タラの木も新芽を吹く啓蟄

3月10日からは啓蟄の次候で七十二候の第八候「始笑(ももはじめてさく)」に変わります。競うようにの花がほころび始める頃で、「笑う」と表現しております。
早く春が来てほしいのに、今日は強風が吹き荒れています。ヒューヒューと枯れ枝を吹き抜ける風には、耳を刺すような以前ほどの冷たさはなく、陽気さを押し抱いているような感じにも受け取れます。
昨日は車検のため盛岡まで納車に行ってきました。山や日陰にはまだ雪が残るものの、市内にはもう雪の気配がありません。虫たちも顔を出し始めている感じが、肌に伝わってきます。

啓蟄(女郎花と紋白蝶)

こちらでは時季的にまだ早いようですが、桜の咲く頃、山沿いには山菜が芽を吹きだしてきます。山菜摘みを楽しみにしている方にとってはこれからが本番です。
昨年野山に足を踏み入れたのが5月。瑞々しい葉を装った山々にはタラの木も新芽を吹きだしていました。時期が遅かったためか新芽は大きく葉を広げ、山菜としては成長しすぎていました。今年はもう少し早めに行って見ましょう。

啓蟄(タラの芽)啓蟄(タラの芽2)
天ぷらにすると美味しいタラの芽ですが、伸び過ぎると苦みやエグミが強くなります。小さすぎても風味が弱く食べるところが少ない物足りなさを感じるかもしれません。芽のつぼみ状のところが開いて3~5㎝位に伸びたくらいが風味をしっかりと感じられ、美味しく賞味できる食べ時のようです。
この時季、スーパーなどの店頭に出ているタラの芽は栽培物かもしれませんね。栽培物は苦みやクセが少ないので食べやすいかもしれませんが、本来のタラの芽の風味を楽しみたい時には自然物のほうがいいかもしれません。
タラの芽の天ぷらレシピを取り上げてみました。挑戦されたいという方はこちらのcookpadにアクセスしてみてください。

啓蟄(山菜摘み)
自然物のタラの芽はこれからですが、山菜摘みに行くときは十分お気を付けください。熊の出没は当然ですが、タラの芽の下にはトゲがいっぱい生えています。無防備で行った去年のタラの芽摘みでは、トゲに刺されっぱなしで、指中血だらけでした。皆さんは注意してください。
一般的に2m位の高さに生えるタラの芽を摘むときは、特に皮製の手袋を用意したほうがよさそうですね。プロの方は皮手袋をし、手製のフックで摘んでいるそうですよ。摘む場所も民家の裏庭や畑の近くではなく、山に入った自然のタラの芽を摘むようにしているんだそうです。山菜摘みのマナーですよね。


二十四節気 啓蟄(けいちつ)◇
二十四節気3番目の節気。3月6日および春分(3月21日)の前日まで。
暦便覧は「「陽気地中にうごき、ちぢまる虫、穴をひらき出ればなり」
冬のあいだ土の中に巣ごもりしていた虫たちが目ざめ活動を始める。
◆啓蟄の七十二候は次の通り。
第八候(啓蟄次候)
3/11~3/16始笑(ももはじめてさく)
のつぼみが開き、花が咲き始める頃。昔は「咲く」という言葉を「笑う」と表現したそうです。ゆっくりと開いて
いくの花は、ほほ笑んでいるようにも見えます。


今日の独りごと
今日の独りごと0310 3月14日はホワイトデーです。日本はバレンタインデーのお返しとして男性から女性に贈り物をするのが一般的ですよね。
ところがイマドキのホワイトデーは事情が変わってきているそうです。この日に贈り物をした人は男性が4割強、女性が1割だったそうです。つまり女性は10人に1人が贈り物をしているということなんですね。いわば女性は貰うばかりではなく、あげている人も結構いるということなんですね。
女性が贈る相手は誰かというと「女友達や女性の先輩、後輩など」が最も多いそうです。「友チョコ」のお返しとしてのホワイトデーということなんですかね。純粋にバレンタインデーのお返しとして、プレゼントを交換する感覚なんでしょうか。いやはやホワイトデーも様変わりしてきたもんですね。


参考サイト:暦生活日本の行事を知ろう! オーライ!ニッポン旬の食材百科山の便り、大地の恵み


人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ
↑あなたのお気持ちを有難く頂戴します。

関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

おはようございます。
明け方冷えてきました。
なかなかすっきりと春になりませんね。

あの時も雪が降りましたね、
負けてたまるか!岩手県。まだまだ頑張ってください。
今日は、供茶をし、黙とうをささげます。
  • |2015.03.11(Wed)
  • |hippopon
  • |URL
  • EDIT

代替画像

ここ数日は全国的に大荒れの天気でしたが、南国も小雪が舞い散りました。
来週からは温度も上がり、平年の天気になると報じられています。
タラの芽の天麩羅は美味しいですよね、心地よい苦みが好きで
毎年食べています。
ホワイトデーなど、昔の想い出の一つになりました。
倍返ししないと言われた時もありましたが、昔と違って事情が
変ってるみたいですね。
  • |2015.03.11(Wed)
  • |南の風
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: hippoponさんへ☆彡

