜で畑が賑わいますね。

こちらではあまりキビナゴ漁とは縁がないんですが、ワカサギに似た小魚なんですか。寒い日に氷に穴を開けて釣るワカサギ釣りとは違って、網を使っての漁なんでしょうね。天ぷらとか唐揚げなんかで美味しく食べれそうですね。
寒い地方が多いようですが、九州でも標高の高い湖などでは釣れないですかね。一度体験してみてください。


  • |2015.03.22(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こんにちは

今朝は、ワラビのお味噌汁。

昨日実家の父が
山?で採ってきたモノ。

自然の恵に感謝です。

また訪問しますね。
  • |2015.03.22(Sun)
  • |シモミナミ
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: hippoponさんへ☆彡

やはり外人に「ごちそうさま」は通じないんですか。食生活の違いなんでしょうね。
調べたら日本と同じような食生活の韓国では「チャル モゴッスムニダ」という言葉があるそうです。意味は「よく食べました」ということのようですので、日本語の「ごちそうさま」とはちょっとニュアンスが違うのかな。アジアやヨーロッパでは神様に感謝するという意味で「ありがとう」の言葉が多いようですね。
自分も昔食堂で食事をした後、精算する時「ごちそうさま」と言ってましたが、さすがレストランでは言えませんでしたね。どうしてでしょうかね。洋食には「ごちそうさま」という言葉が相応しくないとでも思っていたからなんでしょうか。
家族揃って食卓を囲む機会が減ってきてますよね。かく言う自分も夫婦二人だけの食事では言わなくなりました。昔学校の給食時間には「いただきます」「ごちそうさま」と大きな声で言ってたんですけどね。

  • |2015.03.22(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: FREUDEさんへ☆彡

最近そのような光景よく見かけますね。本人は楽でいいのかもしれませんが、傍目に見ているとだらしなさが垣間見られます。子供の頃に躾けられなかったのかもしれませんね。おそらく「いただきます」も「ごちそうさま」も言わないでしょう。
まして膝を組んで食べるなんて、言語道断です。食卓で食べるようになったからなんでしょうね。昔のようにお膳で食べていれば、そのような粗相はないと思うんですが。
「いただきます」と合掌までする人はなかなかいませんから、店主は余程嬉しかったんでしょうね。見ていても気持ちいいですよね。美しい日本の礼儀、忘れないでほしいですよね。


  • |2015.03.22(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: まろゆーろさんへ☆彡

こちらこそご無沙汰してしまいました。なかなかお伺いできなくて申し訳ありません。
あれから4年が経ちました。当時の被害の姿がそのまま残っていると、見るたびに震災の悲惨さが甦ってきます。忘れないようにとその遺構を後世に伝えるためそのまま残しておくという意味もあるんですが、遺族にとっては見るたびに悲しみが募るでしょうね。それでも1つ1つ時間はかかりますが、復興しているのを見ると感慨深いです。
震災当時、日本人の礼儀、マナーなどが各国から称賛されました。同じ日本人の1人として誇りに思ったものです。最近では「いただきます」「ごちそうさま」の感謝の言葉が消え失せてきました。単体の生活が増えてきたからなのでしょうかね。子供の頃の躾が疎かになってきているのは事実のようで、同時に美しい日本語が姿を消してきているように思えます。もう一度原点に戻って考え直してみたいものですね。


  • |2015.03.22(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: シモミナミさんへ☆彡

山菜採りの季節になりましたね。
ワラビ、ゼンマイ、フキ。山菜の三冠王ですね。
採れたてのワラビ美味しかったでしょう。
自然の恵みに感謝、お父さんにも感謝ですね。
  • |2015.03.22(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

matsuyama さんへ!!

おばんです!
日本人のマナーは「いただきます」で始まり「ごちそうさま」で終わったものでしたが、最近は失われてきましたねー。
若い人はもし怒ったら「言わなくても心では分かっている・・・」と反撃されそうですよね^^。

実は公魚と言えば本道の岩見沢市の北村と隣村の新篠津湖でワカサギ釣りが盛んなのですよ・・!
てんぷらでの晩酌は最高ですねー。!!
  • |2015.03.22(Sun)
  • |荒野鷹虎
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 荒野鷹虎 さんへ☆彡

こんばんは。
食事のテーブルマナーというか、私たちの食材となっていただいた生き物への感謝の表れですよ。「あなた方の身をちぎられるようなご奉仕によって私たちの血となり肉となり、明日をも生きて行くことができるんです、感謝に堪えません」とね。
「いただきます」「ごちそうさま」の言葉は小さい時からの習慣が身に付いてないと、なかなか言えない言葉です。それが躾の1つでもあります。家庭内はもち論、学校の給食時にも励行したいですね。大人になるとなかなか恥ずかしがって言わなくなりますからね。
北海道はワカサギ釣りのできるところいっぱいあるでしょうね。釣った傍らで天ぷらに揚げたら最高でしょう。

  • |2015.03.22(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

春は立ちましたが、
私の「息子」はず~っと寝たまま・・・アハハハハなんです。
  • |2015.03.23(Mon)
  • |和 八葉
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 和 八葉さんへ☆彡

春ですね。春眠暁を覚えずといいます。
眠ったままの息子さんには大脳に刺激を与えた方がいいかもしれませんね。
寝た子を起こさないことが家庭の平和を守ることになるかもしれませんけどね(笑)。


  • |2015.03.23(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

なんだか忙しくて、、、お墓参り行けなくて、、、
今日行きました 気持ちですから 良いですよね?
遅れても・・・
先日は 暑いくらいの一日 かと思ったら 今日は
とっても寒い~ 雪まで降って、
  • |2015.03.23(Mon)
  • |こん☆
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: こん☆さんへ☆彡

余計なことを考えず、仕事に没頭できることはいいことですよ。
お墓参りも彼岸明けの24日までにお参りすればいいんですよ。ご先祖も「忙しいところを済まないのー」なんて喜んでますよ、きっと。

まさに三寒四温ですね。こちらも今日は雪が降ってました。積もるほどではないですけど、先日の春の陽気からは一転して冬に逆戻りですね。体調お気を付けください。

  • |2015.03.24(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top