こんばんは。
相変わらず寒さが身に応えますね。3月としては最強クラスの寒気団が押し寄せているようで、全国的に寒さが蔓延してるようですね。
4年前も今日と同じように小雪が舞う寒い1日でした。あの激しい揺れには戸惑いましたが、その後の津波の襲来には、電気の停電や電話の不通のため情報が得られず、目と鼻の先にありながらあの修羅場には数日気づかない状態でした。
あれから今日で4周年。追悼式に行って犠牲者へ献花を捧げ、政府主催の追悼式に合わせ、黙祷をしてきました。遺族代表の追悼のことばには涙が止まりませんでしたね。
供茶と黙祷、お気遣いありがとうございます。犠牲者も心安らぐことだと思います。
  • |2015.03.11(Wed)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 南の風さんへ☆彡

爆弾低気圧とかいって3月としては最強クラスの寒気が襲来してるようですね。南国にも小雪がちらつくようですから寒さが分かります。こちらでは小雪の舞いに加えて物凄い強風が吹き荒れてます。まるで台風並みです。1日も早い春の訪れを待ち望んでおります。
山菜の天ぷらはどれも美味しいですけど、中でもタラの芽の天ぷらはほどよい苦さが大人の味ですよね。栄養もたっぷりですし、自然の健康食品です。
3月14日は男がお返しの品定めで悩むのかと思っていたら、今どきの事情は女同士で楽しむようになってきたんですね。この歳になるとホワイトデーの喜怒哀楽はないですけど(笑)。


  • |2015.03.11(Wed)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

4年間、本当に苦しんで来られたと思います
まだまだご苦労が絶えないでしょうが
お身体を大切に、復興の道を歩んでいただきたいと思います

被災地から明るい話題をお聞きするたびに
嬉しく感じております
  • |2015.03.12(Thu)
  • |FREUDE
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: FREUDEさんへ☆彡

お気遣いありがとうございます。
被災地に住んで居りながらも、自分は震災による究極の影響を受けておらず、同じ被災者という感覚で語ることを心苦しく思っております。
家屋を流失したり、肉親が犠牲となった友人、知人、親戚などの話を目の当たりに聞いていると、痛ましい気持ちにさいなまれます。微力な自分の力ではどうすることもできず、ただただ聞き入るだけとなってしまいます。
被災者に成りきって皆様を欺くわけではありませんが、せめて自分は被災者の意向を受け止め、被災地の現況を対外へ広報することが自分に課せられた使命と考えることにしましました。
FREUDEさんのメッセージをそのまま真の被災者にお伝えしたいと思います。

  • |2015.03.12(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

北海道に帰省してました
例年より雪は少ないと聞いていましたが、いっぱい雪遊びできて息子は大喜びでした


「咲く」を 笑うと表現するなんて、ステキ
昔の人はロマンチックですね
  • |2015.03.14(Sat)
  • |mokoko
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: mokokoさんへ☆彡

北海道へ行かれてましたか。雪遊び、息子さんにとっていい思い出になりましたね。
自然に親しむことはお子さんへの情操教育にもなります。北海道は広大な自然が残っていると思います。夏には雪のない大自然と戯れてください。

昔は、花が開花することを、「笑う」と言っていたようです。表現力が豊かなんですね。文学的な素養を兼ね備えてないと表現できないですよね。そういえば美しい笑顔の人って、満開の花のようですものね。
  • |2015.03.15(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

matsuyama さんへ!!

町並みの雪も漸く失せて春街草がまもなく咲きそうな気温になりましたが、北国のことで何時気候が猛変するか分かりません。汗)

震災の復興は何よりも優先してほしいものです。新幹線や常磐道の開通に隠れて悲しい家族も一杯おります。涙)

  • |2015.03.15(Sun)
  • |荒野鷹虎
  • URL
  • EDIT

代替画像

こんばんは

タラの芽。
小学4,5,6年生のころ住んでいた場所はまだまだ緑の多いところで季節になるとタラの芽も取れました。
まだ若かった父母と三人で歩いたあの道も今は大きな道路になってすっかり様相も変わったみたいです。
懐かしい思い出にしばし浸りました。
  • |2015.03.15(Sun)
  • |見張り員
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 荒野鷹虎 さんへ☆彡

北海道も暖かくなりましたか。雪解けが待ち遠しいですね。
季節の変わり目は天候も変動しやすいですからね。三寒四温を経て春がやってくるんだと思います。雪が消えれば大地からは色鮮やかな草花が芽を出してきます。楽しみですね。
新幹線も常磐道も地方と地方を結ぶ新しいアクセスとして注目されていますが、それによって被災地の現状を直接ご覧なっていただくことはいいことだと思います。ただ興味本位で被災地を見ていただくよりは、そこで生活に困窮する被災者の生活を正しく理解してほしいもんですね。
願わくば被災地の交通アクセスをもっと優先して取り組んでほしいとも思います。


  • |2015.03.16(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 見張り員さんへ☆彡

そうですか。皆さんも子供の頃は山菜採りをされた思い出がお有りなんですね。
当時の自然はどんどん開発されて都会化され、思い出がなくなってきましたよね。
山菜の採れる裏山は子供の公園みたいなものでした。私等男の友達は木の枝を取ってチャンバラごっこや、木にロープを巻き付けてターザンごっこなどの遊びに興じたものでした(笑)。
少しぐらいの怪我には親も動揺することもなく元気に走り回ってたもんです。今はちょっとした擦り傷でも遊びを止められてしまいます。身体の作りも現代っ子はやわになってるのかもしれませんね。ガキ大将的な存在も見かけません。
タラの芽のトゲでも刺したらそれこそ大騒ぎですよね。
  • |2015.03.16(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